ラブレター 第6話

サブタイトル・・・「ネックレスの秘密」

☆感想(ネタバレあります)☆
アンドレアが自分の息子と知ったギョンウン、夫に、
「あなたと子供達に尽くしたから、もうウジン(アンドレア)の元へ返して欲しい。」
そう涙して訴えてました・・・
それを、立ち聞きして、知ってしまったチョン・ウジン。

アンドレアは、魂が抜けたように、家の前に座ってます。
見つけたウナに、声を掛けられて、我に戻り、
ウナに救いを求めるように、すがり、号泣するアンドレア。
理由は分からなくても、ウナは何も言わず、涙して抱き締めました。。。
この時のアンドレアとウナに、ジーン…(ToT)
そばで、二人を見つめるチョン・ウジン。
ウジンは、アンドレアの涙の意味を分かったのかな。。。

アンドレアは、ウナに、「子供の頃、絵本のように、叔父さんが僕を救ってくれた。
だから神様を信じるようになり、神父になろうと思った…」
改めて聞くと、アンドレアの神父になろうという気持ちは、根強いんだなあ、と
子供時代のアンドレアのシーンを思い出してたんだけど、、、
でも、もうなれないかも…と言って、 ウナを押し倒すアンドレアーーー
アンドレアがこんな事するなんて、正直ビックリ(*_*;
「怖い」と怯えるウナの姿にようやく我に返って、「悪かった」と・・・

ウナに、神父に聞いた、母と父とウジン父の話をしました。
この三人は仲の良い友人だったけど、ギョンウンとアンドレア父が恋人になり、
結婚して、ウジン父は、一人取り残される感じに。
アンドレア父が学生を治療した事から、警察に追われ、そして事故死。
その後生まれたアンドレアは、父の妹(苛めてたおばさん)に奪われて
そんなギョンウンは、ウジン父の結婚の申し出を、拒めなかった。
ウジンの実母は、ウジンを置いて追い出されたよう。


タイトルの「ネックレスの秘密」、アンドレアとウナの持っているクロスは、
昔、アンドレア父が買って、ギョンウンと二人で分けたものでした。。。

私、アンドレアは、ギョンウンが捨てたと思っていたけど、
無理やり連れて行かれてしまってたんですね。。。
それなのに、おばさんの少年アンドレアへの仕打ちはあんまりです(/_;)
今、アンドレアとウジンとウナ、
昔の三人と同じような運命に導かれているよう


この話は内緒にして欲しいというから、ギョンウンが家に来たけど、
アンドレアが知ってるとは言えず、アンドレアの事を褒めるウナ・・・
ギョンウン、初めて見た息子の部屋で、
ウナの話を嬉しそうに、そしてちょっと悲しそうに聞いてます。

ウジンとアンドレアは、お互いが事情を知ってるのに、口には出さず、
黙々とバスケをしてます (ウジン、ファールばっかりです^_^;)
そしてシャワーを浴びながら、「今まで辛かった事はなかったか?」と聞くウジン。
そういう気遣いを見せながらも、母との生活の事を話すウジン。
一方、アンドレアは、「すべてが永遠に変わらいで欲しい…」と。
一度愛して、途中で変わってしまったら、悲しい…
それは母に捨てられたアンドレアの思いのように思えました。。。
「君は僕の友達だ。僕も友達か?」と言うアンドレアに、涙ぐんで頷くウジン。
ウジンの心は、親友への思いと母への思いで、複雑そうです。。。

ギョンウンが帰ろうとした時、ウジン&アンドレアも帰ってきました。
「母さん」と呼ぶウジンに、自分は呼べないアンドレア。
一方ギョンウンも、「ウジン」と呼ぶけど「アンドレア」とは呼べない…
ギョンウン、アンドレアを愛しそうに見ています。。。
でもウジンに呼ばれて、ハッと我に返る母。
この一連の母の表情、胸が詰まりました.........(/_;)
でもアンドレアの表情は固いです。。。
そんな様子の母を見て、ウジンは帰ろうと言います。
何も言えずに、アンドレアの横を通り過ぎる母。 悲しい........
車に乗ってから、「引き返して」と言う母だけど、
ウジンは「ユリが待ってる」とか言って、そのまま帰りました。
ウジンにとっては、「血がつながってないと知り、死のうと思った」位の母親…、
自分の元へ居て欲しい…そんな感じがしました。。。

