☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ファントム (BS11編集版) 第3話 「パク・ギヨンの死」

<<   作成日時 : 2013/12/13 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

えぇーー!まさかこうなるとは。。。
原題「幽霊」の意味がなんとなくわかった気が…。
ジソプは相変わらず演技がうまくて、やっぱりジソプだなーーって感じ!
で、チェ・ダニエルの存在感がすごいなぁ。

オリジナルと回と切れ間が違います。ご了承ください!
☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆

スニーカーの男に殺されそうだったところ、ガンミに助けられたギヨン。
そして爆発した工場での出来事を告白しました。
ウヒョンは後悔していた…。
それを物語るようにギヨンに向けた銃が震え、引き金を引けなかったウヒョン。
海外へ逃げろ。
たとえファントムファイルを捜し出せても捕まるか殺される。
警察の内通者は俺の他にもいる、
動画も細工した、警察や検察にも彼の回しもの。
「最初から間違えていたんだ。元に戻す」と呟き、
悲しい表情が浮かんでいたウヒョン。

しかし正義感が強いギヨンは引き下がる事はできず、
俺が捕まえる!と背を向けました。
と、その時、何者かが油に火をつけ、工場が爆発!

大怪我を負いながらもウヒョンを捜すギヨン。
物に挟まれて動けないまま、
「正さないと…。元に戻すんだ。ギヨン…。
…すまない」と告げ、引火した炎に包まれたウヒョン。

ウヒョンが悪事に加担してたなんて信じられないガンミに、
「ウヒョンは元に戻せと言った。
ウヒョンを殺し俺に濡れ衣を着せた奴を捕まえる…」と告げ、
ギヨンの容態が急変してしまいました。
どうしよう!とガンミが焦ってるとエレベーターが止まってしまい…!
殺し屋だったら…という心配をよそに、
医療スタッフが立っていて事なきを得ました〜。

その様子を伺っていた黒いチェックのスニーカーを履いた殺し屋。

ギヨンが集中治療室にいる間、
指紋を確認するためにクァク刑事がやってきました。
さっきのギヨンの話を信じるべきかどうか迷いながらも、
ウヒョンの遺志を叶えるためにも、ギヨンを守る決意をしたガンミ。

指紋の照合は終わったと報告したけど、
自分が確かめると言って歯型の照会の電話をするクァク刑事。
ガンミが先に歯科医で細工したり、
解剖チームに混じってカルテを入れ替えたりして、
歯型により死亡者はパク・ギヨンと確定されました。

追っていた容疑者が死に、気が抜けてしまうクァク刑事。

勢いでやってしまったけど、
本物のキム・ウヒョンの歯型のカルテを隠し持ち、
警察を首になっても仕方ない事をした自分に震えるガンミ。

一度は心配停止に陥ったものの、一命を取りとめ、
「キムさん」と呼ばれたことに安堵するギヨン。

「生存者はキム・ウヒョン。
パク・ギヨンは死にました」とメールで報告するチェックの靴の男。
それを受信し「様子を見守れ。
絶対に油断するな」と返信した“ファントム”。
世界地図の時計をしたこの男…オム・ギジュンがようやく登場です〜。

ガンミの壊れていた携帯電話の修理が出来上がり、
そこにはウヒョンからのメッセージが残っていました。
工場へ行く前に、死を悟ったのようなメッセージ。
「接待リストは探さなくていい。無駄だ」
「“警官は諦めてはダメだ。犯人を捕まえろ”。
俺の原則なのに今回は守れない。俺が間違っていたんだ。
ユ・ガンミ…お前は間違えるな。いい警官になれ」

『パク・ギヨン』と書かれた納骨堂に花を添えてウヒョンを弔った後、
自分はウヒョンの忠告どおり、間違わないと誓うガンミ。
「元に戻し、チーム長の事も元に戻します。
その時に胸にしまった思いを打ち明けます」
上司ではなく異性として愛していたウヒョンを思い、涙が溢れるガンミ。

意識が戻ったウヒョン(ギヨン)ょ見舞いながら、
なぜパク・ギヨンに単独で会いに行ったか?と
問いつめるチョン外事局長、クァク刑事。
病みあがりだからと庇うシン捜査局長。
PTSDで記憶の一部が欠落してると診断されてるで
覚えてないということで片付いていたけど、
ウヒョンの単独行動は犯人を隠すためと読み、
いつまでも追うと告げて帰ったクァク刑事。

修復手術、整形手術でウヒョンの顔になり、
必死にリハビリを続けるギヨン。

そんな姿を見つめ、「コピーした動画は消され、
シンのパソコンは壊れた。
あの人がパク・ギヨンだと話しても、
誰も信じないでしょう」と心で呟くガンミ。

「証拠は無いが証人はいる。
ウヒョンは警察に他にも内通者がいると言ってた。
奴はシン殺害の犯人に加担している。
ウヒョンが生きていれば犯人が連絡してくるはず。
真実を暴く唯一の方法は俺がキム・ウヒョンになること」
真犯人を捕まえるため、親友ウヒョンのため、自分を捨てたギヨン。

それから一年、、、
大勢のファンに見守られたシン・ヒョジョンの一周忌が終わり、
新たな事件が勃発しました。

パソコンがハッキングされ、
大音量の音楽が流れ
“お前の手が犯した罪を覚えてる”というメッセージが流れ、怯える一人の女性。

そしてその数日後、
別な女性も、同じ手口で追い詰められ怯えていました。

病院を抜け出し、
“パク・ギヨン”と書かれた納骨堂で眠るウヒョンを弔うギヨン。
警察学校時代の二人が写った唯一の写真を手向け、
「ウヒョンと俺を死に追いやったファントム。
モニターの後ろの幽霊、ウヒョンの代わりに俺が捕まえる」と誓う
ウヒョンの顔に生まれ変わったギヨン。

と、いうわけで、ここからはギヨンはウヒョンと表記します。

ガンミから警察庁内について詳しく聞き、
それを頭に叩き込んで出勤したウヒョン。
PTSDで記憶が曖昧な部分がある…ということになっているけど、警察庁はエリートの集まり、
油断してボロを出してはお終いです。

出勤一日目、
自分を息子のように可愛がってくれてるシン捜査局長、
対立していたチョン局長には疑われずクリア。

ウヒョンがいない間、空席になってたサイバーチーム長に、クォン刑事が就任。
パク・ギヨンをシン・ヒョジョン殺しの犯人と執拗に追っていて、
一年前にウヒョンが単独行動したことを疑ってるクォンが上司になるとは。。。

パソコンもサイバーチームも毛嫌いしてた人が
チーム長になるなんて目的があるはず…と言うガンミ。

シン・ヒョジョンの遺族が
一年前に“シン遊び”と呼ばれる動画をアップして人たちを名誉毀損で提訴。
ハデスが流したシンが何者かに突き落とされる動画、
このシンの顔に合成した写真を重ねた動画、
死んだ人をもて遊ぶ行為は本当に卑劣です。
サイバーチームが動画を見てる間、
思い詰めたシン・ヒョジョンの表情に心が痛むウヒョン。
あの時…ハッキングしてこれを見ていたのに、シンが殺されるのを止められなかった。。。

かつてのウヒョンと違う行動をするたび、ハラハラしていたガンミ。
そして今日も自分に黙って外に出ようとするのを咎めると、
「ウヒョンは飯も食わないと?腹ペコだ」と言うウヒョン。

食事と言っても安いラーメンで呆れるガンミに、
「ラーメンが空腹を刺激して幸せな気分になる」とウヒョン。
本当?と目からウロコのガンミに、
「そんな研究あるはずないだろ。騙されやすいな」と言い、
ガンミの食べ方を見て大食いだと失礼なウヒョン。
顔が同じで時々チーム長が居る錯覚をする時もあるけど、
目の前の男は失礼なパク・ギヨンだと納得のガンミ。

ムッとして動画をアップして人リストに汁を飛ばしてしまい、
大変ーーと拭きながら、あることに気付いたガンミ。
最初にシン遊びの動画をアップした人物のIDは0308
一年前にギヨンに送られてきたファントムのIDで共通していたのでした。

IPアドレスを探り、その人物の住所へ急行。
部屋は争った形跡があって散らかっていて
ここの住人は死亡したのでした。
壁一面に“いい子ぶるな”“ムカつく”などの落書き、
死者の頬にも“死ね”と落書きが。
被害者は、ハッキングに怯えていたペク・ヨンソでした。

睡眠薬が散らばっているけど、
現場の様子からも、首が締められた跡からも殺されたに違いない。

ウヒョンとガンミがそんなことを話してると、何者かが近づく気配が。
窓から侵入してきたその人物を捕まえると、
驚いたことにトゥルーストーリーのチェ・スンヨン記者でした。
思わず「チェ・スンヨン」と呼んでしまい、
懐かしい顔に思わず表情が動きそうになるウヒョン。

スンヨンは、パソコンでストーカー被害に遭ってるペク・ヨンソと取材の約束をしてたそうで、
連絡が取れなくてここに来たらしい。


ウヒョンが死ぬとはビックリ(@_@;)
ジソプはこの回からウヒョンになったギヨンの演技をしてるわけですが、やっぱりうまいですねーー。
生まれ変わったウヒョンを見てると、
ギヨンの顔が浮かんできます。
チェ・ダニエルの存在感がすごいのと、
多分、ジソプが同じような表情をしてるのでしょうね。

常に死んだウヒョンり幽霊がそばにいるようで、
だから原題は「幽霊」なんだなぁ〜と思いました。。
実際は、実態が見えない敵を意味してるのかな。

「ファントム」他の回はこちらです。



幽霊 韓国ドラマOST (SBS) (韓国盤)
Loen Entertainment
2012-07-30
韓国TVドラマサントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 幽霊 韓国ドラマOST (SBS) (韓国盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



ファントム (BS11編集版) 第3話 「パク・ギヨンの死」 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる