韓国ドラマ ローズマリー 第16話

サブタイトル・・・「今は嘘でも」
画像
☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
「話があるなら、横になって」とギョンスが言うように、本当に辛そうで、声に張りも無いジョンヨン・・・
「私が憎くなかったの?」とギョンス。
「憎かったわ…。私の家で、私の夫のそばにいるあなたを、引きずり出してやりたかった。
そこは私の場所。二度と来ないでと叫びたかった。
でも出来なかった…。 あの人…一人になったらきっとダメになるわ…」
「お姉さんの代わりは、誰にも出来ない。大好きな室長とお姉さん、
シネにマル。お姉さんのせいで、もうそばによれない。」とギョンス。
「私の願いは、あの人の記憶から無くなる事。
そして時々、ぼんやり思い出してくれれば…
私を忘れさせてくれる女性に出会って欲しいのよ。 あなたみたいな…」
「嘘ばっかり」 涙のギョンス・・・
「そう、今は嘘かもしれない。でも天国に行けば本物の願いになる。
今は嘘でも、毎日祈り続けるわ。」

「もうやめて…どこかに行っちゃう話は…」と抱きつくギョンスだけど、
「今は夫に手を触れないようにしてるし、寝室も別…考え直して。」とキッパリと言うジョンヨン。
ギョンスの言うように、「どんなに弁解しても、お姉さんは間違ってる」
私もそう思うんだけど…、それでもジョンヨンの気持ちに心打たれ泣けてきます。。。
自分は逝ってしまうんだから、嫌われてもいい…
残された夫や子供達のためになるなら…そう願うジョンヨンが、凄くて悲しくて…


眠っているジョンヨンが目を開けるとヨンド。
「俺にして欲しい事は?」・・・何か言おうとしたジョンヨンを静止して、
「いや…最後まで聞いてくれ。 最近その事ばかり考えて頭がおかしくなる。
君はどう思ってるか分からないが、俺は君を愛してる…
何を心配してるか分からないが、出来ない。 俺には君しかいない。
他の女が台所に立って、このベットで寝るんだぞ。いいのか?」
「いいのよ」 気持ちとは裏腹に、冷たく言い放つジョンヨン。
「勝手に愛を始めたり終わらせたり出来ない。 他に望む事は何だ?」とヨンド。
私の望みは、あなたに抱き締められる事よ・・・
心の中の叫びを、必死に抑えるジョンヨン。。。。
言いたいのに言えないジョンヨンが見てて辛い・゛・(>_<;)・゛・。
ジョンヨンが何も言ってくれないから、行ってしまったヨンド。
夫が出て行った後、涙が溢れてくるジョンヨン・・・

家に父がやってきたけど、キーロックをして開けないギョンス。
「開けてくれ。チヂミを買って来たんだ。お前と一緒に食べようと…」
しつこい父に、「あー!もう…」と、鍵を開けると、いない。
外を見に行ってもいない… 階段に残されたチヂミ。。。

カセットレコーダーに、シネとマル宛てに、メッセージを吹き込んでるジョンヨン。
聞き直してみると、何だか元気のない声。
今度は明るい声で語りかけるけど、「でも何を話せばいいんだろ…」

すると、家政婦を連れてやってきた、ヨンド母と義姉。
ヨンドが頼んで、ヨンド母が面接したそうです。
キッチンを案内して、「ここは彼女が、大事に手をかけて磨いてたの」
しみじみと話す義姉。
ジョンヨンも義姉も、他人をここに入れるのは、気が向かないみたいようだけど、
でも、もうそうしなければ、大変な現実なのでしょう。。。

帰り際ヨンド母は、「何が家族の為か分かってるわね?
情というものは無理には切れない。無理をすると傷が残るわ…」
「別れる時も笑って別れる その為に頑張ってますから。
あの人の事知ってるから、こうするしか無くて」と微笑んでるジョンヨン。

寝ているジョンヨンの枕元には、レコーダーがあり、こっそり聞いてみるヨンド。
シネとマルに、「本をたくさん読んでね…」 優しく語り掛けるジョンヨンの声。
ジョンヨンが、いつか来てしまう日を覚悟して、準備しているのを知ったヨンド。。。

ギョンス父は、酒を飲みながらフラフラ…
公衆電話から電話しようと(きっとギョンスに)、
コインを入れようとしても、手元がおぼつかず、諦めて出る父。
道路の向こう側にいる人を見て「ギョンス…父さんはここだ!」
ヨロヨロと、車道を出て行く父。。。 車に撥ねられ。。。

父の所持品は娘・ギョンスの名刺のみ、
ミラソフトに連絡が来て、ヨンドの所に電話が来ました。
ジュノに電話すると、ギョンスを探してる最中で、
「病院のおじさんに、誰かがついてないと」
ヨンドは社員に行かせるというけど、ジョンヨンは、「あなたが行って」と。

ギョンスは、ガソリンスタンドでバイト中(?貼紙を見てるシーンがあった)だったのか、
そこから出て来た所を、見つけたのはヨンド。
「室長の車には乗せません」と言うギョンスだけど、
「お父さんが病院に」と言って、乗せるヨンド。
「何で病院に? 室長がなぜ?」 腑に落ちない様子のギョンス。
病院のロビーで待ってたジュノ、
ギョンスを連れて行く所は、病室ではない所。。。
「身元を確認して貰えますか?」 白い布に包まれた遺体が・・・
「こんなのズルいよ…父さん、こんなのイヤ…」泣き崩れるギョンス。。。

安置所に移さなければならないけど、ギョンスが聞いてくれないから、
話して欲しいと、ヨンドに頼むジュノ。
ヨンドが行くと、遺体の傍らに座りこんでいるギョンス。
「チヂミを買って来たのに…冷めたら美味しくないって心配してたのに…
寒い日だったのに…他に行く所なんてないのに…
私がドアを開けなかったから…」 泣きじゃくるギョンス。
傍からみれば、あんな父でも、ギョンスにはたった一人の父。。。
ジュノの家に押しかけたのも、自分の為だと分かっているでしょう。。。

「君のせいじゃない、先に逝く方が悪いんだ…」
ギョンスの肩を抱くヨンド、、、そんな二人を見つめるジュノ。

家に帰ったヨンド、ジョンヨンはソファーに横になってました。
「彼女のお父さん、白い布が頭の先まで被さっていて、見ていられなかった」
そう話すヨンドに、「あなた辛かったでしょう…」とジョンヨン。
そして「アメリカの兄の所に行く。今のうちに、別れた方が…
白い布が被さってる姿を見せたく無いの…あなたは絶対見ちゃダメ…」
「やめてくれよ。これ以上苦しめないでくれ」
「じゃあ、ハッキリ言って。私なしでも平気だって。心配ないって。」
涙が流れるジョンヨン.......
涙を堪えてるヨンド、「言えばいいのか?君なしで平気だ。安心して逝けと…
そう言えば、そばにいてくれるか? 俺を避けないで抱き締めてくれるか?」
頷いて両手を延ばすジョンヨン、、、静かに抱き締めるヨンド。。。
泣きながら、ずっと抱き合ってる二人・・・
ジョンヨンも、ヨンドもよかった.........o(;△;)o

ヨンドの言葉は、今は嘘なのかもしれない…
でも、いつかその日が来たならば、
たとえ辛くても、平気で生きていかなければならなんだろうなぁ…


「ローズマリー」他の回は こちらです。

ローズマリーDVD-BOX 1
ローズマリーDVD-BOX 1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年12月23日 21:05
交通事故は韓国ドラマのお約束ということを
すっかり忘れていました。
キョンスはまた傷ついてしまって・・・。
>「先に逝く方が悪いんだ…」
ヨンドの言葉はチョンヨンへの想いだし、
病気への怒りだし・・・。
毎回×∞切ないです。
(年内に書き上げられるかしらん?)
2005年12月24日 14:56
sannkenekoさん、
>交通事故は韓国ドラマのお約束ということ
このドラマは、今までの韓ドラっぽくないから、私も「こんな所で…!」とビックリ。。。ギョンスが可哀想でしたね…父に冷たい態度を取ってしまった後に、あんな事になって、悔やんでも悔やみきれなく痛々しかったです…

>毎回×∞切ないです。
私も、毎回毎回、何度涙を流したことか…

>(年内に書き上げられるかしらん?)
頑張って!と言いたい所だけど、ラストの二回ですもんね。じっかり書いてくださいね~楽しみにしてます。

この記事へのトラックバック