☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS のだめカンタービレ 第5話

<<   作成日時 : 2006/11/14 15:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

---のだめは相変わらず、寄生している・・・
冒頭の千秋(玉木宏)のナレーション。
でも、「のだめ、そろそろ学校行くぞ」って、何か自然だった気がするんだけど〜♪

学園祭が近くなり、Sオケで仮装オーケストラをやろう!と峰(瑛太)。
のだめ(上野樹里)や真澄ちゃん(小出恵介)が乗る中、学食にいたメンバーも次々と手を挙げて。。。
「だから、何で仮装なんだよっ」と千秋様。 私も知りたい!

ミルヒー(竹中直人)が日本にいることが、話題になってないのか?と
ふと疑問に思った千秋、
PCを開いてみると・・・\(◎o◎)/! 
次々に現れる、のだめのアニメーション&「好きです
カミナリの中、不気味な笑顔で「出来た〜」って言ってたのはコレだったのね。
マフラーで首を絞められ、毛布とテープでグルグル巻きにされたのだめ。
コミックでも、きっとこんな絵だったのかな?

行方不明となってると知った翌日、
エリーゼに連れ戻されて、強制送還されたミルヒーだけど、
でも飛行機から飛び降りて、戻って来ました。
ウソに決まってるじゃない!(by真澄ちゃん)

千秋に、ラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』の楽譜を渡し、
学園祭で、自分が指揮するAオケとピアノで共演してもらうとミルヒー。

Sオケでは、千秋が引き抜かれて、意気消沈。
一番怒ってるのは、峰君。 着いて行った事にもガッカリのようです。
でも女性陣は、「千秋様が、ラフマニノフ…」とうっとり♪
「Aオケには負けないぞ!」と張り切る峰君。
それぞれが仮装を考えていて、真澄ちゃんのデザイン画を見たのだめは、
「ポリニャック夫人?」 ベルばらファンにはツボでしたーーーー゚。(*^▽^*)
のだめ達ピアノ科は、ピアニカで参加する事になり、一緒に出来ると大喜び〜

何で俺がピアノを?と尋ねる千秋に答えず、
丁度やって来た理事長と再会を喜び、
あなたの為に好きな曲を演奏すると言うミルヒー。
理事長のためか…とイラつく千秋。

そんな千秋に、ミルヒーと理事長の過去を聞かせ、そして、
「どんなに頼まれても、彼は一度も弟子を取らなかったのに、
あなたを教えている。あなた本気じゃないなら、彼を帰して」とエリーゼ。

「あの子、もう見つけてくれたのね。
どうにかならないかしら。日本から出れないらしいの」と理事長(秋吉久美子)。
同じ時、エレー是の言葉が頭を過ぎり、決意の表情の千秋。
「どうにかしないとなせないのが、もう一人。
まるで昔の自分を見てるみたいな、困った子です」
千秋を探し回る、のだめの姿。。。
あの2人が面白い事になったら、嬉しいと笑うミルヒー。

エリーゼの言うように、自分は彼の唯一の弟子だと気付き、
ピアノを弾く決意をした千秋。
ラフマニノフの生涯、曲の経緯を思い浮かべ、
夕暮れの陽射が差す中、練習してる姿が、素敵〜

夜になって大学を出て、思うのはSオケの事、のだめの事、
「メシを待ってるかもしれない…泣いてるかも」と思い浮かべる千秋が、
目の前に現れたのだめに、嬉しそうな笑顔。。。この顔、良かったです♪
「悲しいお知らせが…」と、のだめ。
しかし、練習で帰りが遅くなるのが、悲しい知らせ(^_^;)
空手チョップ(☆_@;)☆ \(`-´メ)&顔をムギューする千秋
&のだめの光るたんこぶが笑える〜

千秋のピアノは、清良(水川あさみ)が凄い…と言う程だけど、
もっと体で表現しろ、観客に見せろと悶えて見せるミルヒー。
「何で俺がラフマニノフでクネクネしないといけないんです」と千秋(笑)
「クネクネではなく没頭、四年間の集大成を見せろ。半端は許しません」
真面目顔のミルヒーの言葉に、
「シュトレーゼマンと共演できる…俺だって半端はイヤだ」と弾く千秋。
同じ頃、マングースの型紙を取るのに必死なのだめ。
この時はまだ、ピアノへの情熱より、こっちが大切って感じです。

ピアノを弾く千秋は、まだミルヒーの言ってる意味が分かりません。
練習室に、そっと入れられたSオケのチケット。
マングース姿で、チョコチョコ歩く姿がカワイイ〜

仮装でやるハズが、男性陣は紋付袴、女性陣は黒留袖のSオケ。
ファンが作った峰の仮装が電柱(!)だったから、止めたらしい…
真澄ちゃんのドレスと、のだめはそのままでした。
被り物をしてても、「のだめ?」と気付く千秋、
ピアニカの弾き方で、「のだめだ…」と確信してましたね。

Sオケの曲は、ドラマのエンディングの曲だけど、
アレンジによって、また違った雰囲気に聴こえます。
千秋じゃないけど「おいおい、カッコイイじゃないか。。。
ちょっと、バカみたいだけど、お前らの本領発揮だ」というう感じで、
みんな楽しそうに演奏してるし、前回に引き続き感動だったです!!!

そして、千秋の代わりに指揮する事になった大河内(遠藤雄弥)。
前回、急な指揮で、トンデモない事になってたけど、
彼が活き活きと指揮する姿が、良かったです!

「見せる…なるほど…」と、自分らしい演奏すると気付かされ、
「悪いな峰、トリは俺様」と千秋節が飛び出しました。

将来、千秋先輩のお嫁さんしながら、幼稚園の先生になりたいと、
ミルヒーに話して、照れまくるのだめ。
「今のままでは、一緒にいられない」
そう言って、昔理事長からもらった懐中時計をプレゼントしたミルヒー。

いよいよAオケのコンサート。
練習の時、千秋のピアノに、アレコレ言ってたミルヒーは、
「もういいです。大事な事は、君がこの曲と向き合ったかという事」と。
ピアノの事はよくわからないけど、譜面通りに弾く事より、
指揮者として必要な何かを伝えたかったのかな。
それにしても、燕尾服が決まってる千秋様。。。

Aオケの演奏は、また素晴らしい。。。
「イヤだな…もうすぐ終わりだ。
もっと教えて欲しい事があった…この人の音楽を…」と心で呟く千秋。
こみ上げてくるものを押さえるような表情が、またググッと来ます。

のだめは、ミルヒーに言われた事を考え込んでたのでしょうか。
真澄ちゃんが呼びに来て、必死に会場へ走るのだめ。
途中で入ってもいいのかしら…学園祭だからOK( ̄ー ̄?).....????
千秋のビアノを弾く姿に、その音に、終わってからも呆然と立ち尽くすのだめ…
ちょっと切ない表情でした。
情熱がこみ上げて、自分もそこに立ちたいという思いのような、
そこにいる千秋が羨ましいようにも見えました。

打ち上げが終わって(?) それぞれソファーに寝転ぶ千秋とミルヒー。
涙を手で隠す千秋は「酒とか女とか止めて、長生きしてください」と。
それが無かったら死ぬと言うミルヒーに、「ジジイ…」と微笑む千秋でした。

月を見上げて「のだめも…」と、着ぐるみ姿で、ピアノの元へ走るのだめ。
あんな格好だから、スッ転んでも「ピアノ弾かなきゃ…」と爆走。。。


「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック
「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
pandaさん、こんにちわ
今回見れませんでしたのでとってもよく分かりました、ありがとうございます!
見逃した事が残念です〜〜本当にいい回でしたね。
音楽を楽しむ、というのを気付かせてくれました。
千秋とのだめの関係もよくなってきているみたいで・・^^
ポリニャック夫人・・ツボです(笑)。アントワネットじゃないというのは何故?そんなに毒毒しかったのですか?眞澄ちゃんの仮装気になるわ〜〜
cocoans
URL
2006/11/15 10:56
cocoansさん、こんばんは♪
見れなくて残念でしたね!!!! 今回は2つのコンサートで、また感動でした。
千秋とのだめは、いい感になって来ました。
隣にのだめがいるのが、自然な千秋でした。まだ爆発する事もあるけどね〜

>ポリニャック夫人
アントワネットと言わないのが、マニアックでツボですよね〜
ワインカラーに黒のアクセントが入った感じで、やっぱりポリニャックかも。HPのあらすじがupされれば載るかもしれないですね。真澄ちゃん、ヒゲもあるのに、違和感ないのが不思議…
panda
2006/11/15 20:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



のだめカンタービレ 第5話 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる