太陽に向かって 第19話

サブタイトル・・・「父の遺言」
画像
☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
ヘリンとスンハの結婚を止めるようにと、ソンミンに頼むジナ。でもソンミンは、消極的で、
ジナ曰く「軍人さーん。あの勢いはどうしちゃったんですか?」
ホントに。。。ソンミンのキャラは、すごく変わりました~
ヘリンの幸せの為に…というソンミンに、
「イ先生と結婚したら、かえって不幸になる」と、ウジンの処方箋を渡したジナ。

スンハに「会いたい」と電話したソンミン。
強気で会わない気でいたスンハだけど、
「それならヘリンさんに会う」と言われ、仕方なく翌日会う事に。
何の用か気になるスンハは、ギチョルに偵察させようと電話。
でも今のギチョルにとって、尊敬できる先輩は、スンハではなくソンミン。
で、キッパリとお断りしました~
ムッとしてたスンハだけど、後輩へのあの扱いじゃ、自業自得でしょう。
そんな時に尋ねて来たヘリンに、ジナがクビになった理由を聞かれて、
益々ドキマキしてる様子のスンハ。
「自分に言い寄ってきて様子も変だったから。君にも迷惑がかかると思って」
と何とか言い訳したけど、当の本人のジナが!
スンハにとっては、もうアレコレ出てきて、気持ちが落ち着かず大変みたい。

ジナに「三人で食事でも」と誘うヘリン。
でもさっきのスンハの話が本当だと思ったら、
三人で…というのは、ジナには辛いでしょうに。
スンハの言う事なんて、信じてなかった?

スンハは、仕方なく三人で食事に行ったけれど、
何かと意味深な事を言っては、突っかかってくるジナにイライラ。

でもこのジナの態度は、「自首して欲しいから」
そう訴えるジナだけど、もちろん聞く耳は持たないスンハ・・・

その夜会った、ソンミンとスンハ。
ウジンの処方箋を突きつけてソンミンは、
「こんな事をしてまで、ヘリンさんと結婚したいのか?すぐに取り止めろ」と。
「やりたいようにやれ」と開き直るスンハを殴りつけるソンミン。
「それを見たらヘリンがどうなるか…死ぬかもしれない」と言うスンハ。
ソンミンも、この処方箋をヘリンではなく、スンハに見せたのは、
ヘリンがショックを受けて、どうにかなってしまわないように…と思ったから。
「そんなに愛するヘリンが死んでいくのを見たくないなら、
黙っているべきじゃないのか?」 涙を流して訴えるスンハ。
ソンミン、、、ここでヘリン父のテープを、聞かせればいいのに…
不完全だけど「カン・ソンミン…ヘリンを任せたい。これは婿への命令」って、
ハッキリ言ってるんだし。
まあ、最期に俺って言ったと言われれば、それまでだけど。


一人になって、どうするべきかと、葛藤しているソンミン。。。
悩んでたけど、「知ったヘリンに何かあったら」と、
これ以上の行動は出来なかったソンミン。

帰りの車の中で、動揺しているスンハ。
まだ捨ててないウジンの薬を取り出して、
「なぁウジン…僕のせいじゃない。お前が悪いんだ。」
スンハにしてみれば、夜グッスリ寝かせて、何も出来ないように(?)
と思ってしたんだろうけど、そのせいでウジンが死んで、ちょっと同情・・・


もうすっかり気持ちが動転しているスンハは、ヘリンに会いに行き、
「しつこい男と言われても、君を愛している。
君と一緒に居られるなら、神から下される罰でも受けられる。
ヘリン…僕を見捨てないでくれ…」と、ヘリンにすがり泣いているスンハ・・・
式の前日、不安でたまらないスンハは、
病院の自分の部屋に、一日中部屋に置いておくことに。
もうスンハの心は、かなり平静さを失っているような。。。

ヘリン父の残したテープの復元を、急いでやってもらう為に、
会社の同僚に、色々と奢ってあげてたジェヒョン。
そんな事とも知らず、勝手にカードで大金を使ってるのを知り、怒ってるスジン。
ジェヒョンも、ちゃんとスジンに言えばいいのにーー
スジンの作戦は、甘い声で電話して、ジェヒョンに帰って来てもらうこと。
ウキウキして帰って来たジェヒョンは、
またスジンの犠牲に・・・(*ー"ー)ノ☆)゚ロ゚)ノ グハッ!!

スジンがケンカして出て行く先は、ジェヒョン母の家。
でもこちらでも、妻が勝手にどこか行ってるとが、お冠の編隊長。
それで、帰宅したジェヒョン母と、軽く夫婦ケンカ。
結局自宅マンションに帰ったスジンは、中に入れず外でウロウロ。
出て来たソンミンから、カードは自分の為に使ったと聞いて、一件落着。

ようやく完全に復元できたヘリン父のテープ。
“カン・ソンミン、君に話がある。何かというと、まず謝りたい。
面目ないが、ワシは君にヘリンを任せたい。
ヘリンを幸せにしてやれるのは君しかいない。
ワシはずっと忘れていた。うちのヘリンを大事にしてやってくれ。
幸せにしてやってくれ。あの笑顔が消えないように。これは婿への命令だ”

ソンミンとの写真を燃やそうと火を点けたヘリンは、
そのソンミンからの電話に、慌てて火を消しました。
待ち合わせした二人は、会った瞬間目がウルウル。
「…バカな事聞くけど」と、話し始めたソンミンを遮り(どーして遮るのーーヘリン)
「ごめんなさい。傷つけてばかりで…
もう私のような女は事は忘れてね。忘れて素敵な人に出会って。
私は明日、他の男の妻になるバカな女。先輩を愛して無いけど、努力するつもり」
立ち上がるヘリンに、「僕を愛してくれてた?」と尋ねるソンミン。
頷くヘリンに、「幸せになって欲しい。」とソンミン。
結婚前夜なのに、本当に愛してる男の前で涙してるヘリン…
どう考えても、結婚すべきじゃないでしょうに。。。

ソンミンも、引き止める事はしませんでした。
ヘリンが帰った後も、その席で泣いているソンミン、
そんな姿をね陰から見て泣いているヘリン。
席を立ったソンミンが胸ポケットに入れた封筒は、父のテープ。。。

結婚式当日、全然覇気がないヘリンで、ボナも心配そう。
ソンミンは、急な出動命令が入り、冒頭ボナが言ってたみたいに、
式場から、ヘリンを連れ去る事も、出来なくなりました。

病院に電話したジナは、結婚式が中止になってない事を知り、
ヘリンに会いに。。。

「太陽に向かって」 他の回は こちらです。


太陽に向かって DVD-BOX 1
太陽に向かって DVD-BOX 1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みこちん
2006年03月06日 00:08
今回は、うっかり見落としてしまいました。
パンダさんのレビューのお陰で最終回まで、繋げることができました。どうもありがとうございます。
愛する人がいるのに、お父さんの遺言だからとおもって、結婚しようとしているへリン。
そんな事をしても皆が不幸になってしまうだけなのに..。

2006年03月06日 12:00
みこちんさん、
この回は(も)、ヘリンにかなりイラついてました…
父の遺言と言えども、どうしてあそこまで頑なに…という感じがしました。こんな気持ちで結婚したら、スンハハにだって失礼でしょうに。。。

この記事へのトラックバック