ピアノ(韓国ドラマ) 第15話

*感想とあらすじ(KNTV版での視聴です)*
画像
ウンジが亡くなりました.....o(;△;)o
前回の店で暴れた時だったようで、ジェスとスアに看取られて。。。
ジェミンが叫んだのは、ママが来てくれたから?
港から舟に乗り、ジェミンと二人で海の上で、遺骨を撒く二人。。。ジェスから預かった、ウンジからの手紙を読むギョンホ。
『病気だと知ってたけど、死ぬとは思わなかった。
知ってたら、ギョンホの元へ行かなかった。
本当に悪いんだけど、ジェミンを頼んでいい?私の次にジェミンを好きなあなただから。あなたの家族はとても暖かい人達だし。
違う生き方をして…ジェミンはあなたの事が好きだから、真似たら困るでしょ?』
「ママ、バイバイ!ママ、さようなら!」
手を振って、泣きながら力一杯の声で叫ぶ二人。
またしょっぱなから、涙です・・・

ギョンホとオククァンを呼んだハクス。
「毒蛇はお前じゃなくて、俺が憎いんだ。20年も恨んでいる。
自首しようとしたけど、子供を手に掛けられそうになってやめたって?
自首したら、ジェスは、犯人を逃がした罪で捕まるんだぞ。
俺がいなくなれば良いけど、抱えてるものが多くてな。
お前がジェミンと遠くへ行け。
家も働き口も手配してやる」と言ってくれたハクス。
本当に頼れる親分で、足を洗った未だに、慕われるのも分ります。

オククァンを呼び止め、「あいつはジェミンが俺の真似したら困ると言ってた。
アンタもか?つばを掛けられても罵られても、黙ってたのは?」とギョンホ。
「そうだ。昔俺が踏み外した道に逸れようとした」とオククァン。
「俺をそうしても、あいつらは?」と、声を荒げるギョンホ。
あいつら…ジェスとスアは俯いて。。。

店に戻ると、荒らされたのに元に戻ってるじゃない!パンも並んでるし!
鶴の恩返し?と目を丸くする姐さん。
まあ似たようなモンです。店員達がちゃーーんと直してくれてました。
感激のあまり、店員一人一人に、チューするハクス。やりすぎ~^^;
後の方の人は、来る来る…キターーって感じで避けて、笑える~

ギョンホを呼び、店を荒らしたのは、練習ゲームと言う毒蛇、
「本番は?」と聞いても、薄ら笑いを浮かべていました。

子供の頃の夢を尋ねるギョンホに、「おやき売り」と答えるヨンタク。
いつも腹をすかしてて、おやき売りになれば、腹いっぱいになると思ってたと。
ギョンホの夢は、宇宙飛行士。
腹が減ってたから、そんな職業も知らなかったと言うヨンタク、
この道に入ったのも、貧しかったからなのか、オククァンのように孤児だったのか、
何だか哀れで、ヨンタクにまで泣けてきました・・・

「もしかして、本番は、僕がパン屋のおじさんを殺す?」
ギョンホの問いは、図星でした。

ジェミンを迎えに来たギョンホに、オククァンは、ジェスとスアの事を
「遠くへ行けと言った。でも行かないと、何もしないと言った」と。
「放っておいて、解決するのか?俺が殺したやる」と声を荒げるギョンホ。
「分らない事は、ジェスか母さんに聞いてきた。
そのジェスはいいって言うし、母さんは…泣いてばかり、悲しいみたいだ。
俺と母さんより、先に愛してたのに、俺らが先に結婚しちまった。
殺せって?あの子たちを?誰かを殺さないとダメなら、俺だ」
淡々と、それでいて、鋭い目のオククァンに、
「死ねるもんなら、死んでみろ!」と怒鳴るギョンホ。

ジェスとスアに、どうするつもりだ?と聞くギョンホ。
「言わないで。ジェスは結婚する。もう口にしないで」と、スアとジェス。
「お前ら、母さんたちより先だったらしいな!イカレてる!」
帰って行く二人の後ろ姿に、「俺がお前らを殺してやる」と呟くギョンホ。
ギョッ!でも、殺すって、逃がすって事だよね…???きっと。
オククァンの所に行き、「この前の金をくれ。あれを持って発つ」とギョンホ。

