『チェオクの剣(茶母)』を見終えて…

「茶母廃人」になったかどうか・・・
そこまでなったかどうか分からないですが、
すごく胸がいっぱいです。。。
最終話を見終えて、しばらく涙が止まらず、、、、でした。。。画像

初見時の最終話感想とあらすじは、こちら。
再視聴時の最終話の感想はこちら。
「チェオクの剣(茶母)」の他の回はこちらからどうぞ。

↓は、ラストが書かれているので、未見の方はご注意を!!!



父が逆賊として捕らえられたりしなければ、
身分が高く、お嬢様・お坊ちゃまとして、
裕福な暮らしをしてたであろうチェオクとソンベク。
一方ユンは、父が送り出してくれなければ、
セウク長官が目をかけてくれなけれぱ、
ずっと蔑まされて生きなければならなかったかもしれないです。
チェオクとユンは、家畜同然の扱いに、
ユンは、普通なら身分高いのものしか着けない職に、、、
悲しい運命に翻弄されて死んで行った三人でした。。。

チョオクとソンベクの父も、詳しくは触れられなかったけど、
何か(きっと正義の為の事)を王に進言した為に(しようとした?)に、
逆賊とされてしまいました。
自由に物を言えない時代、悲しいです・・・

腐りきった世を変えるために、非情にも人を斬りつけていくソンベク。
人が人の命を奪う…というのは、いけない事だと思います。
しかしこの時代、下の身分の人達は、ひどい扱いだったのでしょう。。。
最終話で、「何百年もの間」とソンベクが言ってましたが、
私が今視聴してる韓国の時代劇、
これは「チェオク…」よりずっと前の時代ですが、
奴婢の身分のものの扱いは、本当にひどいものです・・・
「チェオク…」も、こういう部分がもっとあれば、
身分の差で苦しむという部分が、よく分かっただろうと思います。。
韓国では、自分の国の事なので、ここまで描かなくても分かるのでしょうね。。。

ソンベクが後を託した、「新しい世」
この後、この朝鮮王朝時代どうなっていったのか、
史実を知らないので分かりませんが、
今の時代、身分の差がなく、恋愛も自由な世に暮らす自分は、幸せなのかな。
それでも、この時代にも「差別」というのは、根強く残ってる気がします。
人が人を虐げるという事、、、、考えさせられます。

だからといって官軍ならを殺していいのか?となると、
官軍の人々だって、人間だし家族もいるし…
他の国の独立戦争や、奴隷解放運動、革命、、、
今までも、多くの血が流れています。
そうしなければ世が変えられないというは、やり切れない思いもするけど、
日本でも、時代が変わる時、天下を取る為には、殺しあいをしてきた… 
やっぱり、私は、今の時代に生まれて良かった。。。

『チェオクの剣』=『茶母』は、知ってる方も多いと思いますが、
マンガが原作です。
だからなのか、展開に漫画チックなところが多い感じもしました。
惨殺シーンも、漫画ならではの描写で、
それを実写で見せられて、かなりの衝撃でした。
私はそういうシーンは、キライじゃないですが、
苦手な方は、「ギョッ!」とした事でしょう。
多くの人がひいてしまった、第13話、
韓国では、13話の翌日が最終話の放送なので、
そのほど引きずらなかったのかもしれないですね。

イ・ソジンさんは、最初はユンではなく、ソンベクだったかも?
という記事を読みました。
でも一方で、キム・ミンジュンさんが、
主要人物の中で、一番最初に役が決定したとも見ましたし、どっち???
やはりユンはイ・ソジンさん、ソンベクはキム・ミンジュンさんで、
ピッタリだったと思います!
ドラマで男性二人が出てると、どちらか一方に感情移入する私ですが、
今回は、ユンにもソンベクにも、、、で、困ってしまいました(何が困るんだか^_^;)
この二人は、どちらも自分の為…ではなく、
誰かの為に生きる、戦うというのが、すごく壮絶で心を打ちました。

三人の死は、賛否両論でしょう。。。
ソンベクは、あれだけ人を斬っていたし、死は免れないと…
それが、苦しむ民の為であっても。。。
ユンは、、、死ぬとは思いませんでした。 
一話の冒頭にいなかった気がして、もしや?とは思いましたが、
ユンは愛する人を救うために、自分の命を捧げた…と思ってます。。。
チェオクは、、、自分を含む民の為に戦い続けた兄が、
官軍に撃たれ続けるのを、ただ妨げくて、結果的に死んでしまったような…
三人とも誰かの為に最期を迎えて、自分としては、納得してるラストです。
すごい生き様を見せつけられたような・・・
悲しい宿命の元に生きた三人の心を見させてもらったような・・・
・・・そんな感じかな?うまく言えないけど。


それと、このドラマは、BGMがすごく好きでした。
一曲丸々流れるし、本当にマッチしていて、
もう聞いてるだけで、ジーンときます。
最終話を迎える時まで、聴いて気分を盛り上げてた私・・・
一番好きなのは、「宿命」 エンディングに流れたてたヤツです。
ロックバージョンがグッドです♪
ソンベクのテーマ「悲歌」と切ないシーンでよく流れてた「哀心歌」も好きです。
私が聴いてるのは韓国版なので、「哀心歌」は入ってなく、
日本版を買おうか迷ってます。。。おまけのDVDも見たいしーーー

できればもう一度、ノーカット字幕版で見たいです。
毎回、いい場面だけは、副音声でおさらいしてました。
(チェオクの場面はほとんど。。。)
チェオクの小川範子ちゃんには、最後までなじめませんでした。
ファンの方すみません。
NHKは、キャスティングする時は、もう少し考えて欲しい・・・
それと、声をあげてのすすり泣きのシーンは、うるさすぎる気がしました。
チェオクとナニが。。。 いいシーンなのに、かなり興ざめしてしまった。
それなら声がなくても、表情だけで十分伝わるのに。。。

毎回、私の感想を読みに来てくださった多くの方々、
本当にありがとうございました☆


「チェオクの剣(茶母)」他の回は こちらです。

チェオクの剣 オリジナル・サウンドトラック
チェオクの剣 オリジナル・サウンドトラック(DVD付)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2006年02月03日 17:29
 私も廃人になったかどうかは分かりませんがかなり泣きました(>_<)本当に音楽がマッチしてて良いですよね♪悲しかったけど、見てよかったです☆
2006年02月03日 21:55
自分もまさかユンがあそこで死ぬとは
思わなかったです。強いて言えば「病気かな?」
なんて思いましたけど...。

時代劇、初挑戦でしたが「茶母」は視聴して
ホントよかったなぁ~って実感してます。
ユンのもとへ 縛られているチェオクが
泣きながら向かっていくシーン...涙でした。

これを機会に、もっと韓国時代劇見ていきたいな
とも思いました☆
2006年02月03日 21:57
私の趣味日記さん、こんばんは!はじめまして^^
>悲しかったけど、見てよかったです
うんうん、そんな感じです!
三人とも死んでしまって辛いけど、三人の悲しみや思いが伝わってきて胸が一杯。。。
音楽、良かったですよね♪すごく効果的でした。
またお立ち寄りくださいね。
2006年02月03日 22:02
イタチさん、こんばんは。
私もユンが死ぬとは思わなかったてすね。
第一話のあのシーンにいないから、まさか?とは思ったけど、そしてソンベクに斬られるというのもビックリでした。

チェオクがユンに向かうシーン、
ただ駆け寄るのではなく、ああいう状態だなんて、演出がすごいです。
あの姿に、私もやられてしまいました(:_;)

イタチさん、時代劇、初挑戦だったんですね。
韓国でもこのドラマのおかげで、若者が時代劇を見るようになったとか…
色々チャレンジしてみてくださいね(^^)
私が今見てる二本も、良いですよ~
2006年02月05日 23:43
pandaさんの言葉を噛みしめながらこのドラマを振り返りました。
マンガが原作とは知りませんでした!やはり人がバタバタと死んでいくシーンは実写だとキツイものなんですね。
そして、中心人物のあの3人の運命。「宿命」と呼んだ方がいいのでしょうか。時代と相まってどうにもならないことが多かった。大雑把ですが、王朝時代から現代にかけては日本の傀儡国家、そして軍事政権へ。韓国という国も、北朝鮮との対立も含め、いつも時代に揺さぶられていた国だと思います。チェオクのドラマをきっかけに若者が時代劇に興味を持つというのはとてもいいことですよね。
あんなに身分制度の厳しい時代に、民に平等な国を目指した純粋なソンベク。やっぱり私はソンベク派だな~(笑)
2006年02月06日 12:11
kbkbYさん、こちらにもありがとうこざいます♪
>あんなに身分制度の厳しい時代に、民に平等な国を目指した純粋なソンベク。やっぱり私はソンベク派だな~
見てる時は、どちらも選べなくて困ったけど(笑)
今思い返すと、ソンベクの生き方に惹かれます。
ビジュアルもカッコイイし~
失敗して、ただの逆賊として死んでしまったけど、もし夢が実現できたなら、時代の寵児だったでしょうね。

時代に揺さぶられて、どうしようもなかった三人の宿命は、本当に哀れでしたね。
時代に揺さぶられてきた韓国の歴史…そういう部分とかみ合った、気持ちに突き刺さるドラマだったのかも知れないですね。
若者が時代劇に目を向けるというのは、いいですよね。このドラマのおかげで、「チャングム…」が成功したという記事も読みました。
日本でもこういうの、見たいなぁ~
2006年02月07日 16:22
チェオクとナニも白夜の二人のように陰と陽でしたね。
ナニは地位があるけれど力と魅力がなくチェオクはその逆でした。
昨年末に見終わっていたので今回は廃人にはなりませんでしたがそれでもラストは泣けてしまいました。
4月まで間があくのはNHKが買い付けに失敗しちゃったのでしょうか。韓国ドラマの価格が高騰しているのでその部分もどうなのかをかんぐりたくなります。
2006年02月07日 22:02
SOPHILさんは、字幕版で見たのですね。
最後は号泣でしたよ。。。廃人とまで行かなかったけど、かなり引きずり込まれたドラマでした。

>4月まで間があくのはNHKが買い付けに失敗しちゃったのでしょうか。
どうなんでしょうね?ずっと続いてた韓ドラ枠なのに、ポッカリ空くのは変な感じですね。
価格が高騰してるんですね。
首都圏の方では、地上波の韓ドラが減ってるようですが、北海道では、まだまだ続いてる感じです。

この記事へのトラックバック