ドクターズ 第6話

☆感想(ネタバレあります)☆
画像
ミンジの退院の日です。
ミンジの片方の手はレジーナが、もう片方はジュンギが繋いでいて、親子のような雰囲気♪一緒にエレベーターに乗り合わせて、二人のいい感じの様子を見たオ医師、「ジュンギは、恋してるようだ」とカン医師に話しました。
「でもまだ若いし、子持ちよ」と心配するオ医師に
ジュンギの先輩でもあるカン医師は、
彼がそんな気になってくれて、嬉しそうで、
以前と変わって明るくなった事に、ホッとしたような笑顔でした。
「院長も変わった。前は弟ばかり可愛がってたのに。
院長って不思議な人。冷酷な老人のようで、優しいところももある」
優しいところって、ジュンギに対して? 

その院長は、血液バンク事件の心配をしてました。
「あんな事件を黙って終わらせる男じゃない。
何か企んでるはず」と嫌な予感を募らせる院長。
院長の話してる男って、血液科長パン医師の父?と思ったら、
ジュンギなら分かるなら、スヒョンが違う…と、スヒョンの事でした。
ハン管理部長に、パン・ヨンス(パン医師の父)の、口を塞ぐように命ずる院長。

口を塞ぐ?って、物騒な事を思い浮かべたけど、
ハン管理部長は、大金を握らせたようです(ちょっとホッ…)

その様子を伺ってたスヒョン、
スヒョンは、チェ看護師から、「パン医師は評判が悪い。
『昔ソウルの病院で、自分の父と院長が一緒に働いてたから、
院長は父の言いなり』と言いふらしていて、この病院へもコネで入ったらしい』
この話に、何か感じて、パン医師の父に話を聞きに来たのでした。

血液の事件は、パン医師の責任が大きいのに、
逆に金を渡されるのはヘンだと、突っ込むスヒョン。
そして「遺族にこの事実が知られたら?自分は責任を負ってもいい。
息子さんと二人で法廷に立つ事に…」と軽く脅すスヒョン。

場所を変えて、一杯飲みながら話すハン医師の父(パン会計課長)
「君の母親は、うちの病院の手術で亡くなった」
その執刀医がジュンギ父なのかな?
それ以上の事は語らずに、「私だったら、病院関係者じゃなく、
話をしても不利にならない人間を探す」と言い残して、帰ったパン医師の父。

病院で考え込んでたスヒョン、「電話です」と言われても出る気なし。
でも、「臓器移植の件」と聞くと、自分からかけるしーーー(-_-;)
軍事病院にいる後輩の医師から、脳死患者がいると聞き、
「その心臓は俺がいただく!」と、目がギラギラ。

自殺した脳死患者で、本人の希望もあり家族も了承してる。
そう聞いても、「準備か必要」と迷うジュンギ。
「アメリカで何度も成功させている」と、やりたくて仕方ないスヒョンは、
自分で院長を説得させる!と息まいて、院長の所へ。

ジュンギも麻酔科長もOKしたと、院長に話すスヒョン。
えっ?了解なんてしてなかったような…?
まあ強行な反対姿勢ではなかったけど…

以前「時期尚早」と話してたイ部長は、「問題はないでしょう」と賛成してくれ、
迷ってた院長は、GOサイン!
喜ぶスヒョンだけど、一人でも患者を助けたい気持ち…というより、
心臓移植の国内第一号になりたいという感じ。。。

ミンジュを呼び止めるスヒョンだけど、前回のイザコザもあり冷たいミンジュ。
ニヤッと笑って「心臓内科の先生」と呼びとめ、「ドナーを選んで欲しい。」と。
そして「公私の区別はつけてくれ」と言うスヒョンに、
「わかりました」と、スタスタと行ってしまうミンジュ。

移植を受ける『拡張型心筋症』の患者の家族に、手術の説明をするジュンギ。
「最善を尽くしますが、大手術なので予想外の結果を招くことも…」
「手術をしていただけるだけでも、ありがたい」と涙の父。
父親は、「チャングムの誓い」パンスル邸のチャン執事のような…

二時間が勝負の心臓移植。
スヒョンは軍事病院に行き、自ら心臓切り離し、保存液と共にビニール袋へ。
そしてアイスボックスに入れ、自分で抱えて救急車へ乗り、
「30分で着く」と病院へ連絡。
待ってるジュンギたちは、到着時間を見計らって開胸。

救急車を急がせるスヒョン。
それが原因なのかどうなのか、救急車は横転! 事故ってしまいました。。。
アイスボックスから飛び出てしまった心臓の入った袋を手にして、
通りすがりの車を止め、病院へ。
アイスボックスに入れ無くて、大丈夫なのかしら???

病院に着いて、走るスヒョン…ビニール袋から液がポタポタ…
手術室に着いた時には、液は空で、心臓はもうダメになってました。。。
袋が破けてしまってたんですね…
患者は、スヒョンが病院に到着したと、報告が来た時に、
心臓を取り出してました・・・もちろん戻すことは出来ません・・・
誰もが何も言えなくて、長い沈黙........
「大丈夫か?」とジュンギの声に、黙って立ち去るスヒョン。

亡くなってしまった患者の父と母、
ジュンギは術前に、「危険な手術」と話してたので、万が一の覚悟はあったのか、
「手を尽くしてくれた結果なので、娘の運命です」と、言ってくれ、
それでもやはり、娘を失ってしまった悲しみに、慟哭・・・
難病なので、移植しなければ、治癒出来たかどうか分からないですが、
子を失った親の気持ちを思えば、悲しいです…(:_;) まだ22才・・・
ジュンギは何も言えないけど、辛そうな表情。。。


スヒョンは一人涙・・・このドラマが始まって、初めて涙を流したのかな?
暗くなっても、灯もつけずにいた部屋に、
ジュンギが入ってくると、慌てて涙を隠すスヒョン。
「お前のミスじゃない」と慰めるジュンギに、
「ミスもなにも手術をしてない」と強がるスヒョン。
スヒョンは甘える…とか、心の内を見せるという事が苦手なのかな?
兄にすがる事が出来ればいいのに…
養子として育ったからなのか、元々の性格なのか。。。

スヒョンが行く場所は、ミンジュ…
ミンジュは、あんな態度を取ってても、部屋に入れます。
でもスヒョンは、部屋に転がり込んでも、心の痛みを話そうとはしません。
ベットにゴロンと横になり、行こうとするミンジュの手を掴み…
…そばにいて欲しいのに、口には出来ずに強引に、という感じが。。。
ベッドに押し倒すけど、ただ抱きしめる姿は、母に甘える子のように見えました。

ジュンギは、レジーナの家を尋ねて驚き・・・
ここは孤児院なのか、個人的にレジーナが面倒を見てるのか、
たくさんの子供達がいて、みんなにオンマーと慕われてるレジーナ。
レジーナが初めて登場した時、抱いてたのは赤ちゃんだと思ったのに、
ミンジみたいな大きな子だったかしら?という疑問が解けました。

「お医者さんが来たよ」の声に振り向いたレジーナ、
本当に慎ましい感じで、とっても嬉しそうな笑顔。

「なぜ言わなかったの?大変だったでしょう?」と聞くジュンギに、
「大変だけど、先生にとって病院が居場所のように、ここが私の居場所」
と話すレジーナ。 そして「では失礼します。奥様がお待ちでしょう?」
寂しく笑って見送るレジーナ。 「また来ます」とジュンギ。
ジュンギは妻帯者と思い、遠慮しているレジーナと、
妻は亡くなった…と言えず、
まだレジーナへの思いと、妻への思いに葛藤してるようなジュンギ。

スヒョンは、ずっと以前にジュンギの部屋の本を見ようとして、
叱られた時を思い出してました。
“「これは父の写真と遺書」と、言って、
スヒョンに見られたくないように、本をしまったジュンギ”

ジュンギの部屋に忍び込んで、探すスヒョン。
アルバムの中から出て来たのは、
イ部長と一緒に写ってる医師…これがジュンギ父と確信して、
(この写真、いつも渋い表情のイ部長が笑ってる!)
そして本の中から父の遺書を見つけ、読んで愕然とするスヒョン。

イ部長に写真と遺書を、突きつけるスヒョン。
写真を見て驚くイ部長。 (ジュンギ父役は、「その陽射が私に…」のジュニ父?)
「なぜジュンギの父は自殺したのか?」と問い詰めるスヒョン。
何も話そうとしないイ部長に、「母は兄の父に殺された」とスヒョンが言うので、
「あれは事故だった」と、つい言ってしまったイ部長。
そんな深刻な雰囲気の所に、笑顔で部屋に入って来たジュンギ。
ジュンギをにらみつけるスヒョンの目がコワイ!

院長がジュンギに、第二話で、「父と同じ道を歩むのか?」
第四話で、「父さんの事を思えば、こんな事できなかったハズだ」
と言ってた様に、ジュンギ父は手術ミスを苦にして自殺したようでした。
その患者の母親がスヒョンのようですね・・・
パン会計課長は、当時の色々な弱みでも握ってて、
院長はいろいろの便宜を図っているのかな?

「ドクターズ」他の回はこちらです。

ドクターズ〈下〉

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年01月24日 20:54
自信のあった心臓移植は手をつけることも出来ず、
自分の生い立ちの疑問は消えず・・・。
スヒョンの苛立った心は結局ミンジュに
助けを求めてしまうんですね。
>ただ抱きしめる姿は、母に甘える子のように見えました。
あのお母さんでは甘えられなかったのかな?
ミンジュに母性を求めてすがっているように
見えてしまいます。

レジーナはもうビックリ!
でも謎が一気に解けました(^o^) 。
2006年01月25日 00:11
sannkenekoさん、こんばんは。
ここの所のスヒョンは、色々と上手く行かない事が続いてますね。
ミンジュに助けを求めたスヒョン、でも何も言えず、ただ抱きしめて…私も母性を求めているように見えました。
あのお母さんは、心の底では「スヒョンの父が夫を死に追いやった」と思ってたから、愛情を向けても、どこかよそよそしい感じで、だからスヒョンは甘えられなかったのかな?

レジーナにはビックリ&納得ですね♪
こーわ
2006年01月26日 00:41
心臓移植の件は も~~~ 何かあるとは思いましたが、
急いで走る車と ジュンギが心臓摘出するのを見て
「やったら あかんーーー!(>_<)」 と言ってしまいました。
ドラマなんで 言ってもしょうがないですが、
スーパーでミンチ買うんじゃないんだから、
あんな ビニール袋に入れて 移動したりはしないでしょうね~

アメリカへ留学(?)していたスヒョンに、難しい手技が出来るか尋ねるシーンが何度かあって、スヒョンは 「何度も見ました!」って答える事が多いの。
見たのと したのでは 違うでしょ!って そう言う手術に当たる度 嫌~~な感じですよ、、、

とうとう スヒョン母が何故亡くなったか 分かってきましたね、、、
2006年01月26日 10:09
こーわさん、こんにちは♪
>あんな ビニール袋に入れて 移動したりはしないでしょうね~
私も思いましたが、この時は脳死での移植は認められてないから、こういう所はまだ杜撰というか、気配りしないのかな?と思いました。
でも前にテレビで見た臓器移植の時も、割りとあんな感じだったような…
スヒョンは、液が漏れてた事に気付かない程、動揺してたんでしょうね。
もし気付いてたら、移植を受ける患者さんは、あの場では亡くならなかったのに…

スヒョンは、「何度も見ました」と言ってたんですね。気付かなかったです。「やりました」じゃなかったのね~

この記事へのトラックバック

  • 「ドクターズ」第6話

    Excerpt: スヒョンの周囲で歯車が狂い始めています・・・公私ともに。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-01-24 20:46