アスファルトの男 第2話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
「こんにちは、オ・ハリョンです。」と、トイレの中で、自己紹介の練習をしてるハリョン(笑)
掃除のおばさんに、「オ・ハリョンさん♪」とすっかり覚えられていて可笑しい~

ハリョンが一位になったのは、
キリョン自動車社長の息子・ギスが、ファリョンを個人的に気に入ったからのようでした。
ハリョンは、ギスと一緒に、
副賞のアメリカのモーターショーに、行く事になってしまいましたーー
怪訝そうだったハリョンだけど、プレゼントされたドレスを見て、
「悪くないわね~」

2位の副賞で、ドンジュンもアメリカに行く事になったのだけど、別行動。
行きの飛行機の中で、韓国初の自社モデルの車を開発した、セリュン自動車・ソン社長に会ったドンジュン。
思わず声をかけて、「先生のように最高の車を作ります」と熱く語り、
ソン社長も励ましてくれました。
(ソン社長は、「美しき日々」のミンチョル父のイ・ジョンギル)

『ずっと昔の出来事。新しい車を作ろうと頑張ってた若い四人。
しかしある日火事になり、燃えてしまった設計図。
火事に巻き込まれて死んで行った、オ先輩・・・』
(オ先輩は、「美しい彼女」ジュンホのトレーナー・「グッパイマイラブ」の医師のソン・ジェホかな?)

4人のうちの一人セリュン自動車のソン社長は、
オ先輩の分までと、国産車の開発に意欲的。
もう一人、キリョン自動車・ハン社長は、自社モデルを作るより、
外国車を売る事が大切という考えで、息子ギスに会社の運営を任せる事にした日、
懐かしい4人の写真を燃やして、決別しました。
ハン社長役は「真実」シニ父・「チェオクの剣(茶母)チョン・ピルジュン・「ドクターズ」院長・「サラン」ミンソク父のチョン・ウク)
若き日のハン社長が火をつけたのかしら?
オ先輩の奥さんと子供を探しているソン社長。
その子こそ、オ・ファリョン。。。
しかしソン社長が見つける前に、ギスがキリョンに引っ張りそうな。。。


ドンジュンを、アメリカの自動車会社のパーティに招待してくれたソン社長。
このアメリカの会社社長が、4人のうちの一人のようです。
懐かしい再会を喜び、固く抱き合うソン二人。。。
ドンジュンを見て、このアメリカの社長さんは、
「若い頃の君(ソン社長)に似ている。オ先輩が連れて来た頃の君に…」と。

車の輸入取引の商談で、日本のH社と商談するギス。 
字幕には出なかったけど、「ミラージュ」で、 H社はホンダのようです。
日本の会社の人にハリョンの事を、「婚約者」と言うギス。
ハリョンは、せっかくのドレスを着ないでGジャン(!)
そしてギスの商談中、ヒマだからとウロウロして、フルーツを口に…
次から次に口に入れ、詰まらせて吹き出して。。。 やっぱり面白いキャラ♪
ドンジュンと一緒になった時に、「白い靴下はやめなさい」とチクリと言うし、
(慌てて脱ぐドンジュンがおかしい!)
「あなたの車はアンバランス。その靴下のようにダサい」
ってハッキリ言うハリョン。
言い返されて怒って、ドンジュンを突き飛ばすハリョン、
すごい勢いでひっくり返ってしまったドンジュ(笑)
今はこんなだけど、「運命的な出会い」と、
ドンジュンがモノローグで言ってから、今後はきっと。。。

数年たったようです。
ある雨の日に、子供を連れて父の元に来たドンヒ。
「彼と一緒にアメリカに行く」ドンヒの言葉に、優しい言葉をかけない父。
「お父さんの孫です」と、傘を放り出し、濡れながらも子供を見せようとするドンヒ。
しかし父は、「父親が分からないそんな孫はいない」
可哀想なドンヒ。。。 
この頃の韓国では、いや昔の日本でもそうだったろうと思いますが、
こういう時の父親は、厳しいものなのでしょう。

前回、逃げたドンソクは、洗車場で働いてました。
一緒に働いてる同僚に、子バカにされても、
我慢してるドンソク(あんなに喧嘩っ早かったのにーーー)

ソンヒから居場所を知っていると聞いて、会いに言ったドンジュン。
久しぶりの再会に喜ぶドンソク。
もう一人来ていると言われ振り向くと姉…それも金髪の子連れ。
米兵との交際に反対してたドンソクは、姉に怒りをぶつけ、
食堂で暴れまくり、、、第二話にして、一体何度こんなシーンが…^_^;
「大学の卒業式に来ないか?」とドンソクを誘うドンジュン。

ドンジュンは、主席で卒業だったようで、誇らしげな父。
そこに現れたドンソク・・・ドンヒと子供も一緒です。
あんなにドンヒを責めてたのに、父から冷たくされたと聞いて、
姉の為に、どうにかしてあげたかったのでしょう。。。
ドンジュの気持ちにジーンと来ましたが、その後が悪い(>_<)
父に食ってかかるのは、まだ分かるのだけど、
周りのヤジ馬してた学生にまで、殴りかかろうとするドンソク。
ドンソクにつき飛ばされた学生は、車に撥ねられてしまいました。。。

示談金の為に、土地を売ったドンジュン。
それはドンジュンの留学資金の為の財産だったので、怒る父。
でも払わなければ、ドンソクは刑務所?少年院?

留置所から出て来たドンソクは、父の車を見て嬉しそう~
近寄って「こんにちは」と、わざとおどけて言うドンソク。
しかし、、、父の態度は冷たく、さっさと車に乗りこんで、手紙の束を渡し、
「父さんを嫌って渡米した姉さんの手紙だ。
お前も俺が嫌いなら、兄さんの邪魔をせずに、消えることだ。」
そう言って行ってしまった父。。。
かわいそうなドンソク・・・(ToT)
父の愛が欲しかった時に、与えて貰えなかったドンソクの孤独。。。
ドンソクの涙も、うなだれる姿も、悲しい・・・

ドンソクは、ソンヒに別れを告げ、ドンヒのいるアメリカへ旅発ちました。

ドンジュンの為に、留学資金を貯めていた父。
学がないばかりに、仕事でも生活でも、「人として扱われなかった」
そういう思いを子供達させたくなくて、長兄にかけていた父。
それは弟にしてみれば、「兄ばっかり」という思いがあったでしょう・・・
何かにつけて父に反抗し、そして周りにもムシャクシャをぶつける弟。
兄には、「弟のように自由に生きたかった」という思いもあったけど、
その思いを弟に言っても、中々分からないもので。。。

父は、ドンソクを憎いわけではなく、
自分のような人生を歩んで欲しくないから、突き放したと思うんだけど。。。
バラバラになってしまった家族。。。
第1話の最初の方の、お金が無くても仲良かった頃が、懐かしくて切ない…


「アスファルトの男」 他の回はこちらです。


アスファルトの男 DVD-BOX
アスファルトの男 DVD-BOX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック