パリの恋人 第1話

サブタイトル・・・「まさかの出会い」
画像
☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
パリの語学学校に通ってるテヨン(キム・ジョンウン「イヴのすべて」ジュヒ)HPによれば、映画の撮影監督(カメラマン)だった亡き父への思いを胸にパリに来たらしい。
ドライヤーかけながら、メイクするテヨン、
器用ね~
自転車で颯爽とパリの街を駆け抜けるテヨン。
うらやましい~私もやってみたい♪
(若ければ...^^;)

途中、立ち寄った噴水にコインを投げ入れ、「お金が振ってきますように…」

5分遅刻で、カフェのバイトをクビになってしまったテヨン。
しかし、店長の早口なフランス語が聞き取れず、「???」
クビの原因は、フランス語が胆嚢じゃないのも原因みたい。
辞書を片手に、ようやくクビと分り、ガックリのテヨン。

さっきの噴水に行き、お金じゃなく、店長のかみなりが落ちてきたからと、
「返してもらう」と、水の中に入り、コインを拾うテヨン。
考え直して、「お金が増えなくても、金持ちの男でもいいんだけど…」

ハン・ギジュ(パク・シニャン)。HPにによると---韓国の財閥の御曹司。
2年前に離婚した直後から、GD自動車パリ支社を取り仕切り、
フランスでの、GD自動車の認知度UPとシェア拡大を目論んで、
業界の重要人物ボーディエ社長に接近しようとしている---
と、いう事で、「一発かます」と言って、
大金を持って秘書を引き連れ、ボーディエ社長の所へ。
ポーカーをやってた社長たちに、金をアタッシュケースごと賭けるギジュ。
勝って手に入れた大金を、プールに投げ込むギジュを気に入って、
「後日、具体的に話をしよう」と言ってくれた社長。
しかし、キッパリと断って帰ってしまうギジュ。これも作戦なんでしょう。

秘書に「料理がうまい韓国人の家政婦」頼むようにと言うギジュ。
また…という感じの秘書。

学校に、先月分の授業料を払いに来たテヨン。今月分はまだ…
その窓口に、丁度かかってきたのは、韓国人の家政婦のバイトの依頼。
ラッキー♪という感じで、メモを取り上げて、その家へ向かうテヨン。

ギジュの屋敷は、すごい豪邸!
秘書から、物を動かさないように…と言われてるのに、
珍しくて、リモコンを勝手に触ってしまうテヨン。
カーテンがパーッと開き、大型テレビが映り、感激!
秘書には、注意されてしまったけど・・・
色々と注意事項を話す秘書。
とにかく、几帳面でキレイ好きで、好みがうるさいらしい雇い人のギジュ。
お金が欲しいから、早速今日から働く事にしたテヨン。

帰宅したギジュ。そこには新しい家政婦・テヨンからのメモが。
---染みのあるスーツをクリーニングに出しておきました。
私は今日からお世話になってるカン・テヨンです。
初日なので、至らない点は、大目に見てください---

アパートでは、家賃滞納で、大家に取り立てられてるテヨン。
ティシュで耳栓をして、聞こえないフリをして、
ボイスレコーダーにメッセージを吹き込むテヨン。
「他の留学生は、家賃で大変だけど、ここの家賃は安くて、眺めが最高。
まるで宝石を散りばめたようなパリの夜…」
窓から見えるのは、隣のアパートの窓。。。
そのテープを箱に詰め、韓国に送っていました。

翌日、雇い人・ギジュに指定された物を買うテヨンは、
あまりの高さに、唖然&ビックリ!
ギジュったら、窓拭きの洗剤まで、指定してるのね~(;^_^A

その頃、屋上から双眼鏡から街を眺めて、
「明日直営店の店長を呼べ。一時間半の間に、
うちの車が五台しか通らない。情けない」とギジュ。
今度の家政婦は?と、秘書に聞かれて、「まあまあだ」と答えたギジュ。

毎日、気付いた事をメモ書きして、あちこちに貼って帰るテヨン。
---オレンジジュースが賞味期限切れです---
飲んでたジュースを、吐き出してしまうギジュ(*_*;
---ベットのカーテンを取り替えておきました---
少女趣味な柄に、ゲッって顔。
---香りのするトイレットペーパーに変えてみました。
アロエの成分が入ってて、肌にいいんです---
そっと鼻を近づけ…(笑)そして肌にいいって、どこ見たんでしょ(^o^)
コーヒーの銘柄を変えたのは、迷惑だったみたいで、
おまけのグラスと共に、ゴミ箱行き。
テヨンの書いたメモを、すべて机の中にしまってたギジュ。

家賃滞納で、とうとう追い出されてしまい、
友達のヤンビ(「威風堂々な彼女」の不良少女・スミだわ~)の所に泣きつくテヨン。
雇い主の事を聞かれて、
「気難しいけど、私はキッチリしてるから、クビにはならないんだ~」
と自信満々なテヨン。

しかしテヨンの思いとは違うギジュ。
ワイシャツの位置はメチャメチャ(色分けし、並べる順番が決まってる!)
リモコンは、いつもの場所にない…「代わりを探せ」と命じるギジュ。
しかしその後に、テヨンの残したメモを見て、考え込んでたギジュ。
---この家は昼間が素敵なんです。窓際に水槽を移したら?
魚達も喜びますよ--- 
いつものような、思いやり(一方的だけど)に満ちたメモ。

家政婦の仕事に来てるのに、ギジュのDVDコレクションを物色してるテヨン。
「夜、一人で古い映画を見る人は、ロマンチストか、孤独な人…」
とボイスレコーダーに吹き込んでると、やってきた秘書。
こんな時間まで、と怪訝そうな秘書に、
「お風呂の掃除に戸惑って」と、誤魔化すテヨン。

路上でタバコ売りをしてるヤンビが、
男と出かける間に、店番を頼まれたテヨン。
そこにやって来たフランス人のおじさん「一晩いくらだ?」
タバコの値段かと思って、値段を言うテヨン。
そんなに安いのか~と、馴れ馴れしくしてくるおじさん。
ようやく、意味が飲み込めたテヨンは、違う、ダメと身振り手ぶりで逃げ、
ムッとして、売り物のタバコを、路上に撒き散らして帰って行くおじさん。

丁度やってきたギジュ。その落ちてるタバコを踏むように、路駐。

戻って来たテヨンは、高級車がタバコを踏んでて憤慨し、
車のナンバーを写真に取り(チェキを持ち歩いて重くないのかな)
車の防犯ブザーが鳴るようにすると、やって来たギジュ。
しかし、「路上での物売りは禁止されてる。半分は払うが…いくらだ?」
と、カネでケリをつけようとするギジュ、
「最初は謝るのが普通でしょ!」と怒るテヨン。
金を払うにも、カードしか持ってないからなのか、
たまたま現金を持ち合わせてなかったのか、家に取りに行く事。
「酒を飲んだから、運転してくれ。その分も払う」、と言うギジュ。

住所を聞いたテヨンは、家政婦してる家と同じ街なので、
忘れて来たボイスレコーダーを取りに寄る事に。
自分の家の前に車を止めるので、驚くギジュが、
「ここに住んでるのか?」と聞くと、
「そうよ」と、雇い主とも知らず答えるテヨン。あらら…(^_^;)

部屋に入ってレコーダーを取り、メモ書きしてるテヨン。
すると電気がパッとつき、ギジュが入って来たので、
「他人の家に勝手に入ったらダメでしょう」とテヨン。
「よく僕に言えたもんだな。どうしてここの鍵を持ってる?」とギジュ。
「ワイシャツは色の順番に並べろ。安いコーヒーは飲まない…」
ようやく状況が飲み込めたテヨン。クビを宣告したギジュ。
「壊れたタバコは友達のなんです。弁償しないと…」と言うテヨンに、
金を並べるギジュ。こんなにいりません…と数枚だけ持って帰ったテヨン。

帰ってしまった後、テヨンが書いたメモを読んだギジュ。
---忘れ物をしたので、取りに寄りました。夜なので灯をつけて帰ります。
明日は冷えるので、暖かくして出かけてくださいね---
優しいメッセージ。。。

大金を受け取らなかった事を、バカだねと言うヤンビ。
レコーダーを取りに行って、バックを忘れてきたことに気付いたテヨン、
「私って、ホントにバカ」

翌朝、出勤しようとして、車に忘れたバックを見つけたギジュ。
ボーディエ社長邸でのディナーに、招待されることとなったギジュは、
社長夫人は韓国人で、カンヌン出身と聞き、
「カンヌンの女は怒ると怖いのよ!」と言ってたテヨンを、思い出し。。。

例の噴水で、仕事が欲しい…あの嫌な男の家でもいい…
と、お願いするテヨン。横を見ると、隣にその嫌な男・ギジュ!
もう一度雇いたいと言ってきたギジュ。
連れて行った先は、テヨンのドレスの試着。
何着着替えたんでしょう…何度も却下するギジュ、さすが好みがうるさいわ~
肩の開いたドレスに身を包んだテヨンに、一瞬見とれるギジュ、これで決定!

「私の趣味じゃない」と恥かしがってるテヨンに、「僕の趣味だ」とギジュ。
「家賃、すごく溜まってたのよ…」と言うテヨン。
雇用条件に、家賃を全額払うとでもあったのかな?
家を買っても良かったと、ホントに金持ちなギジュ。

ボーディエ社長夫人とテヨンは、カンヌン話で盛り上がり、
出身高校も同じで、一層テヨンを気に入った夫人。
(夫人は、「ナイスガイ」ジウ母・「1%の奇跡」テハ母)
こんないい人がいるのに、結婚は?を聞かれ、
違うと言おうとするテヨンを静止して、
テヨンの手を握り、結婚を考えてるような事を話すギジュ。
驚いて、ドキマキしてしまってるテヨン。

そしてダンスを踊る二人。おずおずとしながらも、ちゃんと踊れるテヨン。
ギジュは、背筋が伸びてきれいな姿勢だわ~

やはり多くの方が絶賛するだけあって、
テンポがいいし、コミカルで、面白い!

エンディンクテーマは、イ・ドンゴン。第1話は、出番がありませんでした。

「パリの恋人」他の回はこちらです。

パリの恋人 オリジナルサウンドトラック(デラックスエディション)
パリの恋人 オリジナルサウンドトラック(デラックスエディション)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年04月10日 20:39
やっとアップできました(笑)。
最初から盛りだくさんで楽しいですね、これ♪
写真で見た時には???のパク・シニャン、
上手いしギジュって可愛い(笑)。
メモを読まなければジュースを飲み干したわけでしょう?
高いものばかり御用達なのに案外味覚はイケていないかも。
ネクタイだってテヨンのチェックが入っていたし。

それにしてもテヨンもフランス語を勉強して、お金を貯めてから来ればいいのに・・・。
2006年04月10日 21:56
sannkenekoさん、こんばんは!
やっばり、評判どおり、面白かったですね~カットがあるだろうけど、吹き替えでも十分楽しめました。
ネクタイチェックは、カットでしたよーーー
他にも色々…カットなしだったら、もっと楽しかったんだろうなあ…と、sannkenekoさんのレビューを読んで、思いました。

無表情のギジュだけど、何だか可愛く見えますね。ジュース吹き出したり、トイレットペーパーの匂いを嗅いだり(当然、用をたしてる途中…!)

>テヨンもフランス語を勉強して、お金を貯めてから来ればいいのに・・・。
言えてる!思いついたら、即行動派なのかしら~
のり
2006年08月10日 23:43
待ち焦がれていたパリの恋人、やっと視聴です~。
パク・シニャンに魅力がいまいちわからないのですが、ドラマに引き込まれていくにつれ、はまっていくのかな??キャラが重要になってくるのでしょうがまだはまってはいません~。でもドラマとしてのテンポはよく次回が気になりますね。イ・ドンゴンは伊藤裕子にみえるのですが、今回はどんな役どころなのでしょう。楽しみです!!
2006年08月11日 13:06
のりさん、
このドラマは、パク・シニャンのギジュ派か、イ・ドンゴンのスヒョク派に別れるみたいです。
パク・シニャンは写真で見ただけだと、全然好みじゃなかったのだけど、あのぶっきらぼうさの中に見えるコミカルな部分が可愛く見えて、見事にハマりました。
イ・ドンゴンは実年齢より上の役だし、ベテラン二人に挟まれて難しいだろうに、ちゃんとこなしてます。のりさんはどっち派になるかな?

この記事へのトラックバック

  • 韓国語電子辞書

    Excerpt: 韓国語電子辞書 Weblog: 韓国語電子辞書 racked: 2006-04-09 15:00
  • 「パリの恋人」第1話

    Excerpt: Bonjour mademoiselle♪ これは大人のお伽話? 「パリの恋人」第1話 『まさかの出会い』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-04-10 20:04