太陽に向かって 第4話

画像
サブタイトル・・・「忘れられぬ人」

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
前回の続きから、
ガラスのビンを、割ってしまい、ケンカ腰のスンハ。
マ隊員が筆頭に、殴りかかり、隊員達もそれに続き、止めに入るソンミン........
結局、スンハの傷より、止めに入ったソンミンの方が、ひどい顔。。。

「どうして、私なんかを好きになったのかしら…」とヘリン。ボナは、「どうしてダメなの?」と言うけど、
「ダメに決まってるじゃない」 と、他の人の入る隙間のないヘリン。
このセリフは、スンハにズキッと来たみたいで、一人激怒!

軍に戻って、隊長から、説教される面々。
しかし、この隊長は、とっても話が分かる人で、
「女に会いに行く前に、手榴弾を持たせてやる」なんてジョーダンを~
しかし、冗談じゃなく、この作戦で結婚したそうで・・・(*_*)

顔の傷を見たスジンは、ビックリして、隊長に電話。
そして、ソンミンが三ヶ月以内に結婚すると知り、
自分にナイショにしてたなんて裏切り!と家出騒ぎ。
兄も熱いけど、妹も熱くなるタイプみたい。。。
手の傷も、「あの女のせい」と分かり、怒ってたスジン、
「高級レストランにいた」と口を滑らせてしまって、誤魔化して、
つい、“その女をゲットする作戦”を考えよう、という話に~

ソンミンの事を、何気なく心配してるヘリン。
ボナは、ヘリンの気持ちも揺れていると感じたのでしょうね~
ソンミンと会い、ヘリンに惚れたのは、外見や医者という肩書きじゃなく、
真剣だと感じたボナは、その後、「いい男よ」と勧めるけど、「イヤよ」とヘリン。
「泥の中飛び込むように、私の心に入って汚されているような感じ」
と、ソンミンを評するヘリン。
「足跡が残ってるって事なんだ~、何か感じるものがある人よ」とボナ。

ヘリンのお父さんが尋ねて来ました。
机の上にあった、婚約者の写真集を見て、悲しそうな表情。
牛乳の栓のヒモを切ろうとするヘリンに、
「切るんじゃなく、結び目をほどくんだ」とお父さん。
この言葉のおかげか、ボナのおかげか、ヘリンはソンミンを誘いました~
携帯を握り締めて、固まってるソンミン! なぜか、部下達も、大喜びーーー!

デートの申し込みと思って、喜んで出かけたソンミン。
多分、一番のオシャレをして、、、
しかし、ヘリンはデートではなく、「ハッキリと言う為」誘ったと。
「友達にバツ一でも、子持ちでもいいって言ったんですって?」と言うヘリンに、
「ヘリンさんと運命を共にします」と、キッパリ言うソンミン。
「頭が変だと思っていたわ…、この間までは…」とヘリン。
「今は違うんですね~」と喜ぶソンミンは、
持ってきたプレゼントの本を差し出しました。
帯には「ユ・ウジン遺作」の文字が・・・
本屋さんで、ソンミンは、別な本を見てたんで、
そっちを買ったかと思っちゃいました。

帯を破って、平静で居られなくなったヘリン、
「私は、今結婚しているんです。今は…彼が異国にいるから…」
やっとの思いで話すヘリン。
ヒマワリが太陽を向かうように、私にとって彼は太陽みたいな人…
そう言って、出て行くヘリン。
忘れた携帯を持って追いかけたソンミンだけど、ヘリンは泣いてます。。。
「そんなにイヤだったのか…」
ソンミンは、自分が嫌で泣かれたと思ったらしい。。。

スジンは、兄の恋に協力的になって、
アレルギーの漢方薬を作ってくれてました。
コトコト、一晩中煮つめて、出来上がった漢方薬の煎じたヤツを、
直接渡せないからと、ボナの所に届けるソンミン。
ここで、ヘリンの泣いてしまった原因を聞かされたソンミン。
丁度ボナの店に来たヘリンに、漢方薬を渡すけど迷惑がられて…
立ち去ろうとするヘリンに、
「さぞかし辛かったでしょう…」 このセリフ、ジーンと来ました。。。
「僕も両親を亡くして13年2ヶ月たちますが、今でも心の中で生きています。
辛い気持ちは、よく分かります」とソンミン。
「分かるなら、放っておいて、彼だけを一生愛して生きる」
そんなヘリンの気持ちを汲んで、身を引くと言うソンミン。
そう言いつつも、「一ヶ月、航海から戻らない」と話すけど、
戻っても会う気はないと、キッパリ言われてしまい、悲しい目のソンミン。
「1か月間あなたを忘れない」と告げて、帰って行きました。
 
そんな事言ってたヘリンだけど、漢方薬は持って帰り、
冷蔵庫にちゃーんと入れて、ある日、ふと手に取り、飲んでみて、
あの顔は、意外と美味しかったみたい?


ジェヒョンは、スジンに連絡を取りたくても、
いちいち公衆電話に行かなければならなくて、大変です。
何度も母に泣きついて、ようやく携帯電話を差し入れしてもらう事に。
面会所で、ジウンの後ろにいるジェヒョン母。
そこに向かってるソンミンとジェヒョン、いよいよご対面?かと思ったら、
ジェヒョンが、持ち込み禁止の携帯を持ってきたのをバレないように、
ソンミンを避けたおかげて、対面は無し。

しかし、この携帯電話が、思わぬ事にーーー
ジェヒョンったら、あんな堂々と電話してるんだものーーー!
当然、ソンミンと副艇長に、見つかってしまいました。
取り上げようとする副艇長、そこに出動命令が!
もみ合いになるうちに、海に落ちたジェヒョンはカナヅチ......!
ジェヒョンを.助けるために、海に飛び込み助けるソンミン。
このせいで、出動命令を無視した事に。。。
軍の命令を無視した行為は、大変なものなのでしょう。
それプラス、部下の管理責任も問われてしまって・・・

高速艇が、帰港したのに、戻ってこない兄を心配したスジンは、
ボナの美容室に駆け込み、兄から連絡がないかとヘリンに尋ねました。
ヘリンは、「もう会わない」と言ったものの、車を走らせます。
すると、フラフラと歩いているソンミンが!
海の方へ歩いて行き、落ちるかと思いましたーーー
振り返ったソンミンの目には、涙が浮かび・・・
 
「太陽に向かって」 他の回は こちらです。

クォン・サンウ 公式プレミアムボックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sannkeneko
2005年10月17日 19:35
>ヒマワリが太陽を向かうように、
 私にとって彼は太陽みたいな人…
ドラマタイトルは何でしょう?と思っていましたが、
ここから来ているんですね。

ところであの漢方薬、まずそうではなかったですね。
もし効くのならレシピが気になるわ(笑)。
色々入っていましたよね。
2005年10月18日 12:48
sannkenekoさん、こんにちは。
>>ヒマワリが太陽を向かうように
私もここで、「おっ!タイトルは、ここから来てるだ」と思いました。
ソンミンを見てると、「あの太陽に向かって走ろうじゃないか」と昔の青春ドラマっぽい感じがしてましたが…

漢方薬、私もレシピが欲しいです!
ああいうのって、不味いのが多いですからね~
(何度も飲んでは挫折した思いがあり…)
cocoans
2006年08月02日 15:58
こちらもこんにちわ
4話見逃してしまいました。
ヘリンに益々嫌われてしまったんですね。なんでよりによってウジンの写真集を。

>泥の中飛び込むように、私の心に入って汚されているような感じ
とはすごい表現だと思いましたが、ボナの言葉もなるほどでした。いい友達ですね。
漢方薬、私も花粉症なので知りたいです!まずそうだったんですか^^;
2006年08月02日 21:22
cocoansさん♪
そうなんです~!やる事なす事、ヘリンに嫌われてしまうソンミンなのでした。
生花を楽しめないヘリンの為に、花の写真集を買ったのだけど、それがウジンのとは・・・
ヘリンの為に、花の写真を撮り続けて、楽しませてくれたウジン。
ソンミンとウジンの発想は、似てる気がしました。

ヘリンの「泥の…」発言は、すごい事言ってますよね。確かにソンミンが、ズカズカと入って来てるけど、ボナのいうように、「足跡」のような感じです。

漢方薬は、ヘリンの顔は意外とマズくは無さそうでした。漢方薬って、口に広がる感じで苦手な私だけど、試したいと思いました(アレルギー性鼻炎&ぜんそく持ちなのよ~)

この記事へのトラックバック

  • 「太陽に向かって」第4話『忘れられぬ人』

    Excerpt: 前回の病院前のシーンから始まりました第4話。 ソンミンの汗と努力と火傷の賜物のビンを地面に叩きつけたスンハ。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2005-10-17 19:23