ラブレター 第10話

画像
サブタイトル・・・「再会」

☆感想(ネタバレあります)☆
教会で洗濯しているウナたち。
子供が洗濯物を汚して、「手を洗うと約束…」とか言っていたら、
「あいかわらず約束が好きだな」と聞き覚えの声・・・
ウナが振り返ると、 アンドレア!
ずっーーーーと、会いたかったでしょうね… 
目がウルウルしてくるウナ。。。。 アンドレアは、平静です。。。

アンドレアは、神父服がとても似合っていて、
「あの小さかったアンドレアが、こんなに立派になって」と泣くおばさん。
私も、少年時代のアンドレアを思い出して、感無量。。。

アンドレアから、「ウジンと結婚したと思ってた」と、言われたウナ。
ウジンとアンドレアが、文通してた事に驚いてました。
ウジンは、逐一ウナとの事を報告してたんですね・・・(--〆)
ウナは、ウジンとの事を聞くアンドレアの目を、見れないようでした。
その後、部屋に戻ってから、一人涙を流すウナ.........
携帯が鳴っていても、気付かないほど。。。 
それとも、気付いてたけど出る気力がなかったのかな?
今でも心の底では愛しているアンドレアが帰ってきて、心が乱れているよう。。。

病院でもボーッとしていて、早退するウナ。
ウジンにアンドレアの帰国を話そうとしたけど、言えずじまい。

アンドレアとイタリアで知り合ったという、シスター・エステルが、
アンドレアのそばに居るのを見て、ウナは、やや嫉妬しているような感じ。。。
シスター・エステル&アンドレアが、子供達に手品をしている時も、
二人を見れないウナ。。。
かつては、アンドレアとウナが、二人で子供達を喜ばせていたのに・・・
「恋愛感情があるかも」なんて言うシスター・ジェンマ、
ホントに、聖職者の言うセリフではなくて。。。笑わせてくれます~~~

シスター・エステルが、ウナにも手品を見せようと、
ネックレスを貸して貰おうとした時、
もう、あのロザリオをしてない事に気付いたアンドレア。。。
「ウナはもう、自分を思ってくれていない」と感じたのか、寂しげ・・・
アンドレアも、シスター・エステルが辛い時に貸してあげて、
返してくれた時も、「もう必要ない」と言って、自分も持ってないんですが。。。
手品で、ウジンからのネックレスが、一瞬でアンドレアのロザリオに変身!
ウジンのネックレスを返してくれた時、
両手に、二つの二つのペンダントが乗っていて、ウナは複雑な表情です・・・
「これは私の」と、ロザリオを取ったシスター。
ウナは、二人の関係が深いと思ったようでした。。。

もうアンドレアは、遠くの手の届かないところへ行ってしまった・・・
イタリアへ旅立つ時の、アンドレアの自分への気持ちを知らないウナは、
“自分の愛を受け入れて貰えず、神父への道を進んだ”と思ったでしょう。。。
もし、ウナが呼んでくれれば、神父にならずに帰って来たとも知らずに。

自分は心の病気を持っていると、ウナに告げたアンドレア。
「君と会えて嬉しいのに、心は何も感じない。。。」というアンドレアに、
「私の手が薬だといいいのに…」 と言って、アンドレアをいたわるウナ。
アンドレアが、再び涙を流せるようになるには、
ウナが必要なんじゃないかな......


アンドレア、、、1年たっても何年たっても、ウナは呼んでくれないし、
ウジンからの手紙には、ウナとの仲が綴られているし、
“ウナはもう、自分の事は忘れてしまったんだろう…”と思っていたでしょう。。。
再会した時 「せっかく告白の手紙書いたのに~手紙の返事待ってたんだぞ~」
なーんて、言ってくれればいいのに・・・と思ってたら、
言ってくれましたーーーー! 
「なぜ返事をくれなかった」 「え?」 「僕が書いた手紙、読んでないのか…」
タイミング良く(悪く)現れたウジン。。。

アンドレアとウジン、久しぶりの友との再会なのに、固い表情の二人。
ウジンが先に握手の手を出し、迷ったように、遅れて手を出したアンドレア。
イタリアに旅立つ日と逆でした。。。
対座して座っているウジンとアンドレア、
どちらの横に座ろうかと迷って、ウジンの隣に座ったウナ。
ウナが、手紙の話を持ち出して、ウジンは、動揺するものの、
「へえー、何書いたんだい」と、白々しい、、、
そんなウジンを見るアンドレアの表情、ちょっと怖かったです。。。
アンドレアは、事実は言わず、「たわいもないこと…元気でと…」

アンドレアは、ウジンに、ウナへの手紙の事を責めるけど、
「二人は僕には家族だった…幸せになって欲しい。すべて忘れた。」と。。。
ウナが、あの手紙を読んでないと知っても、
ウジンと争う気持ちもなく、神父になる気持ちが強いのかな…?
それとも「心の病」で、そういう感情も起きないのか・・・
ウナの気持ちは、もう自分にはないと思っているのか・・・
まだ手紙を持っているというウジンに、
「捨てろ。捨てて楽になれ。」と言うアンドレア。 「強くなったな」とウジン。

家に帰ってから、寝ている母に、「あいつが帰国したよ」と、
声を震わせて言うウジン。
お願いだから、母が起きている時に言ってあげてーーーー。
ウジンは、あの手紙を読んだ時、「グチャ」っと握り潰してたと思うんだけど、
ちゃんとキレイにたたんで持っていました~
そして再びその手紙を読んで、また握り潰すウジン(-_-;)
その手紙、ガウンのポケットに入れたけど、はみ出ていて、
今にも、ポロッと落ちそうなんだけど。。。

「ラブレター」 他の回は こちらです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sannkeneko
2005年08月19日 20:15
アンドレアの帰国と共に何だか一気に動き出しましたね。

感情をなくしてしまったアンドレア。
>アンドレアが、再び涙を流せるようになるには、
 ウナが必要なんじゃないかな......
ウナにしか直せないんだと思います。
昔のアンドレアの心を蘇らせるのはウナしか・・・。

ウジン・・・可哀想なんですけど、でも手紙を隠したのは・・・。
せっかく熱があるウナのためにイチゴ買ってきたのにねぇ・・・。
2005年08月19日 20:57
sannkenekoさん、こんばんは。
心の病にかかってしまうんなんて、可哀想なアンドレア・・・
それだけ、ピュアな心の持ち主なんでしょうね。
アンドレアが元通りになるには、ウナしかいないでしょうね…
そしてウナの心臓の病気を治すのは、アンドレア?
(治せるかどうか分かりませんが…)
でも、、、ウジンが邪魔しそうです。。。

ウジンは、生い立ちとか、育った環境とか、可哀想で同情もするんだけど…、
でもでも、やっぱり手紙を二度も隠すのは、かなりのマイナスです~~~
しかも二度目は、二人の運命をかなり変えちゃったし。。。
イチゴを買ってる時や、ウナといる時は、いい顔してるんですけどね。

この記事へのトラックバック

  • 「ラブレター」第10話『再会』

    Excerpt: 心が揺れ動く人ひとり・・・ 心が壊れていても何か感じている人ひとり・・・。 そして幸せが砕け散る予感におびえる人ひとり・・・。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2005-08-19 20:07
  • 韓国ドラマ『ラブレター』10話みましたぁ!

    Excerpt: 韓国ドラマ『ラブレター』10話.....『再会』 ウナ(スエさん)が教会で洗濯物を干しているシーンから10話がスタートします。 この『ラブレター』は映像がとても美しくつくってあるのが、特徴だと思う.. Weblog: 韓ドラのたまり場 racked: 2005-08-26 06:44