白夜3.98 第4話

画像
サブタイトル・・・「モスクワより愛を込めて」.

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
オ・グッチョン副部長の策略は、北朝鮮の石油確保の為に、政府軍につき、そして、、、
第3話で、テッヒョンが一緒に行動してた、“反政府軍”の指導者を暗殺する事!
何とも非情な。。。

反政府軍のアジト『サルマ要塞』へ向かうテッヒョンとヨンジュンだけど、途中で車が故障してしまいましたーー
そして、ここは砂漠のど真ん中! 「歩いていく」というテッヒョンに、
「32キロも歩くのですか?」とヨンジュン、、、テッヒョンは、もう先を歩いてます。
砂嵐の中、歩く二人。 テッヒョンは訓練を受けていて大丈夫でも、
ヨンジュンは一般人だし、普通の靴だし・・・、ヨレヨレ。。。
もうここで死なせてくれーーと言うほど。
そんなヨンジュンを時には引っ張り、時には「ほっ被り」を渡してあげるテッヒョン。
そして「この先に水が飲めるところがある」と、励まして・・・
ヨンジュンを見捨てずに、何だかいいシーンでした。
オ部長の司令が、ヨンジュンを死なせるな、とあった…?じゃないよねーー

水を見つけるや、一目散のヨンジュンは、水を飲み放題、浴び放題…。
生き返ったーーという感じ(^^)
テッヒョンが、ふと足元を見ると、足跡…、そしてタイヤの跡。。。
ヨンジュンを狙っている、銃が! この男が撃つ前に、撃ち殺したテッヒョン。 

「砂漠が美しい理由は、どこかに水があるから…
祖国が美しいのは、愛する人がいるから…」
と話すテッヒョン。
これは、テッヒョンとアナスターシャと話していた言葉?
「少佐にもそういう人が?」というヨンジュンの問いに、口を閉ざすテッヒョン。
でも、テッヒョンがヨンジュンに、こういう話をするなんて、
少し距離が、近くなったような感じがします。。。


セルベ要塞(反政府の司令部)に到着した二人。
テッヒョンは、指導者に焦点を合わせるけど…、撃てません。。。
そりゃあ、この前まで、一緒に行動した人です。
非情な感じのするテッヒョンだけど、人間の心があると、ホッとしました。

上の方で、双眼鏡を覗いて、キョロキョロしてるヨンジュン、
頭が出すぎとジャスチャーで合図するテッヒョン。
しかしヨンジュンが相手に見つかって!
また、銃撃戦! ヨンジュンは逃げ惑い(ヨンジュンは逃げるのが上手いかも)
テッヒョンは多勢を相手に銃をぶっ放し、しかし、取り囲まれてしまいました。

ロープで繋がれたテッヒョンに、反政府の指導者は「どうして…」と、
そして、残された道は、「処刑しかない」と言い捨てて、、、
捕まったテッヒョンを助けたのは、ヨンジュン!
「まだいたのか」「帰る方向がわからなくて」 いい会話でした~
逃げる二人、今度は躊躇する事なく、指導者を撃ったテッヒョン。。。

1989年モスクワ。
テッヒョンとヨンジュンは、モスクワに到着、
飛行場で出迎えた人物は、グッチョンの部下? 
ヨンジュンを見て、ちょっと驚いたような…

そんなヨンジュンに、次の辞令が下りました。 
辞令を受け取りに来た時も、相変わらず女たらしのヨンジュン(;^_^A
『ソ連観光事務局』 この辞令は名目上で、
実は「テッヒョンを見張れ」という事。
ヨンジュンは、そんな事・・・という思いだけど、国の命令。。。
でもヨンジュンは、テッヒョンに正直に「あなたの監視役」と話しました。
テッヒョンの部屋には、ヨンジュンの興味のありそうな機械類…?

一人川を見ているテッヒョン。
アナスターシャに、「川を潜っていけ」と言ったのを、思い出しているのかな?
「よくここへ?」とヨンジュン。
「時々見に来る」と、ちゃんと答えてくれたテッヒョンだけど、
「家族は?」の質問に、黙って行ってしまいました。
少し心を開くけど、また頑なになるテッヒョン。

KGBが、家捜ししてるお宅に飾られてる写真は、、、アナスターシャと父!
ちゃんと会えたんだ…と嬉しくなりました~
しかし、嬉しがってるどころじゃなく、
捜索されてるという事は、父はまたトラブルに…?

ピーター・キム(シン・ヒョンジュンさん)に、呼びとめられたアナトーリ・チャンは、
ユリ・キムと再会しました。
ユリキムは、チェチェンマフィアのボスで、どうやら南(韓国)の人間らしいです。
ユリ・キム役は、「オールイン」スンドン会長・「初恋」ヒョギョン父・「チャングムの誓い」オギョモ等々 日本で放送されてるドラマに多数出演しているチョ ・ ギョンファンさん)

アナスターシャ(シム・ウナさん、やっぱりキレイです!)は、大学内で、
KGBから、父の行方を尋ねられるけど、「隠れる人ではない」とキッパリ。
しかし、家に帰ると、荒らされた室内…、不安に思っているところに、
「安全な場所に」とメッセージを持って来たピーター・キム。
アナスターシャは、ピーターに頼んで、父のいる場所へ行きました。

「私の為というけど、人生を振り回されるのはたくさん」と、
父を責めるアナスターシャ。 少女時代に北を脱出した日を思えば、そうでしょう。
それでも弁解しない父。。。
代わりに言ってくれたのはユリ・キムで、10年前亡命を勧めたのは自分だと。
「お父さんは10年近く、CIAに情報を流していた。
それは北が武器の密輸をしているのを、阻止したかったから…」

一人で戦っていたアナトーリ、、、南のギョンビンを思い出しました。。。

そんな父を理解して、アナスターシャは、
父の代わりに、CIAの人物に、フロッピーを届けに行きました。
何とか渡せたけど、尾行されてると、逃げるアナスターシャ・・・
・・・しかし、車にはねられてしまいましたーーー
この車を運転してたのは、テッヒョン&ヨンジュン!
感動の再会なのだけど、お互い気付かない様子。。。 

アナスターシャは、また逃げるけど、KGBに捕まってしまいました。
連れて行くのを止めようとするテッヒョン、相手の身分証を見たヨンジュンは、
「大使館員です」と静止し、相手はKGBだから関わらない方が、と。
連れて行かれる時も、後部座席からも、
振り向いて、テッヒョンを見つめるアナスターシャ、
それを見ているテッヒョン、、、お互い気付いたのかな~?

シム・ウナさんは、ドラマ「美しい彼女」
映画「カル」・「八月のクリスマス」で、拝見してました。
シン・ヒョンジュンさんは、ドラマ「天国の階段」のテファ(実はテファびいきの私)「風の息子」のサンに続いて、三つ目のドラマ視聴です。

「白夜3.98」 他の回はこちらです。

白夜 DVD-BOX
白夜 DVD-BOX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sannkeneko
2005年11月15日 19:23
テッヒョンとヨンジュンの距離感・・・というより、
変化していくんです、ふたり自身が。
それなりに落ち着いた生活を送っていたらしいアナスターシャ。
この事件をきっかけに大きな渦に巻き込まれていきます。
・・・どうもネタバレっぽくなりますね、ごめんなさい。

PS.3話もトラックバック入れさせて頂きました。
2005年11月15日 22:27
sannkenekoさん、こんばんは~
>・・・どうもネタバレっぽくなりますね、ごめんなさい。
いやいや、これくらい全然OKですよ~
かえってストーリーを追うのに、役立ちます(^^)
テッヒョンとヨンジュン、どんな風に変化していくのか、注目していきます。
この回のアナスターシャは、第二話の後、ちゃんと父親に会えて、大学に通っていて、安心しました。
でも、また波に飲まれていきそうですね。。。

この記事へのトラックバック

  • 「白夜」(「白夜3.98」)第4話

    Excerpt: シリアスな話で本当に書きづらい「白夜」(「白夜3.98」)。 ネタバレ<あらすじのような気が・・・。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2005-11-15 19:15