威風堂々な彼女 第14話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
眠れない様子のインウ、下のウニに向かって、
「休暇中と言ってたけど、いつまで?」
「よく分かりませんけど…」
「もしかしてあの医者のせいで、そういう思いを?」
「違います…でも違うとも言い切りません」
二人ともたどたどしく、つっかえつっかえの会話。
「これから僕と補習授業をしましょう。明日から」
休暇中って?そんな会話前回あったのが、思い出せない私。。。
でも、このインウの話し方や表情で、ウニの事が大好きと、よーーく分かりました♪


朝食時、医者のおじさん=ジフンとバスケしたいとせがむフンとジン。
「忙しいのよ。雉の代わりに鶏でもいいだろ。社長さんと遊んでもらいな」
「あいつが雉が僕が鶏?!と憤慨するインウだけど、
理由は、バスケの得点差と言われれば、言い返せないインウ。
以前のバスケのシーンは、こちらの放送ではカット… トホホ.......(_ _。)・・・
インウは、バスケをやろうとフンとジンを連れて行こうとしたら、ジフンが!
インウと喋る時は、口に食べ物入っていても、気にしないウニが、
ジフンの前では恥ずかしそうに、口を隠してモグモグ。
今日はベビーベットを持って来てくれたジフン。
「このヤロー。今日から俺のベットで寝かせようと思ってたよ」
インウの心の声が可笑しい~ヾ(>▽<)o

ジフンvsインウと、バスケの勝負をする事に。
(インウは逃げ腰だったけど、ビビッてるとウニに言われて…)
バスケするジフンはカッコいい~(*゚ー゚*) ダンクシュートも決めるし~
振りまわされっぱなしだったインウは、
ジフンの気をそらせる作戦に出て、ボールを奪いました(可笑しいーー)
でもシュートは決まらず、残念だわ~!

一息ついた時に、ジフンにウニの事を聞くインウ。
ジフンが答える前に、「僕は好きだ」とインウはキッバリと言いました!
ジフンは「好きでした。初恋の人でした」 過去形のジフンに「今は?」とインウ。
丁度ウニがやってきて、ジフンの答えは聞けませんでした。
オジンが寝たと聞いて「散歩に行こう」とウニを誘うジフン。
喜んで出かけようとするウニに、「日焼けが嫌なんじゃ?」
と茶茶を入れるインウに、シーっと合図するウニ。
日焼けが嫌ってシーンもあったかしら? 覚えてない…^_^;
一人残されたインウは、寂しそう。。。

「オジンが起きたらお願い」と言われたインウは、
その言いつけ通りにオジンにミルクを飲ませてます。 健気~~~
そんな時かかってきた電話は、クミからでした。

「テソンの後継者がインウ?なんであの人なのよ。
じゃあウンスが会長夫人?冗談じゃない。私はどうなるの?」
納得出来ないクミの考えついた事は、
『ウンスとインウを破局させる事。
そして自分がインウと結婚して、会長夫人になる事…?』
それで、クミはインウを呼び出したのでした。

インウはてっきり仕事の話と思って、出向いて来たのに、
ウンスの悪口やら色々聞かされて、「下請けの話では?」と怪訝そう。
「インウさんと親しくなりたいんです。
カインの仕事は、初めて担当した仕事なので、
成功させ、祖父に認めてもらいたいんです。
個人的な信頼関係があれば、スムーズに行くでしょう?
これからも、飲みに行ったり食事に行ったりしましょう」
そしてウニへのプレゼントの洋服一式を渡して欲しいと・・・
『私って、こんなに妹思いなのよ』って見せつけてるみたい。。。
送ってもらう為に、わざわざ車で来なかったクミ、
白々しく「車で来ればよかったわ」・・・段々と嫌な女になってきました。

クミの洋服やバックのプレゼントに大喜びのウニ。
「来てみたら?僕の予想では着こなせないと思うけど」
イタズラっぽく言うインウに負けじと、
見てごらんなさい!と言わんばかりに着こなして来たウニ。
そんなウニをからかうどころか、ジッーーと見つめるインウ・・・
ウニも何かへんだわ?と思ったのか、「じゃあこれで…」と下へ。
「キャー」 階段から転げ落ちてヒクヒクとしてるウニ。 
普段履き慣れないパンプスだったもんね~
好きになったら、こんな姿でもカワイイって感じのインウの顔。(〃^▽^〃)。
そして翌日?お茶出ししながら、インウを見てニッコリのウニ。

テソン食品では、見事にプレゼンをこなしたクミ。
「お前の父親は、いい孫を残してくれた」と会長もご満悦。
クミは、父の話は嫌そうで、そそくさと立ち去ろうとすると、
「テソンの件は?」と聞かれ、何だかシドロモドロ。

病院へ行くのに、念入りに化粧して、クミからもらって服を着てるウニ。
「看病に行くのに、お見舞い行くみたい」と、インウ。
ジフンに会うからかい?と、ちょっとヤキモチっぽいインウだったけど、
きっと母に「姉さんにもらったんだよ」と見せたかったのでは?

「私の姑ですか?そんな事言われたら、少しは残ってた好感もなくなりました」
と、ウニに言われちゃったインウ。
でもへこたれず、病院に送って行って待ってると、一緒に着いてくインウ。

病院では、オジンのベビーカー係のインウは、「何やってんだ、俺」と心の声。
「あっジフンさん」…と思ったら、丁度慌しく母の病室へ向かってるところ。
笑顔だったウニの笑顔が、呆然・・・そして病室へ走りました。
母は病気が悪化して、意識を失った状態でした。
「ずっとクミの名を呼んでいた」と話すジフン。 
そして、「もっと病気が進めば、記憶力が低下して、人の区別もつかなくなる」と。
自分の事が分からなくなる? 悲しくて涙が溢れるウニ・・・

「お母さんが、こん睡状態。今日来なかったに、二度と会わない。
後悔するような事だけはするな…」
ジフンからの電話が、脳裏を巡り病院へ来たクミ、でも病室には入れず涙・・・
「ごめん母さん…私を捨てて。そして私のことを絶対に許さないで…」

「どうして病室に入らないんだ」と、ジフンに言われたクミ。
「今日来なかったら二度と会わないって言ったわね。私達別れましょ。
私は変わらないし、絶対元に戻らない。最後にお願いが…
私を本当に愛してたのなら、ジフンさんの手で私の首を絞めないで」
クミのしてる事をわかっても、見捨てず、
「治したい」と言ってたジフンが可哀想・・・
それに、高校生の時、クミが邪魔したから、
ウニとジフンは自然消滅してしまったのに。。。
ジフンからのクリスマスプレゼントを、ウニは聞けずに燃えてしまったのに。。。


母の病気の悪化が心配で、そして母に何もしてあげてないのに…
と泣いてしまうウニ、そっと抱きしめるインウ、、、
そんな二人を見てしまったクミ。
「好きな人がいる」と話してたインウを思い出し、相手はウニだったとは…と。
でも相手がウニだからこそ、燃える?クミ。

母の外出許可が出たのか、ウニと母の二人でデート♪
ウニは笑顔で、いっぱい笑って、いっぱい写真を撮って…
「母さん笑ってよ。スマイル♪」
でも母は笑えません・・・「取り返しのつかない事を…こんな優しいウニに…」
「母さん、キムチって言ってよ」 「キムチー」と悲しい笑顔を作る母・・・
ウニの為に、精一杯笑う母が、胸が詰まります。。。(:_;)

二人で楽しく過ごしたラストは、カラオケボックス?
ウニはチョコパイにロウソクをさして、「ハッピーバースディ」
今日は母の誕生日だったのでした。
フンとジンと三人で選んだ14金の指輪をプレゼントしました。
「今日は14金だけど、次は18金…そしていつか、ダイヤの指輪を買ってあげる」
ウニの優しい気持ちに、何も言えくて、涙を堪える母・・・

バーにインウを誘ったクミ。でもインウはジュース! 
クミは、「インウさんを好きになってしまった」と言って、
インウにもたれかかり、様子を伺ってます。
酔ったフリして、インウの車で目をつぶってるクミ、
助手席のシートベルトを絞めようと、手を延ばしたインウに、抱きつくクミ。
あまりにも、白々しい・・・
さっと払いのけて、「さようなら、クミさん。僕には好きな人がいます。
それはイ・ウニさんです。二度とこんな事しないでください。降りて」
インウ!カッコイイ。。。
でもインウ、ジフンにもクミにも、「ウニが好き」って告白したけど、
当の本人に言わないとーーー


「威風堂々な彼女」 他の回は こちらです。

威風堂々な彼女 DVD-BOX 1
威風堂々な彼女 DVD-BOX 1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年01月26日 19:54
>休暇中って?
12話?
ベンチでウニの解雇を言い渡そうとした時に
恋愛は休職中と言っています。
(休職中とは言っていませんが)。
日焼けはカットされていると思いますが。

各々の心の声が実は台詞以上にポイントでしたね。
もうクミの豹変ぶりにはついていけなくなっていますが・・・。

>「これから僕と補習授業をしましょう。
 明日から」
インウはまずウニに好きだと言わないと。
道は限りなく遠いけれど(笑)。
2006年01月26日 22:02
sannkenekoさん、
>ベンチでウニの解雇を言い渡そうとした時に
恋愛は休職中と言っています。
おお!そうでした。前回の事ばかり、考えてました。

クミの豹変ぶりには、私も同情できません…
悪役キャラ好きな私だけど、クミの涙を見ても、貰い泣きすら出来ないし・・・

インウはまず、好きだと言わないとね~
「明日から補習授業」で通じたのかどうか???
どうやって言うのか、楽しみになってきました。
みこちん
2006年01月28日 13:14
インウがその気になれば、アメリカ仕込みのスマートな交際が始まるものと思っていましたが、鈍くさいですね~。
心の優しさは、そこここに満ち溢れていますが。
仕事をバリバリこなせるクミが、私生活では何も見えなくなって..。クミのやっていることには、共感できませんが、なぜかとても可哀想でした。
2006年01月28日 15:09
みこちんさん、
>アメリカ仕込みのスマートな交際
見てみたい気がしますが、もしやインウって仕事一筋で、女性関係はウブなのかな~?なんて思いました(^^)

クミは仕事の面では、バリバリこなしてましたね。
もしウニが実の孫と知られても、テソン会長はクミを重用してくれると思うんだけど…
ウニだって、ないがしろにしないだろうし…
あんなクミを見てるのは辛いので、早く戻って欲しいんだけど。。。

この記事へのトラックバック

  • 「威風堂々な彼女」第14話

    Excerpt: 未来のためにすべてを切り捨てるクミ・・・愛さえも。 「頼むから後悔するようなことはするな。」 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-01-26 16:47