韓国ドラマ ローズマリー 第15話

サブタイトル・・・「本当に俺を愛したのか?」
画像
☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
録音器を買おうとしているジョンヨン、「軽くて簡単なもの…」
これは、子供達の為に、言っておきたい事を残すため?
そしてジソプと会って、
「聞き難い事なんだけど…、これからどういう症状になってくの?」
「諦めるというのか?」と、ちょっと強く言うジソプだけど、
「希望は持ってるけど、準備は必要…」とジョンヨン。
「今より痩せてくる。 食事を取るのも苦労するだろう…」と告げたジソプ。

ジョンヨンに頼まれた買い物を、届けてくれた義姉・ミスク。
ヨンド母も来て、「帰って来てくれたお礼を言いたかった…」
キッチンに行ってた義姉は、ダンボールに片付けられてる食器を見つけ、
「これは何?」と詰め寄ると 「お義姉さんにあげようと…」とジョンヨン。
「この前も植木鉢をくれたし、今回はお気に入りの食器。次は、何を手放す気?」
ちょっと怒ってる義姉は、後をヨンド母に任せました。

「身辺整理のつもり? もう死ぬ日が決まってるというの?」とヨンド母。
「私には家族だけがすべてで、生きがいなんです。
今のヨンドさんや子供達も、私なしでは、生きられない…、
そういう風に、私がしてしまったんです。
私が数日いなかっただけで、ヨンドさんは病人みたいに…
このままじゃ安心して逝けない。
死んでいく人にも、希望が必要なんです…
私の希望はあの人と子供達… 準備してからじゃないと死ねない…」

ジョンヨンの思いに涙が出てきます・・・。・゛・(ノД`);・・゛・。
泣いているヨンド母、何も言わず、ギュッとジョンヨンの手を握ってました。

ギョンスを夕食に招いたジョンヨン、「一緒に鶏肉のスープを作りましょ」と。
ヨンドにも手伝わせて (ヨンドは、食材をすりおろすという意味が分からなかった?)
二人に下ごしらえさせて、「少し横になるから、終わったら味付けを教えるわ」と、
ヨンドとギョンス(と子供達)に任せるジョンヨン。
いかにも、家族水入らずのような状態に・・・

「出来たぞ~店を出せるくらいだ」とジョンヨンを呼びに行ったヨンドに、
「後で食べるからも4人で仲良く食べて」 背を向けるジョンヨン。
食べてる最中、ふと立ち上がったヨンド、
「4人で仲良くってどういう意味だ?! お前抜きで?もう我慢の限界だ!」
「ギョンスさんに聞こえるわ。後で二人で話しましょ」と言うジョンヨンに、
「俺は今怒ってるんだ!」と言うヨンド。
向かうから「私理由が分かる…私があんな事言ったから…」とギョンス。

「室長の事好きって言ったんです…でもこういう意味じゃなくて…」
突然の告白に、ビックリのヨンド。
「私をお姉さんの代わりにしようと? だから毎日家に呼んだり泊めたり…」 
「そうよ…話すわ…。こんな事頼むのは罪だとわかってる。
私の夫や子供達を好きって言ってくれたわね? 
本当にいい夫でかわいい子たちなの。 お願い一度だけ考えて…」 
ジョンヨンの言葉に、まさか…というカンジで首を振るヨンド。。。
泣いているギョンスは、「私、好きになるとどうしていいか分からず
誰かを好きになると、傷つけてしまうのに、また同じ事を…」
帰ろうとするギョンスの腕を掴んで、「私には時間がないの…」
「お姉さん、ごめんなさい…もう二度と来ません」
大好きな人を傷つけてしまったと、心を痛めてるギョンスにも、
自分の亡き後、残された家族のために必死な思いをぶつけるジョンヨンにも、
胸が締め付けられる思いです。。。(ToT)


「どうかしてる。 オレたちを人に任せて、死ぬつもりだったのか?」
「そうするしかないのよ」とジョンヨンに言われ、頭を抱えるヨンド。
「あなたが言ったのよ、私なしでは生きられないって。私、死んでも死にきれないわ
ギョンスさんだったら…だから私のために考えてみて」とジョンヨン。
「俺達が重荷だったのか? それで人に押し付けようと…?」
涙がポロリ・・・のジョンヨン。。。
「本当に俺を愛してたのか?
少しでも俺を思う気持ちがあれば…こんなできるはず…ない…

本当に悲しそうなヨンド。。。そして涙をぬぐって出て行きました。
ジョンヨンの涙を見れば、「愛してる」と、分かってーーー
病気なると、そして治らないなら尚更、色々な事を思うんです・・・


ヨンドは実家に来ました。
「夫婦の事は夫婦で解決しなさい。 うちには泊めないわよ」と母、
「受け止めてあげて…本人が一番辛いと思うの」と義姉。
「何か言われた? 見当はついてるわ あの子の性格は、お見通し。」
ヨンドより、ヨンド母の方が、よく分かっている。。。
夫と子供達がすべてだと、家族が希望だと、
死んでいく人にも希望が必要と、ジョンヨンが言ってたと母から聞いたヨンド。

家に帰ると、ソファーで寝てるジョンヨン。
ヨンドを待っていて、眠ってしまったのでしょう…
ジッと見つめて、抱き上げてベッドへ運んであげるヨンド。。。

ギョンス父は、あんなにギョンスに言われたのに、
ジュノ母に、勝手に結婚話をしに行ってしまいましたーーー
(酔ってないからちょっとホッ)  ジュノ母は戸惑って、
「ギョンスは娘同然だけど、勝手に進められては…子供達にも聞かないと」
自分が原因で、いい返事をしてくれないと思ったギョンス父が、
「子供達がその気だったら?」と聞くと、返事が出来ないジュノ母。

ジュノがギョンス宅にいる父の様子を見に来ると、ボーッとしてる父。
「好きならさっさと連れて行け」 ジュノにはキツイ言葉。
俺のせいで、ダメなのか?としつこく言う父。
「ギョンスは男はみんなおじさんみたいだと思っている。
そうじゃない男はただ一人しかいない。自分の妻だけを思い、愛しぬく男…」
と言われても、「男として好きでいるのに疲れたんです…」(ホントに辛そう…)
と言われても、ジュノの言葉が、さっぱり呑み込めないギョンス父は、
うるさいくらい、怒鳴りまくってますε=( ̄。 ̄;A フゥ…
「少しは人の話も聞いてください。 いつも俺の話を聞けと騒ぐくせに。
ギョンスは…おじさんソックリですよ…」とボソッと言うジュノ。

急に会社を辞めるというので、引きとめるヨンドだけど、決意は固いギョンス。
「妻を許してやって欲しい」とヨンド、そしてどうして自分を好きと言ったのか聞くと、
つい室長に惹かれて行く自分を許してもらいたくて…
お姉さんに言えば、やましい気持ちが消えるかと…
てっきり、お姉さん、笑ってくれると思ったんです。“からかわないで”…」

社長はジョンヨンに、ギョンスと話して欲しいと頼みました。
「家まで行ってみる」と住所を聞いたジョンヨン。

ギョンスがダンボールを抱えて、バスを待ってるとジュノから電話。
急に辞めたから、かけてきたと、私も思ったけどギョンスも思ったのでは?
しかし、、、ギョンス父がジュノ宅の前で、酔って暴れてるから、
すぐ行こうという電話でした。

ジュノもギョンスもその気は無いって言ってるのに暴走の父。
ジュノの家は、「最後の砦」と言ってたギョンス、、可哀想.......(/_;)
止めようとするギョンスは、突き飛ばされて、ジュノの車に激突。
「二人は同棲してるんだ!お宅が認めれば済む話 娘をお願いしますよ」
騒ぎまくる父に、「黙れ!あんたのどこが父親なのよ!
どこかへ消えてよ。顔も見たくない!親子でもなんでもない!」
以前、「だって父さんとしか呼びようない」と言ってたギョンスなのに。。。
せっかくギョンスと父の関係が、少し近づいたと思ったけど、
また振り出しに戻ってしまったような。。。

父はバタっと倒れてしまいました。

MP3を聞きながら、放心状態で自宅に着いたギョンス、
そこには、笑顔で迎えるジョンヨンが。。。

ずっと前のギョンスのセリフと同じで、
「室長とお姉さん、二人を見てるのが好きなんです」
私もそうです。。。 二人のギスギスした仲、早く戻って欲しい・・・

「ローズマリー」他の回は こちらです。

ローズマリー ノベライズ 上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年12月20日 15:29
pandaさん、こんにちは。

泣き疲れて、書き疲れて・・・。
もうチョンヨンの思いを聞いたヨンド母の涙。
チョンヨンが打ち明けた時の3人の涙。
もうすべてが切なくて・・・。

ところで読ませていただくと電話のシーンとか
学校のシーンとかないんですね・・・。
24話くらいでもいいから全部放送してくれればと
思います。
2005年12月20日 23:08
sannkenekoさんのレビューを読みました。
ネット視聴版だと、一段と来てしまいますね。。。
カットありでも、あれだけ泣いたというのに、ノーカットならすごい事になりそう。。。
でも余裕が出来たら、見たい…
本当に24話くらいにして、カットシーンなしにしてもらいたい!

とにかく涙がこみ上げるシーンが何度も何度もで…
ヨンド母に打ち明けるシーンは、言ってる方も聞いてる方も、本当に悲しくって。。。もちろん号泣。
それと同時に、肉親が近くにいないジョンヨンが、ヨンド母や義姉に打ち明ける事が出来て、自分自身溜め込まなくて良かった…という思いもありました。。。

この記事へのトラックバック

  • 「ローズマリー」(ネット配信版)第15話『愛していたの?』

    Excerpt: 地上波タイトル『本当に俺を愛したのか?』 「私が人を好きになる方法を良く知らなくて。 誰かを好きになるとその人が傷つくの。 二度としないと思ったのにまた同じ結果だわ。」 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2005-12-20 14:51