愛の群像 第15話

画像
サブタイトル・・・「春のからっ風」

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
シニョンとジェホのキスシーンを見てしまったヒョンスとギルジン。
初めてヒョンスが、可哀想…と思いました。
ヒョンスの肩を抱いて、見せまいとするギルジン先生・・・

次の日、「昨日見たわよ 最初からホレてたんでしょう」
と怒るヒョンス。 またたそがれてしまうシニョン。
ヒョンスは、ジェホを呼び出して、ビンタ!
「いつまでフラフラしているの? みんなが傷つくって分からない?」
と責めたててたのに、「結婚しましょう」
ヒョンス、そんなキツイ言い方だと逆効果のような気が…

ギルジンは、
「少し時間をあげるから考えるんだ。
まさか、ジェホと結婚しようなんて思ってないよな?」なんてチクリ。
ジェホとシニョンでは年齢も境遇もつり合わない。
僕を振るならもっとマシな奴を連れて来い。 

ジェホを見下してるような、発言…
そして、シニョンの父に、「シニョンをください」と。
「何かあったのか?」と聞く父に、「シニョンには好きな男が…」
ギルジン先生、シニョンがダメなら、父親から?
こんな手を打つなんてーーーー! ちょっとガックリ。。。

シニョンは、前にポケベルをヒョンスに見られたのに、
またテーブルの上に置きっぱなし…o(-_-;*)

やっぱりヒョンスに見られて、「ジェホからよ」
そして、「ジェホは、今は揺れてるだけ 私と結婚するって言ったわ
もう本当にやめてくれない?」 結婚するなんて言ったっけ??

ヒョンスからもギルジンからも言われるから、
シニョンは、全然自分の気持ちに正直になれないみたい。。。

次の日大学に現れたジェホに、シニョンは迷惑そう。
「怖いんですか?」と言うジェホをビンタするシニョン。
「こうするしか、自分を表現できません…信じてください」
ジェホが立ち去ると、こぼれる涙をぬぐうシニョン。
涙するくらい好きなら、素直になれば・・・と思うんだけど。。。

市場まで来たヒョンスに、ジェホは怒ってます。
「シニョンとあなたでは釣り合いがとれない。
結婚する気?きっと家族も反対するわよ」
しかしジェホは「半年付き合って初めて君のために言う。
君のことは愛していない」とキッパリ。
そこに、借金の取立て屋が!
「お金を貸すわ、私なら出来る」と言うヒョンス。
ジェホは、益々怒って、車から降ろし、
そしてシニョンの家へ行き、チャイムを鳴らすジェホ。

その他の人々。
今日は帰らないと言ってたジェヨンは、ソックを連れてホテルに!
積極的すぎ・・・(;^_^A
ソックは、ジェホとの約束も忘れて、押し切られちゃって~~~
何も無かった(?)けど、お互い愛し合ってるという事を確認。
ジェホに約束したのに、いいのかいソック~?
でも、好きなもの同士、引き離すっていうのも、かわいそうだし…


シニョン父は、シニョン母に、
「今日友達と会うと言ってたな?イ・ジンスク」
ジンスクの名前は、チョン・ジンスク。 
ヘジャさん、わざと違う苗字を言ってるんですね~

その友達が社長の奥さんと聞いて、
「俺は大企業の室長、シニョンは教授と、ホラを吹いて
ストレスを発散してこい!」とシニョン父。

ヘジャは、ジンスクに、夫が言ったように、ホラを吹いてます(≧О≦)
この二人は、火花が、バチバチッという感じで、
ああ言えば、こう言うで、面白いです!
「主人が浮気してるの 飲み屋の女ですって、浅はかだわ。 
私と同年代らしいの わざわざ年増の女と…」 
その「女」を目の前にして、ヘジャさん言います!
帰り際、「いつかうちに来てね 主人も喜ぶわ」って、
バッタリ会わせようと、たくらんでるヘジャ~~~

シニョンの髪色が、黒くなったり茶色になったり、また黒くなったり…
ストーリーと関係ないけど、気になってしまいます(~_~;)

「愛の群像」 他の回は こちらです。

小説・愛の群像(下)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック