太陽に向かって 第5話

画像
サブタイトル・・・「フェアプレー宣言」

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
この日は、ウジンの誕生日だったんですね…、
前回のラストでは、気付かなかった私。

ヘリンは、そっちには行かずに、ソンミンを探しに向かったのでした。
ヘリンは、海に入ろうとするソンミンを発見、
すっかり酔っ払っていて、目は真っ赤。
ヘリンの手を引き、船の中(見学出来るみたい)を案内するソンミン。
そこには、ソンミンの亡き父の写真が飾られていて、敬礼し、ヘリンを父に紹介。
戸惑うヘリンだけど、「心の中では生きてますものね」
「ヘリンさん、ヘリンさん・・・・・・、この名前を呼ぶと、気分がいいんです。」
と言うソンミンに、ニッコリと笑うヘリン。
前回までなら、モロに嫌な顔してたけど~~~

父の残したメモ(ここに展示してある?)には、
ソンミンの事を、「未来の海軍艇督」と書いてあり、
「あなたを誇りに思っているでしょうね」と言うヘリン。
寝ながら点呼を取るのを披露したり、
海軍の歌(?)を振り付けしながら歌ったり、何だか可笑しいソンミン。
静まり返ったと思ったら、
「もう二度と船には乗れなくなったんです…僕の夢は消えました…」
顔を隠して、泣いているソンミン。
父と自分の夢を、叶える事が出来くなってしまったソンミン、
酔っ払っちゃうのも、分かります。。。


そうこうしてたら、閉館時間になって、電気は消え、シャッターは閉まり、
閉じ込められてしまいましたーーー
ヘリンの携帯は、車の中・・・虚しく鳴っています。
かけていたのはボナで、
ウジンのお墓参りに行ったまま戻らなくて、心配してます。
そこに居たスンハは、「いつまでもウジンなんかを」と、
ボナにすごーく失礼な事言って、怒ってます(--〆)
ソンミンは、酔っ払って寝ちゃったのかと思ったら、すごい汗!
どうやら、高熱が出ちゃったようで、
汗を拭いてあげたり、ハンカチをおでこに乗せたり、、、、

翌朝、戻ったヘリンは、ボナから大目玉。
「霊と一夜を過ごすなんて どうかしてるんじゃない」とボナ。 
違うと、ヘリンから成り行きを聞いて、
「じゃあ、ソンミンさんと、一夜を過ごしたのーーー
知ったら、スンハ先輩、大変だわ~~~」と、
夕べスンハに、八つ当たりされたボナ。
「ねえ、もういいんじゃない?いっその事…そろそろ好きになっても…?」
とボナに言われても、否定するように、ドアをバタンと閉めるヘリン。

何で気持ちが伝わらないのか…、どんなにヘリンを心配していたか…、
と、しんみりと話すスンハ。
でも、彼が言うと、全然同情心が沸かない…
…それは、ヘリンも同じだったみたいで、
「先輩の気持ちは重荷なんです、だから嫌なの」 
ここで言われたら、もう諦めた方が・・・
スンハは、術後の患者を放り出して、ボナの所でヘリンの心配をしてたらしく、
患者は合併症を起こしてしまい、教授に叱られてました~
ちょっといい気味…! なーんて思ってたら、
この教授は、スンハの父! しかも院長。
「耳に入るほどウワサが広がっているよ~ 
患者へのケアも大事だけど、うちの息子のケアも頼むよ」
こんな事言われて、困ってしまうヘリン。

病院にヘリンにお礼を言いに来たソンミン、もうヘリンは逃げません!
なんで、あんなに酔ってたか、話すソンミンを、
「チャンスはいつも危機の中にある」と励ますヘリン、笑顔です~~~
ヘリンの言った言葉を、かみ締め、鏡に向かって気合を入れるソンミンでした!

スンハは、副艇長・ギチョルとの電話で、
ソンミンがヘリンとうまく行ってるんじゃないかと聞かされ…
そんな時、スンハは、病院に来たソンミンとバッタリ。
「俺達二人には、共通なライバルが居ますよね ウジンという…
フェアプレーで行きましょう」と、握手をしようとするソンミン。
手を払いのけ、「気をつけろ 危ない目に合うぞ お前なんか相手にしてない」
「どっちが先に、ヘリンさんを射止めるか」 火花がバチバチ。。。

看護師たちのウワサでは、スンハはヘリンをゲットするために、
どんな手段をも使うらしい・・・!
去年は、ウジンと別れさせようと、ヘリンを地方の病院へ飛ばしたそう。
その事を聞いて、彼氏はそれが原因で事故に?と、話が飛躍する看護師ジナ。
私もスンハが、何か人為的に仕掛けたのかも。。。と予想。
で、そのスンハは、神経性胃炎。
なぜかヘリンに診察させるスンハ。 ジナいわく「内科じゃないでしょ」なのに…

ヘリンのお父さんが、健康診断に訪れました。
スンハはわざと、ヘリンの手術日に来させたみたい。
お父さんを送りがてら、「ヘリンさんと結婚したい」と、言い出し、
まずは、外堀を埋める作戦のスンハ。
お父さんは、妻に片想いのまま結婚した事を話し、
「そういうのは辛いぞ」と、OKとは言わなかったけど、
「昔のような笑顔を、取り戻してやって欲しい」と頼みました。
手を握って、涙ぐんでるスンハだけど、
「フェアプレイ? 笑わせるな」 と心の声...... 嫌な男ーーー

異動のお祝いと称して、ヘリンとデート(?)のソンミン。
向かった先は、ウジンのお墓・・・。
この前行かせるのを邪魔してしまったから、連れてきたのです。
ウジンのお墓に、お祈りするヘリンの横顔を見つめるソンミン。。。
そして自分もお墓の前に行き、「ヘリンさんを愛してます」と言うソンミン。
ヘリンは、ウジンの墓前に
「そんな事絶対に無い」と言って、飛び出して行きました。
ソンミンは、「これからはあなたの分まで愛するので 見守っていてください」
そうウジンに告げて、敬礼。

外では、雪と戯れて遊んでる男の子、女の子。
自分とウジンも、同じように無邪気戯れた事を、思い出すヘリン・・・
ヘリンのそばに行き、「雪が好きですか?僕は、雪が嫌いです」とソンミン。
「母が倒れたと聞いた時も、父の遺体が戻って来た時も雪・・・、
雪合戦、雪だるま、みんなが楽しく遊んでる間、僕は…」
寂しく話すソンミン、その後姿に雪玉をぶつけるヘリン。
怪訝そうなソンミンに、何度もぶつけるヘリン・・・
・・・そのうちソンミンも、雪玉をぶつけて。。。
雪をかけあって、子供のように遊ぶ二人は、笑顔いっぱい!
ヘリンは、雪の辛い思い出から逃げているソンミンに、
逃げちゃダメと、言ってるように見えました。
ヘリンも、辛い思い出から、逃げないで。。。


ジェヒョンとスジンは、ようやく素性を知る事に。
更にスジンは、ジェビョンが、兄を以前ケガさせた上に、
今回クビになりかけた原因の男と、副艇長から聞かされて、更に衝撃。
その時、「それでも、いい事もあるぞ、フィアンセと一歩近づけた」と、
なぜかジェヒョンを庇うソンミン。

ジェヒョンは、スジンの大学の講義の最中に飛び入り…、
・・・ちょっと迷惑なんじゃ( ̄ー ̄?) でもこの行動ソンミンみたい.....
自分の熱い気持ちを語ってたジェヒョンだけど、
「君に電話してた携帯を落として、命を落としそうでした」なんて言い訳して、
「だから何?」 ←スジンと共に、私も思ったよ・・・
「責任を取れって?」というスジンに、
「そうしてもらえると…」と男らしくないジェヒョン。
ケリを入れて、「私の気持ちをとっくに終わった」とすっかり怒ったスジン。
でも、この二人、これで終わりじゃないんだろうなぁ。。。
ソンミンの異動先の「作戦室」は、ジェヒョンの所属らしいし・・・

「太陽に向かって」 他の回は こちらです。

太陽に向かって(テヤンソグロ)OST(SBS TVシリーズ)(韓国盤)
太陽に向かって(テヤンソグロ)OST(SBS TVシリーズ)(韓国盤)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sannkeneko
2005年10月30日 12:50
前半を見逃したのでpandaさんのところで確認・・・。

>この日は、ウジンの誕生日だったんですね…、
>前回のラストでは、気付かなかった私。
えっ?そういえばヘリンとボナがそんな話を・・・。
あら、私も気がつきませんでした。

>「だから何?」 ←スジンと共に、私も思ったよ・・・
だから~?という世界でしたね。
ソンミンとジェヒョン・・・似ているかも。
2005年10月30日 18:03
sannkenekoさん、
ウジンの誕生日、忘れてたのは、私だけじゃなかっく、ホッとしました。
ヘリンは、それでも、ソンミンを心配したんですね。

ジェヒョンの、好きな相手に突進する行動を見て、
ジェヒョンって、ソンミンみたい…と思いました。
cocoans
2006年08月04日 12:25
pandaさん、こんにちわ

>静まり返ったと思ったら、
ここ、爆でした。その前のソンミンは歌ったり、本当にうるかったですよね!子供みたいでかわいいわ~

ウジンよりソンミンを選んだ、という事はヘリンにとって大きな変化ですよね!
泥の足跡は残っているんだなと実感しました。
2006年08月04日 21:25
cocoansさん、こんにちは♪

ソンミン、酔っ払ってはしゃぐように、歌ったりしゃべったり、子供みたいでしたよね!そうかと思えば、急に静まり返って、寂しい事言うから、ヘリンもホロリですよね、きっと。

そのヘリン、ウジンの所に行かずソンミンを探しに来て、そしてすごく笑顔を向けるようになりました。ボナの言う事は、当たりでしたよね!2人の恋の行方が楽しみになってきた頃かな~
のり
2006年10月31日 02:10
pandaさん、こんばんわ~!!
5話にきて、カテゴリーがあることに気がつきました。
pandaさんの視聴はちょうど一年前なのですね。
こちらでは一回テレ東で吹き替え版で放送されましたが、吹き替えはちょっと・・・と視聴せず、ただいま字幕で視聴しています~。

昔のドラマだけど、割と楽しめています。
ちょっと海猿?と思うようなところもあり、でもこれから恋愛モード前回なのでしょうか?
スジンは「ガラスの靴」でジソプ妹役で初めて知った女優さんでした。日本でいうと「矢田亜希子」のような妹やらせたらNO1という女優さんでしょうか?大好きです。「愛郡」のヨン様妹役をやった女優さんとちょっと似ているような、でももっと庶民的のような感じで可愛らしいですよね~。

のり
2006年10月31日 02:11
(つづき)

「ガラスの靴」の毒蛇の下についてたわりといい奴がスンハ(サンウの恋敵)かな、と思い見ています。看護婦はムン・ユナでしたね。今回はわりといい役なのに、どうしても意地悪に見えてしまう~~。生田智子と森口瑤子を足して2でわったような感じですね。

「天国の階段」の頃まではサンウ好きだったのですが、どうもブレーク後の事務所や本人の行動がいまいちで、
最近は作品は見ても応援はせず、という状態でしたが、
久々に純真そうなサンウを見れた気がしてます~!
制服姿、似合ってますね~!
2006年11月01日 10:12
のりさん、こんにちは。
ムン・ユナは、私はこちらを先に見てたけど「パリ…」を先に見てたら、本当はイジワルなんじゃ?と思ってしまいそうです。スンハ医師はその通り「ピアノ」の人です。このスンハは嫌な男だけど、何だか同情してしまう部分も(多分少数派)。スンハの父は数回しか出ないけど「白夜」のオ・グッチョル(ソンシムの父)ですので、チェックしてください。
サンウの初主演ドラマだそうで、彼の軍服姿やモムチャン姿、恋愛に一直線な部分など、ファンだったらより楽しめそう。私はファンではないので、気軽に見てました
。途中抜けてる回もあるけど、それでもついていけるドラマで、突っ込みどころも多いしイラッともしましたが、軽く見れるドラマかな?

この記事へのトラックバック

  • 「太陽に向かって」第5話『フェアプレー宣言』

    Excerpt: 前回ラスト、ジェヒョンの携帯電話事件で部下の監督責任を 問われたソンミンです。 艦上公園を力なく歩いて海を見つめてボ~としているところに 車で来たヘリンが呼び止めて・・・。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2005-10-30 12:38
  • 『太陽に向かって』第5話

    Excerpt: 韓国ドラマ『太陽に向かって』第5話~フェアプレー宣言~このとき少し酔っ払ってるのでヘリンが支えています。 Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2006-08-04 12:27