1%の奇跡 第5話

サブタイトル・・・「御曹子がフラれる理由 不自由すぎる私生活」
画像
☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
「なぜそんなに怒るんですか?」タヒョンに言われて、戸惑っているチェイン。
「それは…あの……ボスが黙っちゃいないから」
まだ自分の本心に気付いていないチェイン。
そして車の中の二人は、前回ラストの事を巡って、大ケンカになり、
「それ以上言ったら、契約も何も無しだ!」と怒鳴ってしまうチェインに、
「やっぱり、公証受けておいて良かった」
タヒョンの言葉に、目の下がピクッとするチェイン(笑)

会場に着くと、来ていた記者達は、
ソンヒョングループのチェインが、女連れと大騒ぎ。
売店でキーホルダーを選んでるタヒョンに、金を出そうとするチェイン。
「人にプレゼントだから、私が…」とタヒョンが言ってるのに~

クラシックを聞くと眠くなると話してたタヒョンだったけど、
「20分は聞いて、20分は考え事。次の20分は歯を食い縛ってた。
そして残りの時間は…実は私、目を開けたまま、眠れるんです」
タヒョンのお茶目な言葉に、笑顔がこぼれるチェイン(#^.^#)

帰りの車で、「家の人が、お見合い相手と一緒と思ってるかも。」
と、心配してるタヒョン。 携帯を持たないタヒョンに貸してくれたチェイン。
「ママ、私タダ」 タダという言葉に不思議そうなチェイン。
期待してたのに、お見合いが上手く行かなかったと、ガックリのタヒョン母。

「タダって誰?」
「家ではタヒョンでなく、タダって呼ばれてるの。
弟が小さい頃に、ちゃんと発音できなくて、やっと言えたのがタダ」
「タダ」と口にするチェインに、「家族だけが呼ぶ名前」とタヒョン。
「タダ…」、フッと微笑を浮かべるチェイン。

喫茶店に寄ると、そこでも流れてるクラシック音楽。
「CMで、シューベルトの“鱒”が流れるたび、弟が10回以上教えてくれた。
でも全然覚えられなくて、CMが流れた時、弟に“何て曲?”と言われ、
魚の名前…“鮒”としか出てこなかった」
タヒョンの話に、笑いを堪えてるチェインがおかしい~
「生徒にそんな思いをさせたくなくて、無理やり同じ曲を聞かせてるんです」
「でもアンタの…いや先生の生徒は、
鱒がどんな曲か忘れない」笑顔のチェイン。
今回はタヒョンに対して、笑顔が多くなりました。
ちゃんと、「アンタ」から「先生」って嫌な顔せず言い直したし~


家に帰る途中、コンサート会場で買ったキーホルダーを渡すタヒョン。
まさか自分に…とは思ってなかったチェインは、
戸惑いながらも、ずっと握り締めて運転してました。嬉しかったんでしょうね~
といい雰囲気だったのに、、、
車の中に鍵を忘れたタヒョン、戻ると鍵を持って待ってたチェイン。
タヒョンが取ろうとするとふざけて高く掲げるチェイン、
そうしてると、バイクが来て、避けた二人は抱きあう格好に。
キスしようと顔を近づけるチェイン、のけぞって避けるタヒョン…
とその時、チェインのスネに蹴り!のタヒョン。しかもトゥキック!
「おい…挨拶もせずに帰るのか?」と言われ、もう一方のスネにも蹴り!

バーでヒョンジュンに愚痴るチェイン、
「あいつには意地と度胸しかない。尻尾は9本じゃなく90本、いや900本だ!」
900本…一体どんな。。。
タヒョンとの事を記者に見られたので、
記事を止めて欲しいと、ヒョンジュンに頼むチェイン。
「でも、明日の先生の顔、見たかったなぁ~」と、イタズラっぽく笑うチェイン。

一部の新聞に出てしまった記事に、
「この前の仕返ししたな。しばらく退屈しないだろう」と、
満足そうに大笑いしてる会長。
「でもあの先生が世間にさらされるんですよ」と心配するトンソクに、
「これで結婚しやすくなった」と、楽しそうな会長。

タヒョンと会長のデート。
「すぐ怒鳴るし、ヒステリー。あの性格を直さないと一生警察だわ」
呆れてチェインの話をするタヒョンに、
「性格は直らないから、、いい女性と結婚すればいい。」と会長。
「その女性がすごく苦労する事になる。
あんな男、一生独身の方が女性の為」と首を振るタヒョン。

チェインと女性が一緒だったと言う記事を見て、
「会長の機嫌を損ねたのでは?」と心配してるチェイン母。
「ホテルのイベントで相手が必要だった」と言い訳するヒョンジュン。

同じ記事を見て、
「こんな人がタダの相手なら…」と、夢のように話してるタヒョン母。
ヒョンジンは、タヒョンに記事を見せて、
「私達には、ただのコンサートでも、相手は財閥。
あの人の言葉一つが記事になる。私達とは住む世界が違う。
これでどんなにすごい人と会ってると分かった?」と。
本当に、住む世界が違う…と実感してるタヒョン。
そしてコンサートの時を思い返してみると、
チェインは、こうなる事を予測してたのでは?と思い、怒ってるタヒョン。

「何であれ、何かが起きるのはいい事」と言うヒョンジンに、
「あの人との事に何かが起きる可能性は1%」と言うタヒョン。
「1%?可能性はあるって事ね?まぐれってのはコワイのよ~」とヒョンジン。

デハートの常務室でのテハ一家。
コンサートで、チェインとタヒョンを見たテハ母は、相手を探りたい様子。
「やっぱりお兄さんの子」と、またチェイン父の悪口を言い出すテハ母。
「やめなさい」と嗜めるテハ父に、「いいえ、あの女が気に入らないのよ!」
チェイン母を嫌ってるテハ母。
話題を変えようと、「ところでテハ、お前は?」と話を振るテハ父。
テハの返事も聞かずに、「絶対ダメよ!」とテハ母。

次のチェインとタヒョンのデート。、
新聞に出ると知ってて、コンサートへ行ったと思い、怒ってるタヒョンと、
蹴飛ばされた事を怒ってるチェインは、険悪なムード。
「責任取ってください」とタヒョンに言われ、
「本当は俺と結婚したいんだろ?」とチェイン。
「いいわよ」 
タヒョンの意外な返事に、チェインは、ビックリ眼・・・!

「1%の奇跡」他の回はこちらです。

カン・ドンウォン オフィシャル プレミアム BOX CHANNEL#DONG WON
カン・ドンウォン オフィシャル プレミアム BOX CHANNEL#DONG WON [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年03月05日 10:48
こんにちは。
4話のレビュー読ませていただきました
。(^o^。(。^o^。)。^o^)。キャハキャハ

チェインが変わってきましたね。
怒りまくっていたのに「素」が見えるようになってきて
「ダダ」に反応したり。
それにしても契約以外で会っているおじいさんとの方がよっぽど恋人っぽい雰囲気なのは何故でしょう(爆)。


お気遣いありがとうございます。
アクシデントは現在進行中で正直まだわかりません。
昨日今日と家でゆっくりしています。
(本当は映画を観に行くつもりだったんですが、
こうなっては無期延期です)。
2006年03月05日 22:48
sannkenekoさん、
4話を見れなかったのは残念でしたね。
チェインvsタヒョンのバトルがすごかった&爆笑でしたよ~。それとカン先生のしつこさに閉口…

チェインが段々と素を見せてきて、いっつも怒鳴ってたチェインが素直な顔をすると、こっちまでホワンとした気持ちになってしまいます。
タヒョンとおじいちゃん。
そうそう、まるで恋人みたいな雰囲気ですよね~
今まで「デート(?)」と書いてた私ですが、今回からは「デート」と書きました♪

>お気遣いありがとうございます
いえいえ…この土日で、のんびりと休めたのでしょうか?まだ進行形とのことで、色々なのでしょうね…体に気をつけてくださいね。

この記事へのトラックバック

  • 「1%の奇跡」第5話

    Excerpt: 財閥の三代目って下手な芸能人より注目度が高いんですね。 確かにこれは大変かも。 第5話『御曹司が女にフラれる理由 不自由すぎる私生活』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-03-05 10:29