1%の奇跡 第19話

サブタイトル・・・「結婚を急ぐ理由 一緒に暮らそう」
画像
☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
婚約式は無事(?)終わり、二人で話すチェインとタヒョン。
あと二ヶ月しかないのに、今年中は無理、11月は学校で色々あって忙しいと言うタヒョンと、12月のホテルは、Ⅹマスとか年末年始とか…仕事も何かと忙しいと言うチェインは、平行線。
しかし「するんだ!」と言い切るチェイン。

話の流れで、婚約式をしてしまい、今年中に結婚だと、大慌てなタヒョンの家。
入試が終わるまで時間がないと言う弟に、
「そんな事言ったら、向こうは明日式をしましょうって言うわ」とか、
「あれだけ急いで婚約なんて、もう籍が入ってるかも」とか、可笑しいタヒョン母。

会長宅で、慌しい婚約式にケチをつけるテハ母。
おまけに、「タヒョンは平凡、ヒョンジンの方が美人で、
言う事も立ち振舞いもいい、優しいし素直」と言うので、嬉しそうなテハ。
「タヒョンも優しいし素直」と、フォローするチェイン母♪
チェインが結婚したら、遺言状はどうするの?とテハ母。
「財産はいりません。自分の力でやっていきます」と、キッパリと言うチェイン。
テハは、どうだ?と聞く会長。
「欲しいですよ。でもチェインがいらないと言うならいりません。
いくらでも、自分の力で出来ます」とキッパリ。
会長の孫は、二人共頼もしいじゃないですか~

チェインが結婚式を挙げたくても、ホテルは満杯。
予約者リストを当たって、譲ってくれそうな人を探す…とまで!
その時、「キャンセルが入りました!」と。

「来週の火曜日、あいてる?」とチェイン、
「学校以外ないですけど」とタヒョン。
「じゃあ、来週の火曜日結婚しよう。11月11日覚えやすい」…って(~_~;)
急すぎるので無理と言っても、ごり押しするチェイン。
「それじゃあ、一人でどうぞ」とタヒョンが言いたくなるのも、分るわ~
「愛して無いのか?!俺の一人よがりか?!」と怒鳴るチェイン。
「愛してるけど…」と言われて、ニッコリするチェイン。
しかし、「それとこれは別」とタヒョンに言われ、手を取りタヒョン宅へ。

あんまり急だから「まさか?!」と、できちゃった?を疑う母。
「準備もあるし、結婚は許したけど、早すぎて話にならない。
そんなに言うなら、結婚をやめさせる」とまで言う父。
それでも結婚すると言って聞かないチェインに、
「私は構わないわ」と味方してくれたタヒョン。 嬉しそうなチェイン♪
「準備があるのよ!」と驚く母に、「何もいりません。タヒョンだけで」とチェイン。

実の母からの電話で、泣いているヒョンジン。丁度やってきたテハ。
実家に行ったヒョンジンに、金を持ってこない事を怒鳴る義父。
義父が殴ろうと手をあげた時に、助けに入ったテハ。
男と一緒に来た事を、「母親と一緒だ」と侮辱する義父、
「やめてください。親らしい事をしてないくせに」と嗜めるテハ。
また殴りかかろうとする義父を、振り払い、
「ヒョンジンさんが家族だと思ってるから、我慢してるんです。
お互いどう思ってようと、我々は家族です」とテハ。

帰りの車の中で、「関わらないで、傷を見せたくない…」と言うヒョンジンに、
「本当に僕は関係ない?傷だなんて思ってないし、僕だって傷だらけだ」とテハ。

「逃げ出さなきゃ」と、ヒョンジンを連れて、船に乗るテハ。
南怡島(ナミソム)の並木道(「冬ソナ」のロケ地)を歩く二人。
「辛いことは、全部僕に預けて。自分の重荷だからと抱え込まないで…
この女性だったら、どんな事でも耐えられる。そんな事ばかり考えてる。
これは愛の告白です。こんな僕でいいですか?」
テハの告白に、戸惑いながらも頷くヒョンジン。
「ありがとう。頷いてくれた事後悔させません…」と、抱きしめるテハ。

どうやら船に乗り遅れたらしい二人は、テハ家の別荘(?)に。
寒いのでヒョンジンの手を握るテハ。
「母があの男と一緒になったのは、私に家族を作りたかったから。
でもあの男は、そう思ってはくれなかった。私の家族はタヒョンだけ」
ヒョンジンの言葉に、「僕が家族になります。あなたの横には僕がいます。
死ぬまで守る。ヒョンジンさんは僕の全て。僕もあなたの全てになりたい」
ヒョンジンの肩を抱いて、優しく告げるテハ。。。
帰りの船では、笑顔でテハの手を握るヒョンジン・・・
とってもキレイなヒョンジンの顔。。。。(〃^▽^〃)。

結婚話を止めなかった父を責める母、
「タダがするって言ってるんだ」と、諦めムードの父。
「結婚って何かわかってるの?身ひとつで行くの?
住む家だってないくせに…、もしや一人息子だからって、同居するんじゃ?」
と心配した母は、チェインを呼んで、話をする事に。
「結婚は好きにしていいから、同居はしないで欲しいの。
いずれは一緒に住むにしても、家事に慣れる最初のうちだけでいいから。
じゃないと、結婚は認めない」と父と母。
「分りました…とりあえず僕のマンションで」と言ったチェイン。
「ママ、私同居するわ。チェインさんは、一人息子だもの。
わからないことは、教えて貰えばいいわ」とタヒョン。
家事も出来ないのに、同居なんて…と驚くママ。
タヒョンの気持ちを聞いて、本当に嬉しそうで感激してるチェイン。。。

外に出て、「本当にありがとう」とお礼を言うチェイン。
タヒョンの条件は、「学校を辞めない」という事。
これは子供の頃からの夢で、チェインさんが協力してくれたら…とタヒョン。

ここで暮らすと、会長とチェイン母に話すタヒョン&チェイン。
「チェインさんの考えです。チェインさんはお祖父さんと暮らしたいそうです」
そう話すタヒョンに、「それなら去年家を飛び出すか?」とからかう会長、
「それなら一緒に住みません」と、口を尖らすチェイン。
「それならタヒョンだけ来ればいい」、一同大笑いで和やか~

「本当にここに住むの?二人がいいんじゃない?
気を遣うでしょ?ここにはお祖父さんもいるし」と、タヒョンに言うチェイン母。
タヒョンは、会長だからって、気を遣わないだろうなぁ~
「私が結婚してすぐこの家に住んでたら、1年持たなかったわ。
1年でも二人で生活したら?」と気遣うチェイン母に、
「チェインさんは、お母様と一緒に住みたがってます。
チェインさんの望みを叶えたいんです。
チェインさん、家族とすごしたのは9年間だったって。
家族と住めるようにしたいんです。」と言うタヒョン。
タヒョンの優しさに、嬉しそうなチェイン母。。。

病院に出勤したヒョンジンは、ソヒョンから大目玉。
どうやら、無断欠勤してしまったよう。
先輩医師として、叱った後、兄として外泊の事を聞くソヒョン。
「南怡島(ナミソム)に行って、帰りの船に乗り遅れて…」と言うヒョンジンに、
「彼をどう思おうと、外泊はダメだ」とクギを刺すソヒョン。

「今度外泊させたら、ただじゃおかない」とテハに言いに行ったソヒョン。
ただ謝るテハにソヒョンは、
「今までヒョンジンは、苦労してきました。
ヒョンジンを愛してるなら、泣かせないでちゃんと付き合ってください」と。
「泣かせるような事はしません」と、堂々と言うテハに、
安心したように、ちょっとだけ微笑んで、帰るソヒョン。
丁度テハの所に来た母は、「あら?あの人…」と怪訝そう。
母には、まだ付き合ってる事を話せないテハ。
「昨日はどうしたの?デパートにも出てこないで」と聞く母。

ヒョンジンとのデートで、ソヒョンに殴られそうになった事、
それ位ヒョンジンさんはいい人達に囲まれてる。
うちは僕が帰らなくても、デパートの事を心配してる、と話すテハ。
「今度外泊したら、ただじゃ済まない」
「大丈夫ですから」
そんなに信用して大丈夫かな?と笑うテハとヒョンジン。

会長宅に来て、新居となる部屋を見るタヒョンの両親。
「何も準備するものはないですよ」と言うチェインの家族。
「嫁入り道具とか…」と、困ってしまうタヒョンの両親に、
「タヒョンをくださるだけでありがたい。息子を持った親だけが得をして、
娘を持った親が損をする事はない」と言う会長。

学校では、タヒョンが財閥と結婚する事が知れ渡り、
生徒達も心配そう。
校長先生にも呼ばれて事情を聞かれたけれど、
絶対にやめない、子供の頃からの夢だったと、チェインに話すタヒョン。
問題は通勤、地下道で半日も迷うタヒョンだから…と心配するチェイン。

「結婚前に挨拶しておかなきゃ」と、父のお墓に挨拶。
帰り道、父への思いを話すチェイン。
「守ってやれなかったのに、
どうして母さんと結婚したのかと、恨んだ時もあった。
自分達を置いて、早く死んだ父を余計恨めしかった。
優しい両親の元で育つなんて、ラッキーなんだぞ」とチェイン。

タヒョンを連れて、指輪を選ぶチェイン。
いよいよ次回は結婚式。
私はこのドラマって、結婚までを描くのかと思ってましたーーー


「1%の奇跡」他の回はこちらです。



1%の奇跡 DVDBOX 2
1%の奇跡 DVD-BOX 2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mayutap
2007年08月11日 20:00
pandaさんアンニョ~ン!
タヒョンはいい子だわ~周囲はいいって言ってくれてるのに「チェインが望むこと」と、同居したいって言うし。。私にはできないかも(笑)けど二人とも幸せそうでいいですね(^。^)
あと、タヒョンのお兄ちゃんいいわ~優しくて家族想いで(^^)ヒョンジンは最初、お兄ちゃんが好きそうだったし、二人くっつくのかと思ってたわ~
私も、結婚までを描くのかと思ってました!これからどうなるんだろ?

2007年08月12日 00:37
mayutapさん、こんにちは~♪
タヒョンは本当にいい子ですね。家族と過ごした時間の短いチェインの為に…って。周りが言うように新婚時代くらいは二人がいいですよね~ただでさえ大変そうな家だし、私もきっと出来ないわ(^^ゞ 自分より相手を思いやる心でいっぱいなので、セリフの一つ一つが感動します。

タヒョン兄は、厳しいところは厳しく、それでいて気持ちも汲んで物わかりもいいし、良いですよね~。
ヒョンジンは私も、兄を好きなんだと思いました。「憧れ」みたいな感じだったのかな?

次回は結婚式で、あと5回どうなるの?と思いますよね!ヒントはこのドラマは「ホームドラマ」。色々とあるのよ~♪

この記事へのトラックバック

  • 「1%の奇跡」第19話

    Excerpt: 駄々っ子状態のチェインに振り回される周囲の人々。 それでもチェインの思いを汲んであげるタヒョンと とっても楽しそうな古タヌキ((三◎(ェ)◎三))。 第19話『結婚を急ぐ理由′緒に暮らそう』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-03-24 21:54