☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 華麗なる一族 第7話

<<   作成日時 : 2007/02/26 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

『悲劇の高炉爆発』

前半30分見逃してしまったので、後半のみの感想です。
珍しく銀平(山本耕史)が鉄平(木村拓哉)の会社にやってきた。
建設中の高炉を見上げて、兄の夢に感動している様子だ。
そんな銀平を鉄平が昼食に誘う。
そこで、鉄平は鉄に対する夢を熱く語っていた。
                     TBS・HP より


ここは見たかったなーーー!残念(>_<)
建設途中の高炉が、爆発炎上してるのを見て、嘆き悲しんでいた銀平。
兄・鉄平には、自分が出来ない分も、
夢を託してしたような気がします。
前回、信念を持ったもの(鉄平)が、策謀をめぐらせるもの(大介)に、
負けるはずないと、父に忠告した銀平なのに、
信念を持ったものは、負けてしまうのでしょうか。。。

「天は我に味方した」とほくそ笑む大介。
私はてっきり、天が味方したんじゃなくて、
大介が仕組んだ事かと思ってしまいましたよ…^^;

途中まで出来上がったものが、燃えてしまっておじゃんになり、
すごい額の借金だけが残ってしまった阪神特殊鉄鋼。
メインの阪神銀行は、見限るつもりだし、
そうなると、サブの大同銀行も手は差し伸べないだろうし、
このままでは潰れてしまうのは、時間の問題。
亡くなった工員たちを参り、ケガ人を見舞い、
「彼らの為にも、僕は絶対諦めない。
高炉は絶対に完成させる」と誓う鉄平だけど、
何か策を講じる事が出来るのかしら・・・?
高炉が出来れば、鉄平の開発した技術が世界に広がり、
すごく成長したかもしれないけど、
もしもここで途切れてしまうのなら、本当にもったいない!
これはドラマの話だけど、
こうやって埋もれて行く技術って、結構あるのかも…?

佐橋総理の息子と結婚する決意をした二子。
佐橋総理の息子は、帝国製鉄のエリート。
兄と恋人・四々彦の為に、自分が犠牲になろうとしてるのね。。。
あんなに嫌がってたのにと言う四々彦に、
「女は時々ウソをつくんですよ」と言った二子。
「これからどうなるかわからない会社の方と、
苦労を共にする勇気を持てないの」がウソなのよーー四々彦さん
背を向けて、ようやく涙を流す二子が可哀想。。。
         
「鉄平さえ生まれなければ、
お前も私も、もっと違う人生を生きて来たんだろうな…」
そう寧子呟いてた大介。
前にも何度か、鉄平が爺さんと似てるという話題になった時もそうだったけど、
もし鉄平が、本当に先代の敬介の子であるならば、
もっとアタフタする気がするけど、
寧子は、それほど動揺を見せてない気がします。
でも、見逃した前半のシーンで、
例のお風呂場乱入(?)の敬介に驚いた後、
気絶してたらしいので、寧子が気付いてないだけなのかもしれないけど。

手術に向かう前に、自分の運命を察したように、真実を話したおかみ。
芙佐子は、おかみと敬介の子だった。
これは大体察しがついてたから、驚きませんが。
数年前、鉄平と芙佐子が別れたのは、
高須相子が脅したという図式だったのだけど、
もしかすると、二人の血の繋がりを知ってて、
あえて悪役に徹した相子という図式のような気もしてきました。
もちろん、閨閥結婚を進めたかったのは、事実でしょうけどね〜


「華麗なる一族」他の回はこちら。↓
「#1」「#2」「#3」・ 「#4」「#5」「#6」「#8」「#9」「最終話」




華麗なる一族〈下〉
華麗なる一族〈下〉 (新潮文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「華麗なる一族」第7話
阪神特殊製鋼悲願の高炉の炎は 万俵家の呪縛を解くための希望の火だったのでしょうか。 「華麗なる一族」第7話 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2007/02/27 22:04
・TBSドラマ「華麗なる一族」第7話
2007年2月25日(日)21時から、TBSテレビで、ドラマ「華麗なる一族」第7話(「悲劇の高炉爆発」)が、放送されました。 玄さん!! 無念!! ◇高炉建設工事も順調な鉄平(木村拓哉)の阪神特殊製鋼に、弟の銀平(山本耕史)がやって来た。夢を熱く語り、仲間を... ...続きを見る
たまちゃんのドラマページ
2007/02/27 23:46
華麗なる一族
華麗パンを食べてみた。 ...続きを見る
唯、そこに在るブログ
2007/03/02 13:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>そこで、鉄平は鉄に対する夢を熱く語っていた。
・・・ってほどじゃないですよ(爆)。
技術的なことをしゃべりまくる鉄平に呆れながら、でもちょっと嬉しそうな銀平。
でも「高炉建設は必ず成功させて下さい。」と頭を下げた銀平のあの慟哭は切なかったです。

鉄平と芙佐子・・・相子がそこまで考えるでしょうかねぇ。
まあ、閨閥結婚の邪魔になるものは何であっても排除したでしょうけれど。
その新しい閨閥。
爆発の後は何だか駆け足であっと言う間に二子が結婚承諾。
もう少し二子の苦悩をもう少し丁寧に描いて欲しかったです。
何だか拍子抜け。
sannkeneko
URL
2007/02/27 22:34
sannkenekoさん、
>でもちょっと嬉しそうな銀平。
想像で我慢します(^^)
爆発を見て、打ちのめされたように慟哭する銀平を見れば、「高炉建設は必ず成功させて下さい」と言った思いが伝わって来ました。

相子は、弟と会った回から、どうも悪女に見えなくなってしまいました。
>爆発の後は何だか駆け足であっと言う間に二子が結婚承諾。
そうですよね。相手が帝国製鉄エリートという事が大きい理由と思うけど、葛藤する姿を描かないと、あの別れのシーンが生ないですよね。
panda
2007/02/28 11:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



華麗なる一族 第7話 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる