初恋(NHK版) 第36話

サブタイトル・・・「岐路」
画像
☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
チャニョクに会いに来たソクジン。
車のライトに照らされたチャニョクの姿を見たソクジンは、本当に生きている姿に驚くと同時に、松葉杖姿のチャニョクに、痛々しい表情。
「5年前の交通事故の時は、ここまで回復するとは思えないほど、最悪の状態だったので、死んだと伝わったのでしょう」
決して、ヒョギョンの父・叔父の差し金とは言わないチャニョク。
「すぐ知らせるべきだったのでは?」と言うソクジンに、
「ヒョギョンに? 死んだと思って留学したヒョギョンに、
こういう姿で生きてるから、戻ってくれと言うんですか?
ヒョギョンは僕の事を忘れていたんです…
墓の中の者が生き返ったら、混乱するだけです…」とチャニョク。
「でも、君にとってヒョギョンは…」と言うソクジンに、チャニョクは、
「いいえ、僕もヒョギョンの事は、とうに忘れました。
5年間、この体と闘うために、ヒョギョンの事を考える余裕もなかったし…
自分を愛してくれた、支えてくれた人に恩返しがしたい。
その為に、時間が足りないほど。。。」 
前回のチャニョクの涙…、忘れてるハズなんでないのに。。。
「ヒョギョンには、この姿を見せたくない。 昔の姿をとどめておいて欲しいし、
他の人と一緒になってから知った方が、事実を受け入れられる…
ヒョギョンには、事実を言わないでもらいたい」と言うチャニョクに、
「この世には、永遠の秘密などありません…」
ソクジンは、約束出来ませんでした。


チャニョクの涙ぐんでた姿と、ヒョギョンが話してたチャニョクの事を思い出し、
走らせてた車を止めるソクジン。
ヒョギョンに電話するけど、、、やはり肝心の事は何も話せないソクジン。。。

「チャニョク君、元気ありませんでしたね」と、チョンナムさんが心配するように、
相当、気持ちが揺れていたチャニョク・・・
こういう時話したいのは、やっぱりチャヌ。。。

チャヌ・ヒョンギ・チャヌで、久しぶりに再会した帰り、
「ソッキさんを送ってやれ」と言うヒョンギ。
ヒョンギーーー、ソッキを好きなのにいいのかい?
車の中で、万年筆のお礼を言うチャヌ、もうソッキをとっくに許していたようです。
自宅を知られまいと、手前で降りて歩いて帰るソッキ。
自宅前まで歩いていくと、車の中で考え事してるソクジン。。。 
ソクジンは、母たちとの会話中も、ボーッとして、相当思い悩んでいる様子です。
チョン会長は、「ソン室長をソッキにどうか?」と話してます。
ソン室長=チャヌと知ったソッキは、「会ってみるわ」と。
そんな会話の中でも、心ここにあらずのソクジン。

チョン会長から、お見合いを勧められるチャヌだけど、
「申し訳ございません。 まだ結婚を考えてはいないんです」と断りました。
結婚に感心のない娘が乗り気になったのに、ガッカリのチョン会長だけど、
「その気になったら、また話を出してもいいかしら?」と、
本当に、チャヌの事を、気に入ってるチョン会長です。

チャヌには、結婚を考える前に、する事がたくさんなのです。
ワンギに金を貸してる個人金融業者から、手形を回収して、
銀行には未決済の手形の額を調べさせてます。
ワンギ経営のスポーツクラブの、第一抵当権を持ってる業者に、
こちらが資金を提供するかわりに、物件を売りに出させ・・・
ワンギの会社を潰すために、着々と手を回すチャヌ。
表向きは、リゾート開発の入札のライバルだから…
でも、本当の理由は、破滅させようとしているようです。。。


そしてリゾート開発入札の鍵を握る男・チャン・ドゥシクは、
ワンギから逃れるために、海外へ逃亡。
空港内で、ワンギの部下が妨害しようとしたけど、
テミョン(カンジさん一味)に抑えられてしまいました。
それにしても、ワンギの部下、あんな場所まで入ってたら、
止められるに、決まってるでしょうーーー
チャン・ドゥシクの海外脱出は、うまくいったものの、
「相手は暴力団がついている」と、チャヌの身を心配しているナ社長。

その通りで、チャン・ドゥシクに裏切られて、激怒するイ・ジェハは、
「どんな手段を使ってでも入札しろ!」と、ワンギに命令してました。
それも「決してバレないように、正体を隠して」と、かなりのタヌキ・・・
イ・ジェハにとっては、生きるか死ぬか…、
火の車状態の会社を立て直すためには、落札するしかないのです。
で、また血圧が上がってしまったようなイ・ジェハに、
「義兄さん、顔色が悪いです」ってワンギ。
イ・ジェハじゃないけど、「お前のせい」だよーーー

命令通り、「今度のターゲットは、テミョンのソン室長だ」と部下に命令するワンギ。

カジノの見回りも、ナ社長に代わり、チャヌの仕事なんですね~
スロットで当たりが出て、率先して拍手するチャヌ、
初めてここに来た時は、「立ち上がって拍手するんだよ」と言われてたのに、
すっかり板についてますーーーー

悩めるソクジンは、旅に出る事にしました。
以前のソクジンなら、すぐに二人を会わせようとしたろうけど、
今のソクジンは、ヒョギョンを愛しているゆえに、葛藤しているようです。。。


絵を描いてるチャニョクは、「お兄ちゃん」と呼ぶ声に、ヒョギョンが走ってくるかと・・・
でもそれは、シンジャでした。
様子が変なチャニョクに、どうしたの?と聞くシンジャ。
「何でもない…」と立ち上がろうとして、転んでしまったチャニョク。
手には塗ったばかりの絵の具がついて・・・
・・・こんな体で、どうやって、ヒョギョンに。。。
ソクジンに言ったチャニョクの言葉が、胸に染みました。。。

今回はカットシーンは、ほとんど無かったです。

「初恋」 他の回は こちらです。

初恋 DVD-BOX 2
初恋 DVD-BOX 2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

YUZUJAM
2005年12月03日 21:25
ソクジンとチャニョクのシーンはどちらも辛そうでしたね。
ソクジンもプロポーズをしていなければ、きっと身を引いていたと思いますが、結婚を決めた後ではそうもいかないし、でもヒョギョンの気持ちを考えると悩んじゃいますよね。
旅に出て何か結論が出るのかな?気になります。
イ・ジェハはとうとうしっぽを出してきましたね。
あんなやり方で今までのし上がってきたんでしょうね。
でも今回はチャヌという強敵がいるから、手強いですよね。反対に破滅させられるかもしれないし。
今のチャヌはpandaさんの言われるように仕事以上の何かで動いているところもありますよね。
入札まであと2日。
長い2日になりそうですね。。。
あれだけなかなか会えなかったソッキとチャヌですが、今回あっさりと普通に会っていましたね。
とりあえず会えてホッとしました。
2005年12月03日 21:45
YUZUJAMさん♪
ソクジンもチャニョクも、本当に辛そうで・・・
私もソクジンは、プロポーズしてなければ、身を引いたと思います。 初見の時は、旅に出るのは「逃げる」みたいに感じがしちゃいましたが、今回は思い悩んだあげくに、離れて結論を出そうとしてるように見えました。

イ・ジェハは、本当に汚い奴でしたね。
結局は、暴力でカタをつけようとして。
ワンギたちは、暴力は得意分野なので、ナ社長の言うように、気をつけなければなせないチャヌです。

ソッキとチャヌは、何年も会えなかったのに、ヒョンギ経由だったり、母経由だったり、顔をあわせましたね。
チャヌが「お見合い相手はソッキ」と知ったら、どういう態度を取ったのか、見たかったです。

この記事へのトラックバック

  • 「初恋」第36話

    Excerpt:  「初恋」第36話。  今週の主役はチャニョク、チャヌとソクジンになるのでしょうか。    チャニョクが生きているという事実を知ってしまったソクジン。真面目なソクジンゆえに、チャニョクになぜそうなった.. Weblog: Blog(ブログ)@Sayopee.net racked: 2005-12-03 21:18
  • BS海外ドラマ「初恋」第36話

    Excerpt: 第36話「岐路」 ソクジンはチャニョクに電話した後、すぐに家まで来て話をしていましたね。 チャニョクも突然のことだったので、今日じゃないとダメですか?と聞きましたが、ソクジンは今すぐ話がしたい.. Weblog: ゆずじゃむぶろぐ racked: 2005-12-03 21:27
  • 韓国ドラマ『初恋』36話みましたぁ!

    Excerpt: 韓国ドラマ『初恋』36話.......タイトル『岐路』 先話はソクジン(パクサンウォンさん)がチャニョク(チェスジョンさん)にヒョギョン(イスンヨンさん)と別れた後に電話したシーンで終わってしました.. Weblog: 韓ドラのたまり場 racked: 2005-12-05 07:20