ローズマリー 第14話 (韓国ドラマ)

サブタイトル・・・「あなたに出会えて…」
画像
☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
何かが匂ってくる…と思って
キッチンに行ったヨンド。
シネが、ガスを使ってお料理をしていて、ビックリ!、やめさせようとすると、
「旅行に行く前にママに習った」とシネ。 「お腹すいた」とマル。
見ると大量の目玉焼き(グチャクヂャだけど~)
せっかく作ったシネの気持ちに答えるように、「食べようか。ご飯あったかな…」
と炊飯器を開けると、ご飯は、ほとんど無い!
ご飯を炊こうにも、「多分米を洗って炊けば…」位しか知らないヨンド。
「これはきっとママのお仕置きだ。 パパはもうヘトヘト…」
そんなパパに、抱きつくマル、そしてシネ。。。

東海では、おばさんに、野菜・魚入りお粥の作り方を教えてくださいとギョンス。
「本当の妹みたいね」と目尻が下がるおばさんは、ジョンヨンに「いつも穏やかね」
「怒り方を知ってるの?」とギョンス。
「ガンが見つかった時は、悔しくて腹立だしくて、一日中イライラしてたけど、
“あと3日の命と思って暮らそう 残った時間の大切さを知れば、
少しでも多く笑おうとするだろう”

という夫の言葉に、励まされた」とおばさん。
無口な夫の言葉、すごく胸に染みたのでしょね~

ギョンスに、有給を取って来たのだから、帰った方がいい。
私は整理する事があるから、残ると言うジョンヨン。
「高速バスの乗り方を教えてくれたのは、父さん。
そしてあの時、私を捨てたんじゃなかったと誤解が解けたけど、
会わなかったら解けなかった。
お姉さんも、整理は、大切な人のそばでやる方がいいんじゃ?」とギョンス。
そんな言葉に、ちょっとドキッとするジョンヨンは、「中に入りましょ」と。

ギョンスは、こっそりヨンドに電話しました。
「ちゃんと食べてるか?熱はないか?」とジョンヨンを気遣うヨンドに、
「必ずお姉さんを連れて帰ります」とギョンス。

その夜、「子供達は元気?」とギョンスに聞くジョンヨン。
ギョンスが来てから数日たって、初めて聞かれる質問に、
ちょっとイジワルな答えを言って、「嘘」とイタズラっぽく言うギョンス。
「どうして家出なんか? 子供達、あんなにかわいいのに…」
と聞くギョンスに、ジョンヨンは、「時間が欲しかったの…」

「私室長が好きです」と、思わず口にしてしまったギョンス。
室長が好きだけど、お姉さんは大好き。お姉さんを好きな室長も好きだし、
だから室長のそばにいて下さい。 二人の並んだ姿を見るのは幸せ…

「男として好きなんじゃないの?」と言うジョンヨンに、「ただ好きなんです」と。
「よりによって、子供みたいなあなたがうちの人を、憎めないじゃない」
「オンニィ~~(お姉さん)」と、本当に子供みたいなギョンス。
ギョンスに水を汲んで来てもらってる間、何か考えこんでいるジョンヨン。

翌朝、海をジッと見つめて、帰る決心をしたジョンヨン。
体にいい野菜をくれたおばさん、「今度は家族でおいで」と言って、
ジョンヨンは、うつむいて、「はい…」 
そして、「私もあと3日と思って、笑って楽しく過ごします」と。。。

ヨンドの実家に、ジョンヨンから電話がかかってきて、安心する義姉・ミスク。
寝ていたヨンド母も来て、電話に出たそうにソワソワ…でも切っちゃったミスク~
ギョンスが一緒と聞いて、「あの子は、子供達と仲がいいけど、
なぜか心配で不安になる…」とヨンド母とミスク。

自宅前まで一緒に来たけど、帰ろうとするギョンスを
「叱られたくないから、一緒に来て」と引きとめるジョンヨン。
帰宅したジョンヨンを抱き締めようとするヨンド、、、
でも避けちゃうジョンヨン・・・=( ・_・;)⇒ アレ? この態度はどうしたの?
子供達は、「ママーー」と抱き着いて、矢継ぎ早にアレコレで、涙のジョンヨン・・・
でも、「ママ疲れたから、お姉ちゃんと遊んで」と、ギョンスに託すジョンヨン。
シネもマルは、すぐギョンスの所に走って行き、
子供らしいけど、母としては、ちょっと寂しいような気が。。。
横になるジョンヨンの額に手をやるヨンドを払いのけるし、
やっぱり素っ気無いジョンヨンに、「何か変…」と戸惑うヨンド。
そんな態度をするジョンヨンにも、されるヨンドにも、胸が痛みます・・・
ジョンヨンは、自分がいなくなっても悲しまないように、わざとこんな態度?

翌朝、ヨンドとシネとギョンスの食事の支度の風景を見ているジョンヨン。
シネの髪を縛ってあげようとしたジョンヨン、ふと「お姉ちゃんにしてもらおう」
ギョンスは「出来るかな?」と言いながら、一生懸命ポニーテールを。
そんな二人を見てるジョンヨンの目が、とっても切なくてーーー(/_;)
早く帰ると言うヨンドに、「休みたいから無理しないで」と、
そしてギョンスに、「今晩も来てくれない?」と、ジョンヨン。。。

久しぶりに会社に出て来たヨンドには、仕事がいっぱい!
ギョンスのフロアーに来たジュノは、声もかけずに行ってしまい、
追いかけてギョンスは、黙って旅行に行った事・現地から連絡しなかった事・
戻ってからも連絡せず、心配かけた事を誤りました。
「もういい、彼氏面して悪かった」と、素っ気無いジュノ。
ギョンスは、「なんで?」という感じだけど、
ギョンスは友達と思ってても、ジュノは違うから、辛いんじゃ?


社長とヨンドがバー(?)に行くと、ジソプ(日本の学会に出かける所)
「一体どこを手術したんだ? まるで別人だ」とヨンド。
「話したのか?」と聞くジソプに、
「目も合わせない、話しも出来ない…他の患者もそうなのか?」
「日本から戻ったら会ってみよう」と言うジソプに、
「お前にそう言われると、余計腹立つ。
自分の妻の事を、お前に相談するなんて…」ちょっと自己嫌悪のヨンド。
でも、訳が分からない気持ちを、誰かに聞いてもらいたいでしょう。

父に夕飯に呼ばれたギョンス。
「お前を追いかけてる男=ジュノの家に、
うちの娘をよろしくと挨拶に行くから、今晩帰って来い」と父。
「そんな関係じゃないし、前にも暴れて迷惑かけたのに。
私の最後の拠り所を無くす気?」とギョンスが言っても、頑固な父。
ギョンスは、「絶対やめてよ そんな事したら縁を切るからね。」
せっかくの一緒の夕食、出来なかったのでは。。。(-_-;)

酔っ払ったヨンドを連れて来たジソプ「そんなに飲んでないのに…」
クネクネ歩くパパに、子供達は大喜びーーー
ベットにゴロンと横になったヨンドに、「着替えて寝て」とジョンヨン。
起き上がったヨンドは、ジョンヨンの手を握り、
「ごめん一人で辛いだろう…夫のクセに俺だけ元気で、本当にごめん…
違う…そうじゃない。。。
怒ってもいい。毎日八つ当たりしてもいいから、どこにも行くな。
そばに居てくれ…お前がいないと、何もないのと同じ、耐えられない…」
ジョンヨンの目から、涙がポロポロ......
ヨンドを撫でようとして手を止めるジョンヨン(:_;)
「少し寝て…」と言われて、横になってもヨンドは手を離しません。
ちょっとだけ、握り返すジョンヨン・・・
そうだよね。。。ジョンヨンは本当はこうやって握りたいのに。。。

あなたみたいな人と出会えて、
私は、なんて幸せ者なんだろう・・・

心の中で呟くジョンヨン......
両手でヨンドの手を握り締め…でも離してしまって、、、
目をあけたヨンドが見たのは、涙を見せないように立ち去ろうとするジョンヨン。。。
また文を書きながら、号泣...........。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

「ローズマリー」他の回は こちらです。

ローズマリー 上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年12月18日 12:32
切ないですね。
こんなに誰彼に感情移入してみるドラマは
初めてです。

>私もあと3日と思って、
 笑って楽しく過ごします
でも全然笑っていないし楽しそうじゃないし。
身体だけじゃなく心も辛そうなチョンヨン。

やっと15話を見てまた泣いています。
目の奥が痛いです(涙)。
2005年12月18日 13:58
sannkenekoさん、
このドラマがとっても心に染みるのは、登場人物みんなに、感情移入(しかもドップリ)してるからなんでしょうかね…私も毎回涙・涙でした。。。今でもシーンを思い出しては切なくなったり、感動が蘇ったり…

>>私もあと3日と思って、笑って楽しく過ごします
全然笑ってなかったジョンヨンだったけど、私はそれでも、笑って暮らしてくれると思ったんですよーー。
だからヨンドへの素っ気無さは、「えっ?」という感じでした。 ギョンスを託すために、自分は嫌われようとわざと冷たく…悲しい思いです。。。

この記事へのトラックバック