威風堂々な彼女 第10話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
病院の二階から、ウニが来るのを待っているジフン(体操しながら)。ウニが入ってくると、一目散に駆け下りて行きました~
進もうとする先を、遮る人・・・誰よ!という感じで見上げるウニは、「ジフンさん…」と驚き。
あのベビーカーを見せ、「オジンを乗せるから、よこせ」とジフン。
戸惑いながらも、ジフンの優しさに微笑むウニ。
「おじさんと、試乗式しような」と、フロアーをグルグルっと回るジフン。
渡し方がさりげなくて、良いわ~

「お母さんの移植手術の日が決まった」と言うジフン。
「預かり金を払って無いのに…」と言うウニに、
これを…と、お金を差し出すジフン。
「ありがとう…ありがとう……本当は怖かった。
手術費を準備できなくて、死んじゃったら?と思うと…」
しゃくり上げて、泣いてるウニ・・・ 見てるこっちも貰い泣き........(ToT)
そんなウニの肩を、そっと抱くジフン。。。

しかし、この二人の前に現れたクミ!
前回ラストの、母との会話の後なので、気持ちも高ぶっていたのか、
「誤解なの」と言うウニを、思いっきりビンタ!
本当の孫であるウニ、クミの母と暮らしてるウニ、そしてジフンまで・・・
母の病気がガンと知らないクミは、とにかくウニが憎い…という感じが。。。


テソン会長に、ウニと賭けをした事を尋ねて、
「無視してください。ウニとは会わないで欲しい。
母さん…、ウニのお母さんからも頼まれた。」と言うクミ。
「本当のお祖父さんのように…」と言ってたウニと、会長を引き離したいクミ。
やっぱりクミは、一度手に入れたお金持ちの生活を、手放したくないのかな?

母に移植するために、ウニの検査が始まりました。
しかし、ウニの血液型は「B型」なので、O型の母には、移植できません・・・
(ウニは、天才型のABかと思ったのに~)
てっきり、同じ血液型だと思ってたジフンは、大慌て、
「急いで提供者を探さないと」 「家族でもないのに、誰が…?」ガックリするウニ。
その時、クミがO型だという事を思い出したジフン。

テソン食品ロビーで、クミを待ってるウニ。
そんなウニの姿を見つめるクミは、憎憎しい顔をしています・・・
母の本当の病名を知って、呆然として、涙が溢れてくるクミ。
「姉さんの肝臓を移植して欲しい。ほうっておいたら、6ヶ月持たない」
そう聞いて、うなだれてしまうクミ、、、
そのままスッと立ち上がり、フラフラと出て行ってしまいました。

母を思って、号泣するクミ。。。しかし涙を拭いて母に会いに行き、
「なぜウソを?こんな事が許されると思ってるの?
ウニと毎日顔を合わせて、よく平気で生きて来られたわね。
私達に、何をしたか分かってるの? どうしてよ!」とクミ。
母は、泣きはらしたような顔で、
「ウニが憎かった。父さんを死なせておいて、私をお母さんと呼ぶウニが。
ウニに復讐したいと思った…。それに、可愛い娘を…
貧しい親のせいで、田舎で生きるしかない可哀相な我が子に、
大きな世界で羽ばたける羽をあげたかった…」
私は、あの時の母は、二人のどちらかを渡すなら、
大学へ行かせてあげたいクミをと思って、取り替えたと思ってました。
キツイ態度だったけど、長年育てたウニを愛してると・・・
あの時の母は、ウニが本当に憎かったとは。。。

でも、「ウニも私の娘」と、後から気がついた母。
「あの子はいつでも、私の娘だったのに…
あの可哀相な子は、一度も私を裏切らなかったのに…」
と泣いている母。。。 
だから、罰を受けてるんだと言う母に、
「罰を受けるのは、母さんだけでたくさん」と、取替えの事は公にしたくないクミ。
「許しておくれ…」とすがる母。
「私はキム・クミ。イ・クミじゃない。私を道連れにしないで!」
涙しながらも、強い口調のクミの言葉に、泣き崩れる母・・・
この事は、クミの心を歪ませてしまったような気がします・・・
自分が母の本当の子だったのなら、喜びそうだけど、
母が自分を捨てたという思い、テソングループの後取りじゃなかったという思い、
色々と入り混じって、クミの心中は、複雑そうです。。。


泣きながら走り去るクミを、呼び止めるジフン。
クミは、ジフンの胸で泣きたかったでしょう・・・
でもジフンは、母の病気で泣いてると思ったんでしょうね~
「(移植手術の為)明日検査をしよう 僕がお母さんを助けてみせる。」
と優しい言葉を言ってくれたジフンだけど、こわばった顔して行ってしまったクミ。
手術をすれば、自分はO型と知られてしまう。。。

今回初めて登場のインウ。
ティシュペーパーで折鶴を折るウニを、背中越しにジッと見守ってました~
すると電話がなり、「ジフンさん?」・・・
・・・ウニの口から出た男の名に、怪訝そうなインウ。
そっとウニに近づき、顔を覗きこむインウ、、、するとウニが泣いている!
戸惑いながら、ポケットからハンカチを取り出し、
差し出すインウ(優しい~)だけど、気付かず行ってしまったウニ。 
今回、二人のバトルは、無し。。。
(オジンvsインウのオムツ替えバトルはあったけど…
またオジンにやられてしまったインウ!)


