ドクターズ 第3話

☆感想(ネタバレあります)☆
画像
ジュンギがいなくなっても、ちゃんと動いている病院の日常。
ジュンギの事は知らん!という感じだった院長だけど、ハン管理部長を呼んで、「あいつを探してくれ。最近夢見が悪い」と、少し心配してる(?)ようでした。

その心配通り、前回雪の中をフラフラして、倒れたジュンギは
すっかり記憶を無くしてましたーーー!
とあるドラマでも、「辛い事を忘れたくて記憶喪失に…」というドラマがあったけど、
韓ドラお約束?の、展開になりました。
教会でバッタリ会ったレジーナ(前回雨の中、ジュンギに助けられた人)に、
「先生」と声を掛けられても、全然反応がなく・・・

教会の神父役は、(「新貴公子」スジン父の秘書・「天国の階段」チョンソの医者・「グッバイ・マイ・ラブ」弁護士・「チャングムの誓い」左議政「サラン」…他にもあったかも…のパク ・ ヨンジさん♪よく見る方です)

体は回復したけど、このままじゃ本人も辛いのでは?と神父の案で、
レジーナは、自分と雨の中、出逢った場所に、ジュンギを連れて行きました。
「ダメなんだ…全く思い出せないんだ…」とジュンギ。
そうして月日が流れたのでしょう。 いつの間にか雪が積もってました。
ジュンギは、レジーナの息子とも仲良くしてたし、
何と言ってもレジーナといる時は、満面の笑みでした~
市場を歩いたり、海岸を散歩したり、、、
時には、コミカルな顔を見せたりするジュンギ、
なんだかこのまま、ここで暮らさせてあげたくなっちゃいます。
「お祖父さんのいいなりは、上の兄さんでたくさん」と、妹が言ってたように、
スヒョンや妹に比べて、ジュンギは祖父に逆らえずに生きてきたような…


緊急で運ばれて来た、交通事故の患者、
急いで駆けつけるスヒョンは、廊下が滑るのか、
走って止まるたびに、(((((o・・)o シューーーッ(o・・)======== って感じで、
昔、学校で、ワックスをかけたばかりの廊下を思い出しました~(雑談^^)

既に心停止で呼吸も止まってる患者に、心臓マッサージをするスヒョン、
後から来た医師が、心マッサージを交代すると、蘇生しました!
「CTを撮りに行くように」と指示するスヒョン、
従ったソ医師でしたが、撮影中患者が急変してしまい、
撮影を中止し、治療室に連れて行こうとしました。
しかし、それを止め「CTを撮れ」とスヒョン。
スヒョンの指示に納得出来なくて、食い下がるソ医師に、
「今夜あいてる?一杯やろう」と、はぐらかすし、
「ソ先生が正しい」と言うミンジュには、
「CTを撮りに行かせたのは、この患者は、どうせ死ぬのだから、
死亡原因を、知るため」と、話すスヒョン。
呆れ顔で行ってしまったミンジュに、
また得意の嫌味な笑いを浮かべてました(ホントに憎たらしい笑い…)

ミンジュの担当する患者・キム老人は、肺がんの末期で苦しそうです。
「どうせ助からない…楽にしてくれ」と、泣いてすがるキムさん。
もちろん応じることなど出来ず、鎮静剤を打つだけ。。。

スヒョンの妹…ということはジュンギの妹でもあるヨンギが、帰国。
懐かしそうなミンジュは、「今度食事に」と言うと、
すかさず「じゃあ今夜」と出て来たスヒョン。
今夜は忙しいと、キッパリ言って帰ってしまったミンジュ。

家に戻ったミンジュは、キム老人の言葉が頭から離れません…
鋭い目のミンジュ…そして頭を抱えて苦悩…
翌日、また安楽死を頼むキム老人、
お見舞いに来てた息子も聞いてて、嗜めてしたけれど、
ミンジュが指示したカリウムを打った後、急変して亡くなったキム老人。

さっきまで話をしてた父が死ぬのは変だ!と、家族から責められるミンジュ。
驚いた事に、ミンジュの診療室に内側から鍵をかけて、篭城して
攻め立ててたんですねーーー(*_*; 

騒ぎをおかしいと感じた職員が、ようやく鍵をあけて、
患者の家族は連れて行かれたけど、
うつむいて、泣いていたミンジュでした…

院長に呼ばれ、事情を聞かれ(責められ?)ても、
「申し訳ありませんでした…」と謝るだけのミンジュ。
院長室から出て来たミンジュに、声を掛けれなかったスヒョンの表情は、
ちょっと今までの嫌味な顔とは、違って見えました。

患者の家族は、病院を告訴すると言ってきて、益々窮地のミンジュ。
「今まで告訴された例で、病院に不利な結果になったのは少ない。
しかし、今回の場合は、こちらが不利だ。
チャ先生のような優れた人材は、病院にとっても重要だ…しかし…」
院長の、辞めて欲しい雰囲気を感じたのか、
ミンジュは、「辞表を書きます」と言い、もちろん止めない院長。

ハン管理部長から、事件の事を聞いたスヒョン。
しかも「院長は病院を守るためなら、何でもする」と聞き、
ミンジュの為に、亡くなった患者のカルテを調べました。
なにやら手がかりを見つけたようで、ニンマリ顔!
院長に、「カリウムを与える前に、酸素飽和度が低下していた。
だから、注射する前に、呼吸停止していた」と話すスヒョン。
院長が「不利」と言ってたから、カリウムの量を本当に間違ってたのかな?
とチラッと思ったけど、院長はゴタゴタが面倒で、
そういう人物は即お払い箱にしたかったから、調べる事もしなかったんですね。
これなら、告訴されたとしても、大丈夫だったろうに・・・


