チェオクの剣(茶母) 第1話

サブタイトル・・・「偽金事件発生」
画像

「茶母(タモ)=役所の下働きの女性」でありながら、事件捜査でも大活躍する、ヒロイン・チェオク(ハ・ジウォン「バリ出来」スジョン、「秘密」・ジウンと北海道では連続です)
オープニングは、少し先の話…みたい。
チェオクと戦っているのは、チャン・ソンベク(キム・ミンジュン) 初見の俳優さんです。
敵対してるというよりは、切ない目で相手を見据えて・・・これがラストシーン??? 

1692年、茶ををいただいている二人。
捕盗庁(ポドチョン)の責任者チョ・セウク長官と、(「新貴公子のスジンの叔父様&「海神」に出演のパク・ヨンギュさん)
茶を煎れたチェオクを、優しい目で見てるのは、
左捕盗庁(チャポドチョン)の従事官(チョンサガン)である、
ファンボ・ユン(イ・ソジン ) こちらも初見の俳優さんです。

変死事件が起こり、被害者が女性なので、チェオクもと。
鼻の中の障子紙に気付いて、他殺と気付いたチェオク。
男の痕跡が、この当時でも分かるとは驚き!
夫は長い間留守なので、下手人の仕業と読んだチェオクに、
「下手人15人も護送する長い縄は無いぞ」って、
イ・ウォネは、口も悪いけど可笑しい(#^.^#)

夕べ障子紙に触った人は、この液体につけると赤くなるって、
すごい薬があるもんだ…と思ったら、これは引っ掛け。。。
その時の動向を見て、犯人を割り出したチェオク、お見事!
しかし、ファンボ・ユンは、無謀なやり方のチェオクを、少し諌めてました。

左捕盗庁(チャポドチョン)と右捕盗庁(ウポドチョン)による、
撃毬(キョック……ポロみたいな競技)が行われる事に。
「左」と「右」ってくらいなので、ライバル心がある雰囲気。。。
ケガをしてしまったイ・ウォネ、その代わりになる人物を探してると、
「いたぞ」とチェオクに目をつけた、ペク・チュワン(「風の息子」のキョンピル!)

チェオクの神業(?)で、見事勝利した左捕盗庁(チャポドチョン)!
しかし、負けた右捕盗庁(ウポドチョン)の従事官(チョンサガン)チョ・チオは、
試合で活躍したのが「女」と知り激怒。
チェオクに近づくなり、ビンタ! 男尊女卑の世・・・なんですね。。。
それに茶母は奴婢、両班にたてつくなんて、余計に腹立だしいのでしょう。

「ケガを下武官の代わりをしたのは、恥ずべき事ではございません。」
と、食ってかかってしまったチェオク…
・・・いや、食ってかかるというより当たり前の事。。。
チェ・チオは益々ムッとするので、お詫びしろというペク・チュワン。
引き下がらないチェオクに、殴りかかろうとした武官。
その武官を止めに入ったイ・ウォネ、
で、左・右捕盗庁で、殴り合いの大ゲンカに! あらら・・・^_^;

「右」の方では、骨折した武官が二人も出たらしく、
誰かが侘びを入れに行かなくてはならなくなりました。
侘びと言っても、タダで帰してもらえるわけではないようです。
俺が俺が…、と跪く武官たちに、
「責任者なのに、ペク殿に任せた自分が…」とファンボ・ユン。
(一番手前にいた武官は、「チャングムの誓い」チョンホ部下・「火の鳥」セフン部下)
ウォネは、ペク武官の事を「チュワン」とよ呼び捨てしてたけど、生声では「ヒョンニム(兄貴)」と、親しみと年上の彼を敬って呼んでいます。

そんな様子を、小さくなって見ていたチェオク・・・
・・・チェオクは、自らチェ・チオの元へお詫びに行きました。
チェ・チオは、骨折した武官の代わりに、腕を切り落とそうと・・・怖い男!
それでも泣きながら、腕を出しているチェオク。。。
そこにファンボ・ユンが来ました~ ホッ。
でもホッではなかったですーーー。 
ファンボ・ユンが諌めたからと言って、抜いた刀を降ろせないというチェ・チオ。
振り下ろした刀は、切り落とす…ではなく、切りつけるで留めました。

梅林で花びらが散る中で、血を拭いてくれるファンボ・ユン。
「痛むか?私も痛む…」
自分はチェオクと気持ちが繋がっている・・・という感じがします。
部下という前に、妹同然…二度と苦しめるなと、話すユンだけど、
妹以上の感情があるように映ります。
「私は七つの時から、あなた様に御使いして参りました。
あなた様にならこの命差し上げます。 
でも足かせにだけは、なりたくない…」と答えるチェオク。
どうも切ない雰囲気の二人。。。

偽金事件を巡っては、殺人事件まで起きてしまい、
左捕盗庁(チャポドチョン)では、各自村人に扮装して調べる事に。
チェオクは男装して舟に乗ると、病気の親子が。
満席だったけど、チェオクが譲り、ナゾの男(ソンベク)と女も。
しかし、両班の男がその席をスッと横取り・・・どこにでもいるこんな人。
(この両班の男は「チャングムの誓い」チェジュドの役人・「海神」の副令様)
ソンベクが、そこには子供が小便した場所と言って、
両班の男が立ちあがった隙に、チェオクは、お偉いさんを見事成敗!
って、こんな芸当、みんなビックリするでしょうね~
チェオクの身のこなしを見て、「女」と見抜き、含み笑いをするソンベク。

酒屋で、「偽金を掴まされた」という女主人に、その偽金をもらったチェオク。
一杯飲んで行ってというから、仕方なく座るチェオク。
何だかしつこい女主人・・・、とその時チェオクの荷物が引ったくりにーーー!

「チェオクの剣(茶母)」他の回は こちらです。

チェオクの剣 オリジナル・サウンドトラック
チェオクの剣 オリジナル・サウンドトラック(DVD付)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kbkbY
2005年11月04日 22:29
pandaさん、すごいわ。
知ってる役者さんが沢山いらっしゃるんですね!
私は、チェオクとワイルドなイ・ウォネ(今見ている「ベストカップル」ヒロイン弟役・こちらもすごいワイルド!)だけでした。
とにかく、ワイヤーアクションにストップモーション・・びっくりな時代劇でしたね。
2005年11月05日 10:39
kbkbYさん、こんにちは♪
イ・ウォネ役の俳優さんは、目がギロッとしててワイルド! ですよね~
存在感がある方です。
「ベストカップル」は、アン・ジェウクさんですよね~
気になってるドラマです。

ワイヤーアクション…、というのは分かってたけど、
何だか映画みたいな感じで、驚き!
時代劇だけど、こういう部分でも楽しめそうです(^^)
YUZUJAM
2005年11月05日 19:40
茶母始まりましたね♪
冒頭のシーンの意味がさっぱりわかりませんでしたが、少し先の話だったんですね?
とりあえず、あの長髪の男性が気になってます。
桜の散る下での二人の会話がせつなかったですね。
屋敷内でのストップモーションはおもしろかったです。
でもワイヤーアクションというのにはちょっとなじめませんでした…( ̄▽ ̄;)!! その内慣れると思いますけどね。
時代劇ということでチャングムのようなのを想像していたのですが、全く違っていました。
でも、テンポの良いドラマでおもしろそうなのでこれからも見ていこうと思います。
2005年11月05日 21:22
YUZUJAMさん、こんばんは♪
「茶母」は、韓ドラ・ベスト1にあげる人も多かったドラマなので、気になってました。

>とりあえず、あの長髪の男性が気になってます。
中々カッコ良かったですよね~
あの時代にああいう髪型はなかったけど、
それがかえって斬新で、人気だった…と韓国メディアの記事で見ました。

桜の木の下は、切なさがヒシヒシと伝わってきましたね。そして綺麗なシーンでした。。

撮り方は、映画っぽい感じでしたね。
ワイヤーアクション、なじめなかったですか~
私は最近ネットで見てる「海神」も、やはりワイヤーアクション満載でビックリだったので、免疫(?)が出来てたかも^^
そんなものだと思って見てれば、いいかもしれないですね。

チャングムとは、雰囲気の違う時代劇だけど、
テンポがあって、面白かったですよね~
私も見続けと思いますので、これからもよろしくお願いします(*'ー'*)
こーわ
2005年11月09日 04:12
録画したのを ようやく見ました~
ほんと 映画なみの出来ばえの1回目でしたね!
先日 中国映画『LOVERS』を見たので 同じ感じだな~と思って見ましたが、竹薮での戦いのシーンは そりゃ~ありえんでしょ!って 突っ込んだよ~~~ 中国の妖怪物映画みたいだった(~о~;)
『ナイスガイ』みたいに 一回だけで終わらない事を希望します。(いや~ ドラマで あそこまで力入れるって 韓国は凄いね~~!)

『オールイン』みたいに 1回目の始めに 少し先の事をやったんでしょうか? どう 繋がっていくか、楽しみですね! とりあえずは チョンサガンの家に来た経緯を見なくては! 服装から見ると チェオクは お嬢さんだった風ですね。 ソンベクが実の兄だったりして~(*^▽^*)
こーわ
2005年11月09日 04:13
チェオクが ジウンだったとは 言われて気が付きました。
誰か(日本の女優)に似てるな~と思っただけで、美人とは言い難いけど ありそうな顔なのかな?って 思ってました。
また 気の強そうな役ですね~
でも あの正しい事は正しいと言い通せる意志の強さ! 結構好きです! あの時代には 女であるのに無礼な!と どこ行っても言われそうな 正義感の持ち主です。
チャングムみたいな 控え目な所はなさそう・・・
2005年11月09日 20:38
こーわさん、こんばんは~
>『オールイン』みたいに 1回目の始めに 少し先の事をやったんでしょうか?
きっとそうでしょうね。
『真実』もそうだったし、ネットで視聴中の『海神』もそうで、そこにどう繋がるのか、楽しみですね~
次回の子供時代に、チェオクの過去が、明らかになりそうですね。
私もソンベクが兄なんじゃ?と思いました。
でも、もしそうだったら、あの冒頭の戦いは、切ないですよね。

チェオク役のハ・ジウォンちゃんは、
ホントにどこにでもいそうな感じなのに、演技は引き込まれる感じで、そういうオーラがあるような・・・
娘は、ジウンを見て「アゲハ蝶」と命名してました~

正しい事は正しいと言える強さ、いいですね(^^)
チャングムの時代より後だけど、やっぱり「女は」と言われる時代のようですね。
じゅん
2005年11月10日 01:17
pandaさん♪
こんばんは! 出遅れてます(笑)
たまたま録画スケジュールが木曜日に集中していて、
今頃1話やっとみることできました。
ハジウォンさん 笑いが少なくて落ち着いていた印象でした!
今日はもう2話ですね! 一週間がはやいです。
また、よろしくおねがいします。
2005年11月10日 11:18
じゅんさん、こんにちは~
じゅんさんのスケジュールを見ると、
木曜日は、凄い事になってましたもんね。
ハ・ジウォンちゃんは、過去見た二つのドラマとは、
また違った感じで、でもやっぱり目力があるなぁ~と思いました。
もう今晩、二話ですね。
こちらこそ、よろしくお願いします!
sannkeneko
2006年12月03日 12:21
見ましたよ♪
ワイヤーアクションにストップモーション、
早送りにCGに・・・原作がマンガだからか「LOVERS」ちっくにしたかったのか・・・。

先週の「パーフェクトガイド」がチカラ一杯ネタバレだったのがよ~くわかりました。
写真では汚い印象が強かったソンべク(←失礼!)ですが動いているのを見ると案外○でしたが。
とにかくただただ呆気に取られてしまったので今後は来週を見てから決めようかなと思っています。

・・・過去ログはURL欄がなかったのですね(汗)。
表示がヘンになってしまったので先に書いた方の削除をお願いします。
お手数お掛けします<(_ _*)X(*_ _)>
2006年12月03日 20:13
sannkenekoさん、こんばんは。
第1話は、とにかく人間業ではないシーンの連続に驚きでした。でもそれが結構楽しみになってたりしてましたよ~
私は「LOVERS」はまだ見てないのだけど、同じチャン・イーモウ作品の「HERO」を思い出しました。「茶母」は今まで韓国になかった時代劇にしたかったそうです。

>写真では汚い印象が強かったソンべク
ウフフ、確かに~
私はイ・ソジンもキム・ミンジュンも初見だったから、初めのうちは髪を下ろした写真を見ても、見分けがつきませんでした(汗) ワイルドなソンベク、中々良いですよ。

>過去ログはURL欄がなかったのですね
そうでした(*_*; 少しずつ、直そうと思ってたのに、すっかり忘れてて…教えてくれてありがとう♪
のり
2006年12月12日 14:52
吹き替えNGの私は、時を同じくして「茶母」でチェオク鑑賞しています。待ち望んでいたチェオクですが、やはりワイヤーアクションはさすがに驚きました。ハジォンは作品についてますよね。昔は悪役的な脇役だったのに~(伊東美咲?)とこちらも驚いています。今では大物女優さんですね。
2006年12月12日 23:55
のりさん、こんばんは。
やっぱり吹き替えはNGでしたか。
私の中でも、このドラマ、吹き替えのダメ度が高いのです。後から副音声で見直して堪能してました。だからハマれたのかも?と思います。

ハ・ジウォンの悪役といえば、「秘密」?
私は結構同情してたんですよ~
彼女は、廃人ドラマ三つのうち二つだから、凄いですよね(ジソプも二つですね)確かにこのドラマでも、上手いです。あの表情を思い出すたび…(:_;)←終わったら書きますね~アクションもすごく頑張ったそうですよ。

この記事へのトラックバック

  • チェオクの剣 05/11/03 Thursday

    Excerpt: 22:00 BS2「チェオクの剣」第1話「偽金事件発生」 竹林で戦う男女。ってーーいきなりワイヤーアクション!これって韓国版「グリーンデスティニー」?? 女の方が、チェオク、そして役人側.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2005-11-04 22:24
  • チェオクの剣(第1回)

    Excerpt: 第1回「偽金事件発生」 最初の竹藪のシーンにはちょっと…でしたねぇ。 竹の上の方をつかんだまま竹から竹へと空中を飛び回って剣で戦う男女って、ありえないんですけど…。 滞空時間も長すぎて、あま.. Weblog: ゆずじゃむぶろぐ racked: 2005-11-05 19:41
  • 『チェオクの剣』(茶母...タモ)1話みましたぁ!

    Excerpt: 『チェオクの剣』(茶母...タモ)1話...『偽金事件発生』 2003年韓国MBC作品で17世紀末の朝鮮王朝時代を舞台にしたスーパーアクション時代劇とのこと...この作品のウワサは聞いていて『廃人系.. Weblog: 韓ドラのたまり場 racked: 2005-11-10 01:02
  • 「茶母(タモ) チェオクの剣」第1話

    Excerpt: 17世紀末の朝鮮王朝時代。 左捕盗庁(チャポドチョン)の茶母(タモ)チェオクは その聡明さとずば抜けた武術の腕で犯罪事件の捜査で活躍していた。 「茶母(タモ) チェオクの剣」第1話 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-12-03 12:03
  • チェオクの剣(茶母) 1話 偽金事件発生

    Excerpt: 始まりました。「チェオクの剣」うーん。「茶母」の方がタイトルとしては、好きだな~。では、あらすじ、感想など、どんどん、ぶちまけますね。ちなみに、BS2での放送を見ていない私にとっては、何もかもが未経験.. Weblog: Kio -朔北- racked: 2006-12-04 22:27
  • 韓国ドラマ チェオクの剣 第1話

    Excerpt: 韓国ドラマ チェオクの剣 第1話 感想は上部に、あらすじ(ネタバレあります)は、下部に書いています。 チャン・チェオク 役???? ハ・ジウォン? ファンボ・ユン?? .. Weblog: 韓流好き集まれ! racked: 2006-12-08 17:16
  • [韓流]チェオクの剣

    Excerpt: 先週NHKで放送されていた「チェオクの剣」が最終回を迎えました。 主役のハ・ジウォンの体を張った演技はすばらしかったです。 朝鮮時代の女刑事(茶母)物語で、敵との戦いもあり、恋愛もあり、見ていてハラ.. Weblog: Flower Diary racked: 2007-03-24 21:02