☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS グリーンローズ 第16話

<<   作成日時 : 2006/08/15 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

サブタイトル・・・「賭け」
画像
※26話編集版でのレビューです。この回はオリジナル(全22話)13話途中からラスト、14話の途中までです。
☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
大陸公社が、全ての交渉をスアにと指名して来た事を話し、
長くなるかもしれない…交渉が決まったら、プロポーズの返事をもらう約束だったとヒョンテ。
「すみません…まだ…」とスア。
「では大陸公社との交渉を延期しますか?私は全てを失っても、スアさんを失いたくない」と、すごい決意のヒョンテ。
「どうしてそこまで?持っているものは、傷だらけの心だけなのに…」と出て行くスア。
迷っている時に、ここまで言われたら、確かに重い。。。
ヒョンテは、かなり焦っているようです。


常務室に戻ったスアに、チャン・ジュンウォン社長からプレゼントが届き、
開けてみると、緑のバラ=グリーンローズがいっぱい・・・
電話して、お会いしたいと告げ、
「いいえ、彼はチャン・ジュンウォンなのよ」と自分に言い聞かせるスア。

提携先の一番手に選んでくれた御礼を言い、
自分ではなく、シン・ヒョンテ社長を、交渉窓口にするようにとお願いするスアに、
「この前、グリーンローズは“天上の花”だと言いましたね。
私とのあの日が、思い出になるようにと送りました。
スアさんの過去は私が消します」とチョンヒョン。
「あなたは大陸公社の社長です。だから、私をSR電子の常務として見て下さい。
私には結婚相手がいます。会社や私が大変な時に、支えてくれました。
その人が苦しむのを見たくありません」とスア。

席を立ち、喫茶店を出る前に、チョンヒョンの後ろ姿を見つめるスア。
涙が溢れてたチョンヒョン。
チョンヒョンにしてみれば、スアがそこまでヒョンテを…とショックだろうし、
スアにしてみれば、チャン・ジュンウォンに惹かれるのが怖いような…


チョン弁護士に、あの頃の捜査は杜撰だったと認めたチョ捜査官。
でも無実となったら、当時の上司オ検事も、大変な事に…と躊躇してたけど、
「もし犯人じゃなかったらどうする?真犯人を捕まえるしかない」
と言われて、協力する決意をしたようです。
とりあえず、関係者で捜査から外れた二名、
ヒョンテとソ専務から、当たるようにと指示して、
「私はソ専務に賭けよう」とチョン弁護士。
うーん・・・やっぱり、一番怪しげなヒョンテではなく、どこか匂うソ専務?

チョ捜査官が出て行くのと行き違いで、チョンヒョンが来ました。
「ユ弁護士を罰していいですか?」と物騒な事を言うチョンヒョン。
自分だけではなく、他にもたくさんの『被害者』がいるのに、
法的に罰せられる事はないから・・・

ユランの存在しない夫の影に怯えてるユ弁護士。
そんな時に、怪しい二人組(トンウク&チュンボク)に脅されて、空き地へ。

(この辺で、オリジナルでは13話続く
↓から14話かな?)


大きく掘られた穴を前に、埋められる恐怖で震えるユ弁護士を裁く二人。
高い勝率の影には、金持ちの依頼人の味方をして、
不利な時でも、有利に仕立ててたらしく、
事故の被害者が賠償を取れなかった事や、
その他諸々の悪事を責めたてる二人。
そして次にチョンヒョンが出てきて(ユ弁護士には目隠し)、
オ会長の事件について質問を。
穴の中に突き飛ばされたユ弁護士は、怖くて命乞いをしながら、
チョン・テクスの後ろにヒョンテがいる事を話し、
「無罪の可能性があっても、ムダな事をするない言われた。
ソ専務からも同じ事を言われ、二人共イ・ジョンヒョンを犯人にしたかったようだ
だからと言って、犯人とは限らない。礼にはSR電子の株を少し…」と。
怒りで土をかけて、生き埋めにしそうな勢いのトンウク。
それを制止して、「生きるか死ぬか、アンタに決めさせる。
死ぬ覚悟をするなら、生かしてやる」とチョンヒョン。

生き埋めにされない代わりに、ユ弁護士に記者会見をさせて、
金が無ければ有罪。あれば無罪。そういう弁護をしてたが、
身を弾いて静かに生きると言わせ、
更に全財産数十億ウォン(あの美術品をもちろん含む)を寄付させました。
ニュースでは、改心した弁護士として取り上げられてたけど、
何もかも無くしたユ弁護士は、自業自得とはいえ、悔し涙。

そのニュースを見てたチョンヒョンは、
「一言に死ぬと言っても命だけじゃない。
名誉が全てという奴から名誉を、財産が命と言うヤツには財産を奪う事。
ユ弁護士からは、二度命を奪った」と。

またヒョンテのマンションに忍び込んだユラン。
もうーーー!この前散々焦ったのに・・・そんなに未練が?
スアのポスターを見つめて、「笑ってるわね。
あなたはチョン・ジュンウォンがチョンヒョンと知ってるのでしょう?
でもみんなが違うと言って、イラつくでしょ?でも私ほどイラつくかしら?」
と言ってると、ガチャリとドアが開き、誰かがーーー

