韓国ドラマ ローズマリー 最終話

サブタイトル・・・「愛してる」
画像
☆感想(ネタバレあります)☆
涙が止まらない、何度も何度も泣けて来た最終話でした・・・

ギョンスとチャヌのママにパッチワークを教えてたジョンヨンは、具合が悪くなってしまいました。
傍らにいたシネは、ママの様子に不安そう。。。
ガッチャマン(韓国ではイーグル5兄弟)を歌いながら、帰宅したヨンドとマル。
一人でポツンと座ってるシネは、涙ぐんでて、何かを感じているようです。
ジョンヨンの痛む骨盤の辺りを、優しくさすってあげるヨンド、
シネが怖がってたと分かっているジョンヨン、
まだ小さい子供達に話そうかどうか…、理解出来るかどうか…、
話してるうち鎮痛剤で眠くなったジョンヨンに、
「ひと眠りだそ。すぐ目を開けてくれよ。俺が寂しいから」とヨンド。
返事のないジョンヨンに、そっと顔を近づけるヨンド…息を確かめるように。。。
ここのBGMは、ホント心に染みる曲で、毎回、涙でした(:_;)

ヨンド母と義姉は、ジョンヨンの病気を聞きに、ジソプの所へ。
今のジョンヨンは、命を投げ出してると感じてるよう…
入院して、一日でも長く生きて欲しいと思ってるヨンド母。
「最後まで彼女らしく生きようとしてる。
何気なく一日を過ごしてる人より、中味のある過ごし方」と、ジソプ。
ヨンド母の気持ちもわかりますが、私は自分がもしそうなったら、
病院で一日でも長くではなく、やはりジョンヨンのように・・・
「正直、あの体でよく持ち堪えてると思います。
美しい姿を残そうと、勇敢に病気と闘ってます。」

ジソプの言葉に、表情に、涙。。。(ToT)

ヨンドは・・・生まれて初めて教会に来て、ジョンヨンの為に祈ろうと。。。
(この教会の床の色が、このドラマのカラー・薄い紫.....)
どう祈ったらいいのかわからないと、神様に問いかけたり、たたずんでたり、、、

ジョンヨンは、ギョンスにローズ系の口紅を引いてもらいました。
子供達に、話す為・・・
「シネが大人になったら、化粧を教えてあげてね」とジョンヨン。
「メイクの学校に行ってでも、教える」と、笑顔で答えるギョンス。。。
「死」を受け入れて、普段通りの会話が出来ている二人です。

横には、シネとマル…二人を抱きながら話すジョンヨン。
「空の上には、夢のような国があるの。
お菓子の木やジュースなどが流れてる川、ママの好きなハーブも生えていて、
自由に遊べる国だけど、切符のある人しか行けないの。 
この世で役目を終えた人に、天使が切符をくれるの。
役目を終えて無い人はもらえない…ママは天使に会ったの。切符を貰ったわ」
マルは羨ましがるけど、シネにはわかっていて、「病気だから?」と。。。
「この世でのママの役目は、パパと出会って、
シネやマルみたいないい子を産んで育てる事」

マルは無邪気に、切符をもらったら一緒に行こうと言い、シネは泣いてます・・・
「空の国からは、シネとマルのことがいつも見えるの…一日中見てたいの…」
涙を流さないように、明るく話してたジョンヨン......でも涙がポロリと。。。
「今すぐ行かないで」と、泣いているシネと、
キョトンとしてるマルを、抱き締めるジョンヨン。。。
聞いていたギョンスも涙・・・ギョンス父も空の国から見ているのでしょう。
ジョンヨンは、ホントに素敵なママ…号泣。。。(ToT)

その頃教会のヨンドは、神に向かって、跪いてました。。。
「いくら何でも、苦しめすぎです。 妻の痛みは、僕が引き受けますから…
病気でも何でも代わりに引き受けますから…妻を苦しめないでください。
どうか…この通りです。」 涙しながら、神にお願いするヨンド。。。(T_T)

歩道橋の上から、空を眺めてるギョンス、「空の国って空にあるのかな…?」
「空には大気圏があって、その先は宇宙」と、ロマンの無い答えのジュノ。
呆れ顔でジュノを蹴飛ばすギョンス、訳がわからないジュノ、いいコンビかも~
それでも、ちゃんとギョンスの買い物に付き合うジュノ、いい奴です!
本物の木でツリーを買って、ヨンド宅へ持って来たギョンス。
シネとマルとヨンドとギョンスで飾りつけしてるのを、優しく見守るジョンヨン。

そっと横になったヨンドの手を握るジョンヨン。
寝ていると思ってたヨンドは、「痛むのか?」 「ううん、ただこうしてるだけ」
手を握り合って、お互いの顔を見ながら、笑顔で話す二人。。。
すごくいい笑顔でした・・・

ジョンヨンを腕枕して、抱き寄せるヨンド。。。
「今まで君に何回言った?愛してるって?」
「そうね…20回くらい? ・・・私は10回も言ってない」
「10回どころじゃない 5回くらいだぞ 俺にばっかり言わせて」
「愛してるわ 愛してるを100回くらいかけたくらい…愛してるわ、あなた」
ジョンヨンの言葉に、切ない表情のヨンド。
「ジョンヨン?」と呼んでも返事がないので、驚くヨンド、
「う…ん」と声がして、ホッとして、しっかりと抱き締め。。。
「愛してるよ、ジョンヨン…わかるだろ?」

ジョンヨンが、ギョンスに頼んで買ってきてもらったプレゼントは、
ヨンド母には画集、義姉に、シワ取りクリーム!
そしてジョンヨン手作りのパッチワークのバックを、ギョンスにプレゼント。
「ハパからママへのへのプレゼントは?」とマルが言い出して、
じゃあ、渡す瞬間を写真に撮ってと、ギョンスに言って、
ヨンドからジョンヨンへのプレゼントは、キス!照れるジョンヨンは、そっと涙をふき、
シネもマルも、ヨンド母も義姉も、みんなでキャーキャー言ってます。(〃^▽^〃)。

ここからが、シネのナレーションでした。

クリスマスには、元気に笑っていたジョンヨンだったけど、
冬休みに入った頃、入院しました。
アメリカからやってきた両親は泣いてます・・・ジョンヨンは、涙を堪えているような…

でもすぐ退院したジョンヨン、
入院していれば、シネやマルとの時間は限られてしまうし、
最後まで、家族と一緒に過ごしていたかったのでしょう。。。

ママのベットの傍らで、遊んでいるシネとマル、笑顔のジョンヨン。

最後の夜、、、歩けなくなったジョンヨンを抱きかかえて、
子供達の部屋へ連れて行くヨンド。
ジョンヨンはシネをそっと撫で、「うちのシネはとても美人ね…」 額にキス。。。
マルにもキスして、「大きくなったら、パパみたいな人になってね…」

ヨンドの胸に抱かれて、空の国に逝ったジョンヨン。
ヨンドは朝まで、ずっと泣いていたのでしょうか。。。

あの時、枯れていたローズマリー、
捨てようとしたけど、元気そうな枝を水に浮かべて、
ガンが転移したと知って絶望したジョンヨンに、生きる勇気をくれたローズマリー、
1年たって、元気に伸びていました。。。


クリスマスの玄関の飾りつけも、ちゃんとシネとマルでやってます。
会社の人を呼んでのホームパーティの準備は、ギョンスとヨンドでやってます。
ギョンスはケーキを作れるようになったんですねーーー

残った皿を置いて、帰るというギョンスの肩には、ジョンヨン手製のバック。
シネは眠る前に、ママの声を聞いてお話しながら、眠りにつきます。
マルの枕は、ジョンヨンの縫い付けたアップリケ。
そしてジョンヨンのいないベットで、一人眠るヨンド、
ベットカバーも枕も、ジョンヨンがパッチワークで作ったものです。
そしてやはり、ジョンヨンがパッチワーク(作品は何だろ?)で作った物を、
抱きかかえて眠るヨンドの笑顔。。。ジョンヨンを抱きかかえているように。。。
ふと目を開けて、クリスマスの写真を見て、ニッコリ笑うヨンド。

ジョンヨンは、逝ってしまったけど、ジョンヨンのぬくもりが残っています。
作品が残っている、育ててたハーブが残っているというのはもちろん、
みんなの心の中にも、ホンワリと残っていて、優しく暖かく語りかけてくるジョンヨン・・・
最後、ヨンドが笑顔で、良かったです。。。


「ローズマリー」を見終えての感想は、こちらです。
「ローズマリー」他の回は こちらです。

ローズマリー 下巻

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年01月06日 16:00
結局越年して書き上げました。
死というものが確実な中ではああいう形での
Happy Endしかなかったと思います。
それがチョンヨンの願いだったような・・・。

もう泣きっぱなしでしたが、最終回の涙は
今までとは違う暖かい涙になりました。
2006年01月07日 10:12
sannkenekoさん、こんにちは。
ラスト、チョンヨンの死で終わらないで、残された家族が精一杯明るく生きてる姿に感動でした。
そうですね。それが、残される家族を心配してたチョンヨンの願いでしたね。

悲しみの涙がたくさんだった分、最終回と前回ラストの涙は、本当に暖かい涙でした。。。

この記事へのトラックバック