☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 華麗なる一族 第2回

<<   作成日時 : 2007/01/21 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 6

大邸宅に住んでいて、煌びやかな生活をしてる万俵家。
でも内情は、ドロドロ。。。決して華麗ではないような。
オープニングのナレーション、「・・・の物語である」は、
どうも昔の大映ドラマを思い出してしまいます

阪神特殊鉄鋼の社員たちを前に、拡声器で激を飛ばし、
「2年後には、我が社にも高炉が立つ」と言う鉄平(木村拓哉)。
第一歩を踏み出せる事に、大喜びの社員達。
でも、まだ阪神銀行から返事が来ないのに、
困りますと釘を刺す銭高常務(西村雅彦)。
私もそう思ったわーーーぬか喜びになるかもしれないのに・・・
鉄平は、自社製品に自信があるゆえ、融資はうまく行くと読んでいるのでしょうね。


高炉建設の為の借り入れ計画は、
50%はメインバンクの阪神銀行から、30%は大同銀行から、
残りの20%を長期信託銀行から借りる予定を立ててた鉄平。

早速、大同銀行に融資の申し出に行くと、
前向きな返事をしてくれた友人の三雲(柳葉敏郎)=日銀からの天下り。
反対する、生え抜きの綿貫(笑福亭鶴瓶)。
綿貫は、本当に阪神特殊鉄鋼の高炉建設に金を貸すのは危ないと見てるのか、
それでも、三雲のする事には、ことごとく反対なのか、多分後者?


都市銀行ではトップクラスの『富国銀行』から、
業務提携の話を持ち掛けられた阪神銀行。
しかし、軽々しく応じようものなら、
小さい阪神銀行は吸収されかねないと、懸念してた大介たち。

早速、東京から大蔵省勤務の娘婿・美馬(仲村トオル)を呼び出し、
「小が大を食う」と金融再編への生き残り策を話す大介。
そして、そのために必要な「上位5位から9位の銀行の業務内容資料を手に入れろ」と、美馬に命令。これは表に出せない極秘資料、
「危ない橋を渡らせるのですか?」と苦笑いの美馬に、
「阪神銀行を守るためだ」と大介。

というわけで、危ない橋を渡る事にした美馬。
検査官の男を料亭に呼び出し、金を渡して、その資料を手に入れる事に。

庭の池で、手を叩く鉄平。 あの日と同じように現れた鯉の将軍。
「将軍、僕は高炉を建てる。間違っていないよな」
鉄平の言葉に背を向けて行ってしまった将軍。 これは止めろって暗示?
息子の姿に声を掛けようとしたけど、
鯉の将軍に、昔の風呂に入って来た男が重なり、
鉄平に声をかけずに、その場を掛け出していく寧子(原田美枝子)。

相子(鈴木京香)からお見合い写真を見せられても、
「僕は駒」と冷めている銀平(山本耕史)
「そんなに急がなくても」と意見する寧子とそれに同意する早苗(長谷川京子)。
しかし、「何も出来ないくせに。権利書のある場所は?実印は?」と言われても、何もわからない二人、というわけで相子の勝ち。
でも、大介は、愛人といえども他人の相子に、
そんな大事なものを預けてるのねーー危険だわ。。。


高炉建設の認可申請をしに、通産省へ出向いた鉄平だけど、認可はおりません。
帝国鉄鋼の横槍が入ったのでした。

「それでけ鉄平君を警戒してるんだ」と慰め、
自分が口利きすると言う義父・大川(西田敏行)。
自分の力でもう少し…と言う鉄平だけど、
「こればっかりはどうしようもない。プライドを捨てないと」と諭す大川。
頭を下げる事にした鉄平。
どうも娘・芙佐子(稲森いずみ)の話になると、外国にいると誤魔化すおかみ。
思い切って奥の部屋に行った鉄平は、芙佐子を見つけました。
「ホテルにいたのはボランティアの仕事で。
あなたに会いに行ったとでも?2度と会いに来るなと言ったのはどちら?」
そう言いながら、鉄平の表情で、「知らなかったんですか?」と芙佐子。

早苗との縁談が持ち上がったからなのでしょうか、
相子から、「鉄平の将来をダメにしてもいいのなら」と、脅しのように言われて、
それが鉄平の意志と思い、姿を消した芙佐子。
鉄平は、芙佐子から離れて行ったと思っていたのでした。

二人を別れさせた相子に、怒りがつのり、神戸に戻る鉄平。
でも、今の妻とは政略結婚ではなく好きになったからと、
妻には「愛してる」と言ってた鉄平。
今が幸せなら過去を責めても・・・とも思うのだけど、
「母から父を奪い」という思いも、強いのでしょうね。


その頃、極秘資料を大介に渡しに、万俵家に来てた美馬に、
「この家で血統がないのは、私とあなただけ」と言う相子。
そして「私をくどくの?もしそうなったら、あの人(大介)は、
私とあなた、どちらを選ぶのかしら?」と本気とも冗談とも取れる事言う相子。

5位から9位の銀行を見て、どこをターゲットにするのか選別してた大介。
第5位の大同銀行っぽい?銀行の面々も登場してるし〜

相子の仕打ちに怒って、万俵に来た鉄平が見たのは、
父の寝室から、飛び出して来た母の姿でした。
この日の相手は妻だったのだけど、相子を呼んだ大介w( ̄∇ ̄;)w!!
寧子に屈辱を与えるように見えるけど、大介がよくわかりません。。。

そんな様子を10年前にも見たと、鉄平が留学中の時の出来事を話す銀平。
その時は実家に帰った母。
元公家の実家は、大介から援助を受けていて逆らえず、
再び戻された母は、自殺未遂。
その頃から、権力を握るようになった相子。

銀平が結婚にクールなのは、こんな関係を見せつけられてたからなのね。
鉄平が結婚して家を出る時、相子を追い出すと母に話した事があったけど、
こんな屈辱な事があったのに、頑なに反対されてたのでした。

次の日、「出て行ってください」と単刀直入の鉄平に、
「私はあなたのお父様に頼まれてここにいる」と相子。←確かに。
父に話しに行くと息巻く鉄平に、
「怒らせたら、高炉建設の融資は?私がどうする事も出来る」と言い出す相子。

「お前は思った事をすぐ口にして、爺さんそっくり」と相子の味方の大介。
「お母さんがどれだけ苦しんでいるか」と鉄平に言われて、
「私だって…」と鉄平にそっくりな爺さんの肖像画に目が行く大介。
銀行を継いで欲しかったのに、
爺さんの勧める鉄鋼部門に行った事を持ち出す父に、
「お父さんは、僕が嫌いなんですか?」と鉄平。
「お前の事を一番に考えているよ」と答える大介。

阪神銀行の融資会議では、阪神特殊鉄鋼の100億の融資は、
承認されそうだったのに、異を唱えたのは大介でした。

高炉建設の認可が降りて、ヨシッの鉄平だったけど、
阪神銀行から融資の件を聞いて愕然。
「100億の申し出だけど、80億に。
残りの20億は、自分の力で集めてみろ」
メインバンクが融資を減らした事が知られると、
他の銀行も懸念する言う鉄平に、満額の融資を受けたと言えと大介。 
正義感の強い鉄平には、そんな事は出来ないのでは。。。

---その日父が下した決定は、僕と万俵家の人を大きく狂わせた---
大介は、鉄平への私情で融資を減らしたのか、
銀行を守るためにそうしたのか、多分鉄平への・・・


前回「好きな人がいる」と話してた二子(相武紗季)は、
一之瀬四々彦(成宮清貴)と付き合ってたのね〜
でも、「銀平さんの次は二子さん」と話してた相子。
でも、二人の愛は、前途多難なのでしょうね。。。

