アスファルトの男 第11話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
デスバレーのラリーレースに、現れないドンソク。
実はジョンオクを探しに、アメリカに行ってました。
酒を飲んで酔っているジョンオクを見つけて、「元に戻ろう」と言うドンソク。
「愛してる?」という、ジョンオクの問いに答えられず、「サニーを見て欲しい。戻れないかもしれない。砂漠は危険なんです」と。
素直なドンソクの言葉に、笑ってるジョンオク、そして戻る事にしました。

「姉が生きてるかもと、あなたの兄さんが教えてくれました。
これが終わったら探す」とジョンオクに話すドンソク。

ようやく現れたドンソクにホッとし、握手を求めるドンジュン。
「自信があるなら、ついて来い。砂漠の迷子は鷹の餌食になる」と、
握手をせず、厳しい目つきのドンソク。
「ここはトラックではない、砂漠だ。必ず戻って姉さんを探そう」とドンジュン。

レースが始まりました。
アクターはドンジュンが運転?と思ったら、
資格を持ってると言ってたビョンシクが運転で、ドンジュンがナビゲーター。
一方デイーパ。ナビゲーターの言うことなんて聞かないドンソク。
メーターがおかしくなってるのに、飛ばすしーー
ナビの女の人は、怒ってたけれど、命が縮む思いだったでしょう~
そんなドンソクについていくドンジュンとビョンシクの「アクター」チーム。
「ドンソク、無理するな」
「ヒョン…(兄さん)、ダメだ。ついてくるな」 
お前とかって呼んで悪態ついてたドンソクだけど、
ヒョン…って言葉に、グッと来ました。。。


ゴールした途端、「ここはトラックじゃないんだぞ!」と、
ドンソクに食って掛かるドンジュン。
「だからついてくるなって言ってるだろ」と、殴り合い寸前のドンソク。

夜、ドンジュンの元にコーヒー持って現れたドンソク。
「俺、結婚したんだ。見たんだろ?いい奴だ」と、さり気なく話すドンソク。
そして「ソンヒが好きなら兄さんにやるよ。お似合いだ。
オ・ハリョンさんは、兄さんの事を愛してるみたいだ」と。
レースが始まって、同じものを目指すもの同士だからか、
それともパーティで父に叱咤されたからか、
ドンソクの態度が少し柔らかくなった気が。。。


韓国でのハリョンとギス。
「まだあいつ(ドンジュン)が好きか?俺も時々可愛く見えてカッコイイ」
ギスの言葉に、返事が出来ないハリョン。

ハリョン母と待ち合わせしてたギス。
ハリョン母と同じカキ氷を注文して、頬張る姿は、子供見たいで微笑ましい~
ギスは実の母と離れて暮らしてたから、母の愛情を知らないのでしょう。
すごく嬉しそうで、ハリョン母に「オムニ(お母さん)」と呼びたいと言って、
はにかみながら呼ぶ姿を見て、ハリョンと結婚させてあげたくなってしまった。
帰り際、タクシーを捕まえてハリョン母を乗せ、お金を出そうとしたら、
「!」・・・お金がありませんでした~
「何で金がないんだよ」と見送った後、ブツブツ…
ドンジュンとライバルっぽいけど、悪い人ではないギス。

でもハリョンとの結婚は、異母兄がすごーーく反対してました。
「失敗して家系を汚したくない」と言いつつ、
ギスを弟と思った事ないって、変な兄さん。。。

過酷なレースは幾日も続き、脱落者や死亡者も・・・
アクターの運転手・ビョンシクは、運転しながら鼻血。
必死に止血しようとしてるドンジュン…ビョンシクは目も虚ろで危険だわ。。。
ディーバのナビゲーターは、気絶。
それ位、大変なレースなんでょう。

キリョンでの会議中、ギスが、
「アクターが完走すれば、エンジンの性能が認められる」と話してると、
「アクターが脱落!」との一報が入りました。

先に到着してたドンソクは、
「兄さんが死んだら、ただじゃおかない!」と、大声でわめいていてます。
あんな態度を取りつつも、やっばり兄が大切なドンソク・・・
こういうドンソクの姿を、ドンジュンや父に見せてあげたくなっちゃいます。

あんまり興奮して暴れるものだから、
寝かせられて、ロープで拘束されてるドンソク。 ここまでしなくても・・・(~_~;)
でもキリョンにしてみれば、次の日もレースがあるのだから、
運転手を休ませないとならないのでしょうね~

アクターは砂漠で埋まって、孤立してしまってました。
車は動かず、ビョンシクは気絶してます。
明日のスタートまで戻らないと失格になるルール。
ドンジュンは抜け出せるのでしょうか?

記憶喪失のドンヒに、ケーブルカーの乗り方とか、
働いてたレストランとか、住んでたアパートとか、
思い出させようと、必死に教えてるジョンスク。
なんだーーいい人なんじゃ?と思ったら、中々覚えないドンヒに、
「このバカ」って頭を小突いて、、、、やっばりそういう人なのね。

何も思い出せないドンヒだけど、サニーとドンソクと来てた思い出の公園で、
「サニー…」。。。それだけは思い出したドンヒ。
この時のドンヒの表情は、胸が詰まりました。。。(/_;)

「アスファルトの男」 他の回はこちらです。

アスファルトの男〈上〉

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック