パリの恋人 第3話

サブタイトル・・・「気になる存在」
画像
☆感想とあらすじ(吹き替え版です)☆
ギジュの元妻兼元伯母スンギョンから、
「デザイン室に籍が残ってるのよ」と言われても、
「俺はどんなに頑張ってもも叔父貴より下。後を継ぐのは叔父貴」と。デザインにドラムに、今度は「恋」に頑張るらしいスヒョク。
ギジュを尊敬してるけど、ちょっとコンプレックスも感じてしまって、デザインをやらなくなってしまったのかな?
ギジュが、家政婦=テヨンを連れて、ニースへ出張と聞き、「僕達もニースへ行こう」とスヒョク。
と、いうのも、「前に叔父さん(ギジュ)に付き合わされて、
またニースへ行かないと…」と、ちょっと困ってたテヨンを、思い出したからでした。
それに、今回キム秘書を連れて行かないギジュが、
どうも「変」と、気になるみたいです。

パーティ会場では、セレブな客とニコヤカに話してるテヨン。
「余計な話をするな」とギジュが言ったのは、仏語が片言だから、心配?
大丈夫と、ボーディエ社長夫人と話に行くテヨンに、
微笑むギジュ(えくぼがクッキリ)
そんなテヨンを、ジトーッと見つめる男・・・どこが見たなぁ~と思ったら。。。
テラスに出たテヨンに「上客は見つかったかい?お高くとまって、いくらだ?」
と話し掛けてきました。
第1話のあの時の!と思い出したテヨンは、抵抗するけど、しつこく絡んでくる男。
その男を殴ってしまうギジュ。
ハン社長の婚約者と言うボーディエ社長に、「通りで男を探してた!」と叫ぶ男。
「娼婦だなんて、違います」と、訴えるテヨンだけど、「いい」と、遮るギジュ。

社長夫妻に、「婚約者というのは、ウソだったんです。
今回の契約、わが社は手を引きます」と話すギジュ。
騙されてたと怒ってる夫妻。
「全部がウソじゃない。二人に説明して」と頼むテヨンだけど、
聞き耳持たずに、帰ってしまうギジュ。
異国でせっかく会えた後輩が、、、とガッカリしてる様子のボーディエ夫人。

車に乗っても、誤解を晴らさないと、全てがウソになってしまうと言うテヨンに、
一つでもウソをついたのだから、同じと言い放つギジュ。
「一生着る事のないドレスや宝石をつけて、
婚約者みたいに接してもらってウソをついてるのを忘れてました。
でも奥様の私への思いは本心だった」とテヨン。
「そんな事よりも、大切な契約がダメになったんだ!
タバコの他に、何を売ってたのか分らない女のせいで!」と声を荒げるギジュ。
いくらギジュ派の私でも、この言葉はヒドイ・・・(:_;)
ショックを受けて、車を止めてと言うテヨン。
「私は娼婦じゃなくて、家政婦です。
泊まれと言われれば泊まり、お金を貰えれば着いて来て…
そんな女に見えたかもしれませんね。来るんじゃなかった…
私の助けがいるからと言われて…」声を震わせるテヨンに、ウルッ...(:_;)
テヨンの言葉に、少しドキッとした(?)ギジュ、でも素っ気なく「乗れ」と。
ネックレスを返して、荷物を背負ってトボトボ歩くテヨン。
しかし、ホントに置いて行ってしまうギジューーー!
ホントに行っちゃうんだ…と悲しそうなテヨンが、かわいそう。。。
お屋敷に戻って、「奥様に渡したいものがあるんです…」とテヨン。

スヒョクたちの所に来たギジュ、連れのテヨンがいないので、
二人とも「何で一人?」と。
「どこかに居るだろう。パリに帰る」とギジュ。
「フランス語をロクに出来ない女を、置いてきたのか!」と怒り、
テヨンを探しに行くスヒョク。

駅のベンチでウトウトしてたテヨン。
自分のジャケットを掛けてあげ、跪き「すごく歩いたんだろ?」とスヒョク。
韓国で男性が跪くという行為は、相当な事らしいのに…!
「こんな所で会うなんて。顔、マスカラがすごくてパンタ゜みたいでしょ?」
わざとにおどげるテヨン。そんなテヨンを切なく見つめるスヒョク。

パリに戻ったギジュの元へ、ドイツに行くとやって来たスンギョン。
「昨日何があったか知らないけど、ちゃんと謝らないと」と言われ、
空港に送ると言うギジュに、「他に行く所があるでしょ。あのお嬢さん。
何事にも決定が早いあなたが、行くかどうか迷ってる。
だから代わりに決めてあげる」とスンギョン。
「僕は機械じゃない」
「そう、今日は感情のある人間みたいね」
ギジュは、本心を突かれて、ちょっと動揺してるみたいに見えました。

アパートに戻ったテヨン。すると、ドアをノックする音が。
開けると、スヒョク・・・ガッカリ顔のテヨン。ギジュ?と思ったのでしょうね~
食べるものを差し入れに来てくれ、多分作ってくれたスヒョク。
どうしても会いたくて、恋人より大切な人に会いたいから、
一旦帰国して、またパリに戻ると話すテヨン。
ふと食べてテヨンが熱がある!と気付いて、
寝てろとか薬は?とアレコレするスヒョクに、帰っていいよ~とテヨン。
「俺は帰らない。具合悪くて一人じゃ悲しいぞ」
スヒョクの言葉に、微笑むテヨン。
熱が下がるまで、ずっといてくれたスヒョク。。。

アパート前まで来たのに、帰ってしまったギジュ。。。

ギジュは、会長からの指示でソウル本社に戻る事に。
そしてボーディエ社長夫人から電話が来て、
「私達が間違ってました」と、契約をしたいと言ってきました。
テヨンが届けたものは、自分の気持ちを綴った手紙と、高校の校章。
楽しくおしゃべりした時間は本物だったと、
テヨンの人柄を疑って申し訳なさそうな夫人。。。

ギジュの所に来て、ニースで何があったのか聞くスヒョク。
「叔父貴が悪い気がする。薄っぺらいドレス一枚で、駅で震えてた」
と嫌味っぽく話してたスヒョクは、
ギジュの足の裏の写真&「泊めてくれてありがとう」のメッセージを見てハッ…
叔父貴が女を泊めるなんて…自分が惹かれてるテヨンが泊まったなんて…と複雑な思いでしょう。
「ビジネスだ」と言うギジュに、
「仕事なら今まで切り捨ててきたのに、昨日は違ってた。興奮して。
やっぱり叔父貴が悪いと思うよ」とスヒョク。

引越しの準備をしてると、引き出しの中からテヨンのメッセージが。
真っ直ぐ空港に行くと言って、テヨンのアパート向かうギジュ。
信号待ちをしてる時、一時帰国するテヨンが、横断歩道を渡ってのに、
俯いてて、気付かないギジュ。。。
アパートの階段を駆け上がるギジュ、冷静沈着なギジュが走ってる!
ドアを叩くけど、いないテヨン・・・

「私は今愛しい人の所へ。待ってて。パリの空気を持って行くから」
飛行機の中で、ボイスレコーダーに吹き込んでるテヨン、
同じ飛行機に搭乗してたギジュ。でもこちらはビジネスクラス?
飛行機の中では、近くにいながら会えなかったけど、
ソウルの空港で、トランクを忘れたテヨン。
カウンターに取りに行くと、自分のトランクを持って待ってたギジュ!
知り合いと同じ名前だから、取っておいたって、
韓国は、同姓同名が多いと思うんだけど・・・^^;

「僕はソウル勤務になったんだ」
「もうパリで会う事はございませんね」と、バカ丁寧な受け答えのテヨン。
行こうとするテヨンの腕を掴むギジュ、「放してください!」とテヨン。
その二人を見て、驚くキム秘書。
そりょあ、驚くでしょうね~テヨンがここに居る事も、あのギジュが女の手を掴んで、すがってる事も…
「ネームプレートで住所を見た。市役所の近くだね。
明日2時、市役所前で待ってる」と言い残して、行ってしまったギジュ。

「会長は日本に出張中、でもわざとじゃないのよ」
と話すギジュ姉でもありスヒョク母。
出迎えなんて期待してないと言うギジュ、
父である会長と、あまり上手くいってない様子?

バリで恋人は?と聞かれて、「いや…変な子に会ったんだけどね」と答えるギジュ。
姉の前では、子供みたいなギジュ。
アイスホッケーのスティックを取っておいてくれた姉に、
嬉しくて、一人ホッケー(実況つき) 意外な一面のギジュ(^^)
「スヒョクは、あなたの真似ばかりする、
あなたが育てたようなものだものね」、という姉に、
「出生秘密だ…僕がスヒョクのママ」と、真面目な顔してジョークのギジュ♪

久しぶりに実家の前に立ち、感慨深げなテヨン。
そこに現れたのは、テヨンの叔父(「美しき日々」マスター?)
ここは人に貸していて、他の場所に家を借りてると、
どうもオドオドした様子で、車に乗せる叔父。
叔父の息子・テヨンの従兄弟のゴン?ゴンウ?
(「ピアノ」ジェミン君!あの時前歯が乳歯だったのに、今は大人の歯。大きくなって…)
お父さんの物は?と心配そうなテヨン。
隣の部屋にあると言われて、覗きに行くと、懐かしいフイルムがたくさん…
父の写真を手にして、「会いたくて死にそうだった…随分待ったわね…」

その夜、足の裏の写真を見つめてるギジュ。
市役所前で待ってると言ったギジュを思い出すテヨン。
打ち消すように、ケッと言う顔して、「♪市役所前で…」と歌い出すテヨン。
これって替え歌?ホントの歌?

翌日、時計を気にしつつも、行かずにいるテヨン。む
甥・ゴンに叔父さんの事をアレコレ聞くと、
競馬もやってるし(と、いう事は、借金だらけ?)、恋人もいるらしい…
その恋人は料理が下手、料理は人を表すと、大人びた事言う甥。
でもお金がなくて、おへそが出た服着てるというのは、
子供っぽくて、カワイイ~(#^.^#)

3時になってもまだ待ってるギジュ。
こっそり陰から様子を伺ってるテヨン。
すると、迷子ちゃんがトコトコと・・・
「お嬢ちゃん、ママは?」と、心配で後をついて行ってしまうテヨン。
ハッと気付くと、目の前には、ギジュ。。。

「パリの恋人」他の回はこちらです。

「パリの恋人」をもっと楽しむ本―韓国オリジナル版全20話を徹底ガイド!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2006年08月15日 04:10
すっかりパリの恋人にはまりつつあります~。今の段階ではギジュにちょっと興味が・・・。この先どうなるのでしょうか、自分でも楽しみです。それにしても他人の荷物も勝手に受け取れるのでしょうか、不思議です。ジェミン君~~~大きくなって~~~!!ドラマ内の子役の成長物語ではなく、子役本人の成長も垣間見れるので韓ドラは楽しいですね!!
2006年08月15日 18:51
のりさん、こんにちは♪
ジェミン君は、「ピアノ」を見てた頃だったので、もう感動!少し大人っぽくなってて、それでもカワイイし上手いですよねーーー少し前の「チャングム…」でのジェスと言い、こういう成長を見れて嬉しいですよね。
そして、のりさん、ギジュにちょっと興味が…なのですね~ハマッてくれたら、ギジュ派としては嬉しいです。
荷物を受け取ったのは、やっぱり韓ドラ!という感じがしました。

この記事へのトラックバック