「華麗なる一族」他の回は↓こちらです
「#1」「#3」・ 「#4」 「#5」「#6」「#7「#8」「#9」「最終話」



華麗なる一族〈上〉
華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「華麗なる一族」第2話
父と息子の対立は烈しくなっていく。 経営観の違い、守るべきものへの責任・・・そして過去。 「華麗なる一族」第2話 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2007/01/22 21:51
『華麗なる一族』 第二話
日曜の夜は、早風呂。 華麗族が始まるまでに、全てを終わらせとかないと、 ドラマが終わってからじゃぁ、明日に差し支えちゃう。 ...続きを見る
*モナミ*
2007/01/22 22:35
《華麗なる一族》◆第二話
「お父さんは、ボクが嫌いなのですか?」言ってはいけないことを鉄平が大介にぶつけた。いつも、話を聞いてくれないと詰め寄るが、鉄平は、大介の勧める経済へ行かず、祖父の勧めた冶金科へ言ってしまった。親の言うことをちゃんと聞かないと言われても、たいていはそうじゃないですかね。 ...続きを見る
まぁ、お茶でも
2007/01/23 01:03
華麗なる一族 第二話
●キャスト 万俵鉄平 (34)万俵家の長男。阪神特殊製鋼・専務。/木村拓哉 万俵早苗 (30)大川一郎の長女で鉄平の妻。/ 長谷川京子 ...続きを見る
ちょっと変な話
2007/01/23 02:35
ドラマ「華麗なる一族」vs原作「華麗なる一族」
山崎豊子の原作本を読んでいる。 確かに面白い! あっという間に上巻を読切ってしまって、現在中巻に突入中である。 ...続きを見る
しっとう?岩田亜矢那
2007/01/23 13:21
華麗なる一族 第2話
予想通り、ドロドロしてきましたねー。 新たな1週間が始まる月曜を前に、明日への活力を養うどころか、どんよりクラーい気分にさせるのがこの番組だとしたら、日曜の夜にこれを見る選択って、一体? 日々勉励刻苦するしかないフツーの庶民にとってどうなんでしょう。 と、ちょっと思いました。 ...続きを見る
ぽよ熊さんのテレビ観戦記
2007/01/23 18:22
華麗なる一族・第2話
“華麗なるスタート”を切ったこのドラマ。 ...続きを見る
あずスタ
2007/01/24 00:38
鈴木京香華麗なる一族あらすじ第3話”鈴木京香”ドラマ華麗なる一族あらすじ情報
鈴木京香出演の華麗なる一族あらすじ第3話” 高炉建設の融資はどうなるのか!”、T... ...続きを見る
テレビドラマ番組スペシャル情報局!!テレ...
2007/01/28 16:29
華麗なる一族 キムタクの存在感が凄いです・・・
華麗なる一族、けっこう重いお話ですが、評判どおり引き込まれる面白さです!ただ・・... ...続きを見る
ミィの「今日の気になる話題」
2007/01/29 23:54
華麗なる一族
業界ランク第10位の阪神銀行頭取、万俵大介は、都市銀行再編の動きを前にして、上... ...続きを見る
あなたに読んでもらいたい本
2007/02/11 13:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちはー!
鉄平のまっすぐさが、見てて危なっかしく見えてしまいます…
父に対しても、義父に対しても、目的のためなら頭を下げなくちゃダメじゃないかと思ったら…ですもの…
試練の時期が訪れそうですね。
当時のお金で20億なんて大変;
銀平の方が大人ですよね…
来週は銀平の見せ場もありそうで、わくわくしてます。
じつは芙佐子は鉄平と血のつながりがあるのでは…と想像したりしましたが、わからないですね〜〜
わたしは鯉よりもあの肖像画が気になります(笑)
観るたびに、吹き出しそうになるので困る…
まりの
2007/01/22 21:34
こんばんは。
高炉の建設は多分時代のニーズにあっているのでしょうが銀行再編の波に飲み込まれそうですね。
ただこの回は何と言っても鉄平両親と相子の愛憎が衝撃的でした。
銀平が自分を「駒」と言うのはこの母の姿を見たときからかも知れませんね。

「将軍」・・・今からでもCGに出来ないでしょうかねぇ。
sannkeneko
URL
2007/01/22 21:59
まりのさん、こんばんは♪
鉄平は真っ直ぐすぎますよね。こういう部分も、大介が鉄平を苦々しく思う部分なのかな?

銀平のクールさが好きで注目しています(山本君が演じてるってのもあるけど^^)
予告見てなかったけど、見せ場があるとは楽しみ!
この兄弟も、色々と揉めるのかな?

>じつは芙佐子は鉄平と血のつながりがあるのでは…
私も前回予告を見て、これを知って芙佐子は姿を消した?と想像してました。芙佐子は養女だしね。
違ったのだけど、ドンデン返しがあるかしら?

あの肖像画、前回大笑いしてしまいました。大分見慣れたけど、やっぱり変。あそこまで鉄平に似せなくてもいいと思うんだけど。
私、見るたびに、おひょいさん(@ワタリ)に見えてしまって…
panda
2007/01/22 22:22
sannkenekoさん、こんばんは♪

鉄平両親と相子…ここまでドロドロを見せるとは思わなくて、ちょっとドキッとしたと同時に、寧子が可哀想でした。
若い頃に、そんなのを目の辺りにした銀平、結婚に夢も希望もなくなりますよね。

「将軍」・・・何度見てもデカすぎるし、作り物っぽくて興ざめです。鯉ってあんなに背びれを出して泳ぐのかしら?
>今からでもCGに
↑一票です!結構、意見が行ってると思うのだけど…
panda
2007/01/22 22:34
「将軍」「肖像画」には場違いな空気が流れますね〜。あんなにお金持ちならもっといい画がかけたのでは?と思います。鉄平にあんなに似せなくても・・・始めはおひょいさんかと思いましたよ。二子の食堂でのシーンと相子登場シーンは良かったです。「五郎ちゃん」との絡みでは幻の唐沢氏が見えたほどです。白い巨塔の役作りは凄かったな〜などと、このドラマを見て思いました・・・。
のり
2007/01/24 09:32
のりさん、こんばんは。
「将軍」と「肖像画」は、ホントにどうにかして欲しいですよね。興ざめしちゃいます。あんなに似せなくてもいいのに…原作がそうなのかしら?
あの絵は「おひょいさん」に見えたのは、私だけじゃなくて安心しました〜。

西田敏行は、ホント「五郎ちゃん」って言い出しそうなキャラですよね。あのドラマの唐沢さんは、今までの役どころと違うキャラを見事に演じてましたよね〜
鉄平は…一人だけ現代的に見えます。それを狙ってるのかもしれないけど。。。
panda
2007/01/24 19:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



華麗なる一族 第2回 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる