威風堂々な彼女 第16話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆画像

「カイン食品から納入した餅に、髪の毛が入ってたって?!マスコミに言うと脅しの電話が来た。どうするつもり!」
カイン食品担当のクミを叱り付けているテソン食品社長。
「実際は髪の毛は入ってません。お祖父さんに知られる前にソ・インウを潰す。
だからウンスには内緒にして。次に会う時は留置所でしょう」とクミ。
人の一生懸命作った餅に細工してなくて、ホッとしたけれど、
しかしこの後のやり方が、ものすごーーーく汚いクミ・・・(--〆)


インウに会いに行ったクミ。
「下請けをやめさせると言ってた叔母様を必死で止めました。
インウさんが困る顔を見たくないから…一週間後に、二万箱納品できますか?」
と、シャーシャーと言うクミ。
話してるところに、ウニが戻ってきました。
「オンニー」と喜ぶウニに、作り笑顔のクミ。
「家族で住める家を見つけたから、見に行きましょう。気に入ったらすぐ契約してもいいし」と、インウとウニを引き離す作戦に出たクミ。

ウニがここから出て行ってしまう…寂しそうなインウ。
ウニがいない間、オジンのお守り役のインウは、
目が覚めて泣いているオジンを抱っこして、寂しげに子守唄を歌ってます。
♪子供が一人残されて…って、インウは自分の事を歌ってるみたい。
帰宅したウニは、そんなインウを見て、声を掛けれず見つめていました。
ウニに気付いたインウは、「家は気に入った?」・・・頷くウニ。 
よかったね… とガッカリするインウ。 何も知らず、無邪気に笑ってるオジン(^^)
オジンは、子守唄を聞いてる時も、
インウのネックレスをいじったり、顔を触ったり、すっかりなついててカワイイ~

モヤモヤした気持ちをバスケのシュートで紛らわせるインウ。
夜になるまで延々と…
しかし全然入らない~(~_~;)
気持ちも安定してないしねとちょっとフォロー

「ご飯ですよ」と呼びに来たウニ。 まだバスケを続けてるインウ。
「すねてるんですか?」 「何で僕が?」 
「やっぱりすねてるーー」「引越しはいつ?」
「冷たいな~ウソでもいいから引きとめてよ」
「止めても行くでしょ?あの医者ならともかく…
キライな人と離れられて嬉しいでしょ」
いじけてるインウに、「離れて嬉しい」と踊るウニ。 可笑しいダンス♪
呆れたり突っ込んだりもせずに、行こうとするインウ。
その後姿に、「引越しはしません」とウニ。驚いて振り向くインウ。
何でも揃っていた素敵な家だったけど、一つだけないものが…
…本当にこれでいいのか、もう恋をしないと決めてから…

涙がこみ上げてくるインウ、、、そしてウニをギュッと抱き締めました。
インウよかったねーーー(/_;)

母の病院で「挨拶したい」というインウに、「急だから廊下で待ってて」とウニ。
二人を見つけたジフンは、「どうぞご一緒に」と。
「ソ・インウです」と頭を下げるインウに、「会社の社長さん」とウニ。
「お世話になってます」と母。 他人行儀な挨拶…
「だらしないな~やり直しですよ」と言うジフンに、「ああ、もう一度」とインウ。
今度は、ちゃんとチョルをするインウ・・・
私はチョルのシーンに弱くて涙が....(:_;)
そうそう、結婚の挨拶には正式な挨拶をしないとね~

「お母さんが待ち望んでいたウニの結婚相手です」とジフン。
「ウニには子供がいるけどいいんですか?」と、心配する母。
「本当はウニさんよりオジンの方が好きなんです。」 と答えるインウ。
「この可哀想な娘が気がかりで…
いつまでも幼稚なこの娘を、残して逝くと思うと眠れなかった…
これで安心して死ねます…ありがとうございます…ありがとう……」
泣きながら、何度も頭を下げる母。。。母の気持ちにウニも涙・・・

と、幸せムードでいっぱいだったインウとウニ。
クミの次のインウ潰しの魔の手がーーー
「カイン食品が、賞味期限を変造して販売してる」と警察に電話しました。
ウニとインウが工場に戻ると、警察の捜索が入っていて、
インウは連行されてしまいました。。。
心配するウニに、「調査すれば疑いは晴れる」と行ってしまったインウ。

しかしクミの手の内のものが、倉庫に忍び込んで、
偽造した餅を、混入しておいてたので、
警察から、証拠の品はバッチリだと責められてしまうインウ。
いくら違うとインウが言っても、信じてはもらえず、
おまけに会社の経営状態が危ないと知られ、益々疑いは深まってしまい・・・

「普通なら一ヶ月の営業停止で済むけれど、
ちょうど検察で不法製造販売を集中的に取り締まってる時期なので、
もしかすると実刑になるかもしれない」
工場長の話に、「社長は何も悪い事をしてないのに…」とウニ。
「うちを潰すために、誰かが企んだんだ」
そうそう!どうして賞味期限の切れた餅が置いてあったのか、突き止めないと!

その頃、何食わぬ顔で、テソン会長と食事中のクミ。
そんな時にインウが捕まったと、秘書が知らせに来ました。
会社に戻って確認した会長は、秘書の話が本当と知り愕然。
「本人は否定してるけど、証拠の品も出たし、
手形の決済が迫って焦ってたのかも」とクミの言葉に、
「ろくでなし」と怒ってる会長。
インウの祖父に戦争中命を助けてもらって、その友に孫のインウの事を頼まれ、
自分の孫のようなもの…と話してた会長。
何かの間違いだ!と、動いてくれると思ったけど・・・甘かった(_ _。)・・・

「うちに納品された分は、別な場所に隠したので、市場には出回ってません。
インウさんが困ると思って、警察にも知らせてません」
自分で仕組んだ事を、自分の手柄のように話すクミ。
『ウソにウソを重ねてたら、いつかお天道様の下を歩けなくなる』By「白夜行」・笹垣の言葉が浮かんで来ました・・・
もう今回のクミはイヤだわ。。。

インウの為にお弁当を作って、警察に行くウニ。
オジンに手を延ばそうとしたインウの手には手錠。。。
「社長みたいに潔癖症で気難しい人に、留置所は辛いでしょ。」
「僕が潔癖じゃなくて、君がだらしないだけだろ」
「留置所には、気性が荒い人が多いのに、
社長みたいに人見知りで、人付き合いの下手な人が…」
「僕は彼らより共謀な君と暮らしたんだ。心配しなくていい」
お互いの思いやる会話に、泣き笑い・・・(:_;)

夕飯を広げるウニ・・・そんな優しさにこみ上げてくるインウ。
食べようとするけど、手錠のせいで箸が上手く使えません。
「手錠を外してください。罪を犯してないんだから逃げません!」
ウニの必死な訴えに、言う事を聞いてくれた看守さん。
「私は何をすればいいですか?思いつかなくて…」というウニに、
「心配しないで…僕は大丈夫…」と言って、ウニの手を握るインウ。
ウニの目から涙がポロポロ...... 「僕の為の涙?」
「当たり前でしょ。看守の為に泣くわけないでしょ」 ←ちょっと笑ってしまった....
ウニの涙をぬぐうインウ、
「悪くないな。僕の為に泣いてくれる人がいる。
僕を心配して泣いてくれる人なんて初めてだ…
知ってる?君に出会ってから、すべてが新鮮なんだ」


家に帰ったウニは、主のいないベットを見つめて涙…
あの日、インウがギターを弾いてくれた階段。。。
インウの面影を見て笑顔・・・そして涙が止まらないウニ。

失恋したと、会社にも行かずに寝込んでるウンス。(お姫様ベット!)
そんな娘を心配したテソン食品社長は、
クミからウンスに内緒に…と言われてたのに、
インウが留置所にいると言ってしまいました(前科者とは結婚できないと)
ウンスがインウとカイン食品の救世主になってくれないかな…

