チェオクの剣(茶母) 第14話(最終話)

画像
今回のサブタイトルは、ラストがバレバレなんじゃ…
韓国版でもそうなら、仕方ないけど~
サブタイトルは、「宿命」が良かったなぁ。。。

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
兵士の装いのマ・チュクチ。
「一言でいいから、カッコいいって言ってくれよ…」
妻の墓の前で、泣いているチュクチ。もうしょっぱなから、涙です・・・(:_;)
潜入捜査に加わる時に、「これが成功したら、左捕盗庁に入れてもらえませんかね?」と言ってたチュクチ。
あの時のユンは、何言ってんだか…って顔してたけど、ちゃんとしてくれました!
チュクチが立ち直ってくれていてホッ。。。

「この国の飢えに苦しむ民が、数百年待ち望んだ夜明けだ。
腐りきった世を倒し、新たな世界を、平等な世の中を築く夜明けだ。」
ソンベクの言葉に、立ち上がる民達。
トクスたちは、火薬を持って宮殿に向かいました。

そんな時、スミョンがソンベクに、「精鋭軍は、実は異国の軍隊です」と。
驚いたソンベク、、、
「ここまで来た以上、進めなくては」と、向かおうとするヤン・ジノを斬りつけ、
ダルピョンに剣を突きつけて、事情を聞き出すソンベク。
「大儀を成し遂げたら、(異国軍に)チェジュドを渡す約束になっている。」
大儀の為なら、同じ国のチェジュドの民は、どうなっても構わない・・・
やっぱり、黒幕ピルジュンは、真の革命を考えてはいませんでした。。。

「そんな大儀などあるものかーーーー!」とダルピョンを斬ろうとするソンベク。
「この方は私と父の恩人なのです…」と止めるスミョン。。。
スミョンの為に、ダルピョンの命を助けたソンベク。

宮殿に向かうユンたち、左捕盗庁の武官や兵士。
ウォネもチュワンチェオクも、死ぬ覚悟で向かっています。
そして、妻の敵を取って、すぐそっちに行くという覚悟のチュクチ。
「縁とは出会いの時だけじゃなく、別れの時もあるようだ。
最後の時を、共に出来る縁をくれたお前に、礼を言わせてくれ」と心で呟くユン。

こちらは、ユンの命令で、「宮殿の兵士を殺さず峰打ちに」と言われてるけど、
向こうは「謀反人」と思って本気で斬りつけてくるので、戦いは大変そう。
それでも強い左捕盗庁の面々。

撤退を決めて馬を走らせるソンベクは、火薬部隊に到着。
着火した火を、次々に消して行くので、驚くトクス。
「もういいトクス、引き返そう…」 悲しそうな目のソンベク。。。

「これだけ遅いという事は、失敗した。早く逃げるのだ」
宮殿の庭?で待ってた革命部隊がそう話してる所へ、現れたユンたち一行。
両軍と宮殿の兵士が入り混じって乱闘に。
そうしてるうちに、ピルジュン側の兵士が数名、王の部屋に。
王を守るべくして颯爽と天井から(?)現れたフンボク(9話でチェオクを滅多切りにした人)は、孤軍奮闘。
敵に斬られながらも、王を守ろうと敵を次々と倒して行ってると、、、
フンベクを後ろから刺した者が・・・! ピルジュンでした。
何て愚かな…と自分を嘆く王。 

ユンたちが王の元に行くと、
ピルジュンは王のイスにふんぞり返り、王は剣で囲まれてました。
ピルジュンは、やはり、ただこの国の王になりたかったのね・・・(-"-)
「そこは民の苦しみを受け止めの所だ。さっさと降りろ!」ユン様格好いい♪
「剣を捨てなければ、王の首が飛ぶぞ」とユンを脅すピルジュン、
「予が死んでも、この国が滅びる訳ではない。予に構わずこの男を斬れ」と王。
迷ってるユンの元に、上からサッと降りてきて短刀を突きつける者が…
…ピルジュン側の兵の格好をしたチェオクでした。
目と目で話すチェオクとユン、、、ツーカーの仲という感じで、いいシーン。
チェオクの策にかけて、剣を捨てたユン。

その時ピルジュンの首元に、剣を突きつけるものが!チュクチでした。
妻の敵を取ろうとしたチュクチ・・・でも相手側に斬られてしまいました!
それに安心したピルジュンは、「全員斬って捨てろーー」と合図。
その合図と同士に、チェオクはユンを突き飛ばし、
短刀を投げつけ、兵士達とピルジュンをやっつけたチェオク。
ピルジュンには、蹴りでなんて、お見事~
↑この蹴りの短刀命中は、ユンだったのかな?

一段落ついた時に、チェオクの姿はありません。
ソンベクを倒しに、一人向かったのでした。
アジトに着いたチェオクは、何者かに気絶させられ、捕らえられてしまいました。
そうそう、チュクチは、ケガで清んだうでホッ。

「今日は終わりではない。再度、時を待つのだ。
いずれ誰かが必ずここへ呼ぶだろう」 
一時解散する事を仲間達に告げ、
残った軍資金の砂金を、皆で分けようとしたソンベク。
しかし、その砂金がない!
逃亡したダルピョンが、「仲間たちの血同然の砂金」を持ち逃げしてました。
ダルピョンを探しに向かうソンベク。

スウォルの元に挨拶に行ったユン。
どうやら長官は、スウォルが治してくれそうです。
そこで驚くべき事を話したスウォル。
「チェオクの両親の位牌をが祭ってある寺がある。
それは、チェオクの兄が持って来たものなのだが、
その兄というのは、チャン・ソンベク。
住職は、ソンベクの人相書きを見て知ったそうだ。」 愕然とするユン。

役所に戻ったユンの元に一通の手紙が。
「お前の大切な茶母の身柄は預かった。助けたければ貴様の首と交換する」
ユンは、ナニお嬢様に「母の元へ」とウソをついて出かようとしたけど、
ナニは「チェオクですね?あの子に何か…?」と気付きました。
「すぐ戻りますよね?」とナニ、「生憎遠出になりそうです…」とユン。
「たった一日でもいい。あなたの妻になりたなった…
せめて一度だけ、抱き締めてください…そして愛してると一言だけでも…」
ナニを抱きしめるユン。。。愛してる…ではなく「申し訳ありません…」と。。。
愛するユンを、涙ながらも送り出してくれたナニお嬢様・・・
吹き替え…泣き声が大袈裟すぎる…(~_~;)

ダルピョンとの取引に来たユン。
縛られ猿轡で声が出ないチェオクは、精一杯「いけない…」と首を振り。。。
ダルピョンの前に跪き、「離してくれ。この世の最後の頼みだ。」
ユンの自分の命をかけた愛に、感動.......(ToT)
「こやつを斬れ」とダルピョンが命じた時、現れたソンベク。

ソンベクを斬ろうと向かったカトウを、宙を舞いながら斬りつけるソンベク。
ダルピョンはチェオクに短刀を突きつけて、脅し。
しかしソンベクは、「私はもうその女を斬った。殺したければ殺せ」
「黙れ!ソンベク。チェオクはお前の命のハズだ」とユン。
「邪魔するな!この剣には、数百の命がかかっているのだ」とソンベク。
「なら私を斬れ 数百の命と同じほど、
私にはチェオクの命が大切なのだ。死なせたくない」
突き飛ばすソンベクに、剣を取り出したユン。
「頼むから剣を収めてくれ…あれはお前の…」と言いかけた時に、
ダルピョンが砂金を掲げて、捨てようとーーー「さっさとそやつを斬れ!」
ここのBGMは、「宿命」のゆったりバージョン。
こうなる事も、すべて宿命…という感じが。。。


剣を交えるけど、本気で戦えないユン。
ソンベクも斬ることは出来ず、ダルピョンの元へ近づこうとすると、
「近づくな!この女を切るぞ」と、叫ぶダルピョン。
チェオクの命がかかっている…ユンはダルピョンに剣を投げつけ、
ダルピョンは砂金をバラ撒きながら、海の中へ。
「仲間の命が…数百の命がかかっていたのに…!」
そう叫んで、ユンを斬りつけるソンベク。 悲しい。。。(/_;)

「チャン・ジェム……あの子が妹のチェヒだ…二度も死なせないでくれ…」
ユンの言葉に呆然として、
妹の元へ駆け寄る事も出来ず、立ち去ったソンベク。。。
ソンベクの気持ちを思えば、悲しくてやり切れません・・・


ユンの元に向かうチェオク、縛られて見動きが不自由な中、必死に…(涙)
チェオクに笑顔を見せるユン・・・(涙)
「泣くなチェオク…お前と呼吸しながら生きたかった。
お前を思ってから、深い眠りについた事がなかった…」
「ファンボ様、山へ戻りましょう。そして二度と都へは戻らないで。
一緒に山で暮らしましょう。」 嗚咽するチェオク。
「私もこれでゆっくり、深い眠りにつける…」 息を引き取ったユン....(ToT)
第一話の冒頭にいないから、もしや…とは思っていたけれど、、、
愛する人を守る為に死に、そして愛する人に看取られて、「一緒に…」と言われ…
人はいつか死ぬものと思えば、ユンは幸せだったのかも…
(死んで幸せというのも何ですが)
ユンのチェオクのへの愛に、胸がいっぱい。。。

ここのシーンは、副音声のハ・ジウォンちゃん、すごくいいです!泣けてきます…
イ・ソジンさんも、死に間際の苦しさが…
ここの部分は吹き替えだと、薄れ行く声のように小さくすると聞こえづらいし、辛いですね。寺杣さんの声も、良かったですが。

【追記】 
副音声では、「ファンボ様」ではなく、「トリョンニム」=「若様」と、
昔のような呼び方だったのでした。
従事官と茶母ではなく、幼い頃から共に暮らし、
雪の中で剣の稽古をした、ただのチェオクとユンに戻ったのでしょう。。。


自分の命を差し出す覚悟のソンベクに、トクスたちは涙。。。
ソンベクは手配書も回っているし、
自分が出て行かないと、仲間達は動けないから…なのでしょう…
それともチェオクに斬られるために…?
「これは決して終わりではない。
お前達は生き残って、必ず新しい世を作るのだ」
トクスやスミョン、残った仲間達に後を託すソンベク。

そして第1話冒頭のシーンに。
竹林で、チェオクと一対一のシーンがあったけど、今回はなかったですね。
討たれる覚悟で馬を走らせるソンベク、
「お前は道ならぬ道を歩いて来たのだ」と、セウク長官(回復が早い!)
「道というものは、最初からあるわけではない。
多くのものが歩いて、初めて道が出来るのだ。
私はここに骨を埋めるが、多くの民が必ず新たなる世を切り開くはずだ」
我が命尽きようとも、その魂だけは、断じて死なぬ…ただ…チェヒ…」

弓や銃で包囲されたソンベクの前に歩み出たチェオク。
「私の剣で斬らねば、一生悔いが残る」とチェオク。
フッと笑うソンベク・・・本当に愛しそうに、懐かしそうに・・・(:_;)
「その腕しかと見せて貰おう」
「必ず息の根を止めてやる…」ちょっと震える手で剣を抜くチェオク。

チェオクの剣を弾き飛ばしたソンベク、ソンベクの剣を掴むチェオク。
お互い目と目が合い、、、
チェオクは辛そうな表情、ソンベクはまた何とも言えなく切ない、、、
チェオクが掴んでるままの剣を、自分の腹を突き刺すソンベク。。。
そして....「会いたかったぞ・・・・・・・チェヒ・・・」
号泣です......."(/へ\*)"))
チェオクはどんな気持ちだったんでしょう…
チェオクは刺さった剣を抜こうとするけど、また一段と深く刺すソンベク。。。

剣を抜き取ったものの、呆然と座り込んでしまうチェオク。。。
父の形見のその剣を持って、ようやく立ち上がり、
とチェオクの前から立ち去ろうとするソンベク。
振り返りチェオクを見めるソンベクの顔は、涙でいっぱい。。。
何て悲しい、兄と妹の宿命.......(ToT)


最後の力を振り絞って、剣を振り上げるソンベク、
容赦なく、銃弾と矢の雨が。。。
撃たれるソンベクを庇うように、チェオクが走りより・・・
抱きついたチェオクの背にも矢と銃が・・・
「忘れろ…」と言われたチェオクだけど、忘れる事など出来ない兄。。。
どこかで虐げられてる妹=自分の為に、世と戦い続けてた兄。。。

「よいかチェム…何があっても決してチェヒと離れるではないぞ」
父の声が聞こえる中、抱き合って倒れる二人、、、
ソンベクの頬に手を当て、「兄上…」とチェオク、
悲しい笑顔を浮かべるソンベク。。。(ToT)
逝ってしまったソンベクの傍らで、多分チェオクも・・・
チェオクの表情は、兄に抱かれて穏やかに見えました。。。
ソンベクの懐から、チェヒの青い紐がヒラヒラとなびいてたのが、また悲しい。。。

「チェオクの剣(茶母)」他の回は こちらです。
「チェオクの剣(茶母)」全体の感想は、こちらです。

チェオクの剣 DVDプレミアムBOX (初回限定生産)
チェオクの剣 DVDプレミアムBOX (初回限定生産)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

こーわ
2006年02月03日 22:13
もぉ、、、こんな終わり方だなんて、、、

パンダさん ありがとう、、、
ちょっと分かりにくかったドラマだけど
パンダさんの解説で助かりました。。。
今度は 気持ちの良いドラマ 見たいですね、、、
2006年02月03日 22:45
こーわさん、こんばんは。
こーわさんは、人が死ぬドラマって、苦手でしたよね。全然ダメでしたか?
こういうドラマは、賛否両論別れるので、仕方ないですね。私は結構はまりました…

「グッキ」は、立身出世の話のようなので、明るく見れるかも?楽しみですね(^^)
こーわ
2006年02月03日 23:48
ソンベクも沢山殺し過ぎましたね。。。
ソンベクは義人と思って見ていたので、ショックだったのもあるけど、あんなに悲惨な終わり方なのが 残念です~~

『グッキ』 は 何話なんだろ? 
後で NHKサイト見に行きます~(^-^)

王宮で、一投げ必殺だったのは 凄かった、、、
チュクチ、、、兵士にしてもらってけど、
兵士になる=死ぬかもしれない って思うと、悲しかったし、実際 本当にかわいそうでした、、、

バレバレのタイトルでしたね、、、
あの3人の誰かが生き残っても そこには幸せはないので、ああなるしか なかったんでしょうね、、、
2006年02月04日 11:41
こーわさん、
ソンベクは、本当にたくさんの人を殺してましたね。
日本でも時代が変わる時、天下を取るために、殺し合うというのはありましたが…
ソンベクは、「新しい世」の為と思い、信じてやっていたと思ってます。

>バレバレのタイトルでしたね、、、
「チャングムの誓い」でも、バレバレの回があるし、もう少しどうにかならないものかしら…
スワ
2006年02月04日 16:50
>短刀を投げつけ、兵士達とピルジュン
>をやっつけたチェオク。
>ピルジュンには、蹴りでなんて、お見事~
>↑この蹴りの短刀命中は、ユンだったのかな?

気になって録画を見直したら、ビルジュンを倒した短刀はユンの蹴りだったみたいですね。
ところでこのシーンを見直して気づいたのですが、チェオクが蹴っているとき広間の中央にいるはずの王様が不在でした^^;

PS パンダさん、お疲れさまでした
2006年02月04日 22:50
pandaさん、こんばんは!
ほんとだ~、最後のセリフのテロップないのですね。。。そんなぁ~。
あのテロップで、茶母廃人の世界のようこそ!だったのですよ~。。。
このドラマ、テーマは明るくないし、辛いけど、なんか最後に虚無というかむなしくなってしまったなぁ~。きっと皆の思いがわかるからだわね、きっと。。。
2006年02月04日 23:26
スワさん、こんばんは♪
ピルジュンを倒したのはユンだったんですね。
確認ありがとうございます!
ユンとチェオクの名コンビネーションだったんですね…(しみじみ…)

>チェオクが蹴っているとき広間の中央にいるはずの王様が不在でした^^;
えっ?!本当ですか~?
韓ドラでは、マイクが映ってたり…という事もあるそうだけど、笑っちゃいました~~~

>PS パンダさん、お疲れさまでした
いえいえ、ありがとうございました(^^)
またお立ち寄りくださいね!
2006年02月04日 23:35
so-so♪。さん、こんばんは~
ラストの所、so-so♪。さんのところで確認できて良かったですよーーー
なぜラストのいい所を!って感じです。
やっぱりノーカットの字幕版で見たいですわ。

三人とも死んでしまったのは、本当に悲しい事だけれど、それぞれの思いが深くて、、、
かなり意見が別れるタイプのドラマでしょうが、私はかなり来ましたーーー
2006年02月05日 20:29
pandaさん、インフルエンザにやられて遅くなってしまいました。
サブタイトルには私も突っ込み入れときました。あれはないよね。「宿命」、いいですね。断然こっちがいい!
1話でユン様の姿がなかったので、その悪い予感は当たってしまったんだけど、私はチェオクまで逝ってしまうとは正直思ってませんでした。衝撃・壮絶なラストでした。そして虚しくなってしまった。ハマりはしなかったけど切ないドラマでした。
2006年02月06日 11:38
kbkbYさん、こんにちは。
インフルエンザ、大変でしたね。
こちらもボチボチ学級閉鎖のニュースも…気をつけないと!

サブタイトル、あれはないですよね~
チェオクが逝ってしまうとは、私も思わなかったです。命を投げてうってでも、兄を庇う気持ちが強かったのかな?と思うと、切ないです。
あのサブタイトルを見てなかった、もっと衝撃だったろうなあ~
YUZUJAM
2006年02月06日 21:19
涙の最終回でしたね。
悲しすぎました。。。
特にユンが死んでしまうシーンが一番悲しかった。
身動きできないながらも必死に駆け寄ろうとするチェオクの思いも嫌というほど伝わってきたし…。
ソンベクがユンを刺してしまったことも悲しかったです。
マ・チュクチの冒頭のシーンも涙でしたね。
毎回切なかったけれど、最後まで本当に切ないストーリーでしたね。
でも新しい時代劇っていうのは面白かったし、キャラクターもよかったですね。
終わってやっぱりちょっと寂しいです。
2006年02月06日 21:49
pandaさん♪
こんばんは! チェオクの剣終わってしまいましたね~☆
暫く方針状態だったのですが....
落ち着いてみると、ラストシーンて 兄妹がお互いに名乗り合いが出来てよかったのかもです。
それにしても悲しいですけど....
私もソンベクの胸に付けていたチェヒの青い紐がヒラヒラとなびいてたのがラストシーンでとっても印象に残りました。
また、立ち寄ります。
2006年02月07日 12:25
YUZUJAMさん、こんにちは。
悲しすぎる最後でしたが、それぞれの人の思いが胸に突き刺さる最後でした。

ユンの最期は、悲しかったですね。
あんな状態で必死にユンに向かうチェオクが一層胸を打ちました…(:_;)
最後までチェオクを思ってたユンでしたね。。。
私はソンベクの最期の笑顔も、かなりきました。
チェオクの表情もすごかったです。

マ・チュクチの妻への報告のシーンは、涙でしたよーーー落ち込んでたチュクチが生きる気力を取り戻してホッとしました。そうです…大切な人が死んでも、生きていかなくてはいけないんですよね。

ワイヤーアクションとか、水のシーンとか、映画みたいで面白かったですね!
脇役陣のキャラも、丁寧に描いてて、良かったと私も思います。
終わって私も寂しいです。
「チャングム…」から続いてた木曜10時が、ポッカリ…ですね。「クッキ」が待ちどおしいです
2006年02月07日 14:36
じゅんさん、こんにちは。
壮絶な最後だったけど、兄と妹とわかって、それはそれでよかった…と私も納得です。二人の穏やかな顔が救いでした。
ユンは、愛するチェオクに看取られたし、チェオクの為に命をかけたし…死は悲しいものだけど、すごい生き方だったと思います。

ラストシーンの紐がヒラヒラ…何とも悲し気でしたね。ソンベクの生きる希望だったし、「チェヒ」「兄上」と引き裂かれた日を思い出しました。。。
2006年02月19日 15:28
はじめましてー「チェオク」再放送をNHKさんに問い合わせしたのですが、、TBさせていただきます♪
2006年02月19日 19:53
normaleeさん、はじめまして。
TB反映されてなくて、失礼しました。

再放送して欲しいですね…
もう一度見れば、また違った思いでみれるだろと思います。
自分も気に入ったドラマなので、今回見なかった方にも、見て欲しいです。
のり
2006年12月21日 11:00
結果は「廃人」にはなりませんでした~。
途中からちょっとバリ出来のような印象が・・・。
随所でいいシーンはあるのですが、物語としては
そんなに移入できなかったかな(ワイヤーアクションは大丈夫だったのですが、処々何だか茶番な方向に見えて)。ただ、やはり身分の壁や自由にできない苦しさ、差別など、今では考えられない多くの苦しさが昔はあったんだなとしみじみ。マ・チュクチ夫妻の描き方は本当に切なかったです。身分回復ー子供も授かりこれからという時に。衣装をまとったチュクチ格好いいけど可哀想過ぎでした。兄妹再会も、もっと時間をとってのシーンかと思っていたので(あれで良しとも思いますが)拍子抜けという感もありました。竹林シーンはどこだったのでしょう?字幕で見たのですがカットされていたのかな??
2006年12月21日 21:25
のりさん、
茶母ペインの私としては、ハマって欲しかったですが、BS視聴時も賛否両論だったので、ドラマは見てる人によって好き好きのようですね。

チュクチ夫妻の描き方は、あれで良かったのかと、今でも監督さんは考えるそうです。ソンベクを奮い立たせる為には、そうせざるを得なかったようですが。
チュクチはカッコイイし泣けてきました。それでも、もしあのままだったら、「人」として扱われない生活だった夫婦。なんとも言えないですね。

第1話の竹林のシーンは、チェオクの前をセウク長官たちが馬が走り去るシーンが一瞬ありましたが、オリジナルでも時間オーバーで入れられなかったようです。(ディレクターズカット版にはあり)

この記事へのトラックバック

  • チェオクの剣(茶母)14話 最終回

    Excerpt: 終わってしまった。。。泣きました、ユンの死に泣き、そしてエンディングも。。。最終回は想像ついていたけど、それでも泣けた。。。エンディングがとってもよかった。「私の為に生きるな」というセリフが風の音と共.. Weblog: diary(徒然なるままに) racked: 2006-02-04 22:51
  • チェオクの剣 最終回 『チェオクの最期』

    Excerpt: 前回のマ・チュクチ妻殺害事件、そして 今回のサブタイトルからしてすでに引き気味。さらに、今となっては唯一の癒し系キャラ、ビョンテクが出てこないじゃないのさ。マ・チュクチ夫婦はトック夫妻@チャングムに次.. Weblog: ときどき思いつき日記 racked: 2006-02-05 08:04
  • チェオクの剣 最終話

    Excerpt: NHKエンタープライズ チェオクの剣 DVDプレミアムBOX (初回限定生産) ↑とうとう日本版DVD出ますね! 特典映像は日本だけの出演者インタビューが入ってるらしいけど・・ .. Weblog: モーちゃんのひとりごと racked: 2006-02-05 14:55
  • チェオクの剣 06/02/02 Thursday

    Excerpt: 22:00 BS2 「チェオクの剣」最終回第14話「チェオクの最期」 あのー、このサブタイトル、まんまじゃないですか?「最期」って。バレバレだよ、嫌だなあ・・・ ともかく「決行日」.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2006-02-05 20:20
  • チェオクの剣(第14回)最終回

    Excerpt: 最終回「チェオクの最期」 え…、3人とも死んでしまうなんて…。(涙) こんな終わり方をするとは思ってもいなかったのでショックでした。 兄妹とわかって、3人仲良くハッピーエンドかな?と思ってい.. Weblog: ゆずじゃむぶろぐ racked: 2006-02-06 21:20
  • 『チェオクの剣』(茶母...タモ)14話【最終回】みましたぁ!

    Excerpt: 『チェオクの剣』(茶母...タモ)14話【最終回】...『チェオクの最後』 昨年の11月から視聴を開始したのですが、今回で最終回なのがちょっとさみしいですね~☆タイトルからしてネタバレな感じですが... Weblog: 韓ドラのたまり場 racked: 2006-02-06 21:45
  • 「チェオクの剣」再放送について、、

    Excerpt: NHK「チェオクの剣」HPに問い合わせたのですが、次のようなお返事が来ました。。。Eメールありがとうございました。いつもNHK海外ドラマをご覧いただき、ありがとうございます。残念ながら、「チェオクの剣.. Weblog: SeojinLeeLovers racked: 2006-02-18 21:12
  • イ・ソジンさん、日本公式サイトで「チェオクの剣」DVD-BOX予約開...

    Excerpt: イ・ソジンさん日本公式サイトで、「チェオクの剣」DVDプレミアBOXの予約受付が開始しました!発売は4月28日。ファンにとって嬉しいのは、日本公式サイトで予約すると、、1.イ・ソジンさん生写真3枚セッ.. Weblog: イ・ソジン韓国ドラマチェオクの剣・火の鳥ファンブログサイト racked: 2006-03-16 16:16