怪しい人・・・ではなくヒョンテでした。
忍び込んでると気付いてるヒョンテは、ワイングラスを二個置き、
「ユラン」と呼びかけ、「お前が息を殺してるのが分かる。今日あたり来るかと…
一つだけ釈明したい。会長をやったのは俺じゃない。
本当の事を教える」と語り出しました。

会長の事件の日、別荘での事・・・
---中国の会社と極秘に会ってた写真(ソ専務から渡された)を突きつけ、怒る会長。
SR電子の不要な技術を売っていた。
銀行に頼るよりいいし、中国を攻略する為に有利になるから。
この事を会長に言わなかったのは、
一年前から進めてた極秘プロジェクトがあったから…と言うヒョンテ。
納得した会長は、スアが一度チョンヒョンと会ってくれと言ってると。
退社する時にいたので、秘書室に伝えて、お呼びしましょうと答えたヒョンテ
そして、財務に穴があいている、ソ専務に聞いてみては?と報告---
確かに辻褄は合ってる話だけど、作り話なのか本当なのか…

ユランを産業スパイにして、殺そうとしたのは、怖かったからだとヒョンテ。
捜査官に聞かれて、チョンヒョンへの電話は、
会長から直接依頼されたと答えたのを見て、いつも先を読むユランに、
薄氷を踏む思いでここまで来たのに、壊されたくなかったからだと。
「でもどれだけ踏みつけても、雑草のように帰ってると思った。
憎くて、殺したかったろ?どうして痕跡を残したんだ?
“私は生きて帰ったわよ”そう言いたかったのか?」 
本当に憎たらしくなる言い方のヒョンテ!
挑発されて目打ち?ドライバー?を持って、襲いかかろうとするユランを、
優しく撫でるヒョンテ。 もうこうなったらユランは、何も出来ませんね・・・
「ヤツが濡れ衣を晴らしても、お前に何が残る?
まさかアイツを愛してしまったのか?やめろ。お前がミジメになる。
ヤツの胸にはオ・スアしかいない。」
黙って出て行くユラン、フフンとせせら笑うヒョンテ。

オ会長の容態を調べたトンウクによれば、
脳幹が無事だから、意識が戻る可能性はあるとの事。
丁度中国から取り寄せた、特効薬が届いたので、
自ら、オ会長の元へ届けるチョンヒョン。
毎日看病して疲れているだろうスアにも、珍しい果実を。
チョンヒョンが帰った後、
「シン・ヒョンテ社長が焦るのも無理ないわね。彼よりパワフルだし。
交渉の前に、日取りだけでも決めたら?」とヒョンテとの結婚を勧めるソラ。

病院に来たヒョンテは、チョンヒョンが帰る時でバッタリ。
お見舞いのお礼と、優先企業に選んでくれたお礼を言うヒョンテは、
あんなに焦ってたのに、余裕の笑みに見えるけど、気のせい?

そしてスアには、
まだ提携も決まってないのに、返事を迫った事を謝り、
「交渉はスアさんに。その代わりお願いがあります。
チャン・ジュンウォンはもチャン・ジュンウォンです。
週末開けておいてください。交渉はスアさん、接待は私が」とヒョンテ。

「グリーンローズ」他の回はこちらです。

グリーンローズ DVD BOX 2
グリーンローズ DVD BOX 2

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「グリーンローズ」第16話
復讐劇というより二人の女性の愛の形という様相になってきました。 第16話『賭け』 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2006/08/16 20:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あ〜んな大きな穴だからもしかして・・・と思ってしまいました。
ユ弁護士って結構いいキャラだったのに(笑)。
ヒョンテもスアの前では細い目が泳いでいるのにユランには強気ですね。
というかユランもあんなに何度も訪ねたらそりゃあ鉢合わせすることもあるでしょう!
ヒョンテに未練・・・というよりまだ愛しているんでしょうか?
そしてユランはチョンヒョンにも惹かれている?
sannkeneko
URL
2006/08/16 20:56
sannkenekoさん♪
ユ弁護士、本当に埋めるの?と思ってしまいましたね。でもさすがにチョンヒョンは、命を奪う事はしませんでした。別な殺し方をしましたが…
でもチョンヒョンが止めなかったら、埋められてたでしょうね。

ヒョンテはスアに対してとユランに対してとでは、全然態度が違いますね。
確かに
>スアの前では細い目が泳いでいるのに
ですねーーーヾ(>▽<)o
ユランは、前にも鉢合わせしたのに、なぜまた?!と不思議でした。ヒョンテの言うように、ワザと痕跡を残してたのなら、生きていると気付かせたかったのでしょうかね。
でも自分を抹殺しようとした男なのに、危険だわ!
ヒョンテへの愛も残っているし、ヒョンテの言う「まさかアイツを愛してしまったのか」も図星だったようで、揺れてるようですね。
panda
2006/08/17 00:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



グリーンローズ 第16話 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる