愛の群像 第43話

サブタイトル・・・「愛する時間」

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
ジェホが歩いてくるのに、
自分(シニョン)の前を素通り…
「ジェホ」と叫んでも、行ってしまう…

ハッと目覚めたシニョンは、夢だったと、
隣で寝ているジェホの胸元に、そっと顔をつけ、
体温を確かめるように、心音を確かめるように。。。
それなのに、翌日のシニョンは、
またしても素っ気無い態度。

ジョンユン医師も、シニョンに言われた事が堪えて、落ち込んでいました。
「自分に失望している…。ただシニョンとジェホに希望を持たせてしまった…」
そんなジョンユンを慰めるのは、ギルジン先生!
「希望を与えなかったら、もう亡くなってたかも」
本当に、、、あのままだったらジェホは治療も受けず…だったかも。
そして診療に戻るジョンユンに、
「一緒に暮らそうか お前と結婚したい」と、プロポーズ! 
ここは病院のロビーなのに~~~ すごい唐突!
そっか…、いつの間にかこの二人はそういう関係だったのね~
シニョン父母にも挨拶しに行き、媒酌人を頼みました。

ヒョンス叔父の会社のキム室長に、
「今回の仕事が最後」と告げるジェホ。 ジェホは覚悟をしているようです。

ジョンユン医師の診察、腫瘍がかなり広がってしました。
ジェホは、目がぼやけて、耳も聞きづらいと言うと、
もうすぐ、歩行も困難になると言われてしまいました。
「脊椎に転移してなくて、良かった」と、励ます(?)ジョンユンに、
「辛くて良かったと思えない」と言うジェホ・・・

そんなジェホなのに、シニョンの家庭教師先で
「一緒に帰りたくて」と、待ってました~ 健気です......
それなのに、シニョンの態度は、また素っ気無い態度で先を歩いていきます。
普通に接してるジェホが哀れでした・・・
でもシニョンは、冷たくしたくてしてるわけではないと、
ジェホはちゃんと分かってるんですね・・・


シニョンは家に帰ると、「横になりたい」とベッドルームヘ。
ジェホが覗くと、泣いているシニョン・・・
「我慢してたのに…すねてる時間はないのに… あなたはもっと辛いのに…」
と涙が止まらないシニョンに、
「完治すると信じてましたか?
ムリと分かってて、二人の時間を作りたいから、僕を選んだのでしょ?
望みどおり、僕はここにいます。 だから触れられます…
怖いからって、この時を逃さないで… 僕は今幸せです

シニョンを抱き締めるジェホ・・・ ジェホの方が大人(年上)に見えます。

ジェヨンが妊娠しました~
お祝いの食事会に来た、シニョンとジェホ。
インスクは余計な一言「子供作らないの?」と。
一瞬固まってしまったジェホとシニョン。
ジェヨンには、「昔からあげていた」とお小遣いをあげるジェホ。
もうお小遣いを上げるのも、最後なのかもしれません・・・
家にかえる途中、ベビー服を見てるシニョンに、
「(赤ちゃんの)顔を見れるのかな…」とポツリと言うジェホ。

ジェホの病気が悪化しててるので、時間がないから、
ジェホをお母さんに会わせた方がいいと言うシニョンの言葉に、
妹に会い、ジェホの事を話しました。
「丈夫に育てなくてごめんね」と言うジンスクが、哀しいです・・・

でもジェホは、頑として母とは会わないと言って、
母からの電話も、切ってしまい・・・

食事中、具合が悪そうなジェホ。
そんな時、尋ねて来たジンスクは、ジェホに母に会うように説得しました。
でもジンスクの声が、段々と聞こえなくなり、視界がボヤけて行き・・・
「伯母さん…今何て言ったの?
僕会いたいよ…。でも見えないんだ…」

シニョンの問いかけにも聞こえないジェホ。
ようやく「見える?」という言葉が聞こえて、ゆっくりと、うなずくジェホ。。。
そんなジェホにいたたまれなくて、出て行き号泣するシニョン・・・

シニョンの母も、ジェホの様子に心を痛めてます。
シニョン父と碁を打っているジェホは、手を動かすのもしんどそう。
父の「やめよう」という声も聞こえず、やるせない表情のシニョン父。

家に帰ってからは、嘔吐がひどく、薬を飲むのも大変なジェホ。
眠ったジェホの胸に、顔をそっとつけるシニョン・・・
やはり体温と心音を確かめるように・・・
「彼は今日も私のために、頑張って生きてくれました…」

「愛の群像」 他の回は こちらです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック