星を射る 第11話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
スリップ姿で泣きじゃくるイェリン....ε=( ̄。 ̄;A 
いきなり入って来た(ストーカー?)とか言ってるイェリンに、「警察に保護してもった方がいい」とソンテ。
前回、『ソンテは、駆けつける前に、警察に通報すればいいのに…』
と思ったけど、もしかすると番号を押せなかったのかもしれない…
イェリンが警察に通報出来ない言い訳は、
襲った人が自分の過去(お水)を知ってるから、とか
あなたも私の気持ちが分かるでしょ? 何も持たずに夢を追ってきたとか、何だか色々言ってたけど、
聞いてて腹正しくなってくる感じが・・・(-"-)
そしてとうとう、無理やりキス! ソンテに突き離されて、いい気味~!
と思ったけど、こんな事では終わりそうもないイェリン、
ソンテの忘れて行った録音機を見つけて、ニヤリ。

外へ出たソンテは、唇をぬぐってます。
帰路を走ってる間も、何度も何度も唇をぬぐって、走り続けるソンテ。
一方ソラは、帰らないソンテを心配して、外で待ってます。
本当に不安そうな顔をして、あちこち探して、
屋台でやっと見つけたーとホッとした顔したのに、別人で、ガッカリ。。。
ようやくソンテが到着して、階段に座りこんだ時に、
階段を上がって行ってしまったソラ、すれ違ってしまった二人。

ようやく帰って来たソンテに、「あんた夕べどこに泊まったの!」と怒るソラ。
という事は、ソンテは、あのまま外にずっと居たんですね。
全然ソラの顔を、見る事が出来ないソンテ。。。
イェリンの所へ行ってしまった自分を責めているような、ソラに申し訳ないような。

ソラの所に、ソンテの忘れ物の録音機を、わさわざ届けるイェリン。
「どうしてアンタが?」と聞くソラに、
「また今度来ます」と意味深な答えのイェリン。
「来なくていい」と、ボソッと、ナイスなフォローしてくれるミリョン♪
含み笑いを残してイェリンが帰ってしまった後に、
「あのまま、帰すんじゃなかった!うかつだった」と、
言ってくれるミリョンみたいな人が、そばにいてくれて、良かったね~ソラ(^^)

パダとセリフの練習をしようとして、録音機が無い事に気付いたソンテ。
あちこち探すけど、無い。
外へ出て、懐中電灯で探してる所へ、帰宅したソラ。
ポケットから、録音機を出そうとしたけど、手を止めて、
「そんな大切なものなら、なくしたら、ダメじゃない!」と怒るソラ。
「あれは、パタさんに初めてもらったものだし、
三人の想い出が詰まってる…早く探し出さないと不安だ。
なぜだか不吉な予感がする…失くしたら、姉貴もパダさんも失いそうで怖い…」
本当に、不安そうなソンテ。。。

しばらく録音機を眺めていたソラ、、、、よし!って感じでニッコリと笑い、、、
翌日、何事もなかったように、朝ご飯を作ってるソラ。
するとパダがソファーの下にあった録音機を発見して・・・
・・・ソラ、頑張ったね。。。 ソラの気持ちにジーンと来ました.......

そしてイェリンを呼び出したソラは、
「ソンテには言わなかった。 今度は直接渡すのね」
そうそう、よく考えれば、ソラに届けるっていうのが、怪しい思惑があるって事。
でも大人しく引き下がるイェリンではなく、ソンテと寝たと・・・
思わずコップの水を引っ掛けるソラ!
「兄さんとソンテを侮辱したら、許さない!」と言うソラに、
水浸しになりながらも、それでもしつこく事実と言い張るイェリンに、
もう一度水をぶっかけて、コップもぶん投げるソラ!(コップは割れたみたい!)
今まで韓ドラで見た、水かけシーンで一番激しかったかも。

でもソラは、やっぱり不安なんですね。。。
ソンテを信じているけど、どこかで疑ってしまうようで、
そんな気持ちも、分かります・・・
ミリョンは、また自分の胸でソラを泣かせてくれてます・・・

結局、誘惑作戦は失敗したイェリンに、
「お前の誘惑に乗らなかったのは、本気で愛してる証拠」とドフン。
ドフンから、「愛」という言葉が出るなんて、何だか変な気分・・・
「このまま二人の仲が続けば、兄妹の復讐をソンテがする」とドフン、
「二人の仲を裂けばいいのね」と、なぜか自信満々なイェリン。

ソンテの新しいCMは、香水です。
女性記者のインタビューを受けるソンテ。
ソンテは、香水の似合う男No1に選ばれたらしい!
そして付き合ってる人は?の質問に、ちょっと躊躇してパダの顔色を伺って・・・
・・・「います」と答えたソンテ。 
帰りの車中では、この事でもめるソンテとパダ。
「部屋を見つけたから、明日出て行け」というパダ。
「今のまま出たくない。 交際を許してくれたら出ます」とソンテ。

ソラを待っていたソンテは、帽子にサングラスと変装してます。
普通のカップルみたいに、デートしようと、映画を見に行き、
手を繋いだり、肩を組んだり。。。
次は、ロッテワールド(多分)に行って遊び、
乗り物に乗って、はしゃぐ二人。
でも、ソンテって背が高いし、目立つから、バレないかとハラハラ・・・

「初対面の時とは、別人だ」とソンテ。
「あなただって、疫病神だった」と、笑ってるソラ。
そして、明日引っ越す事を告げたソンテ・・・
「だから、デートに誘ったのね」とソラ。
「パダさんにも時間が必要。 許してくれるまで焦らないで待つ。
一年間パダさんの言う通りにして、誠実だと納得して貰う。
だから、姉貴も努力するんだ」 うんうんと涙を堪えて笑うソラ。
「もう一つ頼みがある。
離れて暮らしても寂しくならない。 デート出来なくても悲しまない。
笑顔を絶やさない。 自分も同じようにするから」
涙を堪えて言うソンテは、すごく大人っぽい感じがして、
ソラのセリフどおりに、「いつの間に成長したの?男らしくなったわ」です!


最後に家まで競争しようと、以前走ったみたいに、競争する二人。
家まで到着(またソラの勝ち!)
「ここに着いただけで、心も体もあったかくなる。「僕にも故郷が出来た。 
姉貴は悲しい時、海を思い出すだろ?僕はここを思い出す」とソンテ。
ソンテがここを出たくないのは、ソラと離れたくないともあるけど、
故郷を出たくないという気持ちも、あった気がします。。。


屋上に駆け上がり、ソンテはソラに、「優勝メダル」と言って、
星のネックネスをプレゼント☆
「あんたから貰うなんて初めて」と、言うソラに、「僕が贈り物だ」と答えるソンテ。
中々ニクイ事言うけど、ソンテが言うと許せてしまう~
このネックレスが、いつも姉貴を守ってくれる・・・
「ハン・ソラーーー!一度だけ言うぞ!」 「何よーー!」
愛してる.......  涙のソラ。。。
「ハン・ソラは僕の彼女だ 誰が何と言おうが僕のものだ」
ギュッと抱き締めるソンテ。

荷物の整理をしてる三人。
「出かけてくる」とパダ。 気をきかせた?
ソンテは文字カードを見て、ソラは渡せなかったスーツを見つめてます。
ガラスの引き戸越しに、お互い背中合わせだけど、
声をかける事は出来ない二人。。。

次の日、美容室に出勤してたソラだけど、「引っ越しを見届ける」と、
一目散に走りました・・・でも、間に合いませんでした。
部屋に入ると、字の練習時に「よく出来ましたシール」を貼ってたポスターの跡が、ポッカリ空いてて、一段と寂しいソラ・・・

エステ中のイェリンに、芸能記者から電話がかかってきました。
「最近ネットで流れてるニュースをご存知?元ホステスだったと。」
ドフンの元へ相談に行き、イライラとしてるイェリン。
噂を消すために、ソンテを利用するとドフン。
どうして彼は、ワル知恵がすぐ働くんでしょ・・・

芸能記者を呼び出して、ホステスだったというスクープと引き換えに、
「実は今、ク・ソンテと交際中なんです。」
と、ウソの情報を記者に与えるイェリン。

新聞にデカデカと、二人の交際の記事がにぎわってます。。。
こういう記事って、ソンテ側のコメントって、
聞かないで書いちゃうもんなんですね。

「星を射る」 他の回は こちらです。

クォン・サンウ/チョ・インソン MV Best Collection (台湾盤)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック