☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 輪舞曲-ロンド- 第9話

<<   作成日時 : 2006/03/13 12:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 6

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
銃を向け合う二人、ユナの言葉に「ユニにメール?」と反応した琢己だったけど、
答えを言う前に、先に発砲したユナ。
しかしワザと的を外して「撃ちなさいよ!」とユナ。
「殺さない。その事を大切な人達から教わった。警察へ行こう」と言う琢己。
その時、向こうから歩いて来た宋。
「自分が代わりに警察に行き、神狗の情報を全て話すから、
娘を見逃して欲しい…丁度銃声の音で警察が来た」と言う宋。
宋の言う通りにユナを見逃した琢己。

手錠を掛けられ覆面パトカーで連行された琢己。
前を走ってた宋を乗せた車が、別な方向へ行くのを不審に思い、
所轄の警察がどこかとカマを掛けて、
違う答えだったので確信し、逃げる琢己。

ホテルのユナの元に戻って来た宋。
父の無事に涙してるユナは、
「プログラムが完成したら、また以前の生活に戻れるのよね?」と。
頷く宋だけど、騙してる感じ。
「残りの作業は韓国でも出来るから、帰国しなさい」と。
ユニの事が心配なユナだけど、
「落ち着いたらすぐ戻る」と言う宋の言葉を信じて、
チケットを受け取り、「1982年、あの男のパスワード、
お父さんが私達を拾ってくれた日ね」と。
前回予想した通り、実の親子ではなかった宋とユナ&ユニ。

ヨンジェのカジノに行った琢己。
ここは神狗のカジノ…危険だと思うんだけど。。。
ユナと宋が親子と聞いたヨンジェは、
「ようやくユナが神狗に加担した理由が分かった。
父親のチェ・ギョンホは、1985年造幣局に入局後、定食屋をひらき、
10年前に、神狗に潰されて失踪。」と。
「宋が神狗で活動し始めた時と同時期だ」と、琢己。
「軍にハッキングしたユナの事を調べてたら、
チェ一家の1982年以前の記録が出て来ない」と言うヨンジェ。
(ここで突然通訳が入る不思議…
端折ってたけど、全部通訳してたんでしょう、きっと)

八百屋さんの前にジャス&手紙を置いて、韓国へ帰ったユナ。
手紙はひらがなと漢字のミックス…いつの間にこんなに書ける様に…
翻訳機でも使ったんでしょうか〜

その手紙読んで、もう会えないみたいな事が書いてて心配になったと、
ユニの元へ慌ててやって来た八百屋夫婦。
どうもここは、なぜユニの所に来たのか、よく分からず…
普通なら、妹なら知ってるだろうな、思うだろし、
心配だったとしても、いきなりユニにあんな事言ったら、
発作を起こしちゃうよ〜と思ったらホントに発作が…

ユニの周りを神狗が見張ってて、
あんなに神狗を嫌ってたユニが、了解してるのも変な感じ。。。

八百屋のおじさんからの電話で、ユナの手紙の事と
ユニが発作を起こす前に、「韓国へ行った」と言った事を聞いた琢己。
「何とか二人を助けてくれよ」というおじさんに、
「韓国へは僕が行きます」と琢己。

あきらに頼んでパスポートを持って来てもらった琢己。
「指名手配は西嶋ショウだから、金山琢己だと出国出来るかも」
と言う琢己に、「危険よ。私が止めても行く?」とあきら。
「必ず帰って来るから…」と琢己。

入院してるヒデの元にやって来た警察官(横暴すぎ…)。
西嶋ショウに偽造パスポートを渡したんだろう?と言われたヒデは、
オッパー・ショウに電話して、
「韓国行きの貨物船、運が良ければ乗れる」と。
どうして、韓国へ向かうと分かったのだろう…???
ユナやチェ・ギョンホ絡みってピンと来たのかしら?


「プログラムを早く完成させろ。それと西嶋ショウを早く捕まえるんだ。
日本と韓国の空港の監視を厳しくしろ」と言う龍吾に、
「空港も船やヘリなども監視させてます」と答える宋。
「貴様、今俺をバカにしたか?」
龍吾の言葉に、そうだよーーと思ってしまった〜
「所詮は俺の犬。いつでもブチこんでやれる」と言う龍吾に、
相変わらずペコペコしてる(フリ)の宋。

港に行った琢己を待ってた琴美は、
「韓国行きの船は見張られている。私ならショウさんを守る」と。
「投げ出す訳にはいかないんです。俺は警官ですから」と、
身元を明かした琢己。
「今度生まれ変わったら、神狗の娘には生まれたくない」と言う琴美に、
「生まれ変われますよ、これからも。純粋な心を持っている」と琢己。
風間の娘である自分なら、見張りを遠ざけられるという琴美。
危険な事はさせられないと言う琢己。
「一度だけ、お願い」と言う琴美に、頭を下げた琢己。

韓国に戻り、高校前を通り、食堂の家の前でユジンママと会ったユナ。
この一連のシーンは、「冬ソナ」ファンへのサービス???
ここまでしなくても。。。(汗)

「西嶋ショウが韓国へ行ったので、ユナの護衛をしたい。
龍吾氏の信頼を得たいのです。」と訴えるヨンジェに、
一度は神狗を裏切った者だと、首を縦に振らない宋。
「私なら韓国の裏社会を知り尽くしてます」
と言うヨンジェの言葉に、OKする事にした宋。
しかし、その後、龍吾からヨンジェがモグラだと知らされ、愕然とする宋。
龍吾、中々やるじゃない〜! それとも意外と抜けてる宋?

韓国でヨンジェと合流した琢己。
「これくらいかけて歩け。お前は男前なんだから目立つ」
と笑いながら琢己に、サングラス&銃を差し出すヨンジェ。
でも次のシーンでは、サングラスかけてくれなかった琢己〜
ユナの潜伏先のホテルに向かう、ヨンジェと部下と琢己。
しかし宋からの連絡で、一足早く逃げ出したユナ。

空っぽの部屋の中に、ユナが忘れて行った家族写真が…
宋の腕に、父を殺した男と同じ傷を見て驚く琢己。
見てるこっちは、予想してたから、あんまり驚きません。
ユナに逃げられて困った琢己は、
ユニがユナにあてた手紙を開く事に(オイオイ、勝手に^_^;)
一緒に入ってたCDは、ユナがよく歌ってた歌をアレンジしたもの。
かけてみると、「浜辺の歌」・・・日本の曲?と思った琢己。
第三話で、印刷屋のコバちゃんと息子が歌ってた歌ですね。
ユナが口ずさんでたのは、
覚えたからではなく、記憶の底にあったから?

ユニに付き添っている八百屋の夫婦。
お姉ちゃんの居場所がまだ分からないと聞いたユニは、
「お姉ちゃん、子供の頃から言ってました。行ってみたい所があるって…」
意識が朦朧なのに、よく日本語で…

オーシャンキャッスルホテルに来たユナ。
初めて来たのに、一度来た事がある感じがして、
ホテルの事をネットで調べてたユナ。
どうやらユナは、記憶喪失みたい・・・
24年前に、神狗による爆破事件があり、
警官二名が死亡という記事を知ったユナ。
佐倉一家は、全員死亡ではなかったみたいな記事。
なぜ伊崎は「お前の親父と、佐倉一家を殺したのは、風間龍一郎」と言ってたんだろ?


風間龍一郎と宋との出会いは、戦後の満州。
親とはぐれた二人は、生きるために盗み食いを、それが神狗の始まり。
今回の事は龍吾ではなく、宋が仕組んだ事と分かってる風間は
「私を排除しようとして、何をしようとしている?」と。
「飼い犬に腕をかまれたご気分は?」と切り返す宋。
「そういえば宋君、君の引き取った二人の娘は元気かね?
君の殺したバカな刑事の娘達は?」と風間。

“オーシャンキャッスルホテル”に行ったのでは?と
八百屋のおばさんから聞いた琢己。
-----あの日、爆発があった佐倉一家の泊まってたホテル、
浜辺の歌、佐倉一家の姉と妹…、
韓国警察が調べても、1982年以前の事が分からないユナの家族-----
これらの事をつき合わせて、あきらにDNA鑑定を頼んだ琢己。
推理はビンゴで、チャメにあったユナかユニの髪の毛で99%親子だと。。。

この話を聞いた琢己は、なぜか物思いにふけってます。
「ユナを救え。彼女は被害者なんだ。愛した女なんだろ?」
と言うヨンジェに、黙っている琢己。
「もしユナが本当の事を知ったら、その先に待ってるのは悲劇だ。
彼女を地獄から救えるのはお前だ…」とヨンジェ。
琢己は、ユナが佐倉の娘と知って、
どうしてヨンジェに説得されるほど、悩んでいたんでしょ?
事実を話すべきかどうかを、迷ってたのかしら?


オーシャンキャッスルホテル前の浜辺で、バッタリ会った二人。
「ユナ、覚えて無いか?昔ここで会った事がある。
俺達は昔、爆破事件に巻き込まれた。
俺の父親は、ここで殺された。君達姉妹は両親を殺された。
君とユニは日本人なんだ。24年前、君達の本当の両親を殺したのは宋。
君の本当の名前は、佐倉愛」と話す琢己。


宋は、ユナを日本に呼び寄せて、
ユナの記憶が戻る事が心配じゃなかったのかな〜?
韓国で出来ない仕事で、仕方なく呼んだなら、
日本人と接触しないように、もっと監視する気がするんだけど。

前回予想した通り、あの時の女の子がユナでした。
第1話で、あきらと琢己母が登場した時に、
確か、琢己と女の子の映像が流れた気がします。
それで、女の子=あきら?と思ったんだけど、
一緒に居た母の回想だった訳ですね・・・多分。
そっかー!と思うより、ちょっと騙された気分なのはなぜ…?

「輪舞曲」他の回はこちらから。
(注…他の日本のドラマと一緒のカテゴリです)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
????
&&&&9&&{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} &&&&?&&&?&&????&&&?&Τ&{/hiyob_en/}&?????〓&&&?&&?&&Х&&&??&&&&&&Фd&&&?&?&&&&??&?&&&?&&&&?&&&&&Х&&&?&ο???&&&&?&&?&&&?&&&&&?&&?&{/face_ase1/} ...続きを見る
??μ????
2006/03/13 15:11
輪舞曲−ロンド− #09 「運命の地、ソウルへ」
互いに銃口を向け合う琢己(竹野内 豊)とユナ(チェ・ジウ)。琢己「ユニにメール?何の事だ。」やっぱり韓国語は理解していたのか?連射するユナ。6発とも外れる。警察に行こうと言う琢己。そこに宋(橋爪功)が来て、代わりに警察に行くからユナを逃がせと迫る。警... ...続きを見る
テレビお気楽日記
2006/03/13 17:49
「輪舞曲〜ロンド」第9話『運命の地、ソウルへ』
張られた伏線がこんなに生きないドラマって(-_-;)...。 「輪舞曲〜ロンド」第9話『運命の地、ソウルへ』 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2006/03/13 19:59
輪舞曲 第9話
<あらすじ> ショウ(竹野内豊)とユナ(チェ・ジウ)は互いに銃口を向け合う。  ユナ「卑怯者 ユニにあんなメールを送りつけるなんて」(韓国語)  ショウ「ユニにメール?何のことだ」  ユナ「嘘つかないで!」(韓国語) するとユナが発砲。更に涙を流しなが発.... ...続きを見る
Charlie's マイペース雑記
2006/03/13 21:09
輪舞曲〜ロンド〜9話「運命の地、ソウルへ」
9話は舞台が韓国へ。。。途中、韓国ドラマでも見ているような気になって 事故とか出生の秘密とか出てくるんじゃないか?って恐れていたけど それは無かった(韓国ドラマ見過ぎ?笑)うーーーん、相変わらず言語については 突っ込みたいところだけど、スルーします(苦笑)色々なことがわかってしまったので 最終回のお楽しみが減ったような。。。どうまとめるのかな?感動するの?うーーん。 ...続きを見る
アンナdiary
2006/03/13 22:03
輪舞曲(ロンド)9話
なるほどね、ユナ姉妹は同僚刑事の娘だったというわけですね。タクミの父を殺したのは宋だった。後の謎は何のプログラムだったか?ということかしら。宋はなんであの姉妹を引き取ったのかな? &nbsp; &nbsp; ユジンママが特別ゲストでしたね、そしてあの映った高校?ちら.... ...続きを見る
diary(徒然なるままに)
2006/03/14 00:34
輪舞曲 第9話
「卑怯者」と言って涙を流しながら引き金をひくユナ。   どっちが卑怯者なのよ〜。自分がシェンクーだったくせにぃ〜卑怯者の理由はユニへのメール。でも琢己は知らない。   だ〜か〜ら〜 メールはパパの仕業。銃声を聞いて警察が来ます。琢己は逮捕されます。でも... ...続きを見る
ときどき思いつき日記
2006/03/14 09:19
輪舞曲〜ロンド 06/03/12 Sunday
21:00 TBS「輪舞曲〜ロンド」第9話「運命の地、韓国へ」 ...続きを見る
韓流のたのしみ!
2006/03/16 23:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
およよ〜〜そうきたか〜!という展開で今回は話の流れは面白かったです。台詞や脚本自体にはまだ疑問がありますが、とりあえず終りよし!のドラマになって欲しいですね。ヨンジェが琢己に救えというシーン、「できれば俺がそうしたい」というような台詞の時には思わず「テファだから?」とテレビにつっこんでしまいました〜〜。しかしpandaさんのヨミは大正解ですね。ジウは悪役はやらないですね〜〜!!それにしてもユニが金子貴俊に見えて仕方ないのは私だけでしょうか??
のり
2006/03/13 19:45
のりさん、こんばんは。
>「できれば俺がそうしたい」というような台詞の時には思わず「テファだから?」
アハハ〜、そうかも!ヨンジェはユナに惹かれてたんですね。ちなみに、前に書いたかもしないですが、「天国…」ではテファ贔屓でした〜

チェ・ジウはやはり、根っからの悪党は、やりませんでしたね。やってくれれば、面白いと思ったんだけど〜

>ユニが金子貴俊に見えて仕方ない
優しい目とか、笑った時の口元とか似てるかも。
panda
2006/03/13 22:38
pandaさん、アンニョン♪
私も宋より龍吾の方が情報が早いにも驚きました。龍吾あー見えてやるの?とか思っちゃたりして。けど次回ではそうはいかないみたいですね。↑のpandaさんのコメントに今爆笑しています。
確かにユニ、金子貴俊に見える。笑える〜!!
次ユニを見たら爆笑しそうです。
so-so♪。
URL
2006/03/14 00:36
so-so♪。さん、アンニョン☆
そうそう、ヨンジェをモグラと突き止めた龍吾、中々やるじゃない〜!と、ビックリ。あのままじゃ、もこみち君、情けないキャラだもんね〜
でも、天狗で身のほど知らずな龍吾だから、次回はアワワワ…みたいですね。。。

金子君の、ロングヘアーのカツラをつけたトコを想像して、ウンウンと頷いてました♪
panda
2006/03/14 10:40
pandaさん、TB&コメントのお礼、遅くなりました。
と、思ったら、ピンクからブルーにお色直しですね〜。
さて、私も少年の頃の琢己と旅行していたのは、あきらかと思ってました(汗)
まあ、今回、いろいろ繋がったけど。

>なぜ伊崎は「お前の親父と、佐倉一家を殺したのは、風間龍一郎」と言ってたんだろ?

ありゃ?また疑問が出てきちゃった。
それに、小林印刷の「浜辺の歌」てのは、単なる偶然ですよね??
kbkbY
URL
2006/03/16 23:51
kbkbYさん、こんにちは。
あの時の女の子、あきらと思ってた方多いですよね。確か第1話に、回想シーンが流れた時あきらと母が一緒だったんですよ〜それでだと思うんだけど。。。

「浜辺の歌」って、聞いた事あるけど、私あまり知らない曲なんです。それをコバちゃんが歌ってて、ユナも知ってるというのは、繋がるのかも?と淡い期待…

伊崎が琢己に言い続けてたのは、そう思い込んでたからなのか、ワザと刷り込ませてたのか、すごく気になってます。私は後者と予想してるんだけど〜伊崎がそう思い込まされてたのかもしれないですね。
panda
2006/03/17 12:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



輪舞曲-ロンド- 第9話 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる