チェオクの剣(茶母) 第4話

サブタイル・・・「脱獄」

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
左捕盗庁(チャポドチョン)を出て行くチェオクを止めるチュワン。
チェオクの意志は固く、「それなら最後にうちで、一杯飯でも…」という、チュワンの言葉に、
ありがたくて、涙が溢れてくるチェオク。。。
ユンに、チェオクを引きとめるように勧めてるのは、イ・ウォネ。
しかし「心が離れたのだ…」とユン、チェオク同様こちらも手ごわい!

飯屋で、ユンに連れられて左捕盗庁を訪れた日を思い出し、涙が止まらないチェオク。。。
辛い仕事でも、ユンがそばにいるから頑張れる、
そんな表情のチェオクでした・・・


ユンが右捕盗庁(ウポドチョン)に出向くと、
チョ・チオ従事官(第一話でチェオクの腕を切り落とそうとした男)が、
偽金に関与した人物を片っ端から拷問にかけており、全くヒドイ!
でもこの時代、こういうやり方は、普通だったのかもしれません・・・
チョ・チオは、ユンにかなりのライバル心があるようで、
自分よりもユンに信頼を寄せる父チョ・セウクに、認めてもらいたいのだけど、
チョ・セウク長官は、チオのやり方に激怒しています。
(セウク長官についてた武官は、「チャングムの誓い」ピルドゥ)

帰りに、「宿屋へ寄りましょう」と、イ・ウォネ。
ここで酒を飲んでたチェオクは、
女子供に絡む男(「チャングムの誓い」の鳥屋に似てる…)を見つけ、
今すぐにでも捕まえたくて、ウズウズとしているようでした。
しかし、今の自分は、何も出来ないただの人…グッと堪えるチェオク。
そんな様子を見てたユンとウォネ、
ユンが手を出すと、ウォネが袖の下から身分証を出し…、ナイスコンビ!
そして、身分証をチェオクの足元に投げるユン、
(持って行くのではなく、投げるというのがまたカッコイイ~)
それを拾ったチェオクは、堂々と成敗しましたーーー
実は、これ、ウォネとチュワンの策略だったとはーーー!
(↑予告をちゃんと見てなかったので、ビックリ)

という訳で、戻って来たチェオクの頬を愛しそうに撫でるユン、
微笑み合う二人・・・二人共本当にいい表情で、いつもこういう風に、
素直な気持ちをさらけ出せたなら、いいのにね。。。
そんな様子を見ていたナニお嬢様。


ノ・ガッチュルが、中々吐かないので、偽金捜査は進みません。
「ある策」を思いついたチェオク、
それはチェオクを「姐さん」と慕う(?)マ・チュクチを、無罪放免を交換条件に、
カッチュルの牢に入れて、協力してもらおうと。
マ・チュクチの、「捕盗庁で雇って」は、聞き入れられたのでしょうか(~_~;)
何を協力?と思っていたら、
ノ・ガッチュルとマ・チュクニを仲良くさせ、
一緒に脱獄するように仕向けて、
真のアジト「山の砦(とりで)」を突き止める
。。。
なるほど・・・! しかし、「山の砦(とりで)」に潜りこむ人物が中々いないと、
チョ・セウク長官に報告するユン。多分チェオクが行くんだろうなぁ…という展開!

朝廷内の権力者であるチョン・ピルジュン(「真実」のシニ父のチョン ・ ウクさん)が、
チョ・セウク長官を尋ねてきて、「自分の息子に、ナニお嬢さんを」と。
この話を聞いたナニは、「父上には、今のままでいて欲しい。
朝廷の権力者と姻戚になれば、そうはいかなくなる…」と。
父は、娘の意志を尊重しました。
「私は父上のような、高潔な心を持った人の元へ嫁ぎとうございます。
そして、私の相手の身分は問わないで欲しい…」とナニお嬢様。
お茶を運んできたチェオクは、扉の外で、聞いていて、
誰の事を言ってるのか分かり、辛そうに立ちすくんでいました。


夜一人で泣いているチェオク・・・
その姿を見ていたのは、ソンベク。。。
BGM、ソンベクのテーマ「悲歌」のinstrumentalが切ない.....

ソンベクがなぜここに?と思ったら、
ノ・ガッチュルを脱獄させるための下見に来て、
(屋根伝いのワイヤーアクション!)
悲しそうに歩くチェオクを見かけて、釘付けとなっていたのでした。
宿に戻ってからも、泣いてたチェオクの事が気になるような、
切ない表情をしてたソンベク。

「脱獄させるのは、たやすい」とソンベクの報告を聞いたチェ・ダルピョンは、
前回脱獄には反対っぽかったのに、「そうか」と答えてました。
賛成になったのかな~なんて思ってたらとんでもない!
「カッチュルの差し入れに、ヒ素を混ぜろ」とスミョンに命令・・・


アン録事に呼ばれたチェオク。 用件は「息子ビョンテクに近づくな」という事。
ビョンテクの方がしつこいのに、困った父親です・・・
「この世には掟がある。
混ざってもいい世界もあるけど、混じったらダメな世界も」

アン録事の言葉は心に突き刺さったでしょう。。。
それでも気丈に「恐れている事はございません」と言ってたけども
帰り道、涙が止まらないチェオク・・・

チェオク側から見れば、本当に辛い事、
ひどい事言うアン領事にはムっと来るのだけど、
でも、彼のセリフが物語っているように、この時代の身分の差は、厳しい現実。

その頃ユンは、自室で絵を描いていました。
幼い頃の自分とチェオクの、無邪気に水遊びをしてる姿・・・
思い出して、笑顔がこぼれるユン、
そんなユンの影を、外から見ているチェオク。。。

そしてユンの部屋に行き、「山の砦」に自分が行くと言い出したチェオク。
生きて帰れないかもしれない場所、もちろん反対のユン。
「妹のように大事にしてくれる、あなた様のおそばにいればこそ、
少なくてもその時だけは、自分が息をしていると感じられるのです・・・
あなた様の庇護の元で生きるだけなら、私は生きているとはいえません。
私を大事に思ってくれるなら、この身に息をさせてください…」
涙ながらに訴えるチェオク・・・。 

そばに置いておき、危険から回避させたいと願っていたけど、
それは、チェオクを生かす事ではない・・・
チェオクの気持ちを理解して、心打たれたユンは、手を引いて、強く抱き締め、
「行くがよい 必ず生きて戻るのだぞ…」と。。。
涙・涙のチェオク.......

いよいよ、マ・チュクニに、ノ・ガッチュルを誘って脱獄させる決行日。
計画では、カッチュルにヒ素入りの差し入れをし、
マ・チュクニが「毒入り」と見抜く。
カッチュルの信頼を得られたら、脱獄を決行するという事でした。

しかし偶然は重なるもので、面白いです。
計画のこちら側の差し入れの前に、スミョンが弁当の差し入れをしました。
もちろんこの弁当には、チェ・ダルピョンから言われた通りに、ヒ素が!
(スミョンは反対したのだけど、「このままではソンベクが危険」と言われて…)
「毒の反応が出なければ、マ・チュクニは脱獄しないだろう」とユンが言ってたけど、もちろん出た毒の反応!

ウォネの報告で、仲間がカッチュルを、口封じしようとしたと聞き、怒りのユン。
好都合というウォネ。 このまま脱獄の作戦を決行する事にしました。

そして次の偶然は、この脱獄の策と共に、ソンベクも脱獄させようとしてた事。
向かおうとした時に、「カッチュルは死んだ」と聞かされたソンベク。
「遺体だけでも」と、左捕盗庁に乗り込むソンベクたち一味。

拷問の末に死んだ死体と入れ替わり、
リヤカー潜りこむ、ノ・ガッチュルとマ・チュクニ。
しかし、「死体が草鞋を履いている」と呼び止められ、
足に火を当てられ・・・、見てるだけで熱い!
我慢してた二人だけど、「行って良し」と言われた後に、
とうとう叫んでしまったガッチュル。
「牢破りだーー」の声と共に、ソンベクたちの一味も乗り込んで、
ゴチャゴチャと双方入り混じって、何だか大変な事に!

「チェオクの剣(茶母)」他の回は こちらです。

チェオクの剣 Vol.1
チェオクの剣 Vol.1 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年11月25日 17:52
“女子供に絡む男”は正しく
チャングムの“アヒル事件”の鳥屋さん!
・・・私もそう思いながら見てました!
2005年11月25日 22:29
がーこさん、こんばんは。
あの男は、やっぱり「チャングムの…」でしたよね~
同じように思った方がいて、嬉しいです!
YUZUJAM
2005年11月26日 16:14
身分証をチェオクの足元に投げるユン、カッコよかったですね~♪
イ・ウォネとも本当にナイスコンビでした!
これがウォネとチュワンの策略だったとは私もビックリでした。手の込んだことをしてたんですね。
とにかくチェオクが帰ってきてくれてよかった。

夜一人で泣いているチェオクをそっと陰から見つめているソンベクのシーンも切なかったですね…(涙)
チェオクの剣は切ないシーンが多くて、その度に心をわしづかみにされてしまいます。
チェオクが山の砦に行くと言ったシーンもとても切なかった~。
次回、たいへんなことになりそうで気になりますね。
2005年11月26日 20:13
YUZUJAMさん、
>身分証をチェオクの足元に投げるユン、カッコよかったですね
本当に、ここは「おっ!」と、思いましたよ~
ユンとウォネのコンビ、中々良いですよね!

>夜一人で泣いているチェオクをそっと陰から見つめているソンベクのシーンも切なかったですね

本当にそうでしたね。。。
私は、部屋に戻ったソンベクの頬が濡れてるように見えて、泣いてるかと思いました。
巻き戻して見ると、ライトのせいだったようですが。
すごく切ない表情でした。

チェオクが山の砦に行くと言ったシーン、
自己犠牲で、「あなた様の為に…」って。
ここまで出来ないですよね。。。普通は。
次回はどうなってしまうんでしょーーー
気になりますね。
2005年11月27日 07:13
pandaさん こんにちは!
結構、拷問シーンとか 足に火あてるのとか...
みてるのが いたーいとかあつーいとかあって苦手かな...
でもストーリーとかワイヤーアクションは楽しんでます。
予告はNHKのドラマはあまりみないほうが楽しめたりするかもですね...
また、立ち寄ります。
2005年11月27日 09:38
じゅんさん、おはようございます。
拷問シーンとか、苦手なんですね…
私は、ホラーとか好きななので(?)、平気なんですよ~
このドラマは、拷問シーンは、すごくリアルで、ダメな人は、目を背けちゃいますよね。
ワイヤーは、私も見てると、ワクワクしてます!

NHKの予告は、見ない方が楽しめる気がします。
「チャングムの誓い」は、あまりにも見せすぎなんで、途中から見なくなりました。
「チャングム…」は見ない方が良いかも…です。
2005年11月27日 11:38
pandaさん、はじめまして&こんちには!
じゅんさんの家から来ました。
チェオクとユンのあの身分違いの恋が悲しいですね。
ユンが熱いまなざしをすればするほど、せつないです。。。すっかりはまってきました。来週はソンベクとチェオクの絡みもあるので更に楽しみです。
また遊びにきますね。
TBします。
2005年11月27日 13:10
so-so♪。さん、はじめまして!
お名前は、よく拝見しておりました~

身分違いの恋、こればっかりは、自分でどうしようもなくて、切ないですよね。
そんな中でもユンは、頬に手を当てたり、抱きしめたり(カッコイイ^^)精一杯の意思表示をしてるように思います。好きだとか愛してると言わなくても、ひしひしと伝わってきます・・・
ソンベクとチェオク、この二人の関係も気になりますね。
またお立ち寄りくださいね♪ 
2005年11月28日 10:50
おはよ~~~! あ~ 来るのが遅くなっちゃったよ~~
秋は 休日の予定が色々あって忙しいわ~~
そちらは 雪 どうですか? まだかな?
札幌は イルミネーションの飾り付けがされたそうですね~

で、チェオクですが、今回は と言うか、始まってから
うちは イ・ウォネ がカッコ良いと思って 出ると嬉しいです~♪
チェオクを戻させようと 一芝居うちましたね~~(*^_^*)

うちは ユンとチェオクの関係が まどろっこしいです。
身分の違いの為に 愛し合っている事を 確かめ合えない。
女から 主従関係を強く繰り返し繰り返し言われると 男側も そりゃ~ イラッと来ますよ~~~

それから チェオクの下宿先の主人(名前 覚えない~)
チェオクを呼び出しておいて 適当に 息子への気持ちを確かめたら、嫁になぞ とんでもない! みたいに言って、あまりの態度の豹変に ムカッと来ましたよ~~

ほんと 拷問のシーンは ひどいですね。
現代なら ありえない!
2005年11月28日 22:28
こーわさん、こんばんは。
雪は、ようやく昨日少し積もりましたよ!

こーわさんも、イ・ウォネ一押しなんですね。
素っ気無いけど、いい人ですよね。
目が鋭くて、すごく役にはまってる気がします。

>チェオクの下宿先の主人
アン録事ですね。ホントにムカッときますね。
彼のセリフが物語っているように、この時代の身分の差は、激しいようですね。
チェオクとユンも、それがネックとなってるようで、こーわさんは、そこがまどろっこしいんですね。
私はお互い、好きとか愛してると口に出来なくて、切ない気がします。

拷問のシーンは、すごいリアルですよね。
ダメな人には、辛そうです。
2005年11月29日 18:51
pandaさん、すっかり遅くなってしまいましたー。
今回は、なかなか見応えありましたね。
私はイ・ウォネにハマってきました。
それじゃ「茶母廃人」とは言わないんだろうなー(笑)。

>幼い頃の自分とチェオクの、無邪気に水遊びをしてる姿・・・

子供の頃は屈託なく遊べたのにね・・・

今回は、ナニ嬢、ピョンテク父のことからも、ますますチェオクの「身分違い」というものがクローズアップされてしまったように感じました。。。
2005年11月29日 22:31
kbkbYさん、こんばんは~
イ・ウォネは、私もGoodです!
さりげなく、身分証を出すシーンは、カッコ良かったです!(その後投げたユンもカッコいい)

