ピアノ 第2話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
凄い剣幕で、ジェスをケガさせた相手の家に乗り込んだオククァン。
しかし出て来て、謝るヘリムを見て、固まってしまい、「そうじゃなくて…仲良くしろと…」とシドロモドロ。
ジェスは大丈夫と言ったけど、念のためにレントゲンを取りましょうとヘリム。

ジェスの主治医は、オククァンがいつも世話になってる医者らしく、「また喧嘩か?今度はどこを刺された?」と、大声。
ヘリムに聞かれたくなくて、シーッと黙らせようとするオククァン。

家に帰る時、「おばさんの話もマヌケ面で、ボーッとして聞いてて、
口も開けっぱなし」と、呆れてるジェス。
マヌケ?と怒るオククァンだけど、「おい、ホントにマヌケ面だったか?」
「ええ」と言うジェスに、マズイなぁ~という感じのオククァン。
「靴袋(ポケットというらしい)を買ってもらえませんか?」と言うジェスに、
「靴をポケットに入れるのか?」とトンチンカンな父・オククァン(笑)
ハー、もういいです…とため息のジェスが、可笑しくてカワイイ。

やった方のギョンホは、イスの上に正座一時間の罰。
「ママのいない子をいじめるなんて」とスア。
「僕だってパパがいない」とギョンホ。
「そうよ。もう頼りになるパパはいないのよ!だからしっかりしないと」
姉・スアはそう言うけど、父がいない事を受け入れられないギョンホ。。。

銭湯の湯船で泳いでるオククァンに、周りは大迷惑。
オククァンの腕の刺青ってスヌーピー?
「住民票を取って来て。転校するのに必要なんです」と言うジェスに、
「学校行ってるのか?」と、オククァン。
ジェスと共に私も呆れてしまった・・・( ̄  ̄;)

寝てる時は、抱きあって眠ってて、いい親子。。。と思ったら、
ジェスを邪魔そうに、振り払うオククアン(無意識なんだろうけど)
で、目が覚めちゃったジェスは、「僕は10才、小学3年生。
ソウルでは一番だったんです」と眠ってる父に語りかけてました。

結局自分で転校の手続きをしたジェス(!)
転入したクラスは、なんとギョンホのクラス。
ソウルから来たもの同士と言う担任の言葉と裏腹に、
ジェスに足を引っ掛けて、転ばせるギョンホ、そして「もう一度勝負だ」と。

放課後、ジェスに馬乗りになって、殴りつけてるギョンホ。
黒山の人だかりを見て、見に来たスアがビックリして、止めました。
顔を洗ったジェスに、自分のハンカチを差し出すスア。
「ありがとうございました。」と丁寧にお礼を言うジェス。
返してもらったハンカチを、ジッと見つめてるスア…
子供ながらに惹かれてるみたい(*^∇^*)

ヘリムの自宅を尋ねて来た男女は、ピアノ教室の看板を訝しげに見上げ…
図々しく上がりこんで来たこの人達は、ヘリムの亡き夫の姉と兄。
「弟の金でこんな家を借りて」とか、「夫の気を吸い込んだ」とか、
散々文句や嫌味を言いつつ、それでも金をタカリにきたらしい二人。
しっかし、うるさい義姉と義兄…(-"-)
弟が死んだのは、ヘリムのせいと思い込んでるらしい。。。
それともただ、金が目的?

二人は、ヘリムの差し出した封筒をしまって、ようやく帰って行きました。
義兄は、「サラン」のチーフ、「白夜3.98」でロシア勤務してた俳優さん。
義姉はどこかで見た気が、あのキンキラ声を聞いた気がするけど、思い出せない…


刑務所のハクス親分に、面会に行った姐さん(妻ではないらしい)。
「ずっと入っていれば?いつ死ぬか心配しなくて済む」と言いつつ、
聖書を差し入れて、もうヤクザな世界は忘れるように…と。
「オククァンに会ったか?」と尋ねる親分。

そのオククァンは、今日もタカリ。。。
相手のおばさんが中々金を出さないので、もめてる間にすごい人だかり。
観念して、金をよこしたおばさん、それを這いつくばって拾うオククァン、
すると…ヘリムが! また固まってしまったオククァン。
「ジェスのレンドゲンの結果…大丈夫でした…」とヘリム。
片手に握ってた金を落として、そのまま逃げだしてしまったオククァン。
惚れた相手に、こんな姿見られたくなったのでしょう…
どこまでも走り続け、「どうした?」と、自分の気持ちに戸惑っているオククァン。

ヘリムの家で、ケガの手当てをしてもらってるジェス。
昼間のオククァンの姿を思い浮かべ、不憫そうに見つめるヘリム。。。

姐さんの屋台で酔っ払ってるオククァン、
「胸が痛むんだ…」と、こぼしてるので、「うるさい」と客にケチをつけられ、
その客を、はらいせに殴りつけてるオククァン。
そこに現れたのは、かつての舎弟たちで、逆にボコボコにされてしまいました。
「毒蛇兄貴の縄張りを荒らさないでくれ。
パチンコですっちまわないで、出店でもすればいい」と
金を、オククァンの胸ポケットに、押し込むヨンタク。

フラフラとヘリムの家にやってきたオククァン。
ジェスが眠ってしまったので、どうしたら?とスアが知らせに行く所で、
家の中に入ったオククァンは、そのままバッタリと倒れてしまいました。
困ったヘリムが、起こそうと抱きかかえようとした時、
丁度やった来たのは、あのうるさい義姉と義兄!
「男を連れ込んだ!」と大騒ぎ。。。よりよよって、何でこんな時にくるの~(--)

授業中、ジェスに嫌がらせをするギョンホ。
先生が気付いて、罰としてバケツの水を持ち上げて座らせらてました。
授業が終わって出て来たジェスに、バケツに水をぶっ掛け、
「お前のせいでママが…!」とギョンホ。黙ってうつむくジェス。。。

ヘリムの所に来た、あのうるさい義姉と義兄は、
ピアノ教室のレッスン中だというのに、無理っくり生徒達を追い出すし、
部屋の中はメチャメチャに荒らすし、「売女!」とまで言うし
「自分達だけいい暮らしして、男はどこに隠した?
弟の血の結晶なんだから、ここを渡してもらおう」と勝手な事を言うし…
一体この人達って何?と呆れてしまう(-"-)
生徒達を抱きかかえて、ジッと耐えているヘリム・・・
近所の人達は、ただ遠巻きにヤジ馬状態で、
生徒の母は、ムンズと子供の手を引き連れ帰り…
帰って来たスアとギョンホも呆然。。。
「大丈夫よ。誤解よ。理解の反対語。解ければ大丈夫…」と、
二人を落ち着かせようとしてるヘリム。。。痛々しくて可哀想・・・

その夜、荒れた部屋の中で、カルグッスを食べる三人。
「パパがいないからだ」とギョンホ。
「それも一理あるわ。人と違うと言う人もいる。
でも間違っていない。分るでしょ?」と諭すママに「わからない」とギョンホ。
「パパがいない代わりに、ママが頑張るから。。。」

オククァンは懲りずにスロット店へ。
しかも「出ない!」と暴れるものだから、毒蛇兄貴の所に一報が。。。
毒蛇兄貴は、ヨンタクに「お前が任せろと言ったよな」と脅し。
店員に絡んでたオククァンは、「毒蛇の手下が来ます」と聞き、逃げたけど、
帰り道、捕まってボコボコにされてしまいました。
ヤジ馬たちも集まってきて、殴られ続けてたオククァンは、
人だかりの中にジェスを見つけ呆然…
父の情けない姿に、涙が流れるジェス、
そばにいたギョンホは「息子は物乞いで、父はヤクザが」と。
涙をぬぐって、その場から立ち去るジェス・・・もう可哀想。。。

フラフラになりながら、ヘリムの家に向かうオククァン。
ドア越しに見えたヘリムは、ピアノを弾いていて、
振り向いた顔には涙・・・
子供の前では気丈に明るく振舞ってたヘリムの涙に胸が痛みます(:_;)

オククァンが家に戻ると、電気もつけずに座っていたジェス。
電気をつけて、足先でジェスの背中を突っつくオククァン。←子供みたい~
「おい、これ何だと思う?靴袋だ。タランタラーン♪」とオチャラける父、
振り向かないジェス。 オククァン…ちゃんと買って来たのね~
ようやく振り向いたジェスは、泣きながら何度も何度も父を叩き、
黙って受け止めているオククァン。。。
伏せて泣きじゃくるジェスを、優しく抱きしめるオククァン…目には涙が…
ようやく、親子になれた気がしました。。。
この一連のシーンは、号泣。。。"(/へ\*)"))'゜゚゚・。


姐さんの屋台で食器を洗ったり、荷物を運んだり、ねぎを刻んだり、
必死に働くヤククァンに、私の立場が悪くなると言ってた姐さんだったけど、
「ほら焼酎って言ってるよ」と言ってくれ、喜んで運ぶオククァン。
刻んだネギを見て「ヤクザのくせして包丁もロクに使えない」
と言う姐さんには笑ってしまった~

帰り道は、ヘリムの家の前を通って帰るオククァン、
家の前って階段なのに、リンゴを落としてしまってさぁ大変~!

「明日遠足なんです。でも海苔巻きを作れない」とジェス。
「俺が作ってやるよ」とオククァン。
二階の窓から、食べ終わったリンゴの芯を投げ捨てる父に、
あーー!と悲鳴をあげるジェス。二つ仲良くならんでるリンゴの芯。。。

遠足の昼食時、弁当箱をあけたジェス。
崩れてすごい形の海苔巻き~!今朝の事を思い出すジェス・・・
---海苔巻きを作ってる父に、父さんが直接買って来たの?と聞くジェス。
当たり前だ。でも巻くのって難しいなぁ~と一生懸命な父---
あまりの海苔巻きに笑ってしまったけど、愛情がいっぱいだったのね・・・
食べているところにスアが来て、「ママがあなたの為にって」
と弁当箱を差し出したけど、何だか素っ気無いスア。
「スア姉さんから、お礼を言っておいてください。
それと、父さんが迷惑かけてすみません」と頭を下げるジェス。
そっか…スアの態度は、オククァンのせいでママが大変だから。。。
そんな時に夕立が! 二人で雨宿りしてるジェスとスア。
いつのまにか繋いでた手。。。何だか可愛い~

こちらも夕立で雨宿りしてるヘリム。ジッと見ているオククァン。
雨が上がって行こうとするヘリムの荷物を持ってあげるオククァン。
「やめて。変な目で見られてるの知ってるでしょ」と行ってしまったヘリム。

帰って来ないギョンホは、警察に捕まってました。
「話して」と優しく聞くヘリムを睨みつけるだけのギョンホ。
そしてその夜、「すべてにムカつく。パパがいない事にも、何で僕だけ」
と荒れていたギョンホ…眠っている時には、四人の家族写真を抱いていました。
寝顔はとってもカワイイギョンホ。。。

姐さんに教会に連れて行かれたオククァン。
眠そうに舟をこぎそうなオククァンだったけど、後ろに座ってるヘリムを見てハッ!
「あら、あの売女よ。何人もの男の気を吸ったんですって」と、
ヘリムを見て、コソコソと陰口叩くおばさんたちに、
思わず立ち上がって、怒鳴りつけてしまったオククァン。

教会を出て行ったヘリムが乗ったバスに、自分も乗り込むオククァン。
寝てしまったので、降りたのに気付かない…?と思ったら、途中下車。
海のほとりで、泣いているヘリム。。。
後ろで見つめているオククァンは、「すみません…悪かったです…」と。。。

大人になったギョンホのナレーション・・・
“父の遺骨を撒いた海で、一人の男が女に愛を求めていた
憎しみだけでは止められない肉親の恋しさ…
その恋しさに背を向け体中を憎しみに満たした…
この雨の中で、その憎しみさえも薄れていく…今度は何に向かって生きていく”
雨に打たれて、泣いて叫んでいるギョンホ・・・

(注)KNTV版での視聴です。

「ピアノ」他の回はこちらです。


「ピアノ」オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
「ピアノ」オリジナル・サウンドトラック(DVD付)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kazume
2006年04月07日 00:09
こんばんは、はじめまして。いつもパンダさんのあらすじを楽しみにしています。あの~ヘリムさんの義姉の方ですが、『雪だるま』にチョ・ジェヒョンさんのお母さん役で出ていました^^やっぱりちょっときつい役でしたけど><;なんだか素に見えてしまうのは私だけでしょうか(^▽^;)韓ドラのいじわるな人ってハンパじゃないですよね、私の住んでる東海地区でも今ピアノ放送しています♪今日14話でした。ローズマリーを放送してたころにパンダさんのHPを知りまして、それからハマりました!!威風堂々な彼女、雪だるま、恋愛世代、サンドゥ学校へ行こう!を観ました。これからも楽しみにしていますね♪長々とすみませんでした。。
2006年04月07日 11:45
kazumeさん、はじめまして!こんにちは♪
いつ来てくれてたんですね。ありがとうございます。

あのうるさい義姉は、『雪だるま』のお母さんでしたから~声がキンキラしてて、ああいう役はピッタリな感じがします。つい「素?」って思ってしまいますね~
このドラマは、はじめの数回と最終話だけ見ました。

「ピアノ」、そちらでは、14話まで放送されてるんですね。私は1日1話は見たいのですが、こちらではボチボチ韓ドラが始まり、ペースが落ちるかもしれないですが、とにかく次が見たい!というドラマです。

「ローズマリー」の「威風堂々…」も良かったですよね~!「恋愛世代」は、またGyaOで配信されてるのに、見逃してしまいました…
これからも、気軽に書き込みしてくださいね(^^)
のり
2006年04月09日 23:44
ギョ、ギョンホがインソン~~??と初めはびっくりしましたが(インソンちょいファンです)、なるほど、インソンでもギョンホはいけるかも、と大人になった場合を想像しています。これからどうなっていくのかな?
まだ2話なのでこれからの成長物語も楽しみなところですが、日本で例えたら誰?というコーナー(自分で勝手にですが)も韓ドラの楽しみの1つです。このヘリム、ドンピシャな女優さんがいると思うのですが全く思いつかず実は1話からうずうずしています。早くスッキリしたいです~~。
2006年04月10日 21:18
のりさん、こんばんは~
そうなんです!あのギョンホがインソン君…私はインソン君といえば、「バリ…」での苦悩で涙ぐんでる表情が浮かぶので、結構ピッタリかな?と思いました。
顔つきは、アッサリ顔の子ジェス、目が大きくてパッチリの子ギョンホなので、逆のような気がするけど、大人になってからのイメージはコ・スもインソンも良いですよ~
地上波を見ましたが、ギョンホの屈折した感じがカットされてて、ただの意地悪少年みたいな感じがしました。

日本にたとえたら誰?
オククァンは、私はビートたけしのイメージなんです。ヘリムは、あの憂いに満ちてちょっと悲しげな雰囲気の女優さんって、浮かばないですね…鈴木京香は、どうかな?この二人じゃ「血と骨」だけど~

この記事へのトラックバック