バスの中で、手袋とマフラーを出して、身につけるスアに、
「捨てたかと思った」と、ちょっと嬉しそうなジェス。
しかし、「大切にしてたのよ。からのプレゼントだもの」とスア。
「ギョンホが言った通り、俺達イカれてる…」と言って、
ミンギョンに式を急ごうと電話するジェス。 思わずバスから降りてしまうスア。
うなだれて歩くスアを、バスの窓から切なく見るジェス…
傷つけあう事してしまう二人は、見てて辛いです。。。

夜中にこっそりと出かけて、ジェスに会いたいと電話するミンギョン。
遅いからと断られて、仕方なく帰ろうとしたけど、
さっきの電話で、「結婚を早くと姉さんが…」と言ってた事を思い出し、、、

オ課長を呼び出したスアは、「結婚しましょうか?」と。
なぜ?と驚くオ課長に、優しいとか理由を話してると、
目に入った手袋とマフラー・・・「ごめんなさい」と泣き出して飛び出すスア。
忘れた手袋とマフラーを持って、追いかけ来たオ課長。
自分も5年前にお見合いして、断って謝った時、心の中ではスアに謝った、
スアさんにも、心に秘めた人がいるのでしょう。
今日は何も無かったから、その人に謝らないで…と。
「愛してると伝えましたか?」と聞かれ、「言ってはいけないんです…」とスア。
でも愛してるんですね?と聞かれ、泣いて何度も頷くスア。。。(/_;)

手袋とマフラーを抱き締めて、泣いているスア・・・
そんなスアを見て、声を掛けずに涙しているジェス・・・
オ課長の会話から、ずっと見ていたミンギョンは、
二人の深い気持ちに気付き、愕然として涙・・・

仮眠室からすすり泣く声が聞こえて、覗くとジェス。
ミンギョンは、別れる決意を。。。
「ふられたんじゃなくて、ふるのよ」と、ワザとに明るく振舞うミンギョン。
そして、「人にどう思われようが、あなた達は血が繋がってない。
お互い愛し合ってるのに、家族制度や慣習が、そんなに大事?
その人がいないと死んじゃうのに、それより大事な事って?」と。
ミンギョンーーー! いい人じゃないーー(ToT)

気丈に振舞ってたけど、ウ院長の前でポロポロ泣いてるミンギョン。
「時間が解決する。時間は仕事もされてくれるし、人との出会いもある。
今度恋をしたら、今を思い出せ」と、励ましてくれる、いいおじいちゃん♪。

ウンジのお通夜(と言っても、夜じゃないんですね・・・)に、
ギョンホは釜山を出る事に。
「俺の帰りを待っててくれるか?」と、オククァンに言うギョンホ。
「言われなくても、ずって待ってた。これからも待ってる」と、オククァン。
ギョンホがオククァンに、こんな事言うなんて嬉しい。。。(:_;)

ジェスとスアを見送らせると、連れて行くギョンホ。
毒蛇の手下達を巻いて、山の中の家へ。
荷物を運び入れて、帰るジェスたちに、
「道路はここからマラソンする距離で、ここには、食料も燃料もある。
これは、お前の親父が一生かけて貯めた金だ」と、
通帳とハンコを差し出すギョンホ。戸惑う二人に、
もう俺の前に現れるな、そうすればどこに行ってもいいと言いつつも、
「スアとお前は他人、ジュヒもだ。
お前さえ良かったら、お前の父さんに償いたい。辛かったらここで死ね
」と。
ギョンホは、こうすると思ったよーーー
ギョンホも複雑だろうけど、二人への思いに、涙です・・・


しかし、聞き入れるようとしない…本当はそうしたいけど、出来ないのでしょう、
帰ろうとするギョンホに、「キーをくれ」とジェス、
「今度は俺が行かせるんだ…」 ギョンホは、あの時の借りも返したいのかな?
殴り合いになって、最後には、ゴロンと横になってる二人。
何だか、いいいい画です。
「俺にとってお前は死んだ。ジェミンは俺の子じゃないと知ってるだろ?
籍を入れに行ったら、俺の戸主はイ・スア。お前のはハン・オククァンだった」
オククァンが戸籍を変えてたのでしょうか?戸籍上、他人になってた二人。
それから、ジェスは、知っててオククァンに孫と言ってくれたのね・・・

帰りの車の中で、涙するギョンホ。その涙を拭いてくれるジェミン…
「やってみよう。当たって砕けろだ」と、笑うギョンホ。

ジェミンをおぶって、ウンシムの家(元ヘリムの家)へ。
聞こえてくるピアノ音に立ち止まり、吸い寄せられるように、中へ入るギョンホ。
ピアノを弾くウンシム…その姿がママ・ヘリムに見えたギョンホは、
涙ぐみ懐かしむようにウットリと聞き入っていたけど、
声を掛けられて、我に返り思わず逃げ出しました。
戻って来たギョンホに、驚くオククァン。
「ジェミンを安全な所に預けて。ここに俺の息子がいる。必ず戻って来る」
「戻って来るんだな?待ってていいんだよな?」とオククァン。

「消えたと?」と暴れまくって、子分にケリを入れる毒蛇。
全く、すぐキレる男だわ。。。
そんな毒蛇の傍らで、ホッとした表情のヨンタク。

山の家で、朝ご飯を作ってるジェス。目覚めたスアは、「帰ろう」と。
「たった一度だけでも、誰も見てない所で二人でいたかった。
とりあえず、ここに居よう?少しの間だけでもここに…」とジェス。
それでも帰ると言うスアに、「一晩中歩きか…」と諦めたジェス。
「チゲが冷めるわ…」とスア。

「ピアノ」他の回はこちらです。

ピアノ DVD-BOX
ピアノ DVD-BOX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年04月13日 07:19
おはようございます。
ラスト直前ですね。
>ウンジが亡くなりました
「愛の群像」では高校生でしたが大人の女性になりましたね。あまり他のドラマでお見かけしてません。
後半は泣ける場面ばかりではないでしょうか。
山小屋のふたりは何をやっているのかと思うこともありました。
2006年04月13日 21:23
SOPHILさん、こんばんは。
もう、毎回毎回泣いてます…
ウンジ、どこかで見た気がしたけれど、ミソンですねーーー!スッキリしました。すっかりあか抜けてキレイになりましたね。

山小屋の二人は、やはり好きでも戸惑っている感じがしました。血の繋がりがないとはいえ、韓国では、そういう部分が厳しいのでしょうね。
2006年04月14日 11:42
Pandaさん、おはようございます。
うーー、怒涛のラスト前ですね。
泣けるでしょう。ヨンタクにまで泣けるのもわかる気がする。彼はいい人よ、それにしえも毒蛇ムカツクでしょう。「本番は・・・」て、この男は!!!!と思っていました。
今回はギョンホがあんなに憎んでいた父にお金まで借りて面倒をみるとまで言って、本当に成長したなぁ~と。血はつながっていないジェミンの父となり変わったな。それってまさにオククァンと一緒なのよね!
TBします♪
↑のポップコーンは4話の時にコメントに来ますね♪
2006年04月14日 21:38
so-so♪。さん、こんばんは~
もう毎回泣いてるよーーー(ToT)
すっかりピアノワールドに浸ってるから、ヨンタクまで泣けてしまって…でも分ってくれい嬉しいわ!ヨンタクは、オククァンを殴る時は躊躇してたし、ギョンホを心配してくれて、いい人ですよね~

ギョンホとジェミンを見てると、初期の頃のオククァンを思い出しますよね!あのギョンホがお金を借りに来るなんて、オククァンも嬉しかったろうな・・・
最終回、楽しみにしてます!終わるのが寂しいわ。。。
のり
2006年07月09日 02:04
まとまりつつある展開になってきたけど、どういう風に終るのかな?長い時間をかけて絆が少しづつ生まれてきた感じがします。登場人物、みなそれぞれに切ない感情をうまく表現してますよね。ラスト楽しみです~~!!
2006年07月09日 11:21
のりさん、
>長い時間をかけて絆が少しづつ生まれてきた感じがします。
バラバラだった家族が、「家族」になってきた感じです。それはずっとオククァンが願ってた事で、彼のひたむきさが、そして父の気持ちを汲んでくれてたジェスの思いが、実を結んだ気がしてました。
出ている俳優さんが、本当に上手いですよね。もう誰にでも泣けて来てました。
あと1話、どうまとまるかは、予想は半分、意外が半分でしたが、見てよかったドラマでした。のりさんの感想を楽しみにしてますよ~

この記事へのトラックバック

  • ピアノ15話

    Excerpt: ううううう。。。。(涙)ギョンホ、あなたは成長したわ、ジェミンの父となり、あの憎んでいたオククァンのお金を借りに行きスアの幸せを願う。なんて男らしい!!!そしてオククァンもあの家を取り戻すために絵を描.. Weblog: diary(徒然なるままに) racked: 2006-04-14 11:39