>今回は、ナニ嬢、ピョンテク父のことからも、ますますチェオクの「身分違い」というものがクローズアップ

そうそう…。
ビョンテク父のセリフは、頭に来るけど、
あの時代は、そういう時代だったのでしょうね。。。
他の韓ドラの時代劇でも、「身分違い」がありましたが、こればかりは、自分でどうする事も出来ないので、可哀想な二人です。。。
見てるこっちは、「両思いなのに!」と、分かってるだけに、どうなっちゃうのーーーーという感じです。
のり
2006年12月14日 18:24
いろいろな話題がてんこもりという感じでなく、ただ偽金問題を片付けて&身分違いの愛でお終いなのでしょうか??面白くなってきましたが、まだ嵌れずにいます~。
2006年12月14日 21:47
のりさん、
私はすっかりペインになりましたが、実は初見時に、途中ダレた部分がありました。この辺だったか、もう少し後だったか。でも見続けて、新たに見ればまた中盤も楽しめて不思議ですよ~

>ただ偽金問題を片付けて&身分違いの愛でお終いなのでしょうか?
ここはネタバレなので、本当に書いてよかったら、最終回か見終わっての所にコメントに入れますが…
2007年01月11日 22:57
奴婢に対しての態度はピョンテク父のような感じが普通だったんでしょうね。
その分、ユンはもちろんウォネとチェワンの優しさが目立ちます。
2007年01月12日 17:24
sannkenekoさん、こんにちは。
ピョンテク父の態度は、あの時代は普通だったのでしょうね。ユンとの仲に置き換えると、決して結ばれない仲だとわかり、一層辛いです。
そして奴婢から身分を変えてもらうために、危険とわかっても飛び込むチュクチの気持ちもわかりますよね。

この記事へのトラックバック

  • チェオクの剣【第4話】

    Excerpt: 昨日の“チェオク” 最初のテーマ音楽・・・なんとも勇ましくて 耳障りがいい!と思うのは、私だけかな? [:嬉しい:] 最後の音楽は・・・“ドラゴンボール”系?! [:びっくり:] チェオク.. Weblog: おしゃべりな*あひる♪ racked: 2005-11-25 17:53
  • チェオクの剣(第4回)

    Excerpt: 第4回「脱獄」 今回はめまぐるしい展開だったので1時間があっという間でした! え?もう終わり…?って感じでしたね。 ユンとチェオクの切ないシーンにはいつも引き込まれてしまいます。 まず.. Weblog: ゆずじゃむぶろぐ racked: 2005-11-26 16:16
  • 『チェオクの剣』(茶母...タモ)4話みましたぁ!

    Excerpt: 『チェオクの剣』(茶母...タモ)4話...『脱獄』 身分証を置いたまま、捕盗庁(ポドチョン)去るチェオク(ハジウォンさん)同僚であり武官のチュワンに門のところでひき止められるのですが....家族の.. Weblog: 韓ドラのたまり場 racked: 2005-11-27 07:08
  • チェオクの剣 第4回「脱獄」

    Excerpt: なんだか チェオクって演歌の女。身分違いで実らないと知りつつ、ファンボ・ユンを影で見つめるだけ。今回はアクションシーンも抑え気味、バカ息子も出てこない、と思ったら、バカ息子・・・いえ、ビョンテク、出て.. Weblog: ときどき思いつき日記 racked: 2005-11-27 10:36
  • チェオクの剣(茶母)4話

    Excerpt: イ武将、やるね~!!ニクイ・ニクイ。チェオクを捕盗庁に戻すための、あの芝居。いいでないの~!! 今回の4話はこれからのチェオクとソンベクとのかかわりをもたらすための序章という感じなのかな?ソンベクの.. Weblog: diary(徒然なるままに) racked: 2005-11-27 11:39
  • チェオクの剣 05/11/24 Thursday

    Excerpt: 22:00 BS2「チェオクの剣」第4話「脱獄」 本当に左捕盗庁を去るチェオク。 良き相棒?のペク・チュワンおじさんにも引き留められるけど、やはり出ていくチェオクです。 でも、野獣くん.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2005-11-29 09:24
  • チェオクの剣(茶母) 4話 脱獄

    Excerpt: チェオクの剣(茶母) 4話 脱獄2週間空きました。ハ・ジウォンさん、がんばって。あらすじ、感想です。左捕盗庁を出ていく意志が固そうなチェオクです。ペク・チュワンが出て行かないよう止めに入りますが、無駄.. Weblog: Kio -朔北- racked: 2007-01-08 16:23
  • 「茶母 チェオクの剣」(ドラマ韓版)第4話

    Excerpt: 想い想われていても決して超えられぬ身分の壁。 「茶母 チェオクの剣」第4話ドラマ韓版 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2007-01-11 22:50