☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒミツの花園 最終話

<<   作成日時 : 2007/03/23 11:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

『サヨナラ 私の花園』

片岡亮の作品が入ってた開かずの間。
月山がドアを開けると、そこは空っぽ・・・
・・・いやいや、例の記事が載った例の週間誌がポツンと置き去りに。

死の際に、陽の本当の父ミノル・ノグチの作品を盗作した事を話す父に、
「大丈夫だよ、お父さん。何かあったら僕がすべて引き受ける」
と手を握った15年前の航。
前も思ったけど、若い航は、大人の航と雰囲気が似てますね〜
セリフの声も、似た話し方で、違和感がないです。

「陽を守る。修にも智にも辛い思いをさせない。
父のした事を許せなかったけど、自分も父と同じ事をしてしまうかも…
そう思って画家になる夢を諦めた。
修や智に父の秘密を隠してたのは、僕自身の為なんじゃ?と言われた。
そうかもしれない。あいつらを守る事だけが、自分の支えだった。
それを失ったら、どうしたら良いのかわからない」
そう言って、膝をついたまま、呆然としてる航。
「そのままの気持ちを伝えればいいじゃないですか。
陽くんを捜しに行きましょう。何より大事な事だったんでしょ?」
そう月山が説得しても、動く事も出来ない航でした。
航は、陽が怒って作品を持ち出したと思ってたのでしょうね。。。

きっと修と智が立ち聞きしてるんじゃ?と思ったら、やっぱりーー
でも兄の思いを知り、顔を見合わせて、陽を捜しに出る姿は、ちょっと感動〜

拓実に手伝ってもらって、リヤカーで作品を運んでた陽。
“T.KATAOKA”とサインの入った絵を見せられて、
「この女の人が片岡さん?」 ←そう来るのねーー拓実ヾ(>▽<)o

そっくりなミノル・ノグチの絵と片岡亮の絵にオイルを撒き、
ライターで火をつけようとした陽。
そこに止めに入る、月山・修・智。
最初に見つけた川村編集長&田中ちゃんから連絡を受けたのでしょう。
何でみんな一緒に?と思うのだけど、
なぜか、まぁいいや〜と許せてしまうこのドラマ。

遅れて航もやって来て、その姿にホッとする月山。
「燃やしてしまっても、父の罪は消えない。恨まれて当然」と言う航に、
「なんで恨むの?航兄たちがいたから、今日まで僕はやって来れたんだよ
そんな事気にして、バカだよ航兄は。そんな事大した事じゃない」と陽。

作品を持ち出したのは、兄たちの呪縛を解く為だろうと思ってたけど、
陽の思いには、ちょっとだけジーンと来たわ。。。

それでも火をつけようとする陽の手から、
力づくでライターを取り上げ、ちょっとヤケドした月山。
「大丈夫?」と言う陽に、「大丈夫なハズないでしょ!こんな事して!」と怒る月山。←お母さんみたいだわ〜

これは二人のお父さんが陽君に残したもの。
処分すれば世間に知られる事もなかったのに、しなかった片岡の父。
「弱い人だったかもしれないけど、あなた達の事大事に思ってくれてたんだよ」
燃やさなくても、航さんは、陽くんの気持ちわかってくれるよ」
月山の言葉で、一件落着。

たくさんの絵の中から、航が描いた絵が出てきました。
赤ちゃんの陽がうちに来た日、その日を忘れないようなしようと描いたそうで、
写真もいいけど、こういう形で残せるってのはいいなぁ〜
「陽君への愛情が溢れている」と月山の言葉どおりです。

もう一度絵を描く事に、躊躇する航に、
「航兄なら大丈夫。片岡のお父さんとは違う。
もし行き詰っても、絶対乗り越えられるよ」と陽。
修には、やりたかった少年漫画を描くように言い
(↑でも、智の言うように才能は…なので、どうなのでしょ^^;)
智にも自分達の世話ばかりじゃなく自由に生きて、
自分も学校へ行くから、みんな好きな道を歩いて欲しい…と陽。
その言葉に、「花園ゆり子」の解散を決定した航。

アッサリの解散劇に、飲んでクダを巻き、泣き上戸の田中ちゃん。
「母親なら巣立って行く子供達を見送りましょう」と言う月山
いつまでも「ガッサン」と呼ぶ田中ちゃんに、
「月山よ。月山は女だけど、ガッサンは山よ」と川村編集長。
このセリフに、一緒に観てた家族は、「そうだっのかーー」
月山(ガッサン=山形県の山)だって気付いてよ〜

四兄弟で銭湯につかり、その場でイギリスに留学するつもりだと言う陽。
陽の旅立ちに、嬉しいけどちょっと寂しそうな兄たち。

解散した事を謝る陽に、
「終わりってのは来るものです。
でも私達の関係は、いつまでも変わりませんよ」と田中ちゃん。
「うん」と頷く陽に、本当に本当に嬉しそうに抱きしめる田中ちゃんでした〜

その先の喫茶店にいたのは、みすずに週間誌へのリークを責める拓実。
航が好きで、陽のために犠牲になって欲しくなったと、悪びれないみすずに、
「間違ってる。好きってのはその人の幸せを願う事」とナイスな拓実。
ようやく自分のした愚かさに気付き泣いてるみすず。
向こうにいる陽を見つけ、みすずを連れて行く拓実。
頭を下げて詫びるみすずに、
「もう気にしてないから。僕も航兄に絵を描いて欲しかったし」と陽。

ミナエさん「け、け、け…結婚を前提に付き合ってください」とようやく言えた修。
しかし、死んだ夫(刑事だったらしい)を忘れられないミナエさん。
神保悟志演ずるナゾの男は、ミナエの夫の同僚で刑事。←それで拳銃ねーー
ミナエを思ってるけど、「死んだ男にはどうやったって叶わない」と。

撃沈した修から月山宛に電話が入り、「失恋しちゃった。最終回描けない…」と。
慌てて駆けつけた月山に、「イメージが沸かないから、この格好をして」と修。
これは…と躊躇しながらも、原稿のために第1話以来のコスプレに〜

木をデッサンしてた航に陽から「大変だから帰って来て」と電話が入り
陽の声の後ろからは、修と智の兄弟喧嘩の様子。

帰って来た航の前には、ウエディングドレス姿の月山が。
二人の気持ちをハッキリさせようとする弟たちの作戦でした〜
「僕から言います」と月山の手を握る航。
「いや、私から」言います」と月山。
僕から、私からと続き「どっちでもいいよーー」と呆れる兄弟。
「じゃあ私から」と月山。
「今日ここに来てわかりました。大好きです。
・・・・・・花園ゆり子が」

固唾を飲んで見守ってきた弟たちは、告白を聞いて満面の笑顔だったのに、
一転、ガクゥゥ・・=3(||__)/・・\(><@)/ 
修は、飛び上がってましたーー
私も三人と共に、ズッコケたわ〜

「花園ゆり子が?」と告白された航もビックリ。
修、智、陽といる航が好きなんです。だから解散しないでください。
先生たちの出来るペースで構いません。ファンの為にも消したくないんです」
「ありがとう。でも今僕たちに必要なのは、一人一人で生きて行く事。
離れていても兄弟である事に変わりはない。
いつか新しい花園ゆり子になるまで待っててください。
その時にはあなたに担当をお願いします」と航。

まったりと見つめ合ってる月山と航。
よしよしと見守ってた3人の弟・・・ハッと気付き「そうじゃないだろ」と修。
航と月山、弟たちがいなかったら、進展しないで終わったのかしら〜
呆れて部屋に退散する3人の弟たち。
二人っきりになって、ようやく月山に告白した航

・・・で、やっぱり見守ってた修、智、陽でした〜

今クールのドラマでは、一番楽しみだったドラマ。
終わってしまって寂しいわーーー(何だか続編がありそうな感じ…)
でも、期待を裏切らない終わり方でした。
ベタな展開なんだけど、それぞれのキャラが光ってて面白かったです♪



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
・フジ「ヒミツの花園」第11話(最終回)
2007年3月20日(火)22時00分から、フジテレビで、「ヒミツの花園」(第11話「さよなら兄弟」最終回)が、放送されました。 「こんな最後で、いいのだろうか???」って、個人的には、思う。。。 ...続きを見る
たまちゃんのドラマページ
2007/03/23 21:02
「ヒミツの花園」見終わりました・4兄弟FOREVER〜
ドラマ「ヒミツの花園」第7〜11(最終)話 ...続きを見る
cocoans☆韓流よりみち日記
2007/03/25 09:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ラストにかけてちょっと失速したかな?とも思いましたが、ベタながらも納得の、気持ちよい終り方でしたね。
なんといっても4兄弟の雰囲気と釈ちゃん・まわりの役の距離感とか、本当に何もかもが良かったです。田中ちゃんと編集長、え?元恋人??と始めは思いましたが、回を追うごとに昔の雰囲気を醸し出していて、お似合いカップルに見えてきたから不思議です。智が後ろから抱く、the定番告白シーンは、要潤にはまだまだ・・・という感じもしましたが、個人的にはきゃ〜〜でした。
続編(短編でも可)あれば嬉しいですね〜!
のり
2007/03/24 11:31
のりさん、こんばんは。
私は最終回まで、結構盛り上がってました♪「華麗…」ではベタにセリフに引いてたのに、こちらでは「ウンウン」と思えたくらい、ハマリ度が高かったです。
それぞれのキャラが良かったですよね〜

>田中ちゃんと編集長、え?元恋人??と始めは思いましたが、
私も、ちょっと雰囲気も年も…なーんて思ったけど、寺島さんの真矢みきは、同学年と知りビックリ。二人でいるシーンを見てると違和感がなくなりましたよね。
続編がありそううな終わり方で、楽しみです!
panda
2007/03/24 23:19
pandaさん、こんにちわ
終わってしまいましたね。私もいつしかハマッテいました(^◇^)お互いを思いやっている兄弟が好きでしたが,すごいメンバーでしたね^^
>ベタな展開なんだけど、それぞれのキャラが光ってて面白かったです♪
そうですね〜脇役まで一人一人の演技が細かくて、見ていて本当に楽しかったです。特に次男は面白かった・・
もうあのメンバーが見れないんだと思うと寂しいものが・・続編期待してていいのかな??
cocoans
URL
2007/03/25 09:52
cocoansさん、こんばんは。
この四兄弟&月山、もっと見ていたかったです!
花園ゆり子の連載は休載だし、いつか復活してくださいみたいな事言ってたので、次もありそうな?
色々な部分が私のツボにハマりましたが、cocoansさんのおっしゃるように、兄弟の思いやってる姿が私も好きでした。それほど熱すぎないのが、また良かったです♪
次男役の人、妙におかしかったですよね!一人だけ美男子じゃないし^^;(池鉄さん、ゴメンなさい!)前に見たドラマでは、コミカルドラマの中で真面目な人だったので、今回は印象に残りました〜次の彼の作品、チェックしたいです。
panda
2007/03/26 21:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



ヒミツの花園 最終話 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる