ピアノ(韓国ドラマ) 第11話

画像
※あらすじ&感想 ネタバレです※
今日もカーディを着てるオククァン(#^.^#)とハクスたちは、ボランティア。
ウ院長が無料診療していると、隣に座って診療を始めるジェス。

辞表を出したので、
ここで働かせて欲しいと頼むジェス。
「父親に似て無鉄砲だ。粘って拝み倒したってダメだ。もう一度頼んでみろ」と説得するウ院長は、
ジェスの病院とウ院長のクミン病院じゃ、規模が違うし、
向こうにいた方が良いと思ってるのかな?
それでも譲らないジェス。先生に医者の目だと言われたし、
医療を受けたいのに、受けられない人がたくさんいる
(向こうの病院では、そういう患者は足蹴なのかな?)
そして、何より、先生は父母の結婚式で祝辞を述べてくれた。
あの時、種を撒いたのなら、花が咲くまでお互いにいたわれと言ってくれた院長。
「そう言ったから家族になった…種が撒かれてしまったんです…
先生の所で働かないと、耐えられそうにないんです」
そう言って、院長の足にすがりついてお願いするジェス。
こんな姿のジェスは、いつかのオククァンみたい。

帰宅すると、家中の電気が点いてるので、文句を言ってるオククァンは、
台所に立ってるスアを見て、ビックリ・・・呆然・・・
「毎日この服しか着ないのよ」と言って、
「姉さんありがとう、父さんの顔見て」とコソッと言うジュヒ。
ウルウルしているオククァンを、チラリと見るだけのスア。
「俺は怖い…夢じゃないかって…似てる…魚みたいにゆっくり話す話し方、
見てないようで、いつも見てくれていて、一番温かい手をしてた…」
メソメソと泣いてしまうオククァン。。。
---泣き顔なんて見たくない!どうしてこんな事してくれたの!---
本当はそう怒鳴りたいスアは、気持ちを押し殺して「食べましょう」と。

帰って来ると、スアがいるので固まってしまったジェス。
「あなたも食べたいって言ってたでしょ」 顔を見れないスアだったけど、
ようやく笑顔を作って「姉さんが作ったのよ」と。
思わず出て行ってしまうジェスに、ドア越しに聞こえるのはジュヒの声、
「ふざけてるのよ」と言ってカウントを始めるジュヒ。
カウントが終わって、頑張って笑顔を作って、ジャーンと中へ入るジェス。
ジェスもスアも、痛々しい・・・(:_;)

帰りのバス停で、寒くない?手袋は?マフラーは?と気遣うジェス。
そして「あんなに力を使って大丈夫なのか?できそう?
前みたいに、僕と父さんを憎んで、会うたびわめいてくれ。
僕がやるから、良い弟になるから、姉さんは頑張らないで」と言うジェス。
「ジュヒは、半分は私で半分はあなた。あなたを兄と呼び、私を姉と呼ぶ。
たとえ逃げても、あの可愛い子・ジュヒがこの世にいる…
あなたの父さんには、今だっていい気分じゃない。
でもあなた一人じゃ辛いから、どこまで出来るか、やってみる…」
とバスに乗って帰って行くスア。

10年ぶりに釜山に帰った来たギョンホ。
波止場でヨンタクと再会し、握手。そして毒蛇の事務所へ。
ギョンホの肩を抱く毒蛇、微動だにしないギョンホ。
「お前に会って、面白い絵を描けると思ってたのに、しくじってしまって」
毒蛇の言葉に、顔が曇るギョンホ。
「また一緒に絵を描こう。殺人犯と垂れ込みたくない」
そう言って、歓迎会をすると言う毒蛇に、
「まだ一緒にやるとは言ってません。ソウルに居る時後悔した。
今は手錠を掛けられても怖くない。どんな絵を描くのか、先に教えてください。
面白くなければ、自首します」と、ギョンホ。
面白いとも!ハッハッハーーと大笑いする毒蛇。涙目のギョンホ。
毒蛇ったら、本当に嫌な男だーー!
オククァンかハクスに、何かさせる気なのかな・・・?嫌だなぁ・・・


オ課長の所に、融資の申し込みに来たオククァン。
定期預金の時と同様、「お父様」と呼ぶオ課長、「おっさん」と呼ぶオククァン。
そして最後には「おっさん、何歳?」と(笑)
預金などがあるから、契約書を持って来てくれれば、貸せると言われて、
不動産屋?仲買人?の所に走るオククァン。
しかし、買い手が見つかれば、すぐ売りたいと言ってハズなのに、
一緒に住む家族が増えて、ここに住み続ける事にしたから売れないらしい・・・

ガックリしてヘリムの家の前に立ち、「大丈夫です」とオククァン。
そして、ヘリムの家を見下ろしていたギョンホ。
屋上を見て、ママの言葉を思い出すギョンホ。
---この花が咲いたら、パーティをしたいの。
ギョンホ…ママを守ってくれるわね?スアとママを…---
抱き締めてくれたママ。。。「会いたい…」と、泣いているギョンホ(/_;)

姐さんからお見合い話を持ち掛けられたけど、
もちろん乗り気じゃないオククァン。
降ってきた雪を眺めて、「パーティをしたいと言ってたんです。
子供達を呼んで、僕が開きます」とオククァン。

病院をやめて、クミン病院にやって来たミンギョン。
向こうの院長とやり方に反発して来たらしいけど、
ジェスを追いかけてきたのが、本音でしょう。
ウ院長宅で、夕食をごちそうになった日、急用で出てしまった院長。
ジェスとミンギョン、二人きりになり、落ち着かなくて、一人で喋るミンギョン。
「祖父から真っ直ぐな好青年と聞いてたんで、ずっと見てました。
私が好意を持ってる事も、気付いてました?」と。
「?」のジェスに、告白してしまったと照れるミンギョン。
そして、「恋人は…いないのは調査済み。
心に残ってる人はいますか?思い出すたび、切なくなるような…
いなければ、アタックしたいな」
ミンギョンの最後の言葉が、耳に入ってない感じのジェス。

その帰り道、雪の中、自転車を漕いで、スア宅に向かったジェス。
雪が降ってるを眺めて、窓の所に来たスアは、ジェスの自転車を見て、
外に出てみると、プレゼントが。。。
開けてみると、手袋とマフラー。「寒くないように」とメッセージが。
マフラーと手袋をつけてみるスア。
パジャマ姿(多分)で、愛しむように、手袋を頬につける姿は、涙。。。

ハクスの店のパンが、全てのホテルから納入を止められてしまいました。
違約金を払っても、契約を解除したいと言ってくるくらいで、
これは毒蛇の仕業・・・?
真っ先にパンの味見をして、
「味は大丈夫。同じパンで飽きてしまったのかも」と、心配するデホに、
「お前のパンは三度のメシと同じ。飽きない」と言ってくれたハクス。

CDショップで万引きする男が…スアが声を掛けると、ギョンホ!
泣いて叩くスア…「また泣く」とからかい、涙を堪えて笑うギョンホ。
抱きしめて「泣くなよ」と言うギョンホ。すると、ジュヒが・・・
気付いて笑顔を向けるギョンホ、「おチビちゃん、俺が分るのか?」
飛びかかってくるジュヒに、
「おチビちゃん、大きくなったな」と泣いているギョンホ。
「小説書いてたの。家出した二番目の息子が、帰って来た所まで夕べ書いた。
いつも不機嫌そうな顔してても、私には笑ってくれた…」
ワンワンと泣くジュヒを抱きしめて、号泣するギョンホ。。。
その二人を抱きしめるスア・・・
抱き合う三人を見て、血の繋がったきょうだい同士なんだ…と実感。。。

ジェスに、ギョンホが帰って来た事を知らせに来たオククァン。
歩く姿もたどたどしい…と思ったら、足が震えてたのでした。
ヘタヘタと座りこんでしまうオククァン。
「俺、分らないからここに来た。ギョンホは今でも、俺を憎んでるかね?
嫌われてても、あの家を買っておけば、心を開いてくれたかも。
でも買う前に、帰って来た…」と言う父に、困った顔になっててしまうジェス、
「今はダメでも、後になったら憎まないハズ」と。
「いつだ?」「…近いうちに」

ギョンホがいるかと思って、スアの家に行ったジェス。
しかしギョンホはいません・・・
何をしてたのかも言わないし、顔色も悪くて乾いた咳をしてた。
もっと遠くに行きそうな気がして、会えずじまいになりそうで、
止められなかった。。。と言うスア。

「やれそうか?」と聞くジェス、
そんな何度も、聞かれたくないわ~と思ったら、「もうその質問はやめて」とスア。
そりゃあ、聞かれるたび、辛い気持ちになってしまうでしょう。

「私達はあのオランダの少年と同じ。小さい手でようやく穴を塞いでいる。
聞かれたりすると、繋いだ手を離したくなる。そうなったら大変…」

後日、スア宅に向かうオククァンとジェス。
嫌われてる?と思って、どうも足が進まないオククァンは、
「俺が行く事、知ってるのか?」と心配そう。
まだやる事がたくさん残ってるから、行かないと…という気持ちになったのに、
家の前まで来ると、「タバコ吸ってから」と躊躇するオククァン。

やって来たジェスを見て、本当に驚くギョンホ。
ジェスは、「僕は本当に大丈夫だった」と笑顔、
顔がこわばるギョンホは、ジュヒに「おチビちゃん、出てて」と。
しかし、出て行く前に、怒鳴ってしまうギョンホ。
ジェスの事を思い出して、吐きそうになってたギョンホ(第9話)
本人を目の前にして、どうなってしまうんでしょ???

でも、いつまでも逃げてばっかりはいられない…
ギョンホ自身がカタをつける為にも、いつかは会わないと。。。

(注)KNTV版での視聴です。(オククァン=オッカン)
地上波・BS版とは、セリフが若干違うかもしれません。

「ピアノ」他の回はこちらです。

ピアノ DVD-BOX
ピアノ DVD-BOX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2006年06月08日 22:49
う~~これからどうなってしまうのかな?ギョンホの葛藤は続いているのですね。しかし今回はあまり進展しない回でしたが面白かったです。毒蛇は鹿賀丈史になってるし、ピアノ教室の家に現在住んでるおじさんは山本 學さん(きらきらひかる、白い影)にしか見えませんでした。16話完なのであまりこじれずにスマートな終り方なのでしょうか?次回待ち遠しいです。
2006年06月09日 20:32
のりさん、こんばんは。
そういわれれば、あまり進んでいないけど、それでも登場人物それぞれがの心境が、ググッと来る回でした。

>ピアノ教室の家に現在住んでるおじさんは山本 學さん
ム、ムッ…あの家のおじさん、思い出せない!GyaOでチェックしよう!
毒蛇の「鹿賀丈史」は、そうそう!という感じ~鹿賀さんが演じれば、すごく嵌りそうです。

>あまりこじれずにスマートな終り方
こじれないといえば、そうかな?どうだろう?でも最終回まで、もちろん最終回も、毎回泣いてましたよ。

この記事へのトラックバック

  • 「ピアノ」オリジナル・サウンドトラック

    Excerpt: 「ピアノ」オリジナル・サウンドトラック 【内容紹介】 キム・ハヌル、チョ・インソン、コ・ス共演ドラマ 「ピアノ」の国内盤DVD付サウンドトラック。 DVDには、ドラマの名場面のクリップ映像を.. Weblog: 海外・韓国ドラマLife racked: 2006-04-10 13:42