韓国ドラマ 秘密 第7話

画像
サブタイトル・・・「妹の策略」

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
ジウンのベットで、一緒に寝るヒジョン姉妹。
ヒジョンは、とっても嬉しくて、自分が初めて父の家に引き取られた話など、
懐かしそうに言ってるけど、ジウンは背を向けたまま・・・

新ブランドの主任として、張り切るジウン。
そこに出て来たヨンミン、
「立ち上げまでの主導権は私です 社長の指示です」とキッパリ。
そして、ジウンが進めた企画は、ありきたりだと、バッサリ!

ムッとして帰宅したジウンは、ミョンエが服を作ってくれていて、大喜び。
紫と白色のブラウスが二着… 
もうひとつは、ヒジョンの、と言われて、ガッカリのジウン。
「ヒジョンは色白だから、何でも似合うけど、あなたは色黒だから」
と白いブラウスを渡して、「色黒なのは、お父さんに似たのね」とママ。
ジウンには、グサグサくる言葉でしょうね~

ジウンは、自分を嫌ってるハ主任を呼び出して、
「私のさじ加減で、出世が決まる」と言って、仲間に引きずり込みました。
「倉庫の在庫整理をして」と命じるハ主任。
これは、新人はやらなければならない事だから、まあ仕方ないけど、
最後の方で、策略が待ってました。。。

ヒジョンは、父の病室で、徹夜してデザイン画を描いたけど、
ジウンに提出したら、見てない時にポイッと机の奥に。

新ブランドのデザインは、ジウンので行くというミョンエ。
ヨンミンは反対するけど、頑として聞かないミョンエに、
「デザインのタッチが、社長と似てますね」 ママが加筆したんですね…
ヨンミン、今回も、チクリと言ってくれます!

ヒジョンに、洋服にビーズをつけてと、命令するジウン。
「私はデザインを描かないとならないから、急がしくって~」と、
これ見よがしに、わざとらしく言うジウンは、笑えます~( ̄ー ̄)
居残って、ビーズを付けてるヒジョンは、疲れるけど、ちょっと楽しそうです。
服を作るのが、すごーく好きなんだなぁ、という感じ♪
ジウンは、こんな事頼んで、遊んでるのかと思ったら、
ちゃーんと、デザイン画を描いてました~ 少し見直したよ~

ヒジョンの所に、夜食を持ってきて、「いつも一人だったんです」とヨンミン。
ビーズ付けまで手伝って、慣れない手つきで危なかっしい…
…と思ったら、ヤケドしちゃいました~
ヒジョンが、水で冷やしてあげてると、愛しそうな目で見つめるヨンミン。
「最近、ヒジョンさんと会うと自分で無くなる。
私は他人に感心の無い、自分勝手な奴です。 最近可笑しいんです。
食事をちゃんとしただろうか? 雨の日は傘を持ってきただろうか?…
…バカみたいでしょう? ヒジョンさんが責任取ってください」
告白(?)されたけど、何も言えないヒジョン。
ジウンが陰で聞いてます。。。

ミョンエの家では、ヒジョン・ジウンの祖母の写真を見て、盛り上がってます。
ミョンエの若い頃の写真を見たお手伝いさん、
「ヒジョンさんと似てますね~瓜二つです」
そう?なんて笑ってるミョンエとヒジョンだけど、
階段で聞いてたジウンは、ビクッ! 
降りてきて、「お父さんがこんな時に不謹慎よ」と泣いて、
ママに抱き付いて、「今日はママと寝ていい? 毎晩金縛りにあって…」
遠まわしに、「お姉ちゃんと一緒のベットじゃイヤだ」って感じ。

ヨンミンは、ミョンエにデザイン画を見せて、
今度の新ブランドは、こっちにしたいと。
ミョンエはジウンを採用したいからか、「悪くはないんだけど…」と
言葉を濁すけど、、、、結局OK。
サンプルが出来上がってきて、舞い上がってるジウンに、
「ヒジョンさんのを使います」と、冷水を浴びせるヨンミン。
自分でも、頑張ってたであろうジウンは、ガッカリして早速ママに抗議。
「私が決めたの ヒジョンの方が、あなたより、上なのは事実よ…
…何があっても、あなたが娘という事には変わらないんだから」
ママの励ましの言葉は、ジウンに、またもやグサグサ。。。

ヒジョンは、ジュンクラブの事が気になって顔を出し、
ジュノが、店の為に頑張ってると聞きました。
デザイナーが見つからないと知って、自分のデザインを預け、
それを店員のソンジュから受け取ったジュノは、ヒジョンに返しにきました。
「こんな事してるヒマは無いはずだ」 
帰ろうとするジュノに声を掛けるヨンミン。
「店の事で、ヒジョンさんをに心配かけないで、もうこの会社の社員なんです」
ヒジョンが一方的にした事なのに、ジュノがちょっと可哀想・・・
「ヒジョンさん、あなたも気を引き締めて」
これは、確かにそうですね。
ヨンミンを置いて、ジュノを追いかけるヒジョン・・・、ヨンミン残念です^_^;
でもジュノは、ヒジョンを突き放します。。。

事務所に帰って来たジュノを待ってたのは、ジウン。
「最低ね お姉ちゃんと会ってたの?まだ好きなの?」
これには、「何?」とジュノ。
「このろくでなし! 二重人格、バカ・アホ…」と罵倒するジウン。
↑これは、そっくりそのまま、ジウンの事のよう。。。
突然現れて、自分勝手な事を言うジウンに、怒ったジュノは
「お前が可哀想だから、付き合ってやったんだ もう会いに来るな」

ジウンは、策略を開始。
倉庫からシルクの布地を盗んで、
最後に、倉庫整理をしたヒジョンに、罪をなすりつけようとするけど、
ミョンエは、「別な布で作ればいい」と、疑わず。
更にジウンは、その布地で、友達に服を作って貰ってました。
それをミョンエに見せて、
「お姉ちゃんの働いてた店に売っていた。
そこの社長とお姉ちゃんは、恋人同士。
お姉ちゃんは、私をねたんでいる マンションさえ貰えればと言ってた。」
いかにヒジョンが嫌な子か、ウソを話すジウン。
この時「親の顔色を伺って育つと人ってウソつきになる」と言ってたジウン。
↑これも、そっくりそのままジウンの事・・・

最初はヒジョンを信じて、庇ってたミョンエだけど、
段々とジウンのウソを信じてしまって、、、ε=( ̄。 ̄;A …
食事中に、 「人が成功するためには、正直でいる事が大事。
裏表のある人間は、まわりを不幸にする」
とヒジョンに何気なく説教。
まるでジウンの事だけど、それを聞いてるジウンは、何とも思わないみたい…

ジョンマンの先輩のおじさんが、事故の事を知って、ミョンエの家に。
そういえば、この人も事実を知ってるんだった!
このおじさんが、事実を話してくれれば…
でも先にジウンが帰ってきたらどうしよう… 
と思ってたら、
ホントに帰って来ちゃいました(_ _。)・・・
しかもジウンが娘と言ったら、「ヒジョンかい?」だなんてーーー
こりゃあ、ジウンに、隠されてしまいそう。。。

ヒジョンは病院で、ヨンランのカレとバッタリ。
車椅子を押してあげてると、ヨンランが。
「兄の事、頼みますね 私じゃもうダメだから…
あの人もかわいそうな人なんです 優しくしてあげてね
あんな明るい顔のお兄ちゃん、両親が死んで初めて見た」
兄に反発してたけど、兄を思う気持ちは残っているヨンランでした~

「秘密」 他の回はこちらです。

秘密 (下)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

こーわ
2005年10月05日 17:42
ジウン、みんなを騙して 嘘を言い続ける 醜いです。
嘘で塗り固めても 最後には 身の破滅になるだけなのに、あそこまでさせるのは 母の七光り目当て。
貧乏は 嫌だっただろうけど、姉を陥れたい理由は 元々 なかったはずだから、、、
時々 ジウンが鬼の様な表情をするのが 怖いです。
でも ちょっと 漫画ちっくよね?(^_^;)
2005年10月05日 22:39
こーわさん、
嘘に嘘を重ねていくジウン、醜いですね。
でも、そんな事をしているジウンって、哀れ…。
こんな事をしていても、いつかは身の破滅になるのにね・・・

>でも ちょっと 漫画ちっくよね?(^_^;)
そんな感じのドラマですね。
そういうの、嫌いじゃないです。

この記事へのトラックバック