星を射る 第10話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
部屋に戻ったソラとソンテは、妙に意識してて、微笑ましい~
ソンテが電気を点けようとスイッチに手を延ばした時に、ニアミスでドキドキの二人。
(『美しき日々』のシートベルトのシーンみたい)
「年上だと思う事をやめていい?」と言うソンテ。
でもソラの答えは、「気持ちを整理したい。
明日には後悔するかも…」だったので、
「えっ?」って顔のソンテ。
でも、「ソンテが売り出し中のスターなのに…」と、ソラが気にしてると分かると、
ニコニコのソンテ~、ソラを優しく抱き締めました。

二人が付き合ってる事を内緒にするため、
パダの前では、色んな演技をしないとならなくて、大変な二人。
それでも、パダの目を盗んで、口パクで話したり、何だか初々しい感じ♪
年下男と付き合う事を、あんなに反対してたミリョンだけど、
「ゆうべ実はキスした…」と聞いて、自分の事のように大喜び!

トーク番組に出演中のソンテは、
自分がここまでなれたのは、マネージャーのおかげと発言して、
それを聞いた司会者の掛け声で、みんな一斉に、「拍手ーー」
また何とも嬉しそうなパダの表情で、ホワンと心が暖かくなるシーンでした~

ソンテとイェリンは、写真撮影。
ソンテは表情の決めが、やっばりいい!(イェリンよりずっと…)
そんな二人を見てるパダは、「共演者は結ばれやすい」
と言ってたソラの言葉が、蘇って来て複雑そう。。。
ソラがやって来て、ソンテと目配せ。
そんな二人の視線を、見逃さないイェリンは、
白々しくソンテの服のボタンを外したり…パフで顔をポンポンとしたり…
ソンテのそういう姿を見るのは、やっぱり辛そうなソラ。

撮影が終わったら、ソンテに猛烈なモーションをかけてくるイェリン。
そんなイェリンに、オドオドしてるソンテがカワイイのだけど、
お願いだから、騙されないでねーーという感じ。。。

最後は泣き落としで、迫るイェリンに、
「好きな人がいる」と、キッバリと言ったソンテ、偉い!

外に出てソラと仲睦ましくはしゃいでいる所を、ジッと見てたイェリンは、
早速ドフンに報告しました。
ソラに冷たい態度だったドフンだけど、聞いた時ちょっと動揺…
「男は一度愛した女を忘れないもの」と、ソンテを落とすのに自信満々なイェリン。
でも、ソンテは、愛してたわけじゃなく、ただ憧れだったと思うんだけど。

パダがソンテのカバンから、洗濯物を取り出してると、
字の練習帳が入ってて、頑張ってるなぁ~という表情のパダ。
すると、ソンテの書いた手紙を発見して、ニコニコして開ける(!)パダ。
(勝手にあけちゃダメだってーー)
そこには、「ハン・ソラ 愛してる」と。。。 驚くパダ。

家に帰ったソラとソンテは、「偶然外で会った」とウソを言ったりしてたけど、
ソンテがソラの部屋で、ふざけてキスしようとした時、
ガラッと戸が開き、パダが!

ソラと喫茶店で話すパダ。
「一緒いたから勘違いしたんだ。7歳も年下なのに、ソンテの気が変わったら?
ソンテは情に飢えている。 誰でも良かったんだ。」
兄・パダの言葉に、涙が溢れてくるソラ…そんな事ないという感じで。。。
「前のソンテなら、問題はなかった。 でも今のソンテの道は開けているんだ」
こう言われると、辛いソラ、「私ってそんなに重荷かな…?」

パダはソンテにも話をして、「ソラには、平凡な結婚をして欲しい」と。
パダなら祝福してくれると思ってたソンテは、認めて貰えず悲しそう。。。

「僕を信じて」と言うソンテに、「やっぱり考えてしまう」とソラ。
芸能界で、長年苦労を見てきた兄の心配も、痛い程分かるし、
ソンテのファンの子に、「おばさん」よわばりされた事もあるし、
それでも、ソンテを愛してる自分…、気持ちの整理がつかないソラ。
そんなソラの気持ちは分からない、一直線なソンテは、
指きりしようとするけど、「やめて」と離されて悲しそう・・・
以前ソラが、20代の情熱と30代の情熱は違うと言ってたのが、分かるような。。。

一人フラフラと屋台に向かってるソンテ、そんな時でもファンの子に囲まれるし、
一杯飲んでいても、指を差されるし、気が休まらないんじゃ・・・
そんな時、ソンテの携帯が鳴りました。
「ごめんなさい。言いすぎたわ…」と、ソラからでした。
「年下でごめん、平凡じやなくて、ごめん…
姉貴とパダさんと僕、失ってしまいそうで怖い…」
とソンテ。。。
迎えに行くと言うソラに、「もう少し飲んでから帰るよ…」と、電話を切ったソンテ。

またソンテの携帯が鳴り、今度はイェリンから。
「助けてーー」と言って、切れてしまった電話。
イェリンは、誰かに襲われたフリをして、部屋中荒らして、
どうやら自作自演を装うようです。
そこまでしたから、もう一度ソンテに電話して、「すぐ来て…怖いの…」
芸が細かい・・・(--〆)
それに、ソンテが一人の時に、電話してくるなんて、いい勘してるかも。
(それとも、ドフンが見張ってたのかしら…?)

迷ってたソンテだけど、タクシー拾って行きました。
駐車場で、見張ってたドフンは、してやったりの顔。
ピンポーン♪「僕です」とソンテの声に、ニンマリのイェリン。 
すかさずスリップ姿(!)になって、ドアを開け、ウソ泣きイェリン。

二人の姿を、写真とか撮ってるんじゃないでしょうね?
ソンテはどうなってしまうんでしょ?毒牙にかからない事を祈ります…


「星を射る」 他の回は こちらです。

星を射る DVDBOX
星を射る DVDBOX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みこちん
2005年12月21日 23:40
pandaさん、こんばんは~
連日放映ドラマのアップは、さぞ大変でしょうに、がんばっていますね。お疲れさま~

ソンテとソラ、お互い自然に惹かれあってしまうさまが、観ているものの心までも、暖かくしてくれます。
しかし、パダの心配するのもよくわかります。
イエリンやドフンの悪巧みに負けないよう、星に祈っています。
毎日のようにインソン君に会えて、みこちんはルンルン気分です。ソンテ負けないで~
2005年12月22日 11:56
みこちんさん、放送は進んでるのに、中々見れなくて歯がゆいです(>_<)今は一体どうなってるのーーと、早く続きを見たいです。

>観ているものの心までも、暖かくしてくれます。
そうそう、そんな感じです!
すごく微笑ましくって、こっちまでニコニコしてしまうような、いい雰囲気ですよね~
イェリンとドフンに負けないで欲しいです!
のり
2006年09月05日 14:48
このドラマ、「めちゃはまり」という感じではないのですが物凄く心情の流れが上手いです。中学生の恋愛のように純情で、またお兄ちゃんの心配する気持ちもごもっとも!という感じ。台詞にドキドキするというよりは、
恋愛の初々しさにドキドキするといった感じですね。
二人がお互い気持ちを確かめて、これから新しい関係を築いて行こうとする今回もまた、前回とは違う初々しさでとても良かったです。バリ出来のジェミンのような派手さはないけれど、インソン君可愛すぎで最高です!!
2006年09月06日 11:33
のりさん、
付き合うことになったソラとソンテが、まわりに気付かれないようにしてるのは、バレないようにしてる中学生くらいの恋愛みたいで、懐かしい?!何だか初々しくて、ドキドキしますよね。
インソン君は、ジェミンと違ってまた可愛らしいですよね~地上派では残念ながらカワイイシーンがカットされてるみたい。GyaOで見直したいけど、時間もないので、最終回だけは、頑張ってノーカットでもう一度見ようと思ってます♪

この記事へのトラックバック