1%の奇跡 第6話

サブタイトル・・・「二股の正体 最大のライバル」
画像
☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
「責任責任って、俺と結婚したいのか?」
「いいわよ」…の続き。
驚きの顔だったチェインは、
「やだよ。アンタとなんて結婚しない」
「さっさと片付けて終わらせるって事です。
誰が、下品でずる賢いチェインさんとなんて」
「何?国語教師のくせして、失礼もいいところだ」
「失礼なのはそっちの方…わかりました。今回はチェインさんの勝ち」タヒョンの敗北宣言に、
勝ち誇った笑みのチェイン。
「早く契約を終わられたいですか?」と聞くタヒョンに、
「俺が好きでやってると思うか?とっとと終わらせよう」
ムッとして、水をゴクリのタヒョン。

美術展に行こうというチェインに、
「記者がいて、写真まで出たら困ります」と中に入ろうとしないタヒョン。
「ホテルで展示する画家の絵がある。
それに記事が出そうだったら、出る前に止める。
それでも心配なら、別行動を取ろう」とチェイン。
前回のコンサート同様、仕事絡みのデートのチェイン。

絵を見てたタヒョンの前に現れたのは、カン先生!
シン・ヨンイン画伯に紹介したいと、タヒョンの手を引くカン先生、
そんな二人を見て、嫉妬の表情を浮かべるチェイン、
タヒョンの肩を抱き、自分の連れだとアピールするチェイン。
“何者だ?至る所に男がいる”、心の中のチェインの声。

自己紹介しあうチェインとカン先生。
“それで笑ってるつもり?ガン飛ばしてるんじゃないの?”
タヒョンが心の中で呟く位、火花がバチバチ。
タヒョンとの関係を聞くカン先生に、
「真剣に付き合ってます」と答えるチェイン。
「出遅れたけど、僕もこれから始めます」と、負けじとカン先生。

「あいつとは二度と会うな」
「そのあいつって言うのは止めてください」
「他人がどう思おうと関係ない」 益々声を荒げるチェイン。
ここはロビーとはいえ、美術展会場…迷惑なチェインの大声に、
周りの人たちのイヤーーな視線。

カン先生に絵の説明を受けてるタヒョンを見つけ、近づき肩を抱くチェイン。
もう見たから帰るというチェインに、「では一緒に帰るんですか?」とカン先生。
「一緒に来たんだから、決まってんだろ…でしょ?」
タヒョンに突かれて、言い直しするチェイン(笑)

「もう会うな。契約違反だ」 
「同じ学校なのに、毎日会いますよ。
まるで、彼女の元カレに会ったみたいですよ」
「妻の浮気を知った気分だ!」 チェインの心はすっかり…♪

家に帰ると、上がりこんでたカン先生。
「本格的に始めるって言ったでしょ。あの男より出遅れたけど…」
と、悪びれずチェインの事を口走るカン先生。
あの男?と、父も母も弟もビックリ。
「何でもないの」と言い繕うタヒョンに、
「さっきは、真剣な交際って行ってましたけど」とカン先生。
「カン先生、ひどいじゃないですか」と怒るタヒョンなのに、
カン先生ったら、「僕達は赤い糸で繋がってるかも…」だなんて。
カン先生、いい加減にしなさい~!
しかし、娘を好いてくれる男性出現に、母は大喜び。

外へ出てから、カン先生に怒るタヒョンだけど、
「じゃあ、イ・ジェインさんを愛してるんですか?
まだ決まった人がいないなら、僕の事考えてください」とカン先生。
呆れて怒り顔のタヒョンに、「怒った顔もカワイイ」・・・しつこいカン先生。

カン先生が言ってた、もう一人の男の事が気になる母や弟は、
ヒョンジンに電話して探ろうとして、父は「そんな事」と言うけど、
「お姉ちゃんウブだから、僕達が守ってあげないと」と言う弟。
よく知らないと、話そうとしなかったヒョンジンだけど、
「じゃあ、タヒョンの代わりにお見合い…」の一言で、「実は…」
↑恐るべき脅し文句。

美術展での一件を会長に話すタヒョン。
「でもそいつにしたら、丸くなったんじゃ?
そんな現場を見て我慢するとは。
女が他の男といるところを見たら、怒るのは当然だ」と会長。
「おじいんさんって、その大魔王に似てる。
自分は馬鹿じゃないとカッカとてました。そしてずる賢い」
ギョッ!としながらも、多分図星だった会長は、大笑い。

チェヨンから、「お兄ちゃんと三人でお昼食べよう」と誘われたヒョンジュン。
チェインに電話してみると、
「午後に仁川(インチョン)に行くんだ。先生が来いって言うんだ」
驚いて父・トンソクに話すヒョンジュン。
「チェインが誰かの命令を聞く奴だと思う?
間違いなく変わったよ。例の先生に来いって言われて、行くんだって」

タヒョン宅に電話が来て、受けた母は、「カン先生じゃないわ…」
「カン先生ですか?」とカマをかけると、「私はイ・ジェインです」
電話を変わったタヒョンの横で、
アレコレ言う母や父や弟の声…楽しそうな雰囲気に、微笑むチェイン。
いい笑顔でした~~~

「会うんだわ~」と大喜びの母たち。
一人はヒョンジンじゃないとダメなのに~
どうしてタヒョンに二人も男が降るの~と明るいタダの家族♪

デートに行く場所は図書館。
「おい、あんまりだろ」とデカイ声。
「この前は私が気乗りしない事をしたんだから、今日は私の好きなように」
契約書を楯にするタヒョンに、ベニスの商人みたいだと言うチェイン。

「この前アンタが行きたい焼肉屋に行ったから、
今日のメシは、俺が決める。公平にな。」と連れて行った場所は、
“犬肉料理”の店・・・「ワンちゃんを食べるの?」と、嫌がるタヒョンを、
無理やり連れて行くチェイン…かと思ったら、
譲って別な店に行ってくれたチェイン。
「借りが出来ただろ。貸し借りを忘れるなとボスに教えられた」

「まだ怒りまくってるのか?」と、チェインに進行状況を尋ねる会長。
「やっぱりビジネスだ。報告書を出しますか?」と、答えるチェイン。
「そうだ。この前の爆弾騒ぎはどうなった?」と尋ねる会長。
「爆弾事件の犯人は今のところ、疑わしい人物が一人いる。
実はお祖父さんが、第一容疑者。 実権を握りたいと思ってるでは?
人のホテルを調べ回ってるし」
チェインに言われて、お茶を吹き出してむせてしまう会長。
この爆弾騒ぎが、これから何か関係してくるのかな?

会長宅に来たテハ母と父。
相変わらずチェイン母に、嫌味満載のテハ母。
「お父さん、私達と一緒に住みましょう」と言いつつ、
やって来た目的は、チェインと付き合ってる女の事で、
会長がどうなのかの様子を、探りに来たようです。
「チェインがお兄さんのように、子供でも作って戻ってきたらどうするの?」
「早く帰れ。実家に入り浸るのは良くない。家を守れ」と会長。
俯いてしまうチェイン母に、
「気にする事は無い。チェインは大丈夫だ」と、チェイン母に気遣う会長。

「チェインが誰と付き合ってるのか調べて。
お父さんが静観してるのは、変だわ。何か企んでる」
「僕も変だと。チェインがこんな時、付き合ったりするハズないと」とテハ。

イ・ジェインがソンヒョングループの三代目と、
ヒョンジンから、聞いてビックリの父と母。
帰って来て事情を聞き、キョンウンの援助の為と話したタヒョン。
「この子が財閥の家にお嫁に行くなんて」と喜ぶ母。
「その生徒に勉強させようとした事が偉い」と父。
「どうして契約するの?結婚すればいくらでも援助出来るのに」と弟。
「結婚というのは、似た者同士でするもの。
少し距離を置いて付き合え。情が移ったらやっかい」とクギを刺す父。
単純に財閥との交際を喜んでる母と、
「人並みが一番」と、慎重に考えてる父。

ホテルにヒョンジュンが尋ねて来た日、
これからタヒョンと会うと言うから、一緒に行こうと誘うチェイン。
エレベーターに乗り込み、タヒョンの話をする二人。
「平凡なだけ」と言うチェインに、
「前より優しいな。恋に落ちた?」とからかうヒョンジュン。
「俺を怒らせるなよ。やぼったいくせに男は多い。やっぱり女狐だな」
皆が降りたエレベーター…
後ろに乗ってて、話を全部聞いてたタヒョン。 やっぱり!いると思ったわ~
拳を握り、「見てらっしゃい!」 

「1%の奇跡」他の回はこちらです。


1%の奇跡 DVD-BOX 1
1%の奇跡 DVD-BOX 1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みこちん
2006年03月05日 23:25
おじいちゃんの手のひらの上で、踊らされている御曹司。
気が強く、家族の愛に恵まれている、若き女教師。
テンポが速く、気楽に楽しめそうですね~
この後の展開が楽しみです.
2006年03月06日 11:56
みこちんさん、こんにちは~
>おじいちゃんの手のひらの上で、踊らされている御曹司。
うんうん、そんな感じですね~
成り行きを見て、微笑んでるおじいちゃんの顔が、なーんかいいです。初回に病気みたいな事言ってたので、気になりますが・・・
テンポが良くて、気楽に見れる感じですね~
mayutap
2007年07月21日 06:31
pandaさん、こんにちは!
チェインとカン先生の火花バチバチ、私的にはこういうシーン好きです(笑)
けどカン先生、ちょっとしつこすぎですね。
こういう行動とられると、女性は大抵ひきますよね~(^^;)
財閥の御曹司と聞いて舞い上がるお母さん、現実的なお父さん。。
けどタヒョンはみこちんさんの言う通り、家族の愛に包まれて育ったのですね~

2007年07月21日 22:10
mayutapさん、こんにちは~♪
タヒョンを挟んでのチェインとカン先生のやり取り、心の声もあり可笑しいですよね~。他の韓ドラだと深刻なシーンだけど、さすがコメディ、サラってしてて良いですよね♪(ドロドロも好きだけど~)

そうなんです。カン先生ってしつこいっていうのか、自分本位っていうか・・・^^;この頃「チャングム…」と並行視聴だったのでオイオイ王様!って感じでした。

タヒョンの家族っていいですよね~。タヒョンの人となりがこうやって出来たんだと実感します。

この記事へのトラックバック