グッバイ・マイ・ラブ 第8話

画像
サブタイトル・・・「偽装」

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
逆らった事を言ったミンスを、ギテは怒ってます。
図星なんだけど、、、
友達と飲んで、散々ミンスの悪口言って
「縁を切ってやる」と言ってます。。。
そして、すっかり酔っ払ってるのに、
自分で運転するって(*_*;
案の定、人を撥ねてしまいました。
ギテが、こんな時頼れるのは、あれだけ悪口言ってたミンス・・・
タクシーで駆けつけたミンスに、ギテは「助けてくれ」と。
身代わりになって欲しいんだけど、ミンスはOKしません…
でも、警察にどちらが運転してたら聞かれて、どちらも答えないから、
とうとうミンスは、自分だと。。。
この時ギテが「こいつが」と言わなくて、ちょっとだけホッとしましたが…

ギテは「何とかしてやる」と言っても、自分では出来ないから、
父に事故の事を言いました。
ミンスは、家で飲んでたから、飲酒運転なんですね。。。
ギテ父は、怒ってます!
私は、ギテ父は、何か事情があると察して、ミンスを信じてくれると思っんだけど、
そう、うまくは行きません。
ギテ父の信用を無くしてしまった、ミンス。。。
信じてくれたのは、ギテ妹・ヒジョンだけ。
実の兄・ギテより、ミンスを慕ってるだけあって、ギテを疑っていて、
「あんな時間に、ミンスが兄さんの車を一人で乗ってるのは変、
昔から、何かあると、ミンスのせいにしてた」と。
反論する兄・ギテに「その汚い友情いつまで続くか」と言ってくれました~

ヨンジュは、血液検査の再検査で、
「白血病」と診断されてしまいました........

信じられなくて、医者に怒りをぶつけて、
別な病院でも診てもらうけど、結果は同じ。。。
ヨンジュは兄弟がいないから、骨髄移植は難しいし、
治療にお金がかかる…と言われて、呆然としてしまって。。。
命のかかった病気になったのに、お金がなくて…なんて切ないです。
とある、韓ドラでも、同じようなシーンがありましたが
こちらのドラマが先だったんですね。

それなのに、失恋して寝込んでるジョンエは、「死にたい」と。
そんな事を聞かされるヨンジュは、
「私も死にたいの、それなら一緒に死にましょう」と怒鳴るしか出来ません…
そして、フラフラと街を彷徨ったり、放心状態のヨンジュ.........
涙を流す気力さえない感じで、痛々しいです。。。


ミンスはギテ父に怒られて、チェジュドの仕事を降ろされてしまいました。
落ち込むミンス。。。
ギテは、「今日はお前と飲みたい気分だったのに」だなんて、
ミンスが一緒に飲みたいハズないでしょうにーーーー!!!!!
昔のトラック仲間に、そんな事があったなら、
辞めてまた一緒にトラックに、と言われたし、
ギテ父の信用も無くしたし、ギテの相手にも疲れたのか、
辞める決意をしたようなミンスは、部屋の片付けをしてました。
ヨンジュをホテルに連れ込んだ時の、切り刻まれたスボンを
ちーゃんととってありまし~~~
そのズボンを眺めていると、ヨンジュから電話が・・・

ミンスを待っていたヨンジュ、とても寂しそうでした。。。
飲みに連れて行ってと言って、酔っ払って、おしゃべりして、
踊り狂ったりして、ミンスは、いつもと違うヨンジュに戸惑ってます。
「電話が来て、嬉しかったのに、期待もしたのに、そんな態度じゃ」
とちょっと怒ってしまうミンス。

外に連れ出すけど、全然ミンスのいう事を聞かなくて、
「頭が変になるくらい酔いたいの」 悲しいヨンジュ…
最後に屋台に入って、父の話をするヨンジュ。
ヨンジュはお父さんの事が、大好きだったんですね・・・
そしてある日、死んじゃったと。。。
「お父さんが、私の手には才能が詰まってると言ってくれたのに、
化粧品しか作った事がない… 悔しい…つまらない人間だわ」
ミンスは、ヨンジュが何でこんな話をするのか分からず、
うっとうしい感じで聞いてます。
「生きてて楽しい?いいことなかったでしょ。
でも無理よ、どうにもならない…」

ミンスに言ってるけど、ヨンジュは、自分に言ってるような感じがしました。。。

ヨンジュの病気が分かって、ヨンジュがミンスを頼った事で
再び会った2人、
これがきっかけで、また恋人に戻れるかもしれないけど、
すごく皮肉な感じで、悲しいです・・・


「グッバイ・マイ・ラブ」 他の回は こちらです。

オルゴール・セレクション 韓国TV・映画テーマ曲集(1)
オルゴール・セレクション 韓国TV・映画テーマ曲集(1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック