☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS てるてるあした 第10話 「遺言」

<<   作成日時 : 2006/06/17 15:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 2

今回は、オープニングからホロリ…としてしまいました。
ガラスのリンゴの所で、いつもと違って(もしかして、毎回違ったのかしら?)、
悲しそうに涙ぐんでる照代…
ガラスのリンゴの中に映る久代さん、やす子、お母さん…
このシーンだけで、もう泣きモードに入って視聴です。。。

台所で倒れてた久代さんを発見してサヤ。
かけつけた江藤先生は、栄養のあるものを食べれば大丈夫、一ヶ月もすれば元気になると、無理に笑顔を作って・・・
ベットの傍らにいる末広さんを、ポンポンとする久代さん。
子供をなだめる母親のような久代さん。。。

やす子が照代の母だと、告げた久代さん。
やす子親戚の家に引き取られたときに苗字が変わり、
読み方も変わったらしいです。
慶子が照代をここに送ったのは、嫌がらせかと思った。
あの子は問題児だったから。今まで教えた生徒で一番強情…
そう言いつつも、自分の力が足りなかった、教師として失格と、
やす子の心をわかってあげられないまま、別れてしまって、
今でも悔やんでいる久代さん。

「照代、私はもう長くない。だからあんたに頑張ってもらいたい。
病気の事は、照代が来る前からわかっていた事。
どうやって生活していくのか、考えなさい」
久代からの突然の告白に、動揺する照代。

心配して照代の部屋にやって来たサヤ。
サヤの慰めも届かないほど、ショックな照代。
事実を受け入れる事が出来なくて、
「何弱気になってんのよ!あの鬼婆が。
死ぬなんて絶対許さない!絶対認めない!」泣きながら、
信じたくない、あれは違うんだと言い聞かせるように、叫ぶ照代....(/_;)

笹乃館を飛び出して、自転車を走らせる照代、顔は涙でクチャクチャ・・・
そして一人で川を見つめて、冷静に気持ちを整理している様子。。。
平川地一丁目「運命の向こう」の歌詞が、また染みてきて泣けてくる。。。(ToT)
その頃、ベッドで編み物をしてる久代の傍らに、やす子。
久代には見えません・・・

事実を受け入れて、笹乃館に戻って来た照代の表情、大人になったね。。。
照代がお茶を持って行くと、
サヤが末広屋から買って来た人形を、気に入ってる久代さん。
「照代にそっくりだ」と笑う久代さん。
可愛くない人形に似てると言われて、ふくれっ面の照代。(。・ε・。)

親戚でもないのに、照代の面倒を見たという事は、
よっぽどやす子ちゃんの事が好きだったんだろうと言うエラ子。
でも、力が足りなかったと、自分自身を怒っている久代さん。
「照代のお母さんがここにいればねぇ…いれば色々話してくれるんじゃ?」
エラ子の一言に、顔かがパッと明るくなる照代。

サヤに、八つ当たりした事を謝って(ホントに大人になったねぇ照代ちゃん)
「久代さんとお母さんと…今のやす子ちゃんと会わせたい。
二人共、会いたいはずきっと・・・」と話す照代。
母の携帯にかけても、やっぱり出ず、伝言を残しました。

照代が慶子と久代を会わせたいと聞いて、
中津川弁護士に、行方を捜しい欲しいと頼むサヤ。
中津川には、ひどい目に会わされたサヤだけど、
もうわだかまりはないようです。
ない…というより、サヤはひどい事されて恨んだりしてないのかも。


サヤからもらった人形を、本当に気に入ってる久代さん。
「わかってるよ、やってるよのてるよさん♪」と楽しそうに話しかける久代…

食欲のない久代の為に、食事を工夫してる照代とサヤ。
それでもやっぱり「後で」と言う久代。
「野菜ジュースだけでも」と言われて、手にするけど、飲んでなかったような…
編入試験などの書類を取ってくれたのは、自分の教え子の根本弁護士、
自己破産の手続きが待間に合わなかったら、仮入学出来るそう、
自分にもしもの場合は、根本弁護士を尋ねなさいと話す久代。
そして「“てるてるあした きょうはないても あしたはわらう”」
いい詩だろ?やす子が作った詩だよと、懐かしそうな久代。
あのメールは、やす子ちゃんが?と驚く照代。

痛みに苦しみながら、
「まだまだ…私はやらないとならない事があるんだ」と耐える久代・・・(:_;)

夫の実家に祐介と遊びに行ったサヤ。
照代の両親の足取りを調べた書類を渡して、「なぜ私に?」と中津川。
「お義父さんが信頼してる方ですから…中津川さんなら、信頼出来ます」
サヤの答えに、「料金はいらない。調査は続行します」と中津川。
お祖父さんのいる部屋のドアを開けたときの、中津川の素直な笑顔♪
実家はすごい豪邸で、祐介祖父は孫と遊ぶのに大喜び。

自分が亡き後、息子が相続したら、笹乃館は取り壊すだろう。
ここを選んでくれて、本当に嬉しかった。
でもやっぱりお父さんの所へ行った方がいい…久代の言葉を思い出すサヤ。
なぜ久代はサヤに、自分が重病だと話したのかな?と思ったけど、
自分がいなくなった後の、サヤの生活の事を心配しての事だったとは。。。


祐介祖父に、「お金を貸して欲しい」と頼むサヤ。
理由は、笹乃館を買いたいから…
「ここに住んでくれると思ったのに」と言ってた祐介祖父だけど、
久代が長くない事を聞き、サヤがどれだれ久代に感謝してるかを理解して、
「貸せない。(一瞬、ギョッ!)
笹乃館は俺が買う。祐介への遺産を先にやっておく」と・・・
いい人だーーーー(ToT)
深々と頭を下げるサヤ。。。

伝言を残したのに、母から電話一本も来ません。
ふとガラスのリンゴを思い出した照代は、
前に破片を持って行ったガラス工房へ。
「何か部屋に飾れるものを作ってください。そして売ってください。
あげたい人がいるんです、おばあさん…
鬼みたいな人で、私を追い出そうとしてると、ずっと思ってた。
でも私の事を大切に思ってくれて、鍛えてくれていた。
一人になっても困らないように…
なのに自分の事しか考えてなかった…」と話す照代。
聞いていたガラス工房のおじさん(「雨夢」・雨のお祖父さん)は、
「人は死というものは、避けられないものなんだ。
もう一人でも大丈夫だと安心させてあげなさい」と。

笹乃館に帰ると、久代のたった一人の孫が来てたけど、ゲーム三昧。。。
両親は海外出張で、代わりに来たらしいけど、態度がデカイ。
そして心配して来たのではなく、小遣いをくれるから来たと。

あの人形が「てるよ」とネームの入った、久代の手編みの服を着てました・・・
目を閉じたままの久代さん、「照代かい?お母さんに会ったかい?
ひっこりと帰ってくるかと思ったけど、相変わらず強情だ。
どこをフラフラ…あの子はずっと迷子のままなのかも…やす子…」
意識がなくなってしまった久代。。。

「てるてるあした」のメールに、「助けて」と返信する照代。

笹乃館で最期を迎えたいと言う、久代の望みどおりにしてあげようと、
病院から色々と持ち込む江藤医師(許可を得て無くても…必死に…)
そして笹乃館の外には、たくさんの人・人・人・・・
みんな久代の教え子で、心配してやって来たのでした。
気持ちはわかるけど、安静にしてないとダメだから、帰るように話す末広。
すると、みんなで、佐々良小学校の校歌の合唱・・・
正直、あんまり大勢の人が来てるのを見て、
少し引いてしまったのだけど、この校歌の場面でジーン。。。


孫の誠一郎は、そんな様子を見ても平然として、
取り込んでるから、駅前のホテルにいると。
いつになく、怒りをあらわにするサヤ。
教え子たちから、あんなに慕われているのに、
しかし、血の繋がった子や孫とは疎遠な久代。。。
久代息子は、母親が自分だけの母親でなかった気がして、
ギクシャクしてしまったのかな…とふと思いましたが。。。
で、誠一郎こと浅利陽介君の出番は、これで終わり?
少し前に彼が出演してた「永遠の仔」の再放送を見たばかりで、
もう少しいい役で出て欲しかったわ・・・

お願いやす子ちゃん…お母さんを連れてきて
すると二階のの物干し台にやす子が!
やすこの元に駆け寄り、視線の先を見ると・・・母・慶子…!

今回のスペシャル(?)ゲストは、「雨夢」ほっくんこと、速水もこみち♪
「雨?」は、おお!懐かしい! 
怪訝そうだった雨ちゃん、沢村一樹の時のように、怒っちゃう?かと思いきや、
「ほっくん?」って言ってくれたし(#^.^#)
暁子さんを見て、ビックリのほっくんもナイスでしたが、
マスターこと末広さんと会って欲しかったなあ〜〜〜
でも、こういうゲストは、「雨夢」見てる人には楽しめるけど、
そうでない方々にとっては、何のコッチャ?になってしまうんじゃ…と少々心配。

「てるてるあした」テーマ曲・運命の向こう
運命の向こう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「てるてるあした」第10話
『てるてるあした。 きょうはないても あしたはわらう。』 30年前にやす子が・・・照代の母慶子が作った詩。 30年前の思いを抱いたままでいる久代と慶子・・・。 「てるてるあした」第10話 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2006/06/17 20:56
てるてるあした #10 「遺言」
再び倒れる久代(草笛光子)。久代に呼ばれた照代(黒川智花)はやす子(福田麻由子)が慶子(荻野目慶子)だった事を聞かされる。名前は親戚に引き取られた時に変えたらしい。それと自分の先が長くない事を教えられショクを受ける照代(黒川智花)。サヤ(木村多江)は何とか気を.... ...続きを見る
テレビお気楽日記
2006/06/17 21:13
『てるてるあした』第10回 感想?
許せん!この差別はなんじゃい!!! なんで、もこみちさん(ほっくん=北斗)のときは記憶があって、沢村さん(お父さん=朝晴)は記憶がないの! ...続きを見る
つれづれなる・・・日記?
2006/06/17 23:50
【テレビ】てるてるあした #10
「そろそろ考えておきなさい。」久代が余命幾ばくも無いことを照代に告げた。笹乃館がある間は、頑張って働けと。久代亡き後、どうやって生活していくかを考えなさいと言われた。 ...続きを見る
まぁ、お茶でも
2006/06/18 03:30
「てるてるあした」第十回
 やす子(福田麻由子)が母親(荻野目慶子)だと気づいた照代(黒川智花)は 初めてその事を久代(草笛光子)と話し合う。 「あんたが家に来た時、最初は嫌がらせだと思った。 やす子は筋金入りの問題児だったからね。 嫌な事はいっさいしない。 気に入らないことがあ.... ...続きを見る
トリ猫家族
2006/06/18 22:20
ブタを連れたもっこりもこみち(てるてるあした#10)
風の子 山の子 佐々良の子優しく 強く 元気な子おーはよう こんにちは さようなら ありがとう佐々良 佐々良 佐々良小学校久代の病状を心配して、教え子たちが集まって校歌を歌った。いかに愛されてるかを物語る(/_<。)ビェェン なシーンだった。「お願いやす.... ...続きを見る
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2006/06/19 23:20
てるてるあした・第10話
謎の少女・やす子が照代の母親・慶子であった事実が判明し、 ...続きを見る
あずスタ
2006/06/21 23:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「何のコッチャ?」です、ハイ(苦笑)。
多分、「雨夢」の線でしょうと見ていましたが。

サヤが中津川弁護士にかけた言葉はちょっとオドロキでした。
怒りや憎しみがないサヤの心が義父を経由してサヤに戻ってきたような気がします。
確かに俊彦さんの実家は笹乃館くらいは楽に買えそうなお宅でしたが、お義父さんは祐坊にあんなに嬉しそうで一緒に暮らしたいでしょうに。
そのサヤの久代さんの孫への言葉の強さにまた驚きましたが。

照代は本当に大人になりましたね。
今の照代なら多分慶子よりもしっかりしていそうです。
あっという間の最終回で寂しいです・・・。
sannkeneko
URL
2006/06/17 21:14
sannkenekoさん、こんばんは〜
>「何のコッチャ?」です、ハイ(苦笑)。
ですよね…私が見てない人だったら、疎外感があってガクッと来るでしょう。

サヤの中津川への言葉は、本当に驚き&心がキレイな人なんだなぁ…と感心です。
>怒りや憎しみがないサヤの心が義父を経由してサヤに戻ってきたような気がします。
うんうん、そんな感じです。祐介と暮らしたいのに、サヤの気持ちをわかってくれたお義父さんにも、感動でしたーーー
サヤの怒りは、ドラマが始まってから、初めて見せた怒りかも?悪い事は悪いとピシャリと言う久代さんのようでした。

照代は、今の慶子よりしっかりしてますね!きっと。初期の頃の照代を思い出すと、懐かしいです。
本当に、最終回が寂しいですね。。。
panda
2006/06/17 22:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



てるてるあした 第10話 「遺言」 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる