パリの恋人 第4話

サブタイトル・・・「大問題」
画像
「行かないと言ったのに…」
「待ってるような気がして…」
何だかモジモジとしてる二人(#^.^#)
契約がダメになった!タバコの他に何を売ってたのか!と怒鳴ったギジュを思い出して、イカンと言う表情のテヨン。
テヨンの涙顔を思い出すギジュ。
私ノドが乾いた、僕は足が痛いと言う訳で、ようやく喫茶店に移動。

「帰国したのは、ニースの事が原因?」と聞かれ、
コップをバン!と置き、否定するテヨン。
「借りを返したい。欲しいものがあったら言ってくれ」と言うギジュに、
「謝る方が先でしょう?ここに来たのも謝ってくれるかと…」と、呆れるテヨン。
借りを返すという中には、お詫びも兼ねてると言うギジュの考えに、
「口下手なんて言い訳にならない。謝る時は、すまないって言わないと!
そのプライドを捨てないと、謝った事にはなれませんよ!」
と席を立って行ってしまうテヨン。
すると、「・・・すまなかった」と、ポツリと言うギジュ。
「アパートにも行ったんだ。多分謝らないと…と思ったから。
そして、ここに来てくれてありがとう・・・」
ようやく素直になったギジュ♪
でもその後、ため息ついて「謝った事になったか?」って…(;^_^A
今まで人に謝る事って、無かったのね~


「数日後、パリに行くので、もう会う事ありませんね」と、
カッコよく決め、立ち去ろうとしたテヨンだけど、パックを忘れ、席にUターン。
で、帰ろうとしたら、ウエイトレスにぶつかり、
ジュースが客(カップルの女)に被ってしまい、白い服が汚れてしまいました。
「僕のハニーちゃんに!」と、怒る客に、謝るテヨン。
クリーニング代を出すと言ってるのに、怒りまくる男に、
「僕のハニーちゃんに怒鳴るな」
あの生真面目そうなギジュが口から出た「ハニーちゃん」発言に、大ウケ!
男の胸には、GD自動車社章。ギジュは、外に連れ出し、話をつけました。
BGMは、コミカルなテンポの「ムーンリバー」♪♪♪

テヨンが帰国したのは、映画監督だった父の一周忌だから。
生前、一週間だけ過ごしたパリ話を、
何年も住んでたように、楽しそうに話してたらしい父・・・
フランス語があまり出来なく、お金も無いのにパリに行ったテヨンは、
父のお気に入りだったパリを、肌で感じたかったのかな。。。

そんな父の話をして、バスに乗って帰ると言うテヨン。
「悪いまま別れなくてよかった。パリでの事、一生出来ない経験でした。
忘れません…もう二度と会えないけど…」
二人とも名残惜しそうなのに、そのまま別れ別れに・・・

家に帰ってから、「いい想い出の方が多いのになぁ…
僕のハニーちゃん?ハハハ、、、何でアイツの事ばっかり…」とテヨン。

しかし、主役二人が、このまま別れるハズもなく、
自動車販売店に、キム秘書を連れて客のフリして視察してたギジュ。
その店に契約書を片手に、乗り込んで来たテヨン。
叔父のピルボが、車の代金を滞納して、
父の形見のカメラを、お金代わりに持って行かれてしまったからでした。
お互い「何でここへ?」と、ビックリ。
文句なら社長にと言う店員の言葉に、ギジュの仕事が車売りと思い出し、
「一緒に!」と、GD自動車へ向かうテヨン。

わかり難い契約書に文句を言いたいと言うテヨンに、
こんな事なら、新人研修をちゃんと受けておけば良かった…とギジュ。
大丈夫、ガンバ!と腕を叩いて、奮い立たせるテヨンに、
タジタジとしてるギジュが可笑しい~

「カメラはカン・ピルポのものじゃない」と訴えるテヨン、
契約書どおりの措置なので、聞き入れてくれない担当者。
「あの…僕が思うに」とようやく発言したギジュに、
「口を挟まないで」とピシャリの担当者。彼が誰か知ったら…w( ̄∇ ̄;)w!!

役立たずだったギジュに、怒るテヨン。
叔父さんを見つけるか、お金で解決すれば…と言うギジュに、
「もういいです!」とテヨン。出来るならとっくにしてるよね。。。
実は社長を知ってると、テヨンの腕に携帯NOを書くギジュ。
「今日は、結果を伴わなかったけど、ありがとう」とテヨン。
「ソウルに当分居る事になるな」と、少し嬉そうなギジュ。

さっきの担当者の元に行き、親しい理事と再会したギジュ。
「社長!」と言うのを聞いて、目がテンの担当者。
そして、父の元に挨拶に。しかし、どこか素っ気無い態度の父。
「相変わらず犬が嫌いか?ワシに似た所が一つもない。
新しい犬を見て行くから、先に帰れ」と、冷たく言う父。
「いいえ、待ってます」と、どこか寂しげなギジュ。

家を貸したと言ってた叔父の言葉を思い出し、
行ってみると、やはり売られてました。。。
父との思い出のさくらんぼの木は、「邪魔だから引っこ抜いて!」と家の主。
父との大切な物なのに、そんな言い方されて、可哀想なテヨン。。。
屋上まで持って帰り、ボイスレコーダーに語りかけるテヨン、
「お父さん、どうしよう…頼れる人もいない…パリに行きたいのに。
カメラも家も取り戻さないと…その時私いくつだろ?」
途方にくれて、涙が流れるテヨン。。。
ヤンミにパリの荷物を送ってくれるように、頼みました。

タバコを売ってるヤンミの元へ来たスヒョク。
ヤンミは嬉しそうだけど、テヨンの事を聞きたいからなのね・・・
「トラブって戻れない」と聞いたスヒョクは、「荷物預かるよ。ソウルに行くから」と。
飛行機の中で、テヨンの荷物を勝手に見るスヒョクヾ( ̄ー ̄;ォィォィ
おかしい目覚ましや、「キムチ食べたい!」というイタズラ書きに微笑んでたけど、
「その人はワインを飲みながら、古い映画を観ている…」という文を読み、
叔父貴の事と気付いたのか、複雑な表情。

ソウルに着いて、真っ直ぐテヨンの家へ。
そのままにしてあったサクランボの木を、鉢に植えているスヒョク。
ゴンは、スヒョクのドラムのスティックを持って、「上手いの?」
実は上手いと自画自賛するスヒョクに、
「それじゃあダメだ。アーティストはコリゴリ…」と、実感こもってるゴンの言葉。
ビルボの会社に行ってみるけど、居留守を使われて会えず、
ガッカリして帰って来たテヨンは、
スヒョクがいるので、驚き&友に会えた嬉しさみたいな感じ。
「何でそんなに見るの?」
「お前が見ないから」と、ストレートなスヒョクに、戸惑うテヨン。
パリに戻れないのは、叔父さんが問題起こして…というテヨンに、
「すぐ俺に言えよ。詳しく話せ。俺が何とかする」とスヒョク。
そう言ってくれるだけで心強いと、詳しくは話さないテヨン。
叔父さん(ギジュ)とは、偶然会ったと話すテヨンに、
帰国した事は、内緒にしてと言うスヒョク。

家賃の催促に来た大家さん。
ゴンの前で、お金の話をされて、嫌な思いをしたので、
友達にアチコチと電話してみるけど、誰もお金を貸してはくれず・・・
「ムン・ユナ。あいつにだけはかけたくなかった…でも金持ちだし」
と、渋々電話するテヨン。
ムンって、ギジュ父がギジュに、「ムン議員が会いたいと。娘が留学から戻ってる」と話してたムンさんと関係アリ…?
ギジュは予定が詰まってると答えてたけど、父はお見合いさせたいみたい。

手帳に貼ってたメモ「ハン・ギジュ」の電話番号に目を止めたテヨン、
電話して会う事にしたけど、連れて行かれた場所は、広い会議室。
驚くテヨン、用件は、「カメラを競売にかけられる、何とか引き伸ばしたい」と。
「ニースの謝礼をすると言ってるじゃないか」とギジュ。
「ニースへ行ったのは、心が望んだから。お金は貰えません。
そうだ。社長に会わせてください」とテヨン。
「僕がその社長だ」とようやく告白したギジュだけど、
冗談だと思って笑い飛ばして、本気にしないテヨン。
テヨンの手を引き、会社の中を連れて行くと、「社長」と頭を下げる社員達。
ホンモノ・・・!とようやく納得し、ビックリのテヨン。

「パリの恋人」他の回はこちらです。

パリの恋人 オリジナルサウンドトラック(デラックスエディション)
パリの恋人 オリジナルサウンドトラック(デラックスエディション)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月02日 20:32
こんばんは。
ドラマ韓では「ベビーちゃん」でした。
>主役二人が、このまま別れるハズもなく、
おっしゃるとおり!
キジュが可愛いわぁ~!おませなゴンも(苦笑)。
2006年05月02日 22:28
sannkenekoさーん!来てくれて良かったーーー
実は、sannkenekoさんの所にコメントを入れようとすると、
  『※エラー
   禁止IPとなっています。』
と出るんです。携帯からも試したけど、同じメッセージでした。
TBはやはり入らないですね…でも「可能性大」と言う事は「0」じゃないしと思い、ちょこちょこ試してます。
sannkenekoさんからは遠慮せずに、入れてくれると嬉しいです (^ー^)

で、「パリの恋人」
そうそう、字幕では「ベビーちゃん」なんですね。あのカタブツそうなギジュの口から、ニコリともせずに出た言葉が、可笑しかったです!
前回、ギジュのあの発言にガックリだったけど、謝った後のため息といい、やっぱりギジュは良いです♪
ゴンちゃん、あんな父なのに、あんなしっかりした子・・・おませちゃんですね。
2006年05月03日 20:13
Pandaさん、こんばんは。

何だか良く判らないのですが、
NetLaputaではもう大丈夫ということです。
お忙しいのに申し訳ないのですが、
TBとコメントお願い出来ますか?

それにしても教えて頂かなければずっと知らないまま。
もう恥ずかしいったら・・・。
こちらの方がよっぽど『大問題』です。
2006年05月05日 15:03
sannkenekoさん、こんにちは。
解決して良かったですo(^-^o)
後ほど、伺いますね~
のり
2006年08月15日 04:22
ギジュの行動が可愛いですね。人に興味を持ったことはあまり今までなかったのでは?スヒョクはまだ強引すぎて共感できないので、今しばらくはギジュ目線で楽しもうと思います。3話のギジュの発言、字幕では「契約が破棄になった。タバコでも何でも勝手に売ってろ。」のような感じでした。「お前のせいだ」的な印象はなく、逆にちょっとテヨンに対して残念な印象(娼婦とちょっと疑ったよう)でした。今回字幕は「ベビーちゃん」になってましたが、「ハニーちゃん」だったらまた違う感じで楽しめたかな??
2006年08月15日 19:00
のりさん、
カタブツギジュが可愛いでしょう~♪
そう、きっと今まで他人に興味など持たずに生きて来たのでしょうね。前妻とも恋愛ではないし。
スヒョクは、そうなんです!あの強引さが、私もダメでした。それに無職で叔父さんのスネかじってるし。。。

第3話の訳は、ネット版の方が、ギジュはひどくないですね。こういう時にハングルが出来れば…と思います。
今回の方は、ネット版だと「ベビーちゃん」なんですよね。「エギ=赤ちゃん」だから、そうとも取れるけど、大人に対して言うには「ハニー」の方が、「僕の可愛い恋人」って感じがしますよね♪

この記事へのトラックバック

  • 「パリの恋人」第4話

    Excerpt: カン・ギジュって実はお茶目キャラでした。 「パリの恋人」第4話『大問題』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-05-02 19:48