私物をまとめて、悲しげに病院ロビーを歩くミンジュに、
「荷物なんて置いてデートしよう」と、相変わらずキザっぽいセリフのスヒョン。
スヒョンの車の中で話す二人。
どうもこの二人のテーマ曲?のエレキギターの音色に慣れません。
「家族に責められても、辞表を書かされても耐えられる。
私が辛いのは、ほんの少しでも、患者の言う通り、
楽にしてあげようと思った事…私は人を殺す事を考えてたのよ…」

そっと抱き締めるスヒョン、泣いてすがるミンジュ、
スヒョンの目に涙が光ったような。。。

患者の死亡の前日、部屋で苦悩してたミンジュを見て、
同じような身内がいたのかな?と、思ったけど、
「楽にしてあげられたら…」と、脳裏をよぎったのですね。。。
カン医師とヤン医師も、
「安楽死」について語ってましたが、カン医師は認めても…でした。
もし自分が不治の病で、苦しい思いをしたならば、
同じように、頼んでしまうかもしれない…
これは本当に難しい問題です。。。

ジュンギとレジーナのドライブ中、前の車が突然事故を!
慌てて降りるジュンギ、
真っ逆さまになった事故車を見て、記憶が蘇るジュンギ。
意外と早く、記憶が戻りましたーーー
という事は、また苦悩が始まってしまうでしょう。。。頑張って乗り越えて欲しいけど…
(私はてっきり、記憶喪失のまま、
テキバキとケガ人の手当てをするのかな?なんて思いました~)


「ドクターズ」他の回はこちら

ドクターズ DVD-BOX
ドクターズ DVD-BOX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

こーわ
2006年01月18日 15:43
このドラマは 医療の中の難しい問題を ちょこちょこかじって行きそうですよ~
『ER』で 慣れてはいますが、今回の 『安楽死』 も難しいですよね。

ジュンギは 前の回で 男達とケンカになって
ボコボコにされて 一時的な記憶喪失だった様ですね。
これで 一応 病院に戻れそうですよ。

カリウムの注射の件は、ミンジュがやったと思いましたよ~
そうじゃなかったんですね(^_^;)
うちの父も最後はモルヒネに頼っていたので、
早く楽にさせてあげる事も出来たかもなぁ、、、と思ったりします。

この話し、お祖父さん(院長)が ジュンギとスヒョンをどうしたいのか よく分かりません。
2006年01月18日 21:11
ミンジュがゆっくり投与してと指示しているのに
看護師は注射一本。
あれじゃあ・・・ねぇ。
患者の家族の気持ちというのを差し引いても
内側から鍵では身の危険を感じてしまいますね。
でもキム老人は望んだことであったとしても
安楽死は医者の間でも意見が分かれていて。
難しいですね。
医学が進歩した分いっそう難しい問題に
なっていますね。

>そっと抱き締めるスヒョン、
 泣いてすがるミンジュ
このシーン、どうせ患者は末期のガンでとか
スヒョンが言うんじゃないかと思っていたので
(スヒョンって普段が普段だから)
内心かなりホッとしました。
廊下を(((((o・・)o シューーーッ(o・・)========
転んでNG出していたりして(笑)。
2006年01月19日 09:35
こーわさん、
>カリウムの注射の件は、ミンジュがやったと思いましたよ~
私はミンジュが量を間違えて指示したのかな?と思ってました。ミンジュに落ち度はなくてホッとしました。
お父さんは、最後辛かったのですね…
うちの場合は、それほどモルヒネに頼る前に急変したので、そういう風に苦しむ時間は、同じ病気の人に比べると、短かったかもしれないです。もし自分が…家族がそうなったら、見ていられなくなって、「楽に」と願うかもしれないです。

>お祖父さん(院長)が ジュンギとスヒョンをどうしたいのか よく分かりません。
五話で少しだけ、分かった気がしますが、
この頃は、「本当は長兄に期待してるのに、あまり答えてくれず、それなら出来のいい弟に任せた方がいいかな」という感じなのかな?と思って見てました。
2006年01月19日 09:44
sannkenekoさん、おはようございます。
>ミンジュがゆっくり投与してと指示しているのに
看護師は注射一本。
ここ気付かなかったですーー
先に呼吸停止してたらしいけど、そういう落ち度もあったんですね。

家族の怒りも分かりますが、内側から鍵をかけて責め立てるというのは、唖然としました。
安楽死の問題は、本当に難しいです。
医学が進歩して、より長く命を繋ぐことが出来ても、それが本人の為になるのか?医者たちの考えも様々だし、家族側も、心臓が動く限り…と思う人もいれば、早く楽に…と思う人も。。。

ミンジュを抱き締めるシーン、この時はスヒョンを見直しました。
「どうせ末期の患者だ」と、今までのスヒョンなら言いかねないですよね。
冷たい態度を取りつつも、ミンジュに対しては、思いやりの気持ちが残ってる気がしました。

廊下のシュー
>転んでNG出していたりして(笑)。
チャン・ドンゴンが…クールなスヒョンが…と想像すると、可笑しい~(爆)

この記事へのトラックバック