留置所に面会に行ったウンスは、みすぼらしいインウに涙。
「帰れ」と冷たく言ったインウだけど、別れ際には、
「本当にすまなかった。それからありがとう。忘れないよ。
俺なんて忘れて、金じゃなく、そのままのお前を見てくれる男を見つけろ」と。

次のクミの手は、カイン食品の債権者に会って、
インウが捕まったと、それとなく教える事でした。
「手形の決済を延ばしてるとか?もう銀行も助けられないでしょう」
債権者の心に火をつけるクミ。

ゴタゴタがあったけど、テソンは下請けの話はそのままと言ってくれて、
餅の製造をしていたカイン食品。
するとクミが来て、
「この前の事と今度の事があったから、下請けの話は取り消す。」と。
おまけに、追加注文の二万箱のキャンセルと言われてしまい。。。
「私も尽力を尽くした」と白々しいクミ。
まあ尽力は尽くしたでしょう…別な意味で。。。ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

「威風堂々な彼女」 他の回は こちらです。

威風堂々な彼女〈上〉

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年02月09日 16:57
こんにちは。
時と場合を考えていないような留置場での
インウとウニの会話に救われた気がします。
やっとウニに想いが通じて(勝手にライバル視していた)ジフンの口添えでウニ母に挨拶できて
さあ、これからと言うインウだったのに・・・。

それにしてもこんなクミはカンベンして
欲しいです・・・。
でも予告ではこれでもまだ終わらないみたいでしたが・・・。
2006年02月09日 22:21
sannkenekoさん、こんばんは。
留置所でのインウとウニには、笑いながらも、ジーンと来ました。
せっかく幸せな気分の二人だったのに、可哀想でしたね。

クミは本当に…何話から、こんな状態?って感じですね。まだ16話なので、あと4話もこんな状態?誰かクミの企みと、気付いて欲しいんだけど。
次回予告も「えっ?」でしたね・・・( ̄  ̄;)
みこちん
2006年02月10日 20:59
ジフンは思いやりがあって、見た目もよくて、素敵ですね~

インウの優しさに、ウニも自分の決心を変えたようですが、
仕事のこと等、インウの男らしさが発揮される暇もなく、クミの策略に嵌ってしまいましたね~。

果たして、会社がつぶれないうちに、インウは出所できるのでしょうか。とても心配です。
2006年02月11日 11:50
みこちんさん、こんにちは。
ジフン、いい人ですね~~~
病院での、インウとのやり取りも良かったし、
お母さんに、「待ち望んでた結婚相手」と言った時は、すごくウニ母の気持ちを、わかってくれてる人だと思いました。
カン・ドンウォンは初見ですが、カッコいいですね。

>果たして、会社がつぶれないうちに、インウは出所できるのでしょうか。
予告でチラッと見えましたが、「えっ?」という感じでした。
私はもうカイン食品は、テソンに頼らずに、ウニとインウで、会社を立て直す方向に持っていって欲しいんだけど…。そしたらクミと手が切れるし。でも販売の邪魔をされちゃうかな?
クミのああいう姿を、もう見たくないのに…

この記事へのトラックバック

  • 威風堂々な彼女 第一話

    Excerpt: またまた 冬ソナのユジンママ発見。冬の日に行き倒れそうな妊婦を見つけたおじさんは家につれて帰りますが、おじさんの妻も出産間近の妊婦。二人とも女の子を産みますが、行き倒れ妊婦は子どもを生むと同時に死亡。.. Weblog: ときどき思いつき日記 racked: 2006-02-09 09:38
  • 「威風堂々な彼女」第16話

    Excerpt: 良心とか罪悪感とか、クミの心には残っていないのでしょうか? Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-02-09 16:02