『チェオクの剣』の後番組

BS-2の放送、『チェオクの剣』は、残すところあと一回。
で、気になる次の作品は、、、

       『クッキ』

韓国では、最高53.1%を記録した作品。
戦後、韓国で企業家として成功した女性の物語…
と聞くと、「おしん」みたいだわ…と思ったら、
「韓国版おしん」とも言われてるらしい。。。

発売されてるDVDでは、「グッキ」 
既に放送された衛星劇場などでも「グッキ」
グッキで良い気もしますが、、、

クッキ(グッキ)役は、キム・ヘスさん、
「愛の群像」などで、おなじみの女優さんです♪
声は、、、小林綾子さん… 
やっぱり声優さんではなく、女優さんですか。。。
まさかNHKさん、「韓国版おしん」だからと、
キャスティングしたんじゃないでしょうね?
キム・ヘスさんとは、違う感じがするけど、
役のイメージにあってれば良いのですが・・・

今視聴中の「ドクターズ」、以前視聴した「風の息子」に出演の、
ソン・チャンミンさんや、
「冬ソナ」サンヒョクパパでおなじみの、チョン・ドンファンさん、
「チェオクの剣」のセウク長官パク・ヨンギュさんなども出演してますね~。

「クッキ」各回の感想とあらすじは、こちらから。

※※※4月6日(木) PM10時スタートです※※※

NHKのお知らせは、こちら
「グッキ」のHPはこちら


*:..:*..:*:..:*:..:*..:*:..:*:..:*..:*:..:*

「チェオクの剣」で、チェオクの声をあててる小川範子ちゃん、
CD出したんですね~
チェオクの剣のエンディングで流れてる「宿命」の日本語カヴァー。
そして、「悲歌」も・・・
うーーーん、どんな感じなんだろ?
どちらも好きな曲なので、楽しみなような、コワイような(?)
チェオクのテーマ(?)の、「丹心歌」にすればいいのになぁ…
とチラッと思いました。

これです。↓
宿命 日本語詞ヴァージョン
宿命 日本語詞ヴァージョン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

りょう
2006年01月28日 08:05
pandaさん、おはようございます。
僕は『愛群』以来、ヘスさんの大ファンなので『グッキ』今から非常に楽しみです。
といっても『愛群』しか見てませんが(笑)
彼女はじゅんさんいわく、いろんな役を完璧にこなせる女優さんだそうです。
この『グッキ』ではかなり地味な役どころみたいですね。
彼女のあの独特のハスキーボイスを副音声で聞くべきかどうかが非常に悩むところ。
取りあえず初見は無難に吹き替えで見ようかと思ってます。
今『チャングムの誓い』と『ホジュン』を視聴中ですが、何といっても『ホジュン』が一押しの大注目です。
2006年01月28日 12:08
りょうさん、こんにちは。
私はキム・ヘスさんは、「愛の群像」でしか知りませんが、「ヒョン」とギルジン先生を呼ぶ声が可愛らしくて好きでした。

地味な役どころも楽しみです。
吹き替えは…
私は、二ヶ国語放送の時は、後からいいシーンは副音声で見る事にしてるんです。
ヘスさんは、特徴のある声なので、違和感あるかも…ですね。

>何といっても『ホジュン』が一押しの大注目です。
実は、『チェオク…』の後は、『ホジュン』かな?なんて予想してました。
イ・ビョンフン監督だし、『ホジュン』も見てみたいけど、長いんですよね…
韓国時代劇では、『海神』視聴中です。
こちらも長い…!
2006年01月30日 22:53
こんばんは!ジュンさんのページで
次回作知りましたぁ。楽しみです。
韓流おわってなくてよかった 笑

皆さんと同じく「愛群」以来のキム・ヘスさん
自分も楽しみです~。
最初は吹き替えで楽しもうかと思います☆
2006年01月30日 23:23
イタチさん、こんばんは~
キム・ヘスさん男性陣に、人気ですね♪
彼女の包容力のある雰囲気が、このドラマの主人公にピッタリな感じがして、楽しみです(^^)
北海道では、まだまだ韓ドラが続いてるけど、全国区で皆さんとお話できるのから、嬉しいですね!
YUZUJAM
2006年01月31日 13:24
こんにちは♪
チェオクが終わった後どうなるのか気になってました。
また新しい韓国ドラマが始まるんですね。
初恋みたいにちょっと前の時代なんでしょうか?
楽しみです。
2006年01月31日 21:25
YUZUJAMさん、こんばんは~
私も「チェオク…」の後、もう韓ドラ終わっちゃうのかな?と心配してたけど、また始まるので嬉しいですね。
「クッキ」の時代は、戦前(太平洋戦争)から始まるようですよ。
実話を元にした話だそうです。

この記事へのトラックバック