星を射る 第12話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
ソンテとイェリンの熱愛報道が出て、新聞を見てるファンの女の子の一言、「ソンテがもったいない」うんうんと頷いておりました~
そんな騒動になってるとも知らずに、ソンテはファッションショーのリハーサル。
遅れてきたパダに、ピンクの服を「似合ったら買ってあげる」と、着せようとするソラとソンテ。
「似合うはずないだろ」と言いつつ、今着てる服を脱ごうとするパダ~
結局、この服を買ったんでしょうか(^o^)

芸能記者から、熱愛報道に関してインタビューをしたいと電話が入り、驚くパダ。
帰りの車の中で、「イェリンと何かあったのか?」と聞くけど、
「何も言えないけど、僕には姉貴一人」としか言えないソンテ。
言えばパダが傷つくと思って、本当の事を言えないのです。。。

一方ソラは、ドフンからの電話で知り、新聞を見て驚愕。
マネージャー同士、対策を話し合おうというドフンの元へ。
「記者会見を開いて真実を公表する」と言うソラ。
「二股かけてるって?同棲してるって?
騒ぎ立てれば、噂が広がる。どうなるかな?ソンテはおしまいだ。」
と脅し文句を言うドフンに、涙を堪えて睨みつけるしか出来ないソラ・・・

パダは、話を聞きに、イェリンに会いに行きました。
「ソンテさんから近づいてきたの。彼は元から私を好きだったもの」とイェリン。
「ソラを愛してる」とパダ。 「いいえ、私よ」←この自信はどこから…?
そんなイェリンに、もう騙されないパダは、
「君の言う事が信じられなくなった。記事を訂正しろよ。」とキツイ態度。
いつも自分に甘いパダの、こんな態度に、
「水商売の事がバレたからなの…」と、泣き落とし。
でも、お水だったのは、本当なのかな?だから、パダも同情してしまって…

いつもの屋上で、看板にボールをぶつけてるソラ。
そこにやって来たパダは、「話がある」と。
でも、「あの記事を認めるように説得して」と先に言ったのは、ソラでした。
「ドフンが、黙ってないと私との関係をバラすって。やっぱり私はお荷物。
二人とも、今以上に頑張ろうと誓ったのに、私の存在が障害になってる…
ソンテに悪い…」と、涙を堪えて話すソラ。。。
そんなソラの肩を抱いて、
「俺はイェリンの為に説得させようとした…マネージャーとして恥ずかしいよ」
そしてどっちが、ソンテを説得しようと話しながら、
「兄さん…人を愛すると、誰もつらい思いをするの?」
「どうかな?皆もっと賢く生きてるさ…」 ウルウルしてるパダ。
パダにもたれて、涙が流れてくるソラ・・・
やっぱり兄妹のこういうシーンって、ジーンときます。。。

ソンテを説得する時は、涙を見せないソラ、、、立派です!
もちろん「僕には姉貴しかいない」と反発するソンテ。
「かえって好都合よ。堂々と会えるし…。
私の事がバレたら、皆にねたまれて、後ろ指を差されるのよ」とソラ。
「他の人を好きなフリなんて嫌だ。」「私の為に我慢して」とソンテとソラは平行線。
いくら言っても、分かってくれないソラに、「本当に、僕に黙ってて欲しいの?」 
と、本当に悲しそうな顔してソンテは、涙ぐんで行っちゃいました。。。
ソンテの為と思って、心を鬼にしてるソラも可哀相・・・

翌日、すごーく怒ってるソンテ、
ソラはいつもにも増して、明るく振舞うけど、一言も口を利いてくれません。
ファッションショーの会場に着くと、記者達に囲まれ、
そこに来たイェリンと、ツーショット会見みたいな感じに。
でもソンテは、一言もしゃべりません・・・
ソンテの腕を組み、控え室へ向かったイェリン。
しかし、控え室に着くなり、腕を払いのけるソンテ! カッコイイ~
睨みつけるソンテに、「怖い目で見ないで」ってイェリン、よく言うわ…(-_-;)
「怖いのはアンタだ。寂しくて頼ってると思ってた。だけどウソばっかり…」
キッパリと言ってのけるソンテ!
昔、TVのイェリンに勇気づけられて、ずっとファンだったのに、
虚像がガラガラと、崩れてしまった事でしょう。。。


ファッションショーが始まり、ソンテが出るたび、笑顔で拍手するソラだけど、
ソンテは、ソラを見ようともせず…、表情もコワイ。
それでも、一生懸命拍手し続けるソラが、健気で悲しくて........(:_;)

ドフンは、「これが終わったら、記者会見をする」と言い出して、
「イェリン一人でやりなさいよ!ソンテは耐えてるのよ」と怒るソラ。
でも、ソンテが一人で帰ったら、否定した事になると、また脅すドフン。
星のネックレスに、そっと手をやるソラ・・・
・・・このネックレスが、いつも姉貴を守ってくれると、ソンテがくれたお守り。。。
ソラ、、、頑張れーーー(ToT)


ソンテに記者会見の事を話すソラ。
「アンタの破滅が怖いの。 私のせいでダメになったら耐えられない…」
反対してたソンテだけど、従う事に。
しかし、記者会見の最中、貝のように口を閉ざしてるソンテ。
一生懸命、ウソをしゃべってるイェリンが滑稽です!
「電波を借りて愛を語っては?」と言われたソンテは、目線をソラに…
「・・・僕が愛してるのは、他の女性です」 ソラを真っ直ぐ見て言うソンテ。
ソラは、困りながらも、そう言ってくれるソンテの言葉が嬉しくて涙ぐんで・・・
イェリンは、倒れてしまいましたーー(ユリママby天階みたい)

タクシーで行ってしまったソンテを追いかけ、屋上に来たソラは、
「最後までウソをつかないあんたにホッとした。
すごく安心して涙が止まらないの…私って情けないね でも間違ってる…」
「大丈夫。心配性だな。」とソラを抱き締めるソンテ。
「字も読めない僕が役者になれた。姉貴を手に入れた。
僕は、負けない。信じて…」 ソンテも涙です。。。

ドフンは、イェリンから手を引く事に。
イェリンに脅されて、オドオドしてたドフンなのに、すごい強気です。
「私は止めない。這い上がってみせる」と声高に言うイェリンに、
薄ら笑いを浮かべて、行ってしまったドフン。

また心が通じ合ったソラとソンテは、ホントに幸せそうで~
タクシーを何台も見送って、寒い中長い事抱き合ってました
ソンテからの「♡(ハート)」マークでいっぱいのメールにニンマリしてソラ、
ふとドフンの言葉が気になって・・・
・・・ウワサが広まって、年上の女と同棲中と分かったらソンテはどうなる?
嫌な予感が、頭をよぎるソラ。

イェリンの作戦は、嘘八百の記者会見を、病院のベットの上で・・・
ソンテが同棲中のマネージャーと自分を二股かけてて
裏切られた、おまけに暴力まで振るわれたと、ウソ泣きしながら熱演するイェリン。
その記事は、瞬く間に、新聞の一面を飾り、
今度という今度は、イェリンを許せないパダ。
しかし開き直って、「これ以上責めたら死ぬわ」と、薬を飲もうとするイェリン。
やめろ!と止めるパダに、「こんな事したって、飛び降りる事も出来る」とイェリン。
「口だけじやなく、飛び降りてみろ! お前を見捨てないと思ったら大間違い。
とことん嫌気が差した!」 と怒鳴るパダ!
いつも自分の味方してくれたパダの、こんな態度に驚き、すがるイェリン。
「パダさん、助けて…」と言っても、もう遅いって。。。(--〆)
イェリンの手を、冷たく払って出て行くパダ。
でも、やっばりイェリンが好きなんでしょうね・・・一人で泣いてるパダ。

イェリンの病室で行われた、ソンテの熱愛否定記者会見。
「他に愛している人がいる」と答えるソンテに、
「相手は、あの女性マネージャー?」と聞く記者。
「ええ」と、キッパリ答えるソンテ。
その時、家で待ってるように言われてたけど、気になって病室に来たソラ。
タイミングが良すぎて、カメラマンのフラッシュの嵐!に、目がチカチカするソラ。
「写すな!」と、ソラを庇って、隠そうとするソンテ。
イェリンったら、パダにすがって泣いたくせして、
ソラが入ってきたら、「その人よ」って、そりゃ、無いでしょ(-_-;)


ソンテって、一途で潔くって、ソラは幸せだなぁ~と思います。
でもまだ12話…まだまだ、波乱が起きそうな予感。。。

「星を射る」 他の回は こちらです。

星を射る DVDBOX
星を射る DVDBOX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kitakitsune
2005年12月24日 12:09
pandaさん、こんにちは。

韓国ドラマの恋敵は本当に「にくたらし~~~」って人が多いですよね。

このドラマのイェリン、
最初は計算高いだけの女だと思っていたら、心底意地悪で嫌な女だったんですね。

最終回までには、イェリンとドフンがどん底になって、
ソラ&ソンテ&パダが幸せになってくれるのを期待しながら見ています。
2005年12月24日 15:39
kitakitsuneさん、こんにちは~

韓ドラの恋敵は、ホントに憎ったらしいけど、このドラマは、イェリンとドフンがタッグを組んでるから、強力で憎さも倍増です。
ラストまでには、天罰が下って欲しいですね!

>ソラ&ソンテ&パダが幸せになってくれるのを期待しながら見ています。
私もそう願ってます~~~

この記事へのトラックバック