ウナは、アンドレアに、ギョンウンの様子を話すけど
「母はもう死んだ。僕の家族は叔父さんとウナだけ」と冷たいアンドレア。
そして後日二人は育った教会へ行きました。
「あの子が明るい時は、悲しい時」とシスター。
いつも可笑しいシスターだけど、この言葉にはジーン。。。
シスターも、アンドレアの家族の一員ですね~
アンドレアはイタリアへ行く決意を、叔父さんに言いました。
母に「捨てられた」という思いが強いようです・・・ ショックなウナ。
そんなアンドレアにウナは、「あなたにとって私はどうでもいい存在?」
と自分の心をぶつけ、アンドレア母からもらったクロスを返しました。
そんな事を言っても、後日ウナは、アンドレアとギョンウンを逢わせました~
それを知ったウジン、止めに行こうとするけど、
「あなた知ってたのね…。ごめん。でも今はダメなの」と静止しました。。。
ウナ、「ごめん」なんて、ウジンの気持ちもちゃんと汲んであげて、いい子です~

ウジン父は、「俺が君を手に入れた罰がユリの病気になった。
ジンスは俺を許してない」と、、、  「いいえ感謝してるわ」と言っても、
「君はいつもジンス・ジンス…だ。 出て行け!」 と怒鳴ってました。
最初のシーンでも「俺を憎むのもいいが…」なんて言ってたし、
愛する女性を手に入れたのに、ウジン父は苦悩している様子。
ウジン父は、ギョンウンを手に入れるために、アンドレア父を落とし入れたのか?
偶然一人身になった愛してたギョンウンを、妻にしたのか? どっち(?_?)
私は、ウジン父が、アンドレア父を密告した。と予想…^_^;。

「ラブレター」他の回は こちらです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sannkeneko
2005年08月12日 16:00
やっとふたりのウジンのいきさつがわかりました、ロザリオの意味も・・・。
自分のロザリオをウナに渡したのはある意味運命だったのかもしれませんね。
歴史は繰り返す・・・?
でも今のチョン・ウジンは八方ふさがり。
お母さんもウナも失ったら何も残らないんじゃ・・・。

>無理やり連れて行かれてしまってたんですね。。。
>おばさんの少年アンドレアへの仕打ちはあんまりです(/_;)
これ!私も思いました!
ギョンウンに押し付けられたと言うならともかく、
あんなことしていて何故引き取ったんでしょう?
2005年08月12日 16:36
sannkenekoさん、こんにちは。
ギョンウンの大切なロザリオをウナに渡して、アンドレアと対になったのは、ホントに運命を感じました。。。
チョン・ウジンは、自分の愛する人が二人とも、アンドレア…で、ちょっと可哀想。。。

苛めてたおばさんは、本当に何の為に引き取った(奪った)のーーーと思いました。
そのせいでギョンウンは、ウジン父と結婚してしまったし、妙な運命です。




この記事へのトラックバック

  • 韓国ドラマ『ラブレター』6話みましたぁ!

    Excerpt: 韓国ドラマ『ラブレター』6話.....『ネックレスの秘密』 ファーストシーンはチョンウジンの家、ウジン母の寝室にチョン教授がが入ってきて病気の夫人との口論から... この6話.....少し重い感じ.. Weblog: 韓ドラのたまり場 racked: 2005-08-11 22:19
  • 「ラブレター」第6話『ネックレスの秘密』

    Excerpt: 長い時間を経て彼らの息子が出会ってしまった今、 悲劇は繰り返されるのでしょうか? Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2005-08-12 15:53