☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS アンフェア the special コード・ブレーキング―暗号解読

<<   作成日時 : 2006/10/04 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

ネタバレ感想です。。。オリジナルのネタバレもしてますので、未見の方は注意!

北海道では、ただいまオリジナルが放送中。
今は募金型誘拐事件の真っ最中で・・・
こちらを初めて見た人は、最初の方でネタバレで、ギャーーーだったのでは?
フジではスペシャルの日に、再放送が終わったようで、準備万端だったのに・・・
でも、オリジナルを見てた側からすれば、
映像に胸がギュッと詰まりました。。。(:_;)

パソコン打ってる大倉孝二の横顔は、かなり不気味でした・・・(^_^;)

安藤(瑛太)がどんな形で出るのかな?と思っていたので、
最初に「飲みすぎですよ」って声がして、後ろ姿の幻影が出た時にはウルッ・・・
そして、雪平が「Y」って?と考え込んでた時には、とうとうホンモノの幻影が!
ホンモノの幻影というのもヘンだけど、
雪平と以前のように会話してるのが、何だか良かった・・・
幻影なのに、いい表情の安藤でした。

それに雪平の「バカかお前は」も聞けました!
振り向いて、誰もいない…と寂しそうな雪平でした。。。

あれから9ヶ月、雪平(篠原涼子)は、
安藤を射殺した事を、かなり引きずっていたのですね。
DVDを見てたのは、時々あんな風に見ててたのかしら・・・
そして砂の嵐になって、終わったと思ってた映像に、続きがあったとは!
ミオちゃんの電話のおかげで、止めないでいたおかげで、
続きがあると気付いた雪平。
私ならビデオとかDVDとかって、まだ何か入ってるんじゃ?と気になるタイプなので、最後まで早送りして見るのだけどね〜
でも、次の映像まで、結構間がありましたね。
そうしたのは、五人の名前の他に、雪平父も関わってたと、気付いてた?
雪平に教えたいけど、教えたくない…
気付いてくれるかどうか運命に任せた気もしてきました。(←かなり深読み)
一方的に切られたミオちゃん、寂しそうで可哀想でしたが。
それでも、参観日に来れなかった雪平の為に、
リコーダーを聞かせてくれたミオちゃん、
お母さんの刑事という仕事を、わかってくれてる気がしました。
安藤が、「ママはみんなの為に働いているから。
ママは美央ちゃんの事、大好きだよ。ホントだよ」と言ったのが、
心に残ってくれているような。。。


そのミオちゃん! お父さんと話してるのを見た時には、
こんなに話せるように回復したのね!と嬉しくて、ジーンだったわーーー

今回の新メンバー斉木陣(江口洋介)は、
雪平を尾行したり、佐藤と話してるのを盗聴させたり、
携帯も逆探してたし、何かと行動を見張っていて、
警察OBの殺人事件に、公安が関わっているのでは?となった時、
かなり怪しさを放っていたのだけど、
映画版にも出演と知ってたので、
このスペシャルでは犯人ではないとバレバレで、残念でした。
それを知らなかったら、公安が組織ぐるみで?との疑いを
捨てられなかった気がするんだけど。。。

でも、、、次の映画版では、黒幕かも?と疑いが・・・
最後に立ち上がった蓮見(濱田マリ)が、敬語で話してた相手は斉木?

それにしても、蓮見があんなに回復してたとは、驚きです。
脳に酸素がいかなくて、障害が残ったと思ってました。
オリジナルの時の、あの無反応はお芝居?
蓮見が募金型誘拐事件に、加担した動機は、金だけじゃなかったようで、
最後にディスクを渡した人物と共に、映画版で明らかになるのね。。。

蓮見に公安のコンピューターにハッキングさせるとは、
雪平も中々考えたものです。
しかし、蓮見がそのデータを、他の誰かに渡すとは、考えなかったのかしら?
雪平の事を「親友じゃない」と言ってたのに・・・
それとも、そこまで読んでる?

Y’sファイルを開けて、暗号を解かなくては開けなくて、
「ララバイ=子守唄」とあった時には、
きらきら星だなぁ・・・と予想はつきました。
(コードとは思わなかったけど・・・!)
その流れから、機密費流用のデータ表が出てきた時、
6人目の「Y」は、雪平父だなぁ・・・と思ったのだけど、
雪平は、自分の父が関わってると思わないからか、
思いもしなかったですね。。。もちろん安本さんの事も。。。
何で疑わないのーーと、ちょっと歯がゆかったです。。。
それだけ雪平の勘が冴えないほど、安藤の件を引きずっていた?

父の死の真相を知るために刑事になったのだけど、
父が大義の為とはいえ、警察の資金を流用したと知って、複雑だろうなぁ・・・


そして、父亡き後は、父のように慕ってた安本さんがあんな事に・・・
あれほど「撃ちますよ」とサラリと言ってた雪平が、
「撃たないで!」と懇願する姿は、かなり泣けてきました。。。(T_T)

安藤を撃ってしまった事が、雪平を変えたのでしょうか。
そして自分がユタカを射殺した事で、安藤を狂わせてしまった事も・・・
雪平の手に残された、撃たれた足を血止めしてくれた安本さんのネクタイが、妙に悲しげでした。

今回もカッコよかった、山路さん♪
銃を渡してくれて、思いっ切り走れ!と言ってくれて、
自分は囮になったように、車を急発進させて、検問を引き付けて!
でも・・・またまた深読みしてみれば、ワザとに雪平を行かせたとか…? 
そし意外にもソツなく監理官をこなしていた小久保(阿部サダヲ)。
もっとアタフタしてるかと思ったわーーーー

薫ちゃん(加藤雅也)も、特殊任務頑張ってました〜
子守唄を歌うのに、わざわざ赤ちゃんの人形を抱いてるのがツボでした。
すごい暗号表を雪平に説明してたけど、
結局この暗号表は、Y’sファイルの中には使わなかったのね・・・
映画版で、使う事になるのかしら?

映画版では黒幕は誰? 本命・斉木 対抗・小久保 大穴・三上?
でも、三上と山路さんは、違って欲しいと思ってますが・・・怪しい気も…?!

「アンフェア」オリジナルの他の回は、こちらの「日本のドラマ」カテゴリー内にあります。
(1話と3話が抜けてますが…)


アンフェアな月-----刑事 雪平夏見
アンフェアな月-----刑事 雪平夏見

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「アンフェア the special」『コード・ブレーキング〜暗号解読』
父を追って刑事になった娘の知らない父の顔。 そして慕っていた人の知らない顔。 『after X comes Y』 「アンフェア the special」『コード・ブレーキング〜暗号解読』 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2006/10/08 15:40
アンフェアSP コードブレーキング「暗号解読」
アンフェア特番を見ました。(遅!) ...続きを見る
◆笑ったメモ〜実録マンガの素〜
2006/10/24 23:11
anfair
...続きを見る
アンフェア見た?
2007/03/18 23:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どうせ回想シーンばかりと思っていた安藤がストーリーテラーとして出てきたのでかなり嬉しかったです(=^^=)

普通のDVDやビデオなら私も早送りで見ますけど、あれは遺言ですからね・・・。
>五人の名前の他に、雪平父も関わってたと、気付いてた?
ハッキングした時に気付いたんだと思います。
でもお父さんを慕ってお父さんを殺した犯人を捕まえるために警察官になった雪平。
いくら安藤が言っても信じたかどうか・・・。

ところでY's fileに暗号表使っていましたよ。
きらきら星をはめ込んだのはあの暗号表だから。
同じ暗号表を使ったら暗号表にならないし、だからコード・ブレーキングなんだし(笑)。
赤ちゃんの人形を抱いてほ乳瓶まで用意していた三上さん。
映画版では怪しいわ・・・オリジナルメンバーだし。
sannkeneko
URL
2006/10/08 16:06
sannkenekoさん、
私も安藤は回想のみかと思ったら、「安藤ーーー!」と嬉しいやら切ないやらでした。
安藤は、雪平父の名を突き止めたのでしょうね。五人だけわかって、あと一人わからないというのは、不自然ですものね。
安藤が名前を出しても、信じなかったと思います。雪平が父の死の真相がわかって、父のやってた事をどう思ったんだろ…と色々と考えてしまいました。

Y's fileに暗号表、使ってましたか〜
雪平は、三上の貼った暗号表の紙(名前失念)を見てなかった気がして、きらきら星のド・ド・ソ・ソ…をC・C・G・G…(だった気が)と音階のコードをそのまま入れたんだと思ってました(;^_^A

>赤ちゃんの人形を抱いてほ乳瓶まで用意していた三上さん。
こんなお茶目な彼、最期の犯人じゃないで欲しいわーーーでも怪しい・・・インパクトもありますよね。
panda
2006/10/08 19:53
ドラマ最終回では雪平が、カッと目を見開いたカットで終っていたので、その続きからのスペシャル版はとても興味深かったです。まとめきれなかったものが続きとなって放送されたようでした。あの終り方はいずれ、パート2とかになるのでは?(雪平があの角度で何かを発見?)と思っていたので、とても楽しみに視聴しました。死んだ安藤も幻影となって登場したし、栄太はこのキャラが浸透するほどうまくこなしていたから懐かしさに感動(?)しました。「サプリ」でも安藤にみえてしまうほど私の中では栄太=安藤でした。
彼の復讐もある意味、雪平の心に刻むという点では大成功でしたよね。爆破シーンで雪平が「すいません、行きます」と言って佐伯の腕から逃げ出すシーンで、江口洋介が一瞬「チッ」のような顔をしたので、何かあるのか?と思っていたのに、や、安本さん?可能性はあったけど、まさかここで死にいくとは驚きです。最終章の映画にかけているのかな?雪平パパの事件も判明したし、今後は佐伯の行動に注目ですね(映画は見に行くかはわかりませんが・・・)。
のり
2006/10/11 01:08
のりさん、こんにちは。
雪平父の死のナゾが気になってたので、今回スッキリでした。いい流れのスペシャルですよね。
しかし・・・安本さん(ノД`);・

>江口洋介が一瞬「チッ」のような顔をしたので、何かあるのか?と思っていたのに、
そうそう、私書き忘れました。
この顔は何かありそうでしたよね。
私は、暗号を解かせるために、わざと逃がしたのかな?と思いました。
事件を解決するためなのか、暗号を解かせて、金のありかを知りたかったのか…(黒幕ならありえる)

瑛太君は、安藤役を見てから、かなり私の中でポジションが上がりました♪(実はそれまで苦手だったのです。。。)
「サプリ」は、流してみてたのだけど、亀梨君の役を瑛太君がやったら…と思って見てました。
映画は、地元に来たら完結を見届けたいです!レンタルまで待てない・・・(>_<) でもスペシャルドラマでいいのに。。。すっかりフジの策略にハマってしまうわ〜
panda
2006/10/11 17:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



アンフェア the special コード・ブレーキング―暗号解読 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる