1%の奇跡 第1話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
満席の電車の中。
離れた所にいた初老のおじさんを見つけ、
席を譲ろうと、声をかけるダピョン(キム・ジョンファ)
ダヒョンが立ち上がると、すかさず座ろうとするおばさん…(~_~;)
それを制しておじいさんを座らせて、
転がってしまったおじいさんの梨を追いかけ、拾ってあげる優しいダピョン。
落ちないように梨をリュックに入れてあげたり、
荷物を荷棚にあげたりと、親切なダピョンに、顔を綻ばせるおじいさん。
このダヒョンの親切が、思わぬ方向へ。。。

妻の墓に行き、さっきの梨を供えて、語りかけるさっきのおじいさん。
「今日から失業者。家も元のところに引っ越したよ…
そこは楽かい?口うるさいワシがいないから、楽だろう。
頭の痛い問題を片付けて、もう少しでそこに入るから…」
本当に穏やかな表情で、亡き妻に話かけるおじいさん。
どうも、死期が近い。。。?


このおじいさん、実は、ソンヒョングループ会長のイ・ギュチョル氏でした。
(「秘密」チャンシクおじさん、「チェオクの剣(茶母)」イ・イックン、「アスファルトの男」にも出演してたビョン・ヒボン)

墓の前で、ギュチョル会長に、
“トンソクは、未だに私に決済を頼むのだから、たまらんよ”
(字幕では“ドンソクには苦労をかけてるよ”でニュアンスが全然違う!)
と言われてた、トンソクさん(「チャングムの誓い」チェパンスル・「オールイン」スヨン父・「海神」スンジョン父・「白夜」ガイドさんのイ・ヒド)
息子でもある弁護士のヒョンジュン(「雪だるま」のカン刑事・キム・スンミン)を呼んで、
会長が遺言状を書き替えたので、それをジェインに伝えてろとトンソク。
この件は、「会長の投げた爆弾」と称するほどで、
イヤな役割を指名されちゃったヒョンジュン。

ホテルの企画室長のイ・ジェイン(カン・ドンウォン)。
空港に着いて、ホテルに向かうタクシーの中で、渋滞にイライラ…
部屋の中で暴れてから、
「こんな決済を誰があげた!」と怒りまくってるし、どうも気が短いジェイン。
仕事には切れる人だけど、部下からも、慕われてはいない様子。
(ホテルの企画室・イ部長役は、「チャングムの誓い」に後半出演のチボク!似たようなキャラ♪)

出勤や登校に、父の車で送ってもらうダヒョンと弟(「砂時計」幼少ウソク)
(父は、「イヴのすべて」のキム常務・「グリーンローズ」オ検事)

忘れ物がないと言いつつも、何度も家に戻るダヒョン、
かなりのあわてんぼうみたい~
ダヒョンの仕事は、学校の先生。
今日は、いつもと違うスーツ姿&バチッとメイクだから、
生徒達から、「先生、お見合い?」と言わて心配されたり、
フレンドリーな先生という感じ♪

ホテルのロビーで、バッタリ会ったジェインとダヒョン(運命の出会い?)
ニコヤカに、お手洗いの場所を教えて、「喫茶室はコチラ」とジェイン。
「職員の教育はまあまあね」 「お見合いだな」 心の中の呟きがおかしい~

ダヒョンは、お見合いを何度もしてるだけあって、チェックが厳しい。
ここもダヒョンの心の声が、面白い♪
自慢話を聞きたくないために、映画を見に行ったら、
いびきと歯ぎしりがひどくて、却下!と、
早速親友・ヒョンジン(ハン・ヘジン)に愚痴りに行くダヒョン。
お見合いは、母から勧められて、仕方なくしてるみたいで、
ヒョンジンにも、母の計画に一緒にと言うダヒョンに、笑ってる親友。

ヒョンジュンから、祖父である会長の遺言状が、
書き換えられたと聞いたジェイン。
前にも勝手な条件をつけられてたので、またか!という感で、乗り気ではなく、
「じいさんには、二度と、人生を預けない」と、キッパリと言うジェイン。
まあ聞けと、“ジェインの嫁に全部相続する”と、
会長の条件を話すヒョンジュン。
ジェインの…というか、“会長の孫の嫁に”なので、
いとこのテハの名前も遺言状に載っていて、
テハはグループを手に入れたいと思っているらしいから、
ここはジェインにも乗ってもらわないと…という感じ。
チクショーと言う顔つきのジェイン。
財産に興味はないけど、テハには負けたくない?


ヒョンジュンを連れて、トンソクおじさんに、事情を聞きに行くジェイン。
「老いたじいさんの言う事だ。聞いてやれ」とトンソクおじさん。
トンソクは、ジェインが祖父に引き取られる前から、父親代わりだった人。
---まだジェインが幼い頃…多分父が亡くなったからなのでしょうか、
トンソクおじさんに連れられて、祖父宅に初めて行った日、
軽蔑したように睨みつける会長、俯いてしまう母(HappyTogetherの叔母?)
怯える妹、そして会長から目をそらさないジェイン----

テハとジェインは、仲がよろしくない様子。
ホテルのロビーで会った時も、敵対心がいっぱいの二人。
二人を止めたヒョンジュンに、
「ジェインを信用してるようだけど、後悔するぞ」とテハ。

会長の勧めるその女性を、突然尋ねて行くジェインと、同行したヒョンジュン。
「一体どんな女狐がボスを誘惑したのか」と、
すっかり会長が、騙されたと思ってるジェイン。
職員室で、ダヒョンを呼んでくれた先生は、「チャングムの誓い」の中宗イム・ホ
“イ・ギュチョル”と聞いても、「???」のダヒョン。
ソンヒョングループの会長と聞いても「???」。
一方的に、会長に取り入ったと、ダヒョンに食って掛かるジェイン。
「弁護士が一緒の意味が分かりました。その口の聞き方!」と、呆れるダヒョン。
ジェインに「黙ってて!、弁護士さんと話をする」言っても、
いちいち突っかかるジェイン。。。(ちょっと嫌な男だわ~~)

ヒョンジュンから、「会長が先生を遺産の相続人にした」と聞き、
ビックリのダヒョンに、「ひと財産出来たな」と、やたらと絡むジェイン。
いちいちケンカ腰のジェインに、すっかり印象悪のダヒョン。
「イ・ギュチョルという人物は知ってるけど、
それは彼が有名でテレビや新聞などによく出てるから。
皆が大統領の名を知ってても、向こう私を知らないように、
会長だって、私を知らないんじゃ…」
ダヒョンの定義に、納得してるようなしてないようなジェイン。

「条件さえあえば…」と言葉を濁すヒョンジュン。
“あーあ、こんなんじゃまともに弁護なんて出来ないわね”と、
心の中で呆れるダヒョン。。。しかし「結婚で相続が決まる」と言われピックリ!
しかもその相手は、イ・ジェイン・・・目の前にいる嫌な男・・・!
ジェインの方も、こんな女、こっちがお断りって感じ。

会長は、投げた爆弾で、ジェインがどういう反応かの、
成り行きを楽しんでいるような感じ。
「あいつには借りがあるんだ」 と笑みを浮かべる会長。
あいつって、ジェイン?それともジェインの父? 何かあったのかな?
そして去年から胃の調子が悪い…と。 やっぱり不治の病?
「ジェインが座ったところは草が生えない」と話す会長に、
「それでも会長とジェインは、よく似てる」と言うトンソク。
会長も、そうとう冷たいお方だったような。。。

たまには会長のところに顔を出しなさいと、テハにハッパをかける母。
(テハ母は「ナイスガイ」のジウ母)
「そんな事じゃソンヒョングループは手に入らない。
引退したって、実権は会長が握ってるんだ」とテハ。
「寿命が近い。今がチャンス。ジェインが家に居座る前に、しっかり居座るの。」
会長の娘のテハ母・(という事は、ジェイン父の妹か姉)
しかしグループを手にすることには、実の父の死さえ、チャンスとばかり・・・

「1%の奇跡」他の回はこちらです。

*:..:*..:*:..:*:..:*..:*:..:*:..:*..:*:..:*:..:*..:*:..:*

オープニング映像では、笑顔のカン・ドンウォン君。
ドラマでは、仕事は出来るけど、気が荒いという感じ。
これから変わっていくのだろうけど。。。

吹き替え版で、カン・ドンウォンの声は、高岡蒼佑さん。
竹野内豊が棟居をやった「人間の証明」で、恭子の息子役だった人ですね。
キム・ジョンファの声は、真木よう子さん。
私は、映像は見たことないのだけど、女優さんで、
イ・ワン君と共演した映画、「ベロニカは死ぬことにした」の主演女優。
なぜ、本職の声優さんにしてくれなかったんだろ。。。
やっぱり、セリフ回しにちょっと違和感・・・

明るいラブコメは、ちょっと苦手なんだけど、
現在視聴中の「威風堂々な彼女」のジフン&「太陽に向かって」のスジン
のドラマだし、テハ母子のワルっぷりに期待しつつ、
「チャングムの誓い」メンバーの活躍も楽しみにしてます。
↑どちらも、「MBCで2003年製作なので、多いのかな?


1%の奇跡 DVD-BOX 1
1%の奇跡 DVD-BOX 1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年02月25日 10:44
おはようございます。
音声多重になっていますよ、これ、大丈夫です!

なかなか激しいチェインとタヒョン。
心の声も可笑しいし、キム弁護士を脇においての言い合いも面白いし。
チェインの弟も見たことあるんですけど、
誰でしょう?

「チャングム」の中宗もう出ていました?
えっ?「ナイスガイ」のジウ母・・・、
大分見落としてますね、私(呆)。
2006年02月25日 10:47
失礼しました。
タヒョンの弟!
助手席の彼・・・あの顔には見覚えが・・・。
2006年02月25日 23:03
sannkenekoさん、こんばんは~
>音声多重
こっちの地方は、NHK以外、音声多重にならないんですよーーー(:_;)北海道が広すぎるのも、困ります。

チェインとタヒョンの心の声は、面白いですね~嫌な男っぷり満載のタヒョンが、どう変わって行くのか、楽しみです。

チェインの弟の顔は、印象に残ってなくて、次回チェックしてみます~
「ホ・ジョンミン」で検索してみたけど、私が見たドラマには出てませんでした。子役時代もあったようなので、古いドラマとか映画で見たことあるかも?

中宗は、職員室の入り口のチェインたちの所にタヒョンが来た時に、アップになったショットがあり、意外と若いのね~ヒゲがないのね~という感じでした。
ジウ母は、嫌な役みたいで、「ナイスガイ」とは180度違いそう。
mayutap
2007年07月18日 20:22
pandaさん
こちらも視聴を始めました。
本当は「ごめ愛」の続きが気になって仕方ないところなんですけど(笑)
トンソクさんが「チャングム」のチェ・パンスル&「海神」スンジョン父とは最初全く気づかなくて、イ部長も「どっかで見たんだけどなあ~」と思いつつ、pandaさんの解説を見てスッキリ!(笑)
キム・ジョンファという女優さんは、初めてなのですが
常盤貴子にちょっと似ているような。。
話の展開的に、今後が楽しみです。
2007年07月18日 21:57
mayutapさん、こんにちは。
「ごめ愛」が少し深刻なテーマだから、これは軽いタッチでバランスが良いかも?このドラマもオススメです。心があったかくなるようなドラマでした。

脇役陣が中々豪華でしょ?トンソクさんのイ・ヒドさんを初めて見たのがパンスルで強烈だったけど、「海神」といいこのドラマといい、いい味のキャラですよね。「ホジュン」でも可笑しい役どころでしたよ。機会があればぜひ♪

キム・ジョンファは綺麗だけどどこか垢抜けないイメージで親しみやすい気がします。他のドラマでは「太陽に向かって」で見ました。
>常盤貴子
そうそう、なんか雰囲気が似てますね。
韓国で放送終了した話題のドラマ「銭の戦争」にも出演してたようです。

この記事へのトラックバック

  • 「1%の奇跡」第1話

    Excerpt: 明るく元気なラブストーリーかと思ったら それだけでもないようで。 「1%の奇跡」第1話 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-02-25 10:36