母は、「ストレスによる胃酸過多で吐血」してしまい、昏睡状態です。
母の手を握り「母さん…目を覚まして」と、涙が流れるウニ。。。
ストレスの原因を、当然分かってるクミ、しかし、母の心配をするのではなく、
「目を覚まさないで。 私は死んでも移植をしない。
目を覚まして、私に捨てられるよりマシでしょ…」と、心の中で呟くクミ。
今のクミは、母の命より、自分の保身が大切という感じで、
母は、自ら蒔いた種とはいえ、実の娘にそう思われて、哀れです・・・


そしてテソン会長は、クミからウニと会わないでと言われてた件で、
「あの約束は、あの娘とわしの約束。賭けを持ちかけたのもわし。
ウニもお前に甘えるような娘じゃない。どんな性格なのかは、ひと目で分かる」と。
「なぜ、そこまでウニに拘るんですか?」とクミ。
「お前の妹だし、それにカイン食品の再建を願ってる。インウがどうするか見てるんだ。親には恵まれなかったが、人を見る目はある。お前の妹みたいな娘を雇ってるんだから」 (雇ったのは工場長だけど)
ウニを褒めるテソン会長に、危機感が走るクミ・・・

インウと工場長は、オジンの世話でてんてこ舞い。
ミルクを作ったり(分量適当!)、抱っこしてあやしたり(オジンの首が苦しそう…)
そこに、やってきたウンスは、目がまん丸!
オジンをおんぶして、子守唄を歌ってるインウ!
しかもおんぶ紐(ベビーキャリー)までしてるし(≧О≦)

そういえば予告で、オムツを替えた後のウニが、その手で何かを食べようとして、
インウが、信じられない!って顔してたシーンがあったような。。。
カットなのか、次回なのか・・・?

「威風堂々な彼女」 他の回は こちらです。

威風堂々な彼女 DVD-BOX 1
威風堂々な彼女 DVD-BOX 1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みこちん
2005年12月22日 00:11
pandaさん、
わたしは、このドラマの子供時代に、クミにだけ黄色いレインコートを着せたり、高校も一人分しか授業料を払えない時に、ウニを職業高校に転校させたのを深読みしたのです。
ウニは我が子、粗末に扱ってもいい。
クミは預かり物だから大切に..。
考えすぎでした。お父さんが亡くなった事故も、発端はクミにあった筈...ウニはいつも真っ正直です。
素晴らしいです。それに気づいた人たちは、好きにならずには、いられないようです。
お祖父さんも、ウニの魅力にはまりだしたように見えます。
クミが追い込まれた、立場には同情しますが...。
2005年12月22日 12:08
みこちんさんの読みどおり、クミを差し出した時の母は、我が子可愛さでしたね。
私は、素っ気無くしてるのも、愛情の裏返し?と思ってたんですが…
>ウニはいつも真っ正直です。
>素晴らしいです。
>それに気づいた人たちは、好きにならずには、いられないようです。
母も、クミがいなくなってから、ウニと過ごすうちに、そう気付いたのでしょうね~~~
思い返せば、ジフンもインウも、ウニとの出会いは良い印象じゃないのに、いつの間にか魅力に取りつかれきた感じです。
テソン会長も最初は胡散臭そうだったのに、すっかりはまりだしてますね。ウニって子は、不思議な魅力だなぁ~と思います。

クミは、可哀相だなぁ…と思うけど、同情する気持ちは、半分くらいなんです。この辺は、クミへの見方は別れそうですね。
テソングループから離れたくないという気持ちで、ウニに事実を言わないという所が、どうも引っかかる私です。
2005年12月22日 14:36
pandaさん、こんにちは。
何だかクミが別人になってしまいました。
>母が自分を捨てたという思い、
>テソングループの後取りじゃなかったという思い、
その上会長はウニに好印象のようだし、
おまけにジフンまで。
母憎し、ウニ憎しになりそうです。
クミも被害者なんですけど・・・。

インウはオジンに振り回されていますね(笑)。
オムツ替えバトルといい、子守唄といい
インウも別人になってます(爆)。

9話のゴキブリベチッ!もカットされていたし。
カットするなら予告しないで欲しいです。
それはそうと試乗式良かったですね♪
何だか新婚さんみたいなふたりもとい三人でした。
2005年12月22日 21:40
sannkenekoさん、こんばんは。
クミは変わってしまいましたね。。。
母は、クミに良かれと思ってした事でも、ひどく傷つけてしまったようです。
最初テソン会長にクミが孫と言った時は、ウニが本物なのに、可哀想…と思ったけど、クミの方の打撃が大きいですよね。失うものがたくさんで・・・
母だけじゃなく、憎しみがウニにまで向いてきそうです。ジフンの事もあるし…
そうそう、オジンの試乗式は、ホントに新婚さんみたいで、初々しくていいわねって感じでした~

インウ、今回の出番はあんなシーンばかりで、いいのでしょうか( ̄ー ̄?).....????? 彼が登場した時には、いつか変わるとは思ったけど、ここまで変わるとは…!

この記事へのトラックバック

  • 威風堂々な彼女 9-10

    Excerpt: 威風堂々な彼女 VOL.4出演:ペ・ドゥナ , カン・ドンウォン , シン・ソンウ , キム・ユミStory『リンダ リンダ リンダ』のペ・.. Weblog: ぼちぼち日記  racked: 2006-08-17 21:34