威風堂々な彼女 最終話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
エレベーターの中にいたウニに驚き、乗れないインウ。閉まってしまうドアを慌てて開けて、
「乗らないんですか?」と、震える声のウニ。
シーンとした空気の中、時折オジンが身動きするゴソゴソという音。
「無視する事ないじゃない。いいですよ。その方が未練も無くなるから」と、ワザとに嫌味のように話しかけるウニに、黙ってるインウ。

目的の階に着いて、行ってしまうインウに、
「私の事好きでした?気にならない?何で来たとか、元気かとか…
上がってくる間、ずっと考えてたのに、何も聞かない…
今日はオジンもいるのに、オジンの事も気にならないんですね」
切ないウニの言葉に、背中を向けたまま、目を潤ませるインウ、、、
でも「さようなら」と告げて、行ってしまいました。

ウニを乗せて行ってしまったエレベーターの方を、見つめるインウ。。。
悲しくて、切ない二人・・・

家に帰ったウニは、会長の言葉を思い出して涙…
---再来週、式を挙げる。
義理の兄になる彼をどう思う?申し分ないか?---

お母さんが目を覚ましたと、ジフンから電話が。
「お前を思って、ずっとドアの方を見てる。
昔はどうあれ、今はお前を一番愛してるんだ。それが一番。
お前を育てた、一緒に生きてきたお母さんだ」
ジフンの言葉に、母への頑なな気持ちが解けたようにウニは、涙。。。

それでもまだ、母への気持ちに整理がつかなくて、
「私どうすれば…」と、父の遺影に語りかけるウニ。
“見た目が悪く嫌われるけど、糞は肥料になるし、大地は穀物を育てる。
ウニには、そんな人になって欲しい。”
幼い頃言ってくれた父の言葉。
“今の私は荒れた大地に雑草を生やしてるだけ”
“手間はかかるけど、大地は耕せばいい。雑草は抜いてしまえばいい。
自分の土地を守る事が大切なんだ”
父との最後の会話を思い出し、遺影を抱きしめて号泣するウニ・・・

開いたドアを見てた母は、現れたウニの姿に涙…
「必ず元気になって。このまま死んだら許さないから。
母さんが長生きして、死ぬまで付きまとって、しぶとく復讐するんだ。
だから早く元気にならないとダメだよ…」
涙しながらのウニ流の、母を許す言葉。
手を握り合って涙する母と子。。。

トッポッキを食べてるフンとジンは、
目の前に、姉ちゃんがいるので嬉しそう。
韓国式の細長い餅を食べるのに、一苦労の弟たちは、
テーブルに落としたり、タレを飛ばしたり…
「大きすぎる」と言う弟の言葉に、ピーーンと来たウニ♪

一口サイズで、星とか月とかの形にして、
子供でも食べやすい餅を作ろうと、工場長に提案したウニ。
しかも業界初だから、競合もない。
特許も取れば専売商品になるし、開発できれば、ヒット間違いなし。
しかし問題は、形を維持する事で、
小さいとくっついてしまう…と工場長。

ドレスの試着中、ウニの言葉を思い出し、涙するクミ。
“社長だけじゃなく、私の大事な弟達から、自慢の姉さんを奪った”

インウは倉庫に行き、ついに偽造の証拠を発見!
そうとも知らずに、「タキシードの試着に行きましょ」と誘いに来たクミは、
「なぜだ?」と声を荒げるインウに、戸惑ってます。
クミを引きずるように、倉庫に連れて行ったインウ。
証拠を突きつけられ、震えるクミは、
インウに尋ねられても理由は言いません。
「いいだろう。警察で聞こう。刑務所に行くのはキムさん、アンタだ!」
インウが行ってしまった後も、ずっと倉庫で震えたクミ。

意識が戻った母だけど、早く手術をしないと危険な状態。
「提供者を待っても順番があるし、やっぱりクミしかいない。
説得出来るのは、ウニしかいない」と言うジフン。

ジフンがオジンを抱き、その横を歩くウニ。
そこに現れたインウは、ウニに「話がある」と。
全てはクミの計画だったと、クミのした事を話すインウ。
聞いてるウニは涙がポロポロ…
怒りというより、姉さんがそこまでするなんてと、悲しんでいるような…

母の元へやって来たクミ。
「全て終わったわ。私の人生は終わった…破滅よ。どうしよう、母さん…
…ごめんなさい、母さん、怖いよ…」
母の傍らで号泣するクミの頭を、そっと撫でる母。。。
そんな二人を見つめてたウニ。

「取引しよう。刑務所に行かせない代わりに、肝臓をあげて。
このまま、黙っててもいい。永遠に黙っててやる。
私の心がどうしても姉さんを許さない。
私は姉さんの好きな金で、姉さんの人生を買う。
誤解しないで。それは私と母さんと、会長の為。
私が受けた傷を、会長に受けさせたくない。
それに、会長より母さん、ウンスより弟達、テソンよりカイン食品が好きなの。
だから、このまま黙っていよう…」
ウニの言葉に、泣いているクミ。
ウニは、本気でクミを怒っていたのかどうか、解釈に迷いました…
私は、ウニ流の言い方で、
クミにテソンの跡継ぎの座を譲った気がして…
そしてウニは、血の繋がりより、大切なものを選んだような。。。


母とクミは手術室へ・・・涙して手を握り合って…

ウニが提案した小さい餅は、試行錯誤の末、ようやく完成!
機械から出て来たちっちゃい餅は、カワイイ~
本当に食べやすそうで、欲しい・・・
スーパーでの試食会は、大盛況だったけど、
全然売れないとぼやくコンシム(かな?)
でもこれだけ人気だったから、火がつく事でしょう♪

事務所でウニに渡したい物があると言う工場長。
差し出した物は、『社長 イ・ウニ』のプレート!
何事かと驚くウニに、
「イさんと会社が成長する姿を見たい」と会長兼工場長。

元の母子に戻ったクミと母を、優い目で見守るジフン。
そして、携帯電話を二つ持って、ウニの所へ。
ジフンは、携帯を差し出すけれど、戸惑ってるウニ。
ポケットからインウに貰った携帯を出して、
「一度しか鳴らなかったけど、二度目を待ってるんだ。
戻らないかもしれないけど、待ってたい」とウニ。
「戻るさ。あの人もお前が好きだ」とジフン。
「姉さんのそばにいてあげて」と言うウニに「考えてみるよ…」とジフン。

あれだけクミの為に必死だったけど、
今回の出来事で、ウニに惹かれたジフン。
それとも、昔の諦めた気持ちが、再びこみ上げたのかな…

「私達、もう終わったのよね」と言うクミにも、
「ごめん…お前のせいじゃない。俺のせいだ」と告げるジフン。

展望台で、望遠鏡を取り合ってるウニと会長。
会長も、子供みたいです。
死ぬまでに、故郷の北に行きたいと願ってた会長の為に、
見える場所に連れて来てくれたウニ。
望遠鏡を奪うウニは、
実の祖父の故郷を見たい、という気持ちがあるように思いました。
「賭けに負けたけど、お前の望みを言ってみろ」
「それは、会長じゃなく、お祖父ちゃんと呼ぶ事です」
「そんなもん、好きなだけ呼べ。ワシはばあちゃんじゃないぞ。
ついでだ。呼んでみろ」
…ハ…ハラ…ハラボジーーー (おじいちゃん)」
照れながら、でも嬉しそうに叫ぶウニ♪ 良かったねーー

カイン食品での、社長秘書兼経理を採用試験(面接)
次の方…と履歴書を見たウニは、目が真ん丸。
入って来た人は、「五番ソ・インウです。」
工場長が募集広告を出すと言った時、
インウが来ると思ったよ~~~


「初めからやり直そう
…いやはっきり言おう、愛してる…ずっとこれからも愛し続ける」
ウニを抱きしめるインウ、そしてそっと唇を近づけ…
(*~∇~)(^・^* ) チュッ☆・・・・・・の前にウニの「ゲフッ」
相変わらずの二人~~~

社長のウニは、秘書のインウを「Mr.ソ」と呼び、仲良くやってます♪
最後はやっぱりトイレシーン・・・!
ドアをガチャガチャやるウニに、
踏ん張ってる最中のインウは、弱ったなぁ~という顔。
壊れてたドアノブが直ってる!と目を丸くするウニ、
やったーという表情のインウ。

セットのこっちから顔を出したウニ…というかペ・ドゥナに、
ビックリのインウことシン・ソンウ。
「これは何?台本じゃないの。俳優なのにカンニングして」
ホントに参ったなぁ~と大笑いしてるインウと、最後までからかうウニ。

そういや、第1話で、ウニを育てる事にした時、
夫に「一つだけ約束して」と言った母。
あの約束って、何だったんでしょ・・・???

.:*^*:.:*^*:.:*^*:.:*^*:.:*^*:.:*^*:.:*^*:.:*^*:.:*^*:

毎週楽しみにしてた「威風堂々な彼女」
終わっちゃったーーという感じで、妙に寂しい…
ホントに毎回面白かったーーーいっぱい泣いたし笑ったし~
こういう韓ドラもあったのね♪

ウニはここのままの生活の方が、ウニらしい気がしてたので、
事実を知っても、テソンには行かない気がしてましたが、
本当の孫と知らない会長が、可哀想な気も…
それでもあれだけ打ち解けてる会長とウニだから、
まあ、いいのかな~?

クミはこのままテソンで生きて行くのだろうけど、
一生重い物を背負って生きて行かなければならないでしょうね。
自分が望んだ通りの人生だけど、苦しいものだろうと思います。
私の希望は、クミは自分自身で気付いて、
自ら「母さん、肝臓あげるわ」と、言って欲しかったけど、
でも、そう簡単にいかない位、心がすさんでたのかな。
最初は母の裏切りで傷つき、
そして、財閥の生活に執着…お金って怖い・・・!

自分がテソンの孫と知っても、
お金に興味を示さなかったウニ、さすがです。
これからインウと共に、自分達の“大地”を作っていくのでしょう~

「威風堂々な彼女」 他の回は こちらです。

威風堂々な彼女〈上〉

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2006年03月09日 06:45
初めまして。
「北海道」「パンダ~」と言う言葉に魅かれ、やってきました。
私もこのドラマ、とっても楽しみにしていたので、放送が終わって寂しいです。
ご覧になっているドラマ、私と共通のものが沢山有りますので、また寄らせていただきますね。
2006年03月09日 08:34
ラストはもっと派手になるのかと思いましたが、どの部分もこれからの展開を自分で想像させるような終わり方でしたね。
インウがMGA取得しているとは思えず、ウニの方が持っていそうなぐらい、テソンの血を引いている才能を感じてしまいました。
2006年03月09日 09:46
akiさん、はじめまして~
北海道の方なのですね。これからもよろしくお願いします。
このドラマ、私も毎週楽しみでした~終わってホントに寂しいです…
途中からインウにかなり感情移入して、ウニとのシーンに、ニヤけたり、切なくなったり…でした。
ウニの心に響くセリフや、ジフンのいい人っぷりも良かったです。
またお立ち寄りくださいね♪
2006年03月09日 09:59
SOPHILさん、こんにちは。
最終回は、なるようになるという感じでしたね。ここまでが色々あったので、淡々として終わった印象でした。
これからの展開は、色々想像できますね。
もしかすると、クミは事実を告げるのかもしれないし…

ウニはさすがテソン会長の孫という感じで、経営の才能を発揮してましたね。そういえばインウは、仕事の面で「さすが!」という面が、なかったような…
ブルーナ
2006年03月09日 17:28
初めまして!!こんにちは。
ブルーナと申します♪以後お見知りおきを・・・宜しくお願いします。pandaさん♪

私も北海道に住んでいます。威風堂々な彼女とっても楽しかったです。本当に笑いあり涙ありで週に一度しか観れないなんて・・・ともどかしさを感じたものです。
最後のセットは以外でなんだか微笑ましかったです(笑)
きっとあれは台本にはなくてNGみたいな?ものなのかな?とかって色々考えてしまいました。韓国ドラマにしては珍しいですよ!!
確かに色々と疑問が残っていますが、良いドラマだったなぁ~終わってしまった今とても寂しい気持ちです。
でも来週からは「新入社員」なんですよね♪楽しみ!!

ところでSTVで「パリの恋人」4月7日(金)スタート
毎週金曜日 9:55~10:50正式発表されました♪
楽しみです☆

また遊びに来ても良いですか?
2006年03月09日 22:51
ブルーナさん、はじめまして~
これからも、よろしくお願いします♪

このドラマ、始まった当初は、こんなに泣けてくるドラマとは思いませんでした。
見て良かったーーと思えるドラマで、終わって寂しいですね…
最後のトイレシーンは、二人の「素」が見えて、おかしかったですね~~~特にインウ役のシン・スンウのああいう顔って、ドラマではなかったような笑い顔でした~

「パリの恋人」情報、ありがとうございます!
見たかったので、ヤッター!です。
9:55~なので、毎日?と思ったら、週一なんですね。HTBの朝とダブらなくてホッとしました。
パリの恋人が始まるという記事、upさせてくださいね。
また、ぜひ遊びに来てください(^^)
みこちん
2006年03月16日 01:09
パンダさん、お久し振り~
最終話楽しく観たのですが、忙しくてコメント遅れました。
ミアネ~。  ほぼ私好みの終わり方でしたが、最後のトイレシーンは...無い方がね~。
この感じなら、おじいちゃんとも気の合う友人として付き合えそうですしネ。
クミやお母さんの事を考えてのウニの選択は立派なものと思います。
ジフンも安易にクミとよりを戻して、メデタシ、メデタシとしなかった所に、脚本の良さを感じます。
星や動物の形にした餅、飛ぶように売れて、ウニの会社が大儲けするように見せて欲しかったのに...。
色々この後を考えさせる終わり方でしたね。
私もパンダさんと同じで、「一つだけの約束」を知って、すっきりしたかった。
毎回、笑えて、泣けて、楽しかったので、終わってしっまたのが残念です。
パンダさんのお陰で、何倍も楽しめました。
どうもありがとうございました。

2006年03月16日 22:21
みこちんさん、お久しぶりです♪
忙しかったのですね~心配してましたよ~

最後のトイレシーンは、いきなり「作り物」の世界と見せつけられて、ギョッ!としたのと、素の二人が見えて嬉しい気持ちと半々でした。

ウニの選択は、母・姉を思って、素晴らしいですね。。。よく出来た子だと感心&感動しました。お金の事を一瞬も頭を掠めないなんて、すごいです。

ジフンがクミに戻らなかったのは、「安易に戻らないでーー」と思ってたので、私もホッとしました。

あの星とかの餅は、どうなったのか…きっと売れただろうと思います!注文がジャンジャン来たと、やって欲しかったですが、想像にお任せします…という感じでしたね。

父と母の約束、一体何だったんでしょう?カットが相当あったので、「まさか?」と勘ぐり…

私も、みこちんさんのおかげで、すごく楽しめました~お付き合いしてくれて、嬉しかったです♪これからもよろしくお願いします
イルボン
2006年04月01日 01:52
約束は先に生まれたウニを妹とする事ではないかと思います。
でも運命には逆らえないとの事ですね,いずれ二人がテソンの跡継ぎですから,良くできたドラマでした,バックの曲が更に良かったです!
2006年04月01日 10:15
イルボンさん、
約束は、そうだったのかもしれないですね。
そうすれば、おおっぴらに長女を可愛いがる事が出来るし。

>運命には逆らえないとの事ですね、いずれ二人がテソンの跡継ぎですから
そういえば、会長はインウを後継者にと考えてましたよね。ちょっと忘れてました(^^ゞ
会長が実の孫と知らなくても、二人が継ぐことになるのでしょうね。ホントによく出来たドラマです。
BGMは、ホップな感じの楽しいのも良かったし、切ない曲も良かったです♪
イルボン
2006年04月01日 17:44
こんにちは,私のDVDでは字幕は標準語です,
実際の方言は関西弁や東北弁と違って
韓国では九州弁のようなニュアンスだそうです,
友人に詳しく聞いておきます,デハ又(._.)オジギ
2006年04月02日 08:28
イルボンさん、こんにちは。
DVDは標準語なんですか…それじゃあ、レンタルで見つけて借りてもダメなんですね。
ネット視聴だと、方言らしいので、余裕が出来たら見てみたいです。
方言と言うと東北弁っぽいのかな?と思いましたが、九州弁っぽいのですね~了解です。
そういえば、慶尚道の男の人って、九州男児っぽいと聞いたことがあります。

この記事へのトラックバック

  • 「威風堂々な彼女」第20話(最終話)

    Excerpt: か~なり強引なHappy End。 何があってもウニはやっぱりウニでしたo(▽)/゜ 「威風堂々な彼女」第20話(最終話) Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